ペット葬儀の料金を動物の種類・形式別に解説!供養の料金もご紹介!

ペット葬儀の料金を動物の種類・形式別に解説!供養の料金もご紹介!

ペットは家族同然の存在ですね。最近ではペットが亡くなったとき人と同じように葬儀するご家庭が増えてきました。しかしその料金体制は葬儀場によって様々です。今回はペットが亡くなったときペット葬儀にかかる料金そしてその方法を解説いたします。ぜひ最後まで読んでください。

最終更新日: 2020年02月28日

ペット葬儀にかかる料金について

困った人々

癒しであるペットは家族と同じなくてはならない存在ですよね。
もしも、あなたの大切なペットが亡くなられたときどのように見送りたいと考えていますか?

最近では、犬、猫の他にも様々なペットを飼う方がいますが、どんな動物でも一緒に暮らせば大切な家族です。

そんなペットが亡くなったとき、最近ではペット葬儀を行うご家庭が増えています。
しかし、ペット葬儀の料金は動物によって様々です。
その基準がわからない方も多いのではありませんか?

そこで今回「終活ねっと」では、ペット葬儀にかかる費用や葬儀、供養の料金を動物の大きさ別に解説していきます。
また、ペットが亡くなったときに必要な手続きなども解説していますのでご覧ください。

  • ペット葬儀の流れ

  • ペット葬儀の料金相場

  • ペット葬儀・火葬の種類と料金

  • 葬儀・火葬後の供養の種類と料金

  • ペットが亡くなったときに死亡届は必要?

  • ペット葬儀にかかる料金まとめ

以上の順で説明していきます。

大切なペットを手厚く見送りたい方はぜひ最後まで読んで参考にしてください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

ペット葬儀の流れ

葬儀

どんなペットにも必ずいつか死は訪れます。
しかし、ペットが亡くなったときには悲しい気持ちで何も手につかなくなってしまう方が多いことでしょう。

しかし、ご遺体はそのままにしておくわけにはいきません。
悲しいですが飼い主としてきちんとお見送りしてあげましょう。

そのときに、戸惑うことなくきちんとお見送りできるように、ここではペット葬儀を行うときの流れを詳しく説明します。

ペット火葬サービスに依頼

ペットが亡くなられたらペット火葬サービスに依頼してください。
電話やメールで火葬の予定日や葬儀をどのようにするかなどを打ち合わせしましょう。

葬儀場に行くまでの間ご遺体は自宅に置くことになります。
おうちの中ではなるべく涼しい場所に安置してあげてください。

体が硬くなってしまう前に手足をたたみバスタオルや毛布などで包んでおきます。
安置するときは、頭を高くして腹部と後ろ足の付け根と背中に保冷剤を置き冷やしておくと火葬まで綺麗な状態を保てるでしょう。

葬儀場に行く

葬儀場へはご自分でご遺体を連れて行くか葬儀場にお迎えを頼むことができます。
葬儀のやり方や葬儀場のシステムによって様々違いますので事前にその点も確認しておきましょう。

葬儀場まで行けない場合は、葬儀場の方にご遺体を迎えに来てもらうことができるか確認してみましょう。

葬儀

葬儀場に行ったらお別れの儀式をします。
ペット葬儀は、人間の葬儀と違いご家族だけで立会うのが一般的です。
火葬する前に、ご家族で最後のお別れをするといったイメージです。

葬儀場によって多少の違いはありますが、お経を唱え焼香をしたあとにご家族だけでお別れする時間を設けてくれます。
最後に感謝の言葉やお別れの言葉をかけてあげましょう。

その後火葬しお骨拾いをしたら遺骨はそのまま納骨するか、いったん持ち帰ることもできます。
ご遺骨は、手元で供養するか納骨堂やお墓に納骨するかはすぐに決める必要はありません。
気持ちが落ち着いたらどのようにするかを決めましょう。

火葬

ペット火葬には三種類の火葬があります。

・立会個別火葬
・訪問火葬
・合同火葬

三種類の火葬は、それぞれ内容や料金が違います。
それについての詳細はこの後の項目で詳しく説明していますのでぜひ参考にしてください。

お骨拾い

お骨拾いのやり方は、基本的に人間と同じです。
火葬のあと、ご家族で骨を拾い骨壺に納めて火葬は終了となります。

その後、ご遺骨を持ち帰るか納骨するかなどを決めます。

お骨拾いのとき、歯やご遺骨の一部だけを持ち帰ることもできます。
大切なペットの形見として自宅で保管したり、専用のペンダントトップに入れて身に着ける方もいます。
希望される方は事前に葬儀場に聞いておくと滞りなくお骨拾いを済ませることができます。
ちなみに、毛を形見として残したいのであれば火葬する前に切っておきましょう。

