葬儀費用の内訳はいくら?葬儀費用の相場や費用を抑える方法も解説!

葬儀にはいくらくらいの費用がかかり、その内訳はどうなっているのでしょうか。葬儀を実施することとなった場合、多くの方が一番気になることではないでしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀費用の内訳はいくらになるのか、葬儀費用の相場や支払い方法についても解説していきます。

目次

  1. 葬儀費用の内訳について
  2. 葬儀費用の相場は?
  3. 葬儀費用の内訳
  4. 葬儀費用の支払い方法
  5. 葬儀費用の見積もりをする際の注意点
  6. 葬儀費用を安くするためには
  7. 葬儀の費用内訳についてまとめ

葬儀費用の内訳について

お金

いざ葬儀を執り行わなければならなくなったとき、どのくらいの葬儀費用がかかり、その内訳はどのようになっているのか、わからないという方も多いことでしょう。

葬儀にはどのようなことにいくらくらいの費用がかかるのか、相場はどのくらいなのか、どのような支払い方法があるのか、いざと言う時のために事前に知っておくと良いかもしれません。

今回は葬儀費用の内訳について、以下のようなポイントを中心にまとめていきます。

  • 葬儀費用の相場はどのくらいになるのか
  • 葬儀費用の内訳はどのようになっているのか
  • 葬儀費用の支払い方法にはどのようなものがあるのか
  • 見積もりの際の注意点
  • 費用を抑えるためには?

今回の記事を参考に、葬儀費用の相場や内訳、支払い方法について理解を深めてみてください。
記事の後半では、見積もりの際の注意点や費用を抑えるためにできることをご紹介しています。
ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀費用の相場は?

お金

葬儀にはどのくらいの費用がかかってくるのか、葬儀費用の相場を把握している方は少ないのではないでしょうか。

一般的に、葬儀にかかる費用は200万円前後が相場とされています。
また、葬儀の種類によっても、以下のように費用の相場は異なってきます。

費用相場
一般葬 100万円〜200万円
家族葬 80万円〜150万円
一日葬 60万円〜140万円
直葬 20万円〜40万円

費用の相場を把握しておくことで、ご自身で見積もるべき予算の参考にもなりますので、この機会に葬儀費用の相場を把握してみてください。

なお、終活ねっとでは、葬儀にかかる費用いくらくらいで、どのような項目にどのくらいかかってくるのか、その内訳や安くする方法についても解説しております。

以下のリンクから、葬儀の費用はどのくらいかかり、その内訳や安くする方法についても併せて確認してみてください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

葬儀費用の内訳

お金

では、葬儀費用としてかかる費用の項目として、その内訳にはどのようなものがあるのでしょうか。

葬儀にかかる費用の総額で必要となる費用の相場については、上述した葬儀費用の相場が費用の目安となります。

しかし、どのような項目にどのくらいの費用がかかってくるのか、いざ葬儀を行うこととなっても慌てず対応するために、事前にしっかりと把握しておきたい内容ですよね。

以下では、主に一般葬の場合を想定してかかってくる費用の内訳について、それぞれの項目に応じた内容を解説していきます。

葬儀一式の費用

葬儀一式費用は、病院からご遺体を搬送するところから通夜や告別式、火葬など、葬儀を一通り執り行う場合に、それらに関連して発生する費用のことです。

葬儀一式にかかる費用は平均として120万円程度とされています。

葬儀一式費用の内訳は主に以下のような項目となっています。

  • ご遺体の運搬費
  • 斎場の使用料
  • お花や骨壷など、祭壇に関連する費用
  • 葬儀社のスタッフ人件費
  • 霊柩車、参列者の送迎車に係る費用
  • 火葬場の施設使用料

