葬儀とお葬式の違いや流れ・マナーとは?日程や時間の決め方も解説!

葬儀とお葬式の違いや流れ・マナーとは?日程や時間の決め方も解説!

葬儀とお葬式の違いを考えたことがありますか?普段から何気なく使っているこの二つの言葉に意味の違いはあるのでしょうか。今回はそんな葬儀とお葬式の違いを解説したうえで、葬儀・お葬式の具体的な流れや作法、マナーなどを詳しく解説します。

最終更新日: 2020年02月09日

葬儀とお葬式の違いや流れ・マナーについて

葬儀

故人との最後のお別れをする儀式を、「葬儀」あるいは「お葬式」などの言葉で言い表します。
普段は何気なく使っている言葉ですが、この二つの言葉の意味になにか違いはあるのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、葬儀とお葬式の意味の違いを説明したうえで、お通夜・告別式の流れや葬儀・お葬式でのマナー、日程や時間帯まで幅広く解説します。

  • 葬儀とお葬式の言葉の意味と違いって?

  • お通夜・告別式の流れについて

  • 葬儀・お葬式でのマナーって?

  • 葬儀・お葬式の日程の決め方や時間帯などについて

以上の項目を軸に解説していきます。
葬儀・お葬式について理解を深めたい方はぜひ最後までお読みいただき、実際に葬儀を行う際や参列する際の参考にしてみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀とお葬式の意味の違いとは?

葬儀

葬儀とお葬式の違いについて、辞書ではいずれの言葉も「死者を弔う儀式」などと書いてあることが多く、同時に葬儀の意味の中に葬式のことと書かれ、葬式の意味の中には葬儀のことと書かれています。

一般的にも同義語のように使用されていますが、意味に違いはあるのでしょうか。
ここでは、葬儀とお葬式の意味の違いを解説します。

葬儀の意味とは?

葬儀とは、葬送儀礼という4文字を略した言葉です。
本来は家族や親族などが故人を荼毘(だび)に付す前に死を悼み、迷わず成仏して冥途に迎えるようにお祈りをするという、宗教的な色合いの強い儀式のことを意味しています。

故人を弔う儀式の一般的な流れは、お通夜~葬儀・告別式~出棺・火葬となります。
この中で、葬儀と告別式は多くの場合は同時に執り行われるので混同されがちですが、葬儀は前述のとおり故人を送り出すための宗教的儀式です。
対して、告別式は最後のお別れをするセレモニーという位置づけです。

お葬式の意味とは?

葬という漢字には、古くは葬る(はぶる)という動詞として使われることもありました。
はぶるとは、死者の遺体を野火送りにして棺に納め埋葬する一連の流れを行うことを意味します。

お葬式とは、この葬るための一連の儀式を指す言葉であり、現代で言えば、お通夜~葬儀・告別式の一連の流れを総称してお葬式という言葉で言い表されています。

使い方に違いはあるの?

上記のように、故人を送り出すための宗教的儀式が葬儀であり、弔うための一連の儀式の総称がお葬式であると考えられます。

しかし、普段の会話では葬儀とお葬式をほぼ同じ意味の言葉として使用しても問題はありません。
葬儀とお葬式の二つの言葉の使い分けには明確なルールはありません。

ただし喪主として一連の儀式を執り行う場合には、委託する葬儀社との打ち合わせの際などにそれぞれの意味と違いをきちんと理解しておく良いかもしれません。

葬儀・お葬式の流れについて

葬儀

実際の葬儀・お葬式を行う際にはどのような流れになるのでしょうか。
もし家族に不幸があった場合、喪主として葬儀・お葬式を取り仕切らなければならないときがくるかもしれません。

いざというときに慌てずに済むように、知識をつけておくと良いでしょう。
ここでは、葬儀・お葬式の流れについて解説します。

お通夜の流れについて

お通夜とは、葬儀の前日の夜に家族や親族が集まって、夜通し線香の火を灯して故人の死を悼み、別れを惜しむ儀式です。

古代では、遺体に邪霊が近寄るのを防ぐという意味で夜通し見張っていたようです。
また、本当に亡くなっているのかを確かめるなどの理由で夜通し遺体のそばで過ごす風習がありました。
夜伽(よとぎ)あるいは殯(もがり)と呼ばれるこの風習が、現代のお通夜の形となりました。

