一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説

一日葬ってどんな葬儀?費用はいくら?特徴や流れ、香典の有無も解説

最近では、葬儀を簡単に行う方が増えつつあるのを知ってましたか?そんな中でも、時間や費用をあまりかけずに葬儀を行うことのできる一日葬が注目されてきています。今回はそんな一日葬について費用や流れ、また香典の有無など詳しく解説していきます。

2019-07-04

一日葬という葬儀について

葬儀

葬儀にも様々な形式が出てきており、人々にとっての葬儀が少しずつ変わってきているようです。

家族に迷惑をかけたくないからと生前に葬儀を簡単に行うように伝えたり、葬儀にはそんなに費用をかけるものではないと考えつつも、ちゃんと送り出せるように色々な形式の葬儀を検討するという方が増えてきています。

そんな中でも一日葬は、葬儀を完全に省略するのではなく、葬儀は行うけれど費用が安く済む方法として注目されています。

今回終活ねっとでは、一日葬について費用や特徴、葬儀の流れや香典の有無まで詳しく解説していきます。

  • 一日葬ってどんな葬儀なの?

  • 一日葬の葬儀の流れってどんな感じ?

  • 一日葬にかかる費用は一体どれくらいなの?

  • 一日葬のメリット・デメリットって?

  • 一日葬に参列するときのマナーにはどんなものがある?

費用や時間を抑えた葬儀を探しているいるという方や、一日葬について詳しく知りたいという方は、ぜひ最後までご覧いただき、今後の参考にしてみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

一日葬とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

一日葬とは?

困った人々

一日葬という言葉を聞いたことがある方も、もしかしたらいるかもしれません。
一日葬とはご遺族の負担が少ない葬儀として最近少しずつ増えつつある葬儀の方法です。

ここでは、一日葬とはどのような葬儀なのかについて解説していきます。

通夜を行わずに告別式と火葬を1日で行う

一日葬とは、文字通り葬儀を一日で行うという葬儀です。
簡単にいうと、昔からのいわゆるお葬式として多くの人がイメージする一般葬から、通夜を省略したものです。

通夜を行わず、葬儀は一日で済むためご遺族の負担が少なくて済みます。
また、通夜にかかる費用も抑えられるため、一般葬と比べて経済的にも負担が軽いものとなります。

身内や親しい人だけで葬儀ができる

一日葬は葬儀を一日で行う葬儀ですので、日程の調整が難しく一般の参列者は参列できないことが多いです。
そのため、一般の参列者はあまり葬儀に呼ばないということになります。

その結果、親族など親しい人たちだけで葬儀を行うことができ、あまり気を使わなくても良いので精神的にも楽な葬儀となります。

その他の葬儀との違い

一日葬は他の形式の葬儀とどのような点が違うのか、知りたいという方もいますよね?
そんな方のためにここでは、一日葬と他の葬儀の違いについて解説していきます。

一日葬と直葬の違い

直葬は火葬式とも呼ばれ、通夜や葬儀・告別式は行わずに、そのまま火葬のみで故人を弔うという葬儀の方法です。
直葬は葬儀の中では一番簡略化されたものといえるのではないでしょうか。

一日葬は葬儀・告別式のみという形式なので、直葬より費用の相場は高いものとなります。
逆に言えば、直葬は通夜、葬儀にかかる費用が必要なくなるということですので、費用がかなり安く済みます。

ですから、一日葬と直葬との大きな違いは葬儀・告別式が行われるか否かという点です。
そんな直葬について詳しく知りたいという方は、以下に直葬についてその費用の内訳や、注意点などわかりやすくまとめた記事がありますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

一日葬と家族葬の違い

家族葬は、全体の流れとしては基本的に一般葬と変わらず通夜、葬儀・告別式を行います。
参列者が親族やごく親しい人のみで行われるもので、一般の参列者がいない分規模を小さくできるため、費用を抑えることができます。

つまり一日葬では通夜を行わずに告別式を行う一方で、家族葬は通夜、葬儀・告別式全てを行うという点が大きな違いとして挙げられます。

家族葬について知りたいという方は、以下に家族葬の費用の内訳や、支払い方法まで詳しくまとめた記事がありますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

一日葬の葬儀の流れ

葬儀

一日葬がどのような形式の葬儀であるかは何となく分かったと思います。

では、具体的に一日葬はどのような流れで行われていくのものなのでしょうか。
ここでは、その一日葬の流れについて解説していきます。

ご臨終から葬儀まで

ご臨終をされたらまず、医師から死亡診断書を受け取ります。
死亡診断書を受け取ったら、病院の場合は自宅か葬儀社の安置所に搬送します。
搬送は家族のみですることもできますが、大変な場合には葬儀社に依頼すればすぐに来てくれます。

