葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!

通常の葬儀のイメージとして、通夜に始まり告別式を経由して、火葬という流れという印象が強いかもしれません。しかし葬儀プランにはさまざまな種類があり、場合によっては費用を安く抑えることが可能となります。ここでは葬儀プランの種類や費用相場について詳しく解説します。

最終更新日: 2020年06月27日

葬儀のプランについて

困った人々

一般の葬儀と言えば通夜に始まり、告別式の後に火葬というイメージが強いかもしれません。
しかし一般の葬儀以外にも、さまざまな葬儀プランをご存知ない方も多いのではないでしょうか?
今回「終活ねっと」では、葬儀プランの種類や費用相場について解説させて頂きます。

具体的には以下の内容について、主にご紹介いたします。

  • 葬儀のプランと費用相場について

  • 葬儀プランの費用内訳とは

  • 葬儀費用の支払い方法について

以上のことについて、順を追って解説させて頂きますので、最後までお付き合いくだされば幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀のプランと費用相場

お金

お葬式にはさまざまな種類があり、執り行う葬儀によって費用も大きく変わってきます。
ここではどういった葬儀のプランがあるのか、またそれぞれの費用の平均相場はどうなっているのか見ていきましょう。

また葬儀のプランのなかでも、生前葬や無宗教葬、キリスト教式葬など珍しい儀式もありますので、これらの内容や費用相場についてもご紹介致します。

直葬

直葬とは通夜や告別式を執り行わず、火葬のみでお別れする葬儀のことをいい、別名で火葬式とも呼ばれています。
日本消費者協会の調査調べによりますと、一般的な葬儀の全国平均の費用総額が約196万円に対し、直葬の費用相場は約10万円~20万円とされています。

最近では費用を安く抑えたいことや、お呼びするご親族・ご友人が少ない、または経済的な理由などにより直葬を選ばれる方が増えてきています。
しかし後からご親族から反対される場合や、菩提寺から納骨を拒否されるというケースもありますので知っておきましょう。

一日葬

一日葬は通夜がなく告別式のみを行う、1日で済ませてしまう葬儀のことをいいます。
この一日葬の場合、一般のお葬式では通夜と告別式の2日間に渡り葬儀が行われますが、通夜が行われないことから一般の葬儀に比べ費用も安く、約30万~40万円が相場となっています。

もちろん費用を安くできるほか、時間が短縮できることから喪主やご家族の方の身体的負担を減らせるというメリットがあります。
このことから特に都市部を中心として、実際に一日葬を選択される方も増えてきているようです。

家族葬

家族葬とはご遺族や親しい間柄の方のみで行う葬儀のことを言い、通常は10~30名ほどで行われ、基本的にはご近所や会社関係の方はお呼びしません。
このため故人とのお付き合いが深かった方達のみで、ゆっくりと最後のお別れを偲ぶことができます。

さらに参列者が少ないことから、エンディングデータ(2018年)調べによりますと家族葬の平均費用は約115万円と通常の葬儀費用に比べ、とても割安です。

また最近のご自身に関する意識調査では、家族のみに見送られたい・自分の葬儀は簡素でも構わないという人も増えており、家族葬の割合が増加傾向にあります。

一般葬

一般葬とはご友人や職場の方まで幅広くお招きする葬儀のことを言います。
家族葬と区分けするため、一般葬と呼ばれるようになりました。
また全国平均の費用総額が約196万円(日本消費者協会の調査)となっており、家族葬に比べ割高に感じるかもしれません。

しかしこれには内訳があり葬儀一式費用のほか、お寺へのお布施の平均約47万円、食事接待費約30万円が含まれます。
またお葬式の規模や収容人数によって費用額が約100万円~200万円と大きく変動しますので、詳しい葬儀費用を知りたい方は、最寄りの葬儀会社に相談されることをおすすめします。

生前葬

生前葬とは亡くなられた後ではなく、ご本人が主体となって生前中に執り行う葬儀のことを言います。
生きている間に、ご本人がお世話になったご友人や知人の方に対して、お礼や感謝の気持ちを伝えておきたいという考えから、生前葬を希望される方も増えつつあります。

生前葬の費用相場ですが葬儀の形式が自由に決められるため、プランや規模によって約20万円~100万円と大きく変わります。
また生前葬後にご本人が亡くなられますと、ほとんどの場合が親族のみの密葬という形で、直葬や火葬が執り行われますので知っておきましょう。

無宗教葬

仏教やキリスト教などの信仰が無い場合、無宗教で葬儀を執り行うことも可能です。
この場合に執り行われる葬儀を無宗教葬と呼びます。
通常の葬儀ではお坊さんや神父さんをお呼びして、お経やお祈りを行って頂くのですが無宗教葬では、これらの儀式が省かれるため費用が掛かりません。

しかしお経やお祈りが無いことから、葬儀の時間が短くなりますのでどうするか考えておく必要があります。
一般的には代わりとして、故人が好きだった音楽を流したりお手紙を読むなどされる方が多いようです。

また費用相場に決まりがないことや、無宗教葬を取り扱っている所も少ないので、実績のある葬儀社に依頼されることをおすすめします。

神式葬儀

神道によって葬儀を執り行うことを、神式葬儀および神葬祭といいます。
仏教で葬儀を行う場合、お坊さんやご僧侶から故人に対して戒名が授けられ、その費用は位によって大きく異なり2万円~100万円とされています。
神式葬儀の場合、この戒名料が掛からないことから通常の葬儀に比べ安く抑えることができ、神式葬儀を取り扱っている葬儀会社の平均相場は約50万円~100万円となっています。

しかし仏教の葬儀でも家族葬などの場合、費用は約100万円前後となっていますので、仏式も神式もさほど変わりないかもしれません。

キリスト教式葬儀

宗教統計調査2016年調べによりますと、日本の仏教系団体の信者数は約8770万人とされており、日本では大半が仏式で葬儀が執り行われていることが分かります。
しかし、一定の割合でキリスト教信者の方もいらっしゃることから、キリスト教式葬儀を行う場合もあります。

キリスト教式葬儀で掛かる主な費用として、式場使用料・ご神父への謝礼・生花代・オルガン奏者への謝礼・墓地への埋葬代などが挙げられます。
これらの総費用ですが通常プランなら約70万円~80万円、華やかに故人を送りたいのであれば約120万円~200万円程掛かると言われています。

葬儀プランの費用内訳

お金

通常の葬儀プランの費用の内訳のうち、葬儀一式の費用・寺院費用・飲食接待の費用の3つに大きく分けられます。
また葬儀一式の費用において、式場利用料や祭壇費用・車両利用料は高い割合を占めていますので、合わせて解説していきます。

葬儀一式の費用

葬儀一式費用は葬儀社によって異なりますが、ある葬儀社の例を元に葬儀費用が100万円の場合にプランに含まれるものについて以下にまとめました。

  • ご遺体のお迎えからご安置までの料金として、寝台車(病院~安置所)・ご安置料・枕飾り・保冷剤・役所及び火葬場手続き代など

  • 納棺代として、お棺・仏衣・お棺用布団など

  • 告別式に掛かる費用として、祭壇料・葬儀場利用料・会葬返礼品・遺影写真・司会及び運営スタッフ代・通夜食事10万円分など

  • 火葬に掛かる費用として、霊柩車代・火葬料金・骨壺及び骨箱など

  • 初七日に必要な費用として、法要スタッフ代・精進料理10名分など

このほかにも寺院費用が別途掛かったり、上記の例では飲食代を含んでいますが、葬儀社によっては飲食接待の費用を含まれないことが多いので、注意が必要です。

式場利用料

ここでは式場利用料について見ていきましょう。
斎場を利用した場合、いったいどれ位の費用が掛かるのでしょうか。
また斎場や葬儀場に火葬場が無い場合には、別途火葬利用料が掛かりますので覚えておきましょう。

斎場利用料

斎場とは葬儀が行われる場所のことで、火葬場が併設されている場合が多く、霊柩車やマイクロバスなどの車両代が掛からないというメリットがあります。

斎場は大きく分けて2種類があり、市区町村が運営している公営斎場と民間が運営している民営斎場があります。
斎場利用料は公営と民営で大きく異なります。

民営斎場の利用料は一式あたり平均で約20万~30万円ほど掛かりますが、公営斎場ではさらに安く料金を抑えることができます。
たとえば東京都世田谷区にある臨海斎場の場合、世田谷区民で5万6千円・それ以外なら17万円の料金での使用が可能となっています。
また、お住いの地域の斎場によって料金は変わりますので、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

火葬場利用料

斎場や葬儀場に火葬場が無い場合、火葬場利用料が別途掛かります。
この火葬場利用料はお住いの地域によって、利用料金が明確に提示されているため葬儀会社によって差が出ることはありませんので覚えておきましょう。

また火葬場利用料は無料~6万円程度と統一性がありませんので、お住いの地域の火葬場利用料金をご確認されることをおすすめします。

寺院費用

寺院費用とは葬儀の際に、お坊さんやご僧侶に対してお礼としてお渡しするお布施のことです。
このお布施の内訳には、読経料・戒名料・お車代・お食事代が含まれていますが、寺院や宗派によって金額が異なります。

しかし葬儀についてのアンケート調査(2017年)によりますと、寺院費用の相場は平均で約47万円とされていますので目安として覚えておきましょう。

車両利用料

葬儀で使用される車両には寝台車と霊柩車があり、これらも葬儀費用の中に含まれます。
病院で故人が亡くなられた場合、ご遺体をご自宅か葬儀場への搬送には寝台車が利用されます。
これに対し霊柩車は、葬儀などの告別式が終わったのち、葬儀場から火葬場までご遺体を搬送するために用いられます。

これらの車両利用料金は、ご遺体を搬送する距離が長いほど費用が高くなり、移動距離が10kmを超えるたびに3,000円~5,000円を平均として加算されます。
また霊柩車は車種や車に装飾されているグレードによっても費用が変わりますので、利用される葬儀会社に相談されることをおすすめします。

祭壇の費用

葬儀費用の中のプランにおいて、祭壇の費用の割合は大きく占めています。
また祭壇には白木祭壇と花祭壇がありますが、祭壇はグレードや大きさによって費用が大きく変わってきます。
ここでは各祭壇の費用相場や、それぞれの違いについて解説致します。

白木祭壇

白木祭壇(しらきさいだん)は日本の伝統的な祭壇であり、元々皇室などの葬儀で使われていましたが、時代の流れとともに一般の人々の葬儀にも広まるようになりました。
また荘厳で落ち着いた雰囲気があることや、伝統を重んじる方からは現在でも支持されています。

しかしエンディングデータバンク(2014年)調べによりますと、白木祭壇を選ばれる方は約3.6%と徐々に少なくなりつつあるようです。
この白木祭壇の費用は約30万円~100万円と大きな差があり、これは祭壇のプランによって価格が大きく変わってきますので覚えておきましょう。

花祭壇

白木祭壇は天然木材の白木を使用し壇を作るのに対し、花祭壇はさまざまな種類のお花を使用して壇を作り、かつ花で囲まれた祭壇のことをいいます。
また白木祭壇より費用が安く済むことや、故人が好きなお花などで壇を作れるなどを理由に、9割以上の葬儀で利用されており、最近では花祭壇が主流となっています。

費用は一般的な大きさとして壇が1~2段・横幅が1~3mの場合、約20万円ほどが相場とされています。
しかし値段が高いお花や、壇の数を増やすことで料金が60~80万円と割高になってしまうケースがありますので注意が必要です。

飲食接待の費用

飲食接待費用とは、葬儀に参列して頂いた方に振舞う飲み物や食べ物のことです。
この飲食費などの接待費用は、葬儀会社のセット料金には含まれておらず、別料金として支払う必要があると考えておいたほうが良いかもしれません。

また必要になる飲食費として、お通夜の場合の通夜振る舞いや、火葬の際の精進落としがあります。
このほかにもお通夜や告別式に参列して頂いた方にお渡しするお礼として、会葬返礼品が含まれます。
これらの飲食接待費用に掛かる全国平均は、約30万円となっていますので目安として知っておきましょう。

葬儀費用の相場や費用を抑えるポイントについては、以下の記事で詳しく紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

「終活ねっと」では、低価格・高品質の葬儀プランを分かりやすい料金体系でご案内しております。
一般葬のプランは、565,000円(税抜)よりご用意しており、「終活ねっと」の早割で最大75,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



葬儀費用の支払い方法

お金

これまで葬儀費用について見てきましたが、支払い方法につきましても、あらかじめ知っておくことをおすすめします。
ここでは葬儀費用を負担する方や、クレジットカードでの支払い及び分割払いは可能なのでしょうか。
さらに葬儀費用を支払うタイミングについても知っておきましょう。

葬儀費用は誰が支払う?

葬儀費用を支払い義務がある人は特定されていませんが、誰が支払うのか決まっていない場合は、基本的には喪主が負担するケースがほとんどです。
しかし一般の葬儀費用の平均額は約196万円とされているため、喪主一人で負担するのは経済的にも厳しいと考える方も多いのではないでしょうか。

この場合、ご両親やご兄弟に葬儀費用の負担をお願いすることを視野に入れておく必要があります。
また後になって葬儀費用について争うことの無いよう、費用負担者全員であらかじめ話し合っておくことをおすすめします。

クレジットカードで支払える?

最近では、クレジットカード払いに対応している葬儀社が増えてきています。
また現金を持ち歩くよりもクレジットカードは、安全面に優れているというメリットがあります。
さらに葬儀費用は高額であることから、クレジットカードの種類によってはポイントを大きく貯めることができますので、上手に活用していきましょう。

葬儀費用は前払い?

葬儀費用は前払いではなく、基本的には後払いとしている葬儀社がほとんどです。
また葬儀費用の支払期日は、葬儀後1週間から10日間前後の期間としているところが多いので覚えておきましょう。

しかしお坊さんやご僧侶へのお布施などの寺院費用に関しましては、葬儀前のご挨拶や葬儀後のお礼の後にお渡しするのが一般的とされていますので注意が必要です。

分割払いはできる?

葬儀費用を一括での支払いが難しい場合には、分割払いに対応している葬儀社をご検討されてみてはいかがでしょうか。
しかし分割払いには、余計な金利が掛かってしまいますのであまりおすすめできません。
ただし今後、故人の生命保険が入る・故人の口座に葬儀費用を支払える預金がある・時価総額が高い土地を保有しているなどの事情があれば、分割払いを利用されたほうが良いかと思います。

葬儀のプランについてまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。
今回「終活ねっと」では、さまざまな葬儀プランや費用相場についてご紹介しましたが、以下にまとめました。

  • 葬儀のプランにはさまざまな種類があり、それぞれ費用が異なる。

  • 葬儀費用のプランは、大きく3つに分けられ葬儀一式の費用・寺院費用・飲食接待費用がある。

  • 葬儀一式の費用のうち、式場利用料・車両利用料・祭壇料が占める割合が高い。

  • 葬儀費用の支払い方法は後払いが原則で、さらにクレジットカードが利用できるほか、分割払いも可能。

葬儀プランにはさまざまな種類が用意されているため、ご自身の予算に応じて選択されることをおすすめします。
最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事