そのため本来は夜を通して行われる儀式ですが、最近では参列者の都合などに合わせて夕刻から始めて3時間から4時間程度の流れで行われることが一般的となっています。

  • 受付

    通夜式が始まる30分ほど前から参列者の受付を開始します。
    受付では、氏名などを芳名帳に記帳いただき香典をお預かりします。

  • 読経

    定刻になると司会者が通夜式の始まりを告げ、僧侶が入場します。
    僧侶はご遺族に一礼の後、祭壇の前に座り読経を開始します。

  • 焼香

    僧侶の読経の最中に、司会者に促されてご焼香を行います
    ご焼香は、喪主から始まり、家族、親族など故人と御縁の深かった方から順番に行います。

  • 通夜振る舞い

    通夜式が終了したら、参列いただいた方への感謝の気持ちを込めて食事を振る舞います

告別式の流れについて

告別式とは、故人との最後の別れを惜しむための社会的なセレモニーです。
現在では、ほとんどの場合は葬儀と告別式は切れ目なく一体となって行われています。

告別式の所要時間は約1~2時間程です。
一般的となっている葬儀を含む告別式の流れは以下の通りです。

  • 受付

    遺族は受付開始の1時間前を目途に会場に集まり、当日の式次第を担当する葬儀社の担当と、全体の流れの打ち合わせを行ったうえで受付を開始します。
    参列者が葬儀・告別式開始の15分くらい前までには着席できるように気を配ります。

  • 読経、弔辞などの奉読

    僧侶の入場を合図に葬儀を開始します。
    読経の後、故人と特に縁が深かった方に、事前にお願いをしてある弔辞を述べていただきます。

  • 焼香

    読経と弔辞の次に、司会者に促されて焼香を行います
    焼香の順番は、喪主から始まり、ご家族、親類が行い、そのあとに続いて故人と縁の深かった知人、友人が行います。
    焼香の作法は宗派によって違いがありますので事前の確認をおすすめします。

  • 出棺

    僧侶が退場し、司会者が葬儀・告別式の終了をアナウンスします。
    一般の参列者は会場の外に出て出棺の見送りの準備をします。
    遺族は棺桶の中に花などを入れて最後のお別れをし、火葬場に向かう寝台車に棺を乗せます。
    喪主は出棺を見送る参列者に対して、感謝の気持ちを込めたご挨拶を行います。

出棺から火葬の流れについて

次に、出棺から火葬の流れについてご説明します。

多くの場合は、火葬場に同行するのは家族および故人と親交のあった親族などに限られます。
火葬場に向かう際には、喪主がご位牌を持ち、次に縁の深い家族が遺影を手に持つようにします。

  • 火葬

    到着後、火葬場の担当者に役所が発行した「火葬許可書」を提出します。
    その後、棺は火葬炉の前に運ばれ、荼毘に付される前に僧侶によって「納の式」と呼ばれる読経と焼香が行われます。
    一般的に火葬は1時間~2時間程度かかりますので、その間は火葬場内の待合室で待機します。

  • お骨上げ

    火葬が終了すると再度火葬炉の前に集まりお骨上げを行います。
    故人の足から頭のほうに向かって箸で骨を拾い、骨壺に収めていき、最後に喉仏を収めて終了です。
    分骨を希望する場合は事前に分骨用の骨壺を用意する必要があります。

  • 法要

    火葬はお骨上げで終了ですが、現在は火葬と同時に初七日の法要を行うケースが多くなっています。
    この火葬当日に行う法要を繰上げ初七日と呼びます。

  • 精進落とし

    火葬・法要が終了した後に、ご家族や参列者への感謝を込めて精進落としと呼ばれる食事を用意します

葬儀・お葬式でのマナー

葬儀

ここでは実際に葬儀・お葬式に参列する際の作法やマナーを解説します。

受付でのマナー

葬儀の受付では芳名帳に名前や住所などを記帳します。
また、「このたびはご愁傷さまでした」などの遺族へのお悔みの言葉を一言添えて香典をお渡しします。

香典として包む金額は、故人との関係の深さや年齢などを考慮します。
あくまでも気持ちなので決まっているわけではありませんが、一般的な金額は以下の通りです。

関係 20代 30代 40代以上
祖父母 1~2万円 2~3万円 2~3万円
5万円 5~10万円 5~10万円
兄弟・親戚 3~5万円 3~5万円 3~5万円
知人 5千~1万円 1~2万円 1~2万円

服装のマナー

通夜と告別式では参列者の服装に違いがあります。

お通夜に参列する場合は、突然の訃報を聞いて駆け付けたという意味合いから、参列者は喪服ではなくてもよいとされています。
男性であればダークスーツ、女性であれば落ち着いた色合いの襟のある服装であれば問題はありません。

葬儀・告別式に参列する場合は、男性であればブラックスーツ、女性であればブラックフォーマルの略礼服を着用となります。
喪主・ご家族は本来であれば正喪服の着用となりますが、現在ではモーニングや和装などの正喪服の準備がない場合が多いので、ご遺族側も略礼服の着用で問題はありません