搬送が終わったら、葬儀社と葬儀について話し合いをします。
話し合いは誰が喪主を務めるのか、どの宗教の葬儀にするかなどの葬儀の形式、会場や時間帯などを決めます。

葬儀には死亡届や火葬許可証などの書類の手続きが必要となりますが、これらの書類の手続きはこのときにやっておきます。
香典の有無などを決め、御礼品やお礼状を準備します。

これらの準備が済んだら、会場の設営に取り掛かります。
次に納棺となりますが、葬儀の開始時間によっては前日になる場合もあります。
このときに何か故人の大切にしていた物などを一緒に入れることができます。

基本的に親族だけでやりますが、葬儀社に全部頼むこともできるようです。
納棺が終わると、次は葬儀となります。

葬儀から火葬まで

一日葬の葬儀はお坊さんが読経を行い、弔辞や弔電の紹介、参列者の焼香という流れで行われます。
葬儀は一般葬のときとあまり変わりません。
葬儀が終わったら棺に花を飾ってから出棺です。

故人の棺を霊柩車に運んで出棺となります。
喪主が喪主挨拶を終えた後、ご遺族は火葬場へと向かいます。
参列者がいる場合にはその場で解散となります。

火葬場に到着したらまずは、お坊さんを呼んでいる場合には、読経が行われます。
その後焼香をしてから火葬という流れです。
火葬が終わったら骨上げをして骨壺に遺骨を入れていきます。

埋葬許可証をもらって葬儀社に支払って終わりです。
基本的には準備を前日に行い、式当日の午前中に葬儀が終わり、火葬は昼頃始まって葬儀の全てが終わるのが夕方くらいというイメージです。

一日葬にかかる費用はいくら?

お金

一日葬は一般葬から通夜を省略した葬儀の方法であるため、費用が抑えられるとのことでしたね。
それでは具体的にどれくらいの費用相場なのか、気になる方もいますよね?
ここでは、そんな一日葬にかかる費用の相場について解説していきます。

他の葬儀と比べ費用相場が高い順番に並べると一般葬、家族葬、一日葬、直葬となります。
一日葬の費用相場としては約30万円~45万円程度となっているようです。

もちろん、葬儀のやり方によってはさらに高くなりますが、そもそも一日葬を行う方の中には葬儀にはあまり費用をかけないという考えの方が多いため、費用の相場は基本的に低くなるものです。

通夜を行わないので、通夜振る舞いも必要なくなり、お坊さんや葬儀社に払うお金が通夜一日分抑えられることになります。

ただ、お布施は一般葬のときと変わらずに、宗教や戒名の種類などによっては高くなる場合もありますので、費用を抑えたい方は注意して打ち合わせをしましょう。

一般的な葬儀はどれくらいの費用がかかるのか、葬儀の費用について知りたいという方もいるかもしれません。
そんな方は以下に詳しくまとめた記事がありますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

一日葬のメリット・デメリット

葬儀

近年人々に選ばれつつある一日葬ですが、なぜ増えてきているのでしょうか。
一日葬には人々に選ばれるだけのメリットもありますが、デメリットもあります。
ここでは、そんな一日葬のメリット・デメリットについて解説していきます。

メリット

一日葬のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか、ここでは二つ紹介します。

ご遺族への負担を軽減できる

まず、一日葬の大きなメリットとしてご遺族の負担が少なく済むということです。
通夜を省略するので、一日で葬儀が終わり精神的な面だけではなく、体力的な面での負担も軽減できます。

通夜と葬儀が続くと、休めずに心も体も疲れてしまいますが、一日葬なら前日は葬儀に向けて落ち着いて準備ができ、葬儀が終われば次の日は休むことができます。

また、一般葬などでは通夜振る舞いなど、経済的にも負担が多くなります。
一般の参列者が多いとそれだけ気も使いますし、お金も出ていく金額が多くなりますが、一日葬はこのようにご遺族の負担が少ないのが最大のメリットといえるかもしれません。

遠方からの参列者が日帰りで参列できる

他のメリットとして挙げられる点としては、遠くから葬儀に来る参列者が日帰りで参列することができるということです。

通夜と告別式のある一般葬だと、遠方から葬儀に来る参列者は葬儀場の近くのホテルなどを予約して、日をまたいで通夜と告別式の両方に出なくてはならないということがあります。
これは意外と心身ともに負担大きなものです。

ですが、一日葬であれば一日で終わるので宿を取る必要がなく、日帰りで参列することができます。
このような点で、遠方から来る参列者にとっても宿泊代などもかからず、精神的・体力的にも負担が少なくて済みます。