祭壇費用

葬儀の際には、会場の前面に遺影写真やお花などを飾る祭壇があり、その祭壇を使用するために発生する費用が祭壇費用となります。

祭壇使用料は平均的に60万円程度が費用としてかかるとされており、祭壇の種類は、白木祭壇と生花祭壇に分けられます。

以下では、白木祭壇と生花祭壇についてご紹介していきます。

白木祭壇

白木祭壇は、仏式の葬儀で一般的に使われる祭壇のことです。

白木祭壇にかかる費用は、どのような葬儀にするかによって幅があり、安く済ませる場合であれば10万円から用意が可能で、高い場合だと100万円にもなる場合があります。

祭壇本体を豪華なものにしたり、お花などで盛大に飾り付けを施すとその分、費用が高くなってきます。

そのため、ご自身の予算と相談しながらどのような葬儀にするかによって、費用は違ってくるでしょう。

生花祭壇

白木祭壇が、仏式の葬儀においては伝統的な祭壇とされるのに対して、生花祭壇は、最近選ぶ方が増えてきている祭壇です。

生花祭壇はその字の通り、お花で飾られた祭壇となります。

葬儀社などによって費用は異なってきますが、安いものだと20万円くらいから高くても60万円くらいで用意が可能です。

式場利用料

葬儀を行う斎場や火葬場で火葬を行うとなれば、当然、施設を使用するために式場利用料がかかってきます。

斎場利用料や火葬場利用料は、地域や施設の特徴などによっても違ってきますので、どのような施設がどのくらいの費用で利用可能か把握しておくと良いでしょう。

斎場利用料

斎場には、民営のものと公営のものがあります。

一般的には公営の斎場の方が、民営の斎場よりも費用は安くなる傾向がありますが、公営の斎場は数が限られており、また、費用が安いこともあって予約が取りづらい場合があります。

公営の斎場を利用する場合、費用は約5万円〜10万円程度となっています。
これに対して、民営の斎場の場合、20万円〜40万円程度となっていますので、公営の斎場であれば民営の斎場の約半分の費用で済むことがわかります。

火葬場利用料

火葬場についても、民営と公営のものがあり、それぞれ費用が異なります。

公営の火葬場の場合、費用は1万5000円程度が相場とされています。

これに対して民営の火葬場の場合、費用は3万5千円程度が相場とされていますので、公営の場合と比較しても、民営の方が2万円程度高くなってきています。

飲食接待の費用

通夜の後には「通夜振る舞い」や葬儀の後には「精進落とし」など、それぞれの儀式の後には参列者を招待しての会食を行います。

それぞれの会食にかかる費用の総額は、参列者の人数によって異なってきますので、「通夜ぶるまい」や「精進落とし」に必要となる費用の単価はどのくらいになるのかをご紹介していきます。

それぞれの単価を把握しておき、参列者の人数に照らしてどのくらいの費用が発生するのかを把握してみてください。

通夜ぶるまいの費用

通夜ぶるまいに必要となるものとしては、人数分のお弁当や食事とビールなどの飲み物となります。

一般的に、お弁当などの食事にかかる費用としては、一人1,500円程度が相場とされています。
これに飲み物代として500円程度を合わせて、一人2,000円程度で見積もっておくと良いでしょう。

お一人2,000円の飲食代を参列者の人数分用意することとなります。

精進落としの費用

葬儀の後に実施される精進落としに用意する費用も、基本的には通夜ぶるまいに必要となる費用と同額程度を想定しておけば問題ありません。

したがって、食事代に一人1,500円円と飲み物代として一人500円の合計2,000円程度で見積もっておくと良いでしょう。

精進落としにおいても、数が足りないなどの事態にならないためにも少し多めに見積もっておくと良いでしょう。

返礼品(香典返し)の費用

参列者への返礼品も用意する必要があります。
返礼品も通夜ぶるまいや精進落としと同様に、参列者数分の返礼品を用意する必要があります。

葬儀の返礼品で良く選ばれている品物としては、石鹸やお茶、コーヒーや海苔なども良く選ばれています。

あまり高額な返礼品を用意してしまうと、参列者の方に気を使わせてしまうことにもなりかねません。

したがって、返礼品として用意する品物にかける費用としては、参列者一人あたり大体500円〜1,000円程度の商品が選ばれています。

車両利用料

葬儀では告別式会場や葬儀場への移動は基本的にマイクロバスで移動することが一般的です。
また、遠方から電車でお越しの参列者の方については、駅からの送迎も必要になるでしょう。