読経や焼香でのマナー

故人に対して香を焚いてお祈りを捧げることをお焼香といいます。
お通夜や葬儀の際には僧侶の読経の間にお焼香を行います

僧侶とは、死者が迷わず冥土に旅立ち成仏することを祈るという意味があり、仏教式の葬儀では最も大切な儀式です。

参列者も首を垂れて読経に合わせて心の中で個人の冥福をお祈りします。
読経の間に司会者に促されてお焼香を行います。
お焼香は、喪主、ご遺族、親しい親族の順で行います。
一般的な焼香の作法は以下の通りです。

  • 自分の順番が来たら席を立ち祭壇の前に進みます。

  • 喪主、ご家族に一礼した上で祭壇に近づき、故人の遺影に向かって一礼をします。

  • 抹香を炉にくべてお焼香をします。
    お焼香の回数や作法は同じ仏教でも宗派によって違いがあります。

  • 合掌して冥福をお祈りします。

  • 再び、喪主、ご遺族に一礼して席に戻ります。

通夜振る舞いや精進落としでのマナー

参列への感謝の気持ちを込めて、お通夜では「通夜振る舞い」として、告別式では「精進落とし」として食事が用意されます。

本来、通夜振る舞い、精進落としの席はお酒やお飲み物をいただいて故人の思い出話などを語り合うという意味があります。
参列者はできるだけ参加して一口でも箸をつけることがマナーとされています。

「終活ねっと」では葬儀に関するさまざまな記事を紹介しています。
お通夜・葬儀での服装マナーについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

葬儀・お葬式の日程・時間帯について

葬儀

喪主となって葬儀一式を取り仕切る場合、葬儀を行った経験がないとわからないことが多いでしょう。
ここでは、日程や時間帯の決め方・連絡について解説します。

日程の決め方

本来は、故人が亡くなった夜がお通夜ということになります。
お通夜の翌日が葬儀・火葬となりますので、火葬場の予約が重要なポイントになります。

特に都市部などでは火葬場が込みあっていて、予約が取りづらいことがあります。
火葬予約が取れた日程に合わせて葬儀・告別式、お通夜の日程を組むことが現実的です。

また、六曜の友引は習慣として葬儀を行いません。
そのため、火葬場も休みとなっている場合があるので、予約の際には注意が必要です。

時間帯はどのくらいがいいの?

お通夜の時間帯は参列者の仕事に都合などに合わせて御来訪いただきやすいように、18時あるいは19時開始とすることが多いようです。

また、葬儀・告別式は一般的にはお通夜の翌日の午前10時から開式します。
最近では、家族葬などでは一般的な時間にこだわらず告別式を午後に執り行う場合も増えてきました。

友人や会社の人などにはいつ連絡する?

友人や故人が所属していた会社などには、お通夜や告別式の予定が決まり次第連絡を行います。
基本的には電話での連絡となりますが、相手との関係性によってはメールなどで連絡することも増えてきました。

まず、電話もしくはメールなどで故人の死と儀式の日程などの概略をお伝えした後、お通夜・告別式会場などの詳細を追ってFAXなどで連絡をします

「終活ねっと」では、他にも葬儀に関するさまざまな記事を記事を紹介しています。
葬儀の日程表についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

葬儀とお葬式の違いや流れについてまとめ

葬儀

いかがでしょうか。
今回「終活ねっと」では葬儀とお葬式の違いや流れ・マナーについて以下のことを解説してきました。

  • 葬儀とは故人を冥土に送り出すための宗教的な儀式である。

  • お葬式は葬儀に告別式などを加えた一連の流れ全体をさす言葉である。

  • お通夜は1.受付 2.読経 3.焼香 4.通夜振る舞い の順で行われる。
    夕方から始めて3時間から4時間程度で行われるのが一般的である

  • 告別式は1.受付 2.読経、弔辞などの奉読 3.焼香 4.出棺 の流れで行われる。
    所要時間は約1~2時間程で行われるのが一般的である。
    告別式の後に火葬を行う。

  • 葬儀・お葬式では、受付での挨拶や服装、焼香などで気を付けるべき点がいくつかある。

  • 葬儀の服装は、喪主正礼服、遺族・参列者は略礼服がマナー
    しかし、喪主が正礼服の用意がない場合は略礼服でも問題はない。

  • 葬儀・お葬式の日程は、火葬場の予約が取れる日に合わせて組むことが多い。

葬儀とお葬式の違いや流れについてお分かりいただけたでしょうか。
実際に葬儀に参列する際に備え、服装や受付でのマナーなどもしっかりと覚えておきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「終活ねっと」では葬儀に関する様々な記事を紹介しています。
お通夜とお葬式のマナーについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事