デメリット

次は一日葬のデメリットについて解説していきます。

費用が2日分かかってしまう可能性がある

一日葬は確かに一日で葬儀が終わりますが、準備や時間帯によっては前日から式場を使うということになります。
その場合は式場の費用を二日分払わなくてはいけなくなるという可能性もあります。

打ち合わせの際にはしっかり確認すると良いでしょう。

菩薩寺によっては一日葬ができない

葬儀に関わってくれるはずの菩提寺ですが、お寺によっては一日葬ならやりませんというところもあります。

昔からあるお寺や、これまでの葬儀の方法にこだわりを持つお寺だと、通夜も含めて葬儀だと考えているところもあります。
一日葬は比較的新しい葬儀の形式なので、まだまだその考え方が浸透していません。

ですから、菩提寺によっては信仰や一日葬の考え方が受け入れられないというところもあるのです。
基本的に葬儀を頼む菩提寺は、代々お世話になってきたという関係にあることが多いので、「だったら他のところに頼むからいいや」とは中々できず、話し合いが必要になります。

平日だと参列できない人が出てしまう

一日葬が平日に行われるとなると、親しい間柄の人であっても仕事などがあるために参列できないという人が出てきてしまいます。

一般の参列者をあまり多く呼びたくない場合には良いですが、葬儀に参列したいという故人と親しかったような人も参列できなくなる可能性もあることがデメリットとして挙げられます。

一日葬に参列する際のマナー

葬儀

最近少しずつ増えてきている一日葬ですが、実際に一日葬に参列したことのあるという方はあまりいないかもしれません。

これからいずれ経験することになるかもしれない一日葬のマナーについて、知っておきたいという方もいますよね?
ここでは、そんな一日葬に参列する際のマナーについて解説していきます。

香典は必要?

香典については、一般葬のときと変わらずに基本的には準備が必要です。
ですが、一日葬だとご遺族が香典を辞退する場合が多いようです。
そのときには、素直に従って香典は持って行かないようにしましょう。

一日葬を選ぶ方の中には、身内のみで簡単に行いたいという方も多くいます。
香典があると香典返しを用意しなくてはならず、ご遺族の負担が増えてしまいます。
これではあまり一日葬の意味がありません。

ですから、香典を辞退していることを知ったら素直に従うのがマナーです。
香典についてもっと詳しく知りたいという方は、以下に香典について表書きや金額の書き方など、香典についてわかりやすくまとめた記事がありますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

参列する際の服装

一日葬に参列する際の服装ですが、基本的に礼服となります。
男性はブラックスーツか濃紺のダークスーツ、女性は黒やダークグレーのスーツかワンピースとなります。

靴やネクタイ、靴下やバッグなどは黒のものを選ぶようにします。
ただ、濃紺やダークグレ―が不安な方や黒の礼服を持っているという方は、一般葬のときと同じ服装で行く方が無難かもしれません。

身内だけの場合などに話し合いや招待状に書かれているときなど、礼服以外で参列しても良いということになったら平服でも構わないでしょう。

このときも地味な色合いのものを着ていくなど、身内であっても葬儀にふさわしい服装をしていくのが一社会人としてのマナーです。

一日葬という葬儀のまとめ

葬儀

一日葬に関する色々な知識が出てきましたが、一般葬とあまり変わらないところもありましたね。
検討する際は一日葬についてよく知ってから選ぶようにすると良いでしょう。

今回終活ねっとでは、一日葬について費用や特徴、全体の流れや香典の有無について解説してきましたがいかがだったでしょうか?
この記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 一日葬とは一般葬から通夜を省略したもので、通夜は行わず告別式と火葬を行う葬儀のこと。

  • 一日で葬儀が終わるため、費用を抑えることができる。

  • 他の葬儀と費用を比べると、高い順から一般葬<家族葬<一日葬<直葬となる。

  • 一日葬の費用相場は約30万円~45万円程度。

  • 一日葬のメリットは、ご遺族の負担が軽いこと、参列者が日帰りで参加できることである。

  • 一日葬のデメリットは、準備を含めると二日分になることもある、お寺によっては一日葬ができないこともある、平日だと参列できない人も出てくることである。

  • 一日葬のマナーについて、香典や服装は基本的に一般葬と変わらない。

一日葬について新しい発見があったという方や、勘違いしていたことがあったという方もいたかもしれません。
一日葬は一般葬から通夜を省略したものと覚えておくと忘れないでしょう。

葬儀はとても大切な儀式ですから、どのような形式の葬儀を行うにしても、それぞれのメリット・デメリットなど、よく調べてから決めると良いでしょう。
故人とご遺族どちらにとっても良い葬儀にできるといいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・一日葬」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料