したがって葬儀では、多くの場面で車が必要となります。
ここでは、葬儀に必要となる車両にかかる費用について一覧にまとめてみましたのでご参照ください。

車両の種類 使用用途 費用の目安
霊柩車 ご遺体を火葬場まで運ぶ時に使用 基本料金に走行距離に応じた費用を加算して計算。
寝台車(運搬車) ご遺体を病院から搬送する時に使用 霊柩車と同様、基本料金に距離に応じた費用を加算して計算。
送迎車 参列者の方の送迎の際に使用されるマイクロバスなど マイクロバスのサイズによって異なるが、中型のタイプで約7万円〜10万円程度。

車両にかかる費用については手配先の会社などによっても異なってきますので、葬儀社などに相談してみるのも良いでしょう。

供花・生花の費用

供花・生花は、葬儀の際に故人に対してお悔やみの気持ちを込めてお送りする花をいい、祭壇の周りなどに飾られるものです。

供花・生花は2基でワンセットが基本とされていますが、最近では1基で送る方もいらっしゃいます。

費用としては、1基7,500円〜15,000円程度が相場とされており、2基でお送りする場合には15,000円〜30,000円が相場となっています。

寺院(お布施)費用

寺院(お布施)費用は、葬儀に際して僧侶に依頼する事項に関連して発生する費用です。

寺院(お布施)費用を細かく分けると、「読経料」、「戒名料」、「お車代」、「御膳料」に大きく分けられます。

それぞれの費用について、以下で解説していきます。

読経料

読経料は、僧侶にお経を詠んでもらい故人を供養するために必要となる費用です。

読経料は、依頼するお寺や宗派によっても異なってくるため一概にいくらという基準はありませんが、通夜や葬儀などで必要となる読経料としては20万円〜25万円程度が相場となっているようです。

戒名料

戒名とは、亡くなった故人の仏の弟子としての名前をいいます。

戒名に必要となる費用についても、寺院や宗派によって異なってきており基準はありませんが、一般的な相場としては、5万円〜10万円程度とされています。

お車代

僧侶の送迎に必要となる車の費用です。
僧侶がタクシーでお越しの場合は、タクシー代をお車代としてタクシー会社に支払います。

僧侶がご自身の車でお越しの場合、お車代は平均して5,000円〜1万円程度をお布施としてお渡しすることが一般的となっています。

御膳料

葬儀などの後には会食が用意されており、僧侶も参加することが一般的です。
しかし、何かしらの事情により参加できない場合もあります。

僧侶が葬儀後の会食に参加できない場合に必要となるお布施が御膳料となります。
したがって、僧侶が会食に参加する場合には必要ありません。

御膳料については会食がどこで実施されるかによって金額に差が出てきます。
会食が自宅や仕出し料理などの場合であれば、5,000円〜1万円程度、ホテルなどを利用する場合は1万円〜2万円程度が一般的となっています。

オプションの費用

オプションの費用は、葬儀に関連する基本的な儀式にプラスαで追加するサービスにかかる費用となります。

葬儀社では様々なオプションを用意しており、通夜や告別式などを豪華に彩るオプションや通常の棺を豪華な棺に変えたりなど、その種類はたくさんあります。

以下ではどのような種類のオプションが用意されているのかを整理していきます。

  • お好きな棺の選択

    ご遺族の好きな棺を選ぶことができるオプションです。棺の種類によって費用は異なりますが、約4万円くらいから用意があり、高いものだと10万円近い棺もあります。

  • お好きな骨壷の選択

    棺と同様に、お好きな骨壷を選ぶことができるオプションで、骨壷の種類によって費用は異なってきますが、5,000円くらいから選べるようになっており、高いものだと約2万円の骨壷もあります。

  • 想い出のビデオの上映

    葬儀の場で、ご遺族が希望する想い出の写真をスライドで上映してくれるオプションです。
    最近では遺影を飾るだけでなく、生前の人柄を表すような写真を上映して想い出を振り返るというプログラムが組まれている葬儀も増えてきています。

  • オリジナルの会葬礼状

    これまでの一般的だった会葬礼状は定型の文章があり、ご遺族の気持ちを文章で伝えることは難しかったです。
    オリジナルの会葬礼状をオプションでつけることで、ご遺族の気持ちを込めたオリジナルの文章を作成することが可能となります。
    50枚1セットが一般的で、約15,000円くらいから用意があります。

葬儀費用の支払い方法

お金

ここまで葬儀にかかる費用について、どのような費用にいくらくらいかかるのか、費用の内訳についてみてきました。

では、これらの葬儀にかかる費用はどのように支払うのでしょうか。
以下では葬儀費用の支払い方法について解説していきます。

費用は誰が払うの?

