葬儀の受付での香典の受け取り方や言葉遣いは?正しい渡し方も解説!

葬儀の受付での香典の受け取り方や言葉遣いは?正しい渡し方も解説!

葬儀の受付は、全体の印象を決めるといっても過言でないくらい大切です。参列者は香典を受付で渡すことになりますが、その香典の受け取り方や言葉遣いを知っていますか?今回は葬儀の受付での香典の受け取り方や言葉遣いから、正しい渡し方まで解説していきます。

最終更新日: 2020年12月18日

葬儀の受付での香典について

葬儀

葬儀の受付ではどんなことをするかは知っていたとしても、具体的にどのような作法があるのかを知らないこともあるのではないでしょうか。

実際に自分が受付をやることになったり手伝いを頼まれたときに困ってしまいます。

周りの人に聞こうとしても、自分の回りで葬儀の受付の経験があるという人はそう簡単に見つかるものではありません。
とはいえ、葬儀本番では「良く知らなかった」では済まないこともあります。

葬儀全体の印象を壊さないためにも、いざというとき困らないようにしておきたいですね。

今回「終活ねっと」では、葬儀の受付での香典の受け取り方や言葉遣いについて、以下の事柄を中心に詳しく解説していきます。

  • 葬儀の受付の手伝いってどのような仕事内容なの?

  • 受付で香典を受け取るときってどうやって受け取ればいいの?

  • 参列者で香典を渡すときはどうやって渡したらいいの?

  • 葬儀後の受付での香典返しってどうやって渡すの?

葬儀の受付やその手伝いをやることになったという方や、前もって葬儀の受付について知っておきたいという方は、ぜひ最後までご覧いただき、今後葬儀の受付をする際の参考にしてみてください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

受付の手伝いの仕事内容

葬儀

そもそも葬儀の受付や手伝いにはどのような仕事があるのでしょうか?

参列者としてしか受付に関わったことが無いという方は、よくわからないのではないでしょうか?
ここでは、葬儀での受付の手伝いの仕事内容を簡単に紹介していきます。

  • 参列者の人たちに挨拶をする

    重ね言葉は使わないように気を付けながら、一般の参列者には葬儀に来てくれたことへの感謝の気持ち、親族にはお悔やみの言葉を述べます。

  • 記帳をしてもらうようお願いする

    記帳は後でお礼をする際など必ず必要となりますので、漏れが無いように注意します。

  • 香典を受け取る

    名前をフルネームかどうか確認して、一言添えて香典は両手で受け取ります。

  • 返礼品を渡す

    返礼品を渡す場合にはお礼を言って手渡しします。

  • 葬儀場まで案内する

    受付から葬儀場が離れている場合などでは、受付係が案内をすることもあります。

以上がだいたいの流れとなります。

中には受け受けで供物や供花などを受け取る場合もありますが、そのときは落ち着いて誰から受け取ったのかをはっきりさせておけば大丈夫です。

受付での香典の受け取り方

葬儀

葬儀の受付では記帳と香典の受け取りが主な仕事となります。

では、葬儀の受付ではどのようにして香典を受け取ったら良いのでしょうか。
ここでは、香典の受け取り方について解説していきます。

挨拶をして受け取る

香典を受け取るときには必ず挨拶をして受け取るようにします。
葬儀の場ですから大きい声や明るい声ではなく、控えめな挨拶にすることを覚えておきましょう。
香典を受け取るときの挨拶の例を紹介します。

「恐れ入ります」、「お預かりします」、「ご丁寧に恐縮です」

挨拶に決まりはないので、お礼の言葉を伝えれば大丈夫です。
ただし、忌み言葉とされている表現は使ってはいけませんので注意しましょう。

香典を頂いたら香典帳に記帳する

香典を受け取ったら香典帳を書きます
香典を管理するためのものなので、誰からいくらもらったのかを必ず書きます。

香典返しの際に必要になりますので、同姓の方などごちゃまぜにならないようにフルネームで記帳しておくとトラブルにならないでしょう。

参列者の人に書いてもらう記帳は芳名帳といって、基本的に金額は書かないので勘違いしないようにしましょう。

香典を辞退している場合の対応は?

香典を辞退している場合には、その場でしっかりと香典を断る旨を伝えます

誠に勝手ながら、故人の遺志により辞退させていただいております

など、丁寧にはっきり断りましょう。

一度断っても渡そうとする人もいるので、そのときは

お気持ちだけ納めさせていただきます

など丁寧に断りましょう。

押されて受け取ってしまうと、それを見ていた人の香典も受け取らざるを得なくなってしまいます。

そうなると香典返しなどが必要となり、香典辞退の意味がなくなってしまいます。
辞退すると決めたら丁寧にはっきりと断りましょう

香典の中身を確認するのはNG?