ただし、合同火葬を選んだ場合他の動物と一緒に火葬するのでお骨拾いはしませんからご遺骨を残したい方は立会個別火葬か訪問火葬にしましょう。

以下の記事では、ペットの葬儀についてより詳しく解説しておりますので、合わせてご覧ください。

ペットの葬儀の料金相場

お金

ペット葬儀をするにも、その料金の相場が気になりますね。
いざというときのためにも、事前にペット葬儀にかかる料金の相場を知っておきましょう。

ここでは、ペットの動物の大きさ別に葬儀費用の相場を詳しくみていきます。

小型動物の場合

極小動物は、小鳥やハムスターなど小動物系、犬だとチワワやカニンヘンダックスなどです。
小型動物は、猫、トイプードル、ヨークシャテリアなどです。

葬儀の料金の相場は下記のようになります。

  • 極小動物(5㎏未満20×20㎝)

    立会個別火葬 約20000円~40000円
    訪問火葬   約20000円~40000円
    合同火葬    約 5000円~10000円

  • 小動物(5㎏未満50×32㎝)

    立会個別火葬 約30000円~40000円
    訪問火葬   約15000円~20000円
    合同火葬   約10000円~15000円

中型動物の場合

中型動物の犬は、パピヨン、マルチーズ、豆しばなどです。
中より少し大きい中大動物は、柴犬、コーギー、ブルドッグなどです。

葬儀の料金の相場は下記のようになります。

  • 中型動物(5~10㎏60×40㎝)

    立会個別火葬 約35000円~40000円
    訪問火葬   約20000円~25000円
    合同火葬    約15000円~20000円

  • 中大型動物(10~20㎏75×46㎝)

    立会個別火葬 約40000円~45000円
    訪問火葬   約25000円~35000円
    合同火葬    約20000円~25000円

大型動物の場合

大型動物の犬は、ゴールデンレトリーバー、秋田犬などです。
特大動物の犬は、グレートデン、セントバーナード、ボクサーなどです。

葬儀の料金の相場は下記のようになります。

  • 大型動物(20~30㎏92×56㎝)

    立会個別火葬 約45000円~55000円
    訪問火葬   約30000円~45000円
    合同火葬    約25000円~35000円

  • 特大動物(30~50㎏100×60㎝)

    立会個別火葬 約55000円~65000円
    訪問火葬   約45000円~55000円
    合同火葬    約35000円~45000円

犬種は平均的な体重から選別しています。
個体によっては平均以上に成長する場合もありますから身長×体重で確認したほうが良いでしょう

可愛いペットといえど急なことですから大きなお金はかけられないという人もいるかと思います。
そのような方は合同火葬が良いでしょう。

また、悲しみが深く葬儀場まで行けそうにない方は、火葬できる車両で自宅まで来てくれる訪問火葬を選ぶと良いでしょう。
訪問火葬は車内で火葬しますが、火葬していることを近所に知られないよう配慮されていますから安心です。

ペット葬儀・火葬の種類と料金

お墓

立会個別火葬

立会個別火葬とは、葬儀場で別れの儀式をしてから家族立会いのもと火葬します。
お別れの儀式をすることで悲しみが増すという方もいますが、のちにちゃんと見送ることができたと気持ちの整理がつくという方もいます。

火葬が終わったらお骨拾いをして骨壺に納めます。
ご遺骨は自宅に持ち帰る方もいますし納骨堂がある場合そのまま納骨する方もいますが、納骨の仕方についてはすぐに決める必要はありません。
いったんご遺骨を持ち帰ってから良く考慮して決めましょう。

また、立会いしない個別火葬もあります。
この場合は、葬儀場にご遺体を迎えに来てもらいお骨拾いまで一任する形式となります。
ご遺骨は火葬が終わったら自宅まで届けてくれるので安心です。

合同火葬

合同火葬は、葬儀場で合同火葬する他の動物たちと一緒に火葬されます。
この場合立会いすることはできませんし、他の動物たちの骨と一緒になってしまうためお骨拾いもできません。

火葬後は、葬儀場で納骨供養された後、合祀墓に永代埋葬され納骨供養の期間や永代埋葬された後でも御参りは自由にできます。
自宅にご遺骨を残さない方は合同火葬にして御参りに行くと良いでしょう。

訪問火葬

訪問火葬とは、火葬できる設備が整った車が自宅まで来て火葬する形式です。

火葬の車が停まると近所にわかるのでは?と心配する方もいるかと思いますが、最近では葬儀場の社名を入れないよう配慮もされていますから大丈夫です。

ただし、訪問火葬は葬儀場によって火葬車がない場合もあるので注意しましょう。
訪問火葬をすると決めている方は事前に訪問火葬ができる葬儀場を探しておくと良いでしょう。

葬儀・火葬後の供養の種類と料金

お墓

合同供養塔への納骨

合同供養塔への納骨は、火葬後すぐに納骨する葬儀場がある一方、いったんご遺骨を納骨堂で管理してから合同供養塔へ納骨する葬儀場もあります。
そのへんは葬儀場によって様々ですから事前の確認が必要です。

一般的に、合同供養塔に納骨する前に一定期間納骨堂に収めるときは納骨堂の使用料がかかることがあります。
しかし、これも火葬費用に含まれている葬儀場もあることから事前に確認しておきましょう。

納骨堂の費用の相場は、5千円~3万円程度となり、葬儀場によってかなり幅があるので注意しましょう。

火葬のあとは合同塔へ納骨を永代供養することになりますが、その費用の相場は1万円~3万円程度で個別で埋葬と比べるとかなり低価格で行うことができます。

費用に関しては、それぞれの葬儀場によってばらつきがありますが、ほとんどの葬儀場でご遺族の気持ちに寄り添った方法で対応してくれますので納得のいく方法を選びましょう。

霊園への納骨

ペットを霊園で納骨する場合は、人間のお墓と同じくお墓を作ることになります。
墓石を建てるための費用は一般的に10万円~数十万円程度かかるでしょう。

さらに、霊園に管理費として年間でいくらか支払うことになります。
管理は行き届いた環境ですが、ずっと維持費がかかることと霊園が経営不振などに陥ったときにご遺骨を取り戻せなくなるなどのデメリットがあることを理解しておきましょう。

しかし、多頭飼いされている方にはお墓にご自分のペットを一緒に納骨できるメリットもあります。

手元供養する

火葬した後で、ご遺骨を自宅に持ち帰り手元供養するときは供養するためのメモリアルグッズを購入する費用がかかります。

メモリアルグッズには、ペット用の仏壇やご遺骨を入れる骨壺、写真を飾るためのフォトフレームや花を手向けるための花瓶、水やご飯を供える入れ物などがあります。

メモリアルグッズは、葬儀場で販売しているものを購入しても良いですが、100円グッズを利用したり自宅にあるものを利用するなどすれば費用を抑えられます。

ペットが亡くなったときに死亡届は必要?

困った人々

最愛のペットが亡くなったら死亡届を出しましょう

例えば、犬は狂犬病予防のため登録が義務づけられていますから、犬が亡くなったときには登録を抹消する届けを30日以内に役所や自治体に出す必要があります。

登録抹消のやり方は役所に直接行って手続きするか、役所のホームページから登録抹消の用紙をダウンロードして必要事項に記入して郵送しても可能です。

そのとき、犬鑑札と狂犬病予防注射済票を一緒に提出するのを忘れないようにしましょう。
死亡届を提出しないといつまでも狂犬病の案内が届きます。

放置していると役所から狂犬病の予防接種をするよう口頭で注意されることもあるので早めに手続きしましょう。

ペット葬儀にかかる料金まとめ

お墓

ペット葬儀にかかる料金は、火葬のやり方と供養の仕方で変わります。

今回「終活ねっと」では、ペットが亡くなったときの葬儀の流れと葬儀の料金相場、火葬と供養の種類、料金、ペットが亡くなったときの手続きについてまとめました。

  • ペットが亡くなったら
    火葬サービスに電話かメールで依頼する

  • 火葬の日までは自宅の涼しい場所に安置
    死後硬直する前に手足をたたんで整える
    バスタオルに包んで保冷剤で冷やす

  • 火葬には
    立会個別火葬、訪問火葬、合同火葬がある

  • お骨拾いは
    立会個別火葬か訪問火葬でしかできない

  • 火葬費用の相場は
    動物の体の大きさが大きいほど高くなる
    立会個別火葬、訪問火葬、合同火葬の順に高くなる

  • 立会個別火葬はお別れの儀式があり個別で火葬する
    訪問火葬は自宅で火葬できる
    合同火葬は他の動物と一緒に火葬する

  • 合同塔への納骨費用は5000円~30000円程度
    霊園への納骨費用は10万円~数十万円程度
    手元供養の費用はメモリアルグッズの購入費がかかる

  • 犬が亡くなったときは
    死亡届けを犬鑑札、狂犬病予防注射済票とともに役所に提出

「終活ねっと」では下記のように葬儀費用についての記事もたくさんあります。
ぜひ参考にしてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事