葬儀費用については、一般的には喪主の方が払う場合が多いですが、その支払い義務について明確に規定された法律はありません

したがって、兄弟などの親族が支払う場合もあります。

葬儀費用を誰が支払うのかについては、ご家族でしっかり話し合った上で決める必要があります。

ローン払いはできる?

葬儀費用をローンで支払うことも可能です。
葬儀ローンとして、クレジット会社が行っているローンサービスを利用することで葬儀費用をローンで支払えます。

また、クレジット会社のローンは金利の面などでデメリットと感じる方は銀行のフリーローンなどでお金を借りて葬儀費用に充てるということも可能です。

金利などの様々な面を考慮していずれのローンを組むか、事前にしっかり情報収集をしておくことが重要でしょう。

前払い?後払い?

葬儀費用の支払いは、基本的には葬儀が終わった後にお支払いすることとなります。

葬儀においては、返礼品やお食事など、当日の状況によっては追加で依頼する事項もあり、それらの追加で発生した費用も含めて、基本的には後払いとされています。

葬儀費用の支払いについて更に詳しく知りたい方は、こちらも合わせてご覧下さい。

こちらも読まれています

葬儀代の支払いは誰がいつ、どんな方法でするの?金額相場も解説

葬儀に参列したことはあっても、葬儀代の支払いに関してはよく知らない人も多いでしょう。葬儀代の支払いは誰がいつ、どんな方法で行っているのでしょうか。この記事では葬儀代の支払いが誰の手によって、どのようにされているのかを葬儀の金額相場と共に解説します。

葬儀費用の見積もりをする際の注意点

葬儀

葬儀社と葬儀のプランを決める際に、葬儀費用の見積もり書を作ります。
葬儀を終えて、見積もり金額と実際に請求される金額が違うことはよく耳にします。

葬儀を終えてから、追加料金がたくさんかかってしまっては後味が悪くなるものです。
ここでは、葬儀費用の見積もり書の注意点についてご紹介していきます。

固定品目と変動品目について

葬儀費用には、固定品目と変動品目があります。
固定品目とは、金額が見積もりと葬儀の後で変動しない品目の事です。
具体的には、斎場利用費や火葬費などが当てはまります。

変動品目は、金額が見積もりと葬儀後で変動する品目の事です。
具体的には、会食費など人数により費用が変化するものです。

見積もりの金額と実際の金額に違いが発生する原因は、変動品目による場合が多いです。
この2つの項目を見分けて見積もり書を見ておくと、葬儀前後で見積もりの金額の差を小さくすることができます。

見積もりの条件を確認する

葬儀社で作る見積もり書には、葬儀社に支払う金額のみ記載されることが多いです。
外部に会食の用意を頼んでいる場合には、注意が必要です。
見積もりをする際は、全ての金額を記載してもらうようにお願いしましょう。

また、参加人数なども予想参列者数に対して極端にずれていないか確認しましょう。
以下のリンクより、葬儀費用の見積もりに関してさらに詳しく解説した記事がご覧になれます。
ぜひご一読ください。

こちらも読まれています

葬儀費用の明細を知っていますか?見積明細書を見るポイントも解説

いざ葬儀を行わなければならない立場となってしまったとき、どのような段取りでどのくらいの費用がかかるのか、ご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀費用の明細について、見積りの明細書を見る際のポイントにも触れつつ解説していきます。

葬儀費用を安くするためには

葬儀

前項では、見積もりの際の注意点をご紹介しました。
見積もりを丁寧にすることで葬儀費用を抑えることができます。
では、そのほかに葬儀の費用を抑える方法はあるのでしょうか。
ここでは、葬儀費用を抑える方法についてご紹介していきます。