受付で受け取った香典の中身を確認するのは必要な作業となります。

もし香典袋に書いてある金額と中身が違ったり、うっかりしていてお金が入っていなかったりという場合には直してもらう必要があるからです。

その場で確認するときには後ろの会計係等に、なるべく見えないように確認してもらうなど配慮は必要ですが、その場で香典の中身は確認した方が良いでしょう。

受付をする際の言葉遣い

受け付けは葬儀の最初の場所となりますので、葬儀全体の印象が決まってしまいます。

特に言葉遣いには気を付け、

「重ね重ね」「たびたび」「続きます」

などの忌み言葉は使わないように意識した方が良いでしょう。

言葉遣いを気にするあまり、大切なことを伝えられないと後から困りますので、帳簿に書いてもらう内容などしっかり伝えましょう。
また、挨拶をする際には控えめな声で手短にします。

言葉遣いは本番ですぐに変えるのは簡単ではないので、軽く練習しておくと良いでしょう。

また忌み言葉については、以下の記事で詳しく解説しています。
ぜひ目を通してみてください。

参列者の受付での香典の渡し方

葬儀

葬儀には参列者として受付に関わることの方が多いのではないでしょうか。

参列者側として香典を渡すときにはどうやって渡したらよいのか、知っておきたいですよね?
ここでは、参列者としての香典の渡し方について解説していきます。

お悔やみの言葉を述べる

まず、香典を渡す前に受付ではお悔やみの言葉を述べます。

「このたびはご愁傷様です」「このたびはお気の毒様でございました」

など挨拶は控えめな声で手短に済ませましょう。

挨拶をしたら袱紗から香典袋を取り出して表書きが相手に読めるようにして両手で渡します。
渡すときには、

どうぞ御霊前におそなえください

などと一言添えても良いでしょう。

また、受け付けは混むこともあるので、知っている人が受付でも、香典を渡した後はお話などはせず速やかに会場へ行きましょう。

香典を渡したら芳名帳に記帳する

香典を渡し終えたら芳名帳に記帳するように受付の人から言われるので、記帳します。
芳名帳があるときは言われなくても、受付係の人が忘れていることもありますので、必ず記帳はします。

通夜ですでに香典を渡しているときでも、記帳だけは必ずしましょう。
記帳を忘れてしまうと後々喪主側にとって負担になりますので、気を付けましょう。

葬儀後には受付で香典返しを渡す

葬儀

葬儀後には受付で香典返しを渡すことがあります。
ここでは、香典返しの渡し方について簡単に解説していきます。

お礼を述べて渡す

香典返しを手渡しする際には、

例文お気遣いいただき、恐れ入ります

など、お礼を述べて渡します。

葬儀後に受付で渡す場合は、引換券や番号札などを受付で最初に渡している場合が多いようです。
渡す際には香典返しであることを伝えるのを忘れないようにしましょう。

会葬御礼と香典返しは別物?

会葬御礼品と香典返しは別のものです。

会葬御礼品は、葬儀に参列してくれた人全員にわたすお礼の品物です。
香典返しは、香典を渡してくれた人に対してのみ、香典のお返しとして渡すものです。

香典返しは、葬儀後に香典返しをする際の品物より大幅に香典の金額が高かった場合には、後日もう一度香典返しを送る場合もあります。

ですから、葬儀後に受付で渡すときには会葬御礼品だと思われないように、香典返しであることを伝え、お礼状にも香典返しであることを書いておくと誤解されることもないでしょう。

葬儀の受付での香典まとめ

葬儀

葬儀の受付をすることはそんなにないかもしれませんが、だからこそ急にやることになると焦るものです。

受付にも色々なマナーがありましたが事前に知っておけば、思いがけないことにも柔軟に対応できるのではないでしょうか。

今回「終活ねっと」では、葬儀の受付での香典の受け取り方や言葉遣い、また参列者の香典の渡し方について詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

この記事の内容をまとめると、以下のようになります。

  • 受付で香典を受け取るときは一言感謝の挨拶をして受け取る。

  • 香典帳に記載するときにフルネームを確認するのを忘れない。

  • 香典はその場で中身を確認して過不足がないかなどを確認する。

  • 香典を渡すときには、お悔やみの言葉を述べて袱紗から出して渡す。

  • 香典を渡した後は芳名帳に記載をするのを忘れない。

  • 香典返しを葬儀当日にする場合には、会葬御礼品しかもらえなかったとならないように、香典返しであることをしっかり伝える。

葬儀の受付に関して、今まで知らなかった仕事内容や香典の受け取り方など、新たな発見があったかもしれません。

受付のやり方について知っていれば、実際自分が受付をする際だけでなく、参列者側として参列する際にもスムーズに受付を終えられるでしょう。

最初の印象は大切なので、受付をしっかりできると良いでしょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

葬儀の費用についてまとめた記事が以下にありますので、気になる方はこちらもご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事