葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法まで

葬儀の形式別の費用相場や内訳って?仏式以外の費用や支払い方法まで

葬儀には様々な形式があり、また、宗教によっても形式が異なります。 葬儀にかかる費用相場もそれぞれの形式によって異なってきます。 今回終活ねっとでは、葬儀の形式別の費用相場や内訳について、仏式以外の形式での費用や支払い方法についてまとめていきます。

最終更新日: 2020年06月27日

葬儀の費用相場について

お金

いざ葬儀を執り行うとなった時、葬儀を実施するためにどのくらいの費用がかかっているのでしょうか。

費用の相場を把握していないと、何にいくらくらいの費用が必要となるのか見当もつかず予算を組めないのではないでしょうか。

費用の相場だけでも事前に把握しておくと、どのような項目にいくらくらいの予算が必要か、準備を進める上でも有用ですし、何より事前の心の準備ができます。

今回「終活ねっと」では葬儀にどのくらいの費用がかかるのか、葬儀の費用相場について以下のようなポイントを中心にまとめていきます。

  • 葬儀の形式によって異なる費用相場について

  • 葬儀にかかる費用の内訳について

  • 仏式以外の葬儀を執り行う場合の費用相場について

  • 葬儀費用はどのように支払うのか

  • 地域によって異なる葬儀費用の相場について

今回の記事を参考に、葬儀の形式ごとの費用相場や、仏式以外の葬儀の費用相場など、葬儀にかかる費用について学んでみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀の形式別の費用相場

葬儀

葬儀を執り行うために、どのくらいの費用が必要となるかご存知でしょうか。

一般的に必要となる費用の相場としては、200万円前後とされています。
ただしこれは、一般的にイメージされる盛大な葬儀を前提とした費用となります。

昨今では、価値観も多様化していることなどを背景に、様々な形式の葬儀が用意されています。

そして葬儀の費用についても、葬儀を執り行う方のニーズに応じて、費用を抑える形式の葬儀も多数ございます。

以下では、葬儀にはどのような形式があり、それぞれの形式の葬儀の費用相場に触れつつ解説していきます。

直葬

直葬は一般的に葬儀でイメージされる通夜や告別式などを行うことなく、火葬のみを行って葬儀とする形式です。

直葬では火葬のみを実施することとなりますので、必要となる費用としては火葬場の施設使用料に必要な費用がメインとなりますので非常に安価に葬儀を執り行うことができます。
費用は地域によって異なりますが、相場としては20万円〜30万円程度が一般的となっています。
10万円を割り込む直葬もあります。

直葬については、さらに詳しく解説している記事も用意しております。
下記のリンクから、直葬についての詳細な内容などについても参考にしてみてください。

一日葬

葬儀を安価に抑えたいけど、直葬のように火葬のみでは物足り図、故人との別れを惜しむ場が欲しいといった方には、一日葬という形式もございます。

一日葬は、通夜は実施しませんが、告別式と火葬を1日で実施します。
したがって、故人との別れを惜しむ場を設定しつつ、費用を安く抑えられることがメリットとなっています。

一日葬に必要となる費用としては、45万円程度が平均的な費用の相場となっています。
ただし、告別式を実施しますので多くの参列者が参加する場合、その分だけ費用が発生してきます。

高いものですと100万円を超える場合もありますので、ご自身の予算と相談のうえ、葬儀社に相談してみるのが良いでしょう。

「終活ねっと」では一日葬についても詳しい記事を用意しています。
一日葬についてさらに詳細な内容を知りたい方は、以下のリンクより記事をご確認ください。

家族葬

家族葬は、葬儀を家族や親しい友人・知人などと小さく行いたい方におすすめの形式です。

一般的な葬儀(一般葬)の場合、参列者は50人を超えるような大規模な葬儀となりますが、家族葬の場合、一般葬と同じような葬儀内容で参列者が限られるという点で費用を抑えられる形式となっています。

家族葬の場合、10人〜30人程度の参列者となることが一般的で、費用の相場としては120万円程度が相場とされています。

「終活ねっと」では家族葬の費用がどのくらいになり、どのような費用の内訳となっているのか詳しく解説した記事も用意しています。
家族葬の詳細な記事については、以下のリンクから参照できますので参考にしてみてください。

一般葬

一般的にイメージされる葬儀の形式がこの一般葬ではないでしょうか。

一般葬は非常に多くの参列者を招いて、盛大に実施する葬儀の形式となっていますので、葬儀の中でももっとも費用のかかる形式となっています。

一般葬にかかる費用は、200万円程度が相場とされており、参列者の人数や葬儀の内容などにより費用は変わってきます。

葬儀費用については、いくらくらいかかるのか、費用の内訳や安くする方法などについてもさらに詳しく書いている記事を用意しています。

以下のリンクから併わせて参照いただき、掘り下げてみると良いかもしれません。

「終活ねっと」では、低価格・高品質の葬儀プランを分かりやすい料金体系でご案内しております。
一般葬のプランは、565,000円(税抜)よりご用意しており、「終活ねっと」の早割で最大75,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



葬儀の費用内訳

お金

ここまで、葬儀費用の相場を大まかにみてきました。
では、葬儀費用の内訳を見てみるとどのような構成になっているのでしょうか。

予算を検討するにあたっては、どのような項目にどのくらいの費用がかかってくるのか、内訳ごとの相場を把握しておくと、事前にしっかり準備できるでしょう。

以下では、葬儀費用の内訳について、各項目に分けて解説していきます。

なお、最も費用のかかる一般葬を想定していますので、葬儀の形式によってはかからない費用も出てきます。

葬儀一式の費用

葬儀一式の費用は文字通り、一連の葬儀に関連する費用です。
具体的には、病院からご遺体を搬送し通夜や告別式、火葬などを一通り執り行う場合に、それらに関連して発生する費用のことです。

葬儀の中でも最も費用のかかる項目であり、葬儀一式にかかる費用は120万円程度が相場とされています。

葬儀一式費用には、通夜や告別式などの儀式にかかる費用のみならず、ご遺体の運搬費や葬儀社のスタッフ人件費なども含まれます。

式場利用料

葬儀を行う場合、斎場を利用して執り行い、火葬は火葬場で行います。

この時、斎場や火葬場等の施設を使用するためにかかってくる費用が式場利用料となります。
具体的には、斎場利用料や火葬場利用料が式場利用料として必要な費用となります。

斎場利用料や火葬場利用料については、地域などによって費用が異なりますので、お住いの地域の式場利用料がどのくらいになるのか、事前に把握しておくと良いでしょう。

斎場利用料

告別式などを行う斎場には、民営のものと公営のものがあり、公営の斎場の方が費用は安く抑えられます

民営と公営の斎場利用料を斎場を比較すると、以下のような特徴がそれぞれあります。

メリット デメリット
民営斎場 設備が充実している 費用が高い(20万円〜40万円程度)
公営斎場 費用が安い(5万円〜10万円程度) 数が少なく予約が取りづらい

それぞれのメリット、デメリットを比較しつつ検討してみてください。

火葬場利用料

火葬場にも、民営と公営の火葬場がありますが、ほとんどは公営の火葬場となっています。

火葬場については、建設するために様々な法律的規制があり建設のためのハードルが高いため、ほぼ市区町村が建設した火葬場となっています。

費用面でも公営の火葬場の方が安く、1万5千円程度が相場となっています。
民営の火葬場の費用の相場としては3万5千円程度となっています。

祭壇の費用

祭壇は、葬儀会場の前面に設置され、遺影写真やお花などを飾るものです。
その祭壇を使用するために必要となる費用を祭壇費用と言います。

祭壇に必要となる費用は60万円程度が平均とされていますが、どのような祭壇を使用するかによっても費用は異なります。

祭壇の種類は、白木祭壇と生花祭壇に分けられ、以下では、それぞれについて解説していきます。

白木祭壇

仏式の葬儀で一般的に使われる祭壇を白木祭壇といいます。

白木祭壇と一口に言っても、どのような素材のもので飾り付けはどのようにするか、豪華にするか質素にするかによっても費用に幅が出てきます。
安く済ませる場合であれば10万円程度から用意が可能ですが、こだわって豪華な素材で飾り付けを行っていくと100万円にもなる場合があります。

ご自身の予算と相談した上で、どのような素材を使い、どの程度まで豪華にするかを検討してみると良いでしょう。

生花祭壇

従来の白木祭壇ではなく、故人の好きだった花で埋め尽くし、それを持って祭壇する方も増えてきています。

このように、花だけで祭壇を形作ったものを生花祭壇といいます。
ご家族やご遺族の意向を踏まえつつアレンジも自由にできますので、生花祭壇を選ばれる方も増えてきています。

どのようなお花を選んでどのようにアレンジするのか、葬儀社によっても費用は違ってきますが、一般的な相場としては、60万円〜80万円程度となっています。

車両利用料

葬儀では様々な場面で、特殊な車両の手配が必要となります。

ご遺体を病院から搬送するための「寝台車」、ご遺体を火葬場まで搬送する「霊柩車」、その他、参列者の方などを送迎するための「送迎車」などの車両の手配が必要となります。
車両に必要となる料金としては、基本料金に移動距離に応じた費用が加算されて計算されることが一般的です。

なお、送迎車としてマイクロバスを手配する場合は、中型のタイプで約7万円〜10万円程度が相場となっています。

寺院費用

寺院費用の中心はお布施として僧侶にお支払いするお礼となっています。

お布施としてお支払いする費用となりますので一般的な相場というものは存在せず、「戒名料」などはお寺や戒名の順位によって幅があります。
したがって、どのくらいの費用が一般的であるかは明確にはありませんが、15万円〜50万円の範囲が一般的に支払われています。

飲食接待の費用

葬儀を経験された方はご存知かと思いますが、葬儀などの後には参列者を招いて会食を行うことが一般的です。

通夜の後に行われる会食を「通夜振る舞い」と言い、告別式の後に行われる会食を「精進落とし」と言います。
参列者を招いて会食を実施しますので、会食に参加する参列者の人数分の飲食代が発生してきます。

「通夜ぶるまい」や「精進落とし」に必要となる飲食代としては、食事代と飲み物代を併せて一人2,000円程度が相場とされています。

一人2,000円の飲食代の参加する参列者の人数分が合計で必要となる費用となります。

供花の費用

供花は、葬儀の際に祭壇の周りに飾られるお花のことで、故人のご家族やご親族、ご友人などからお悔やみの気持ちを込めて贈られるものです。
葬儀会場に飾られる供花は、2基の花輪でワンセットとしてお贈りするのがマナーとされてきました。

供花の費用相場は、1基7,500円〜15,000円程度となっています。
安いものだと5,000円から、高いものだと5万円を超えるものもありますので、葬儀社に相談しつつ予算を組むと良いでしょう。

返礼品の費用

香典返しとして、参列者へ贈る返礼品も用意する必要があります。
葬儀の返礼品としては、石鹸やお茶、コーヒーや海苔などの品物がよく選ばれています。

返礼品としてあまり高額な返礼品を用意してしまいますと、参列者の方に変に気を使わせてしまうことになってしまいます。
ですので出来るだけ高額すぎるものは避けるのが良いでしょう。

返礼品として用意する品物は、参列者一人あたり500円〜1,000円程度の商品が相場となっています。

仏式以外の葬儀の費用相場

葬儀

ここまで仏教における葬儀の費用について紹介してきました。

しかし、葬儀とは仏教だけでなく、キリスト教や神道でも執り行われます。
では、キリスト教や神道による葬儀の場合、葬儀にかかる費用としてはどのくらいが相場となっているのでしょうか。

以下では、キリスト教と神道による葬儀費用の相場をご紹介していきます。

神道式

神道式による葬儀費用の相場としては、仏式と比べると非常に安くなっており、神道式による葬儀費用の相場としては約30万円〜50万円となっています。

神道式が仏式の葬儀より安くなる理由の一つとして、戒名料がかからない点が挙げられます。

仏式では、仏の弟子となることで戒名という風習がありますが、神道式ではこのような風習がありません。
戒名料には20万円〜100万円ほどの費用がかかりますので、この分が抑えられると考えても神道式の方が費用が抑えられることがわかります。

キリスト教式

次にキリスト教式の葬儀にかかる費用についてご紹介していきます。

キリスト教式の葬儀においても、戒名という概念はありませんので仏式よりも費用は安くなります
また、神父さんや牧師さんにお支払いする謝礼も、仏式における僧侶に支払うお布施より安価です。

キリスト教式葬儀では、費用相場が70万円〜80万円程度となっています。

葬儀費用の支払い方法

お金

ここまで、葬儀費用全般について、費用の内訳や宗教別の費用相場などについて見てきました。

次に、葬儀にかかる費用をどのように支払っていくのか、支払い方法や支払いのタイミングについてみていきます。

葬儀費用は決して手軽な金額ではありません。
支払い方法にもいくつかの方法があることを把握しておき、いざという時のために準備しておくと良いでしょう。

分割払いはできる?

葬儀費用の支払いについては、現金で一括払いが一般的には多くなっていますが、何らかの事情により一括での支払いが困難な場合は、分割で支払うことも可能です。

分割で支払う場合、各クレジット会社取り扱っている葬儀ローンを組むこととなります。
12回の分割や36回の分割など、ローン会社と相談のうえ支払い方法を検討できますので、無理のない支払いが可能です。

クレジットカード払いはできる?

葬儀費用をクレジットカードで支払うことも可能です。

多くの葬儀社では、葬儀について依頼をすると支払い方法について、現金かクレジットカードか分割かで選択できるようになっています。

また、申し込みもインターネットを通じて申し込みができる葬儀社も多いので、クレジットカードの情報もインターネットを通じて必要事項を入力するという形式が多いでしょう。
葬儀について相談する際に支払い方法についても併せて相談してみると確実です。

前払い?後払い?

葬儀費用は、基本的には葬儀が終わって1週間以内に後払い形式で支払います。

ただし、葬儀費用のうち火葬に必要となる費用は前払いとなっている場合が多いので注意しましょう。
それ以外の葬儀一式費用などは、参列者の状況などに変更が生じる可能性も踏まえて、後払いとなっています。

以下の記事では、葬儀費用が足りない場合について紹介しておりますのであわせてご覧ください。

地域別の葬儀の費用相場

お金

ここまで、葬儀費用について様々な費用相場から支払い方法まで様々な情報について整理してきました。

葬儀費用の相場は宗教や宗派のみならず、地方や地域によっても違いが出てきます。

以下では、主な地域における葬儀費用の相場についてご紹介していきます。
お住いの地域が以下の地域に近い場合には、参考にしてみると良いかもしれません。

東京

東京での葬儀にかかる費用の相場としては、190万円程度となっています。

東京の火葬場はほとんどが民間で、その費用も約6万円程度と他の地域と比べても高く、また、基本的な物価も高いこともあり全国的にみても相場は高くなっています

北海道

北海道での葬儀にかかる費用の相場としては、120万円程度となっています。

北海道でご遺体を安置するスペースのあるは送迎バスが多いため、一般的に霊柩車を手配しない場合が多いことから車両にかかる料金を抑えられるという特徴があります。

沖縄

東京での葬儀にかかる費用の相場としては、90万円程度となっています。

沖縄の場合、斎場利用料などが安い施設が多く、葬儀一式にかかる費用を抑えられるため東京でかかる費用の半分くらいが相場となっています。

大阪

東京での葬儀にかかる費用の相場としては、130万円程度となっています。

大阪は、公営の斎場や火葬場が充実しているということもあり、葬儀一式にかかる費用が東京と比べて安く抑えられるという傾向があります。

葬儀の費用相場まとめ

お金

いかがだったでしょうか。
今回「終活ねっと」では、葬儀費用の相場について葬儀費用を抑える方法なども紹介してきました。

今回の記事のポイントは以下のとおりです。

  • 一般的に、葬儀を執り行う際に必要となる費用の相場としては200万円前後とされているが、一口に葬儀と言っても様々な形式があり、どのような形式の葬儀を執り行うかよって葬儀に必要となる費用相場は異なる。

  • 通夜や告別式を行わない直葬の場合、20万円〜30万円程度が相場となっている。告別式と火葬を1日で行う一日葬の場合、60万円程度が相場となっている。
    家族や親族のみで行う家族葬では60万円〜150万円程度、一般葬の場合は100万円〜200万円程度が相場となっている。

  • 葬儀費用の内訳としては、葬儀一式の費用、式場利用料、祭壇の費用、車両利用料、寺院費用、飲食接待の費用、供花の費用、返礼品の費用などに分けられる。
    葬儀一式の費用が最も高く、相場としては120万円程度なっている。
    それぞれの内訳ごとにどのくらいの費用がかかってくるかを把握し、目安にすると良い。

  • 仏式以外の形式の葬儀としては、キリスト教式、神道式がある。
    いずれの形式も仏式より費用は安く、神道式による葬儀費用の相場としては約30万円〜50万円、キリスト教式による葬儀の場合、費用相場としては約70万円〜80万円程度が相場となっている。

  • 葬儀費用の支払い方法としては、分割払いもクレジットカードでの支払いも可能。分割で支払う場合は、クレジット会社が提供している葬儀ローンを利用する。
    クレジット会社のローンは金利の面などでデメリットと感じる方は銀行のフリーローンなどでお金を借りて葬儀費用に充てるということも可能。

  • 多くの葬儀社で現金での支払いかクレジットカードでの支払いかで対応しているため、支払いについても葬儀社に相談してみると良い。
    葬儀費用の支払いについては、基本的には後払いとなる。

  • 葬儀費用の相場は地域によっても違ってくる。
    東京では190万円、北海道では120万円、沖縄では90万円、大阪では130万円程度が相場となっている。
    それぞれの地域の特徴によって、費用の相場も違ってくる。

今回の記事を参考に、葬儀に必要となる費用の目安を把握し、葬儀を行う際の予算を検討する際の参考にしてみてください。

「終活ねっと」ではこの他にも葬儀に関する情報を多数紹介しております。
以下の記事では、葬儀費用の折半について詳しく紹介しておりますのであわせてご覧ください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事