補助金を活用する

故人が保険に加入していた場合、保険から葬儀の補助金を受け取ることができます。
社会保険に加入していた場合は、5万円の埋葬料を受け取れます。
また、国民健康保険に加入していた場合は1~7万円の葬祭費を受給できます。

保険の補助金は、期間内に申請した場合のみ受給できるものなので申請のし忘れがないようにしましょう。
また、保険の種類によって窓口が異なるので注意が必要です。

相続財産から支払う

相続税を計算する際に、葬儀費用は控除の対象になります。
そのため、相続財産から葬儀費用を支払うことができます。

また葬儀費用の中でも、相続税の控除対象になるものとならないものがあります。
控除の対象になる葬儀費用は、葬儀を行う上で必ず必要になる費用です。
香典返しなどは控除対象にならないので注意が必要です。

葬儀の費用内訳についてまとめ

お金

いかがだったでしょうか。
今回終活ねっとでは、葬儀の費用内訳についてまとめてきました。

今回の記事のポイントは以下のとおりです。

  • 葬儀費用の相場は約200万円程度とされているが、葬儀の種類によって相場は異なってくる。一般葬であれば100万円〜200万円くらい、家族葬であれば60万円〜150万円くらい、一日葬であれば60万円〜140万円くらい、直葬であれば20万円〜40万円くらいが相場となっている。
  • 葬儀費用の内訳としては、葬儀一式費用、祭壇費用、式場利用料、飲食接待の費用、返礼品(香典返し)の費用、車両利用料、供花・生花の費用、寺院(お布施)の費用、オプションの費用などがあげられる。
  • 葬儀費用の支払い方法については、支払い義務を定めた法律などはないが喪主が支払うことが多い。兄弟などの親族が支払う場合もあるので、よく話し合うことが重要。支払いは基本的には後払いであり、クレジット会社のローンや銀行のフリーローンなどを支払いに充てることも可能。
  • 葬儀費用の見積もりをする際には、固定品目と変動品目に注意して見積もりをする。
    また、見積もりの人数設定などにも注意して見積もりをする。

今回の記事を参考に、葬儀の費用内訳について把握してみてください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは、この他にも葬儀に関する情報をたくさん紹介しております。
以下の記事では、葬儀費用の給付金について紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

市役所からの葬儀費用の給付金とは?もらえる期間や申請方法を解説

身内の方の葬儀の費用も実はお墓と同じくらいのお金が必要であるため、どのように工面するのかは悩みの種になるという方が多いでしょう。実は最寄りの市役所では葬儀費用の補助金制度があります。市役所での葬儀費用の補助金制度とはいったいどのようなものか見ていきます。

シェアする

「葬儀・費用・内訳」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・費用・内訳」についてさらに知りたい方へ

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!のサムネイル画像

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説のサムネイル画像

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説

葬儀費用の明細を知っていますか?見積明細書を見るポイントも解説のサムネイル画像

葬儀費用の明細を知っていますか?見積明細書を見るポイントも解説

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説のサムネイル画像

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説

お寺での葬儀費用はいくら?費用の内訳やお布施、法要についても解説のサムネイル画像

お寺での葬儀費用はいくら?費用の内訳やお布施、法要についても解説

葬儀にかかる費用の平均を解説!種類別の平均は?全国の費用平均は?のサムネイル画像

葬儀にかかる費用の平均を解説!種類別の平均は?全国の費用平均は?

葬儀費用の相場や支払い方法って?形式別の相場や香典もご紹介!のサムネイル画像

葬儀費用の相場や支払い方法って?形式別の相場や香典もご紹介!

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

葬儀プランごとの費用相場を解説!費用の内訳や支払い方法もご紹介!

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説のサムネイル画像

家族葬の葬儀費用の相場と内訳は?支払い方法や他の形式の費用も解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・費用・内訳」についてさらに知りたい方へ

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!のサムネイル画像

一般葬の費用はどれくらいかかる?一般葬にかかる費用を徹底解説!

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説のサムネイル画像

葬儀の種類でかかる費用が変わる?葬儀の費用を抑えるポイントを解説

葬儀費用の明細を知っていますか?見積明細書を見るポイントも解説のサムネイル画像

葬儀費用の明細を知っていますか?見積明細書を見るポイントも解説

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説のサムネイル画像

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと