葬儀で渡す香典の表書きは御霊前?御仏前との違いや金額相場も解説!

葬儀で渡す香典の表書きは御霊前?御仏前との違いや金額相場も解説!

葬儀に出かける際には香典は欠かせませんが、この時気になることの1つに挙げられるのが表書きをどうするかという点です。香典の表書きとして有名なものに御霊前が挙げられますが、果たしてそれで適切なのでしょうか?今回は葬儀で使われる御霊前について見ていきます。

最終更新日: 2020年03月10日

葬儀の香典の表書きは御霊前?

葬儀

大切な方の葬儀に参列する際に欠かせないものの1つが香典です。
それなりの金額のお金を包むことも大切ですが、包む封筒にどのような表書きを書くのかという点も非常に大切といえます。

というのは、表書きの間違いは割と多く、そのために恥ずかしい思いをしてしまいがちだからです。

葬儀の際によく使われる表書きとして御霊前や御仏前といったものがありますが、仏教形式(仏式)の葬儀が多く行われていることから、どちらも適しているように見えます。

果たして葬儀の際にはどちらの表書きを書けばよいのでしょうか?

そこで今回「終活ねっと」では、葬儀の際の香典に使われる表書きが御霊前なのか御仏前なのかについて以下のポイントを軸に見ていきます。

  • 御霊前と御仏前・御香典の違いとはどのようなもの?

    香典の表書きで多く使われる御霊前と御仏前・御香典の違いについて見ていきます。

  • 御霊前としてお渡しする香典の金額相場とは?

    葬儀の際に御霊前としてお渡しする香典の金額相場についてご紹介していきます。

  • 葬儀で包む御霊前の書き方のマナーとは?

    葬儀での御霊前の書き方にまつわるマナーについて詳しく見ていきます。

  • 御霊前の香典の渡し方とは?

    御霊前でお供えする香典を渡す際のマナーについてご説明します。

  • 御霊前として包む香典袋の選び方とは?

    御霊前用の香典袋を選ぶポイントを封筒や水引きの点から見ていきます。

  • 浄土真宗では御霊前は使わないのか?

    浄土真宗の香典の表書き事情についてご説明していきます。

  • 御霊前を頂いた方へのお返しについて

    葬儀後のご遺族が御霊前を頂いた方に対して行うお返しについて見ていきます。

葬儀の際の香典の表書きについてよくわからないという方の悩みを解決するような情報が満載ですので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

御霊前と御仏前・御香典の違いは?

困った人々

葬儀の香典で使われる表書きで、特によく見かけるものとして御霊前(ご霊前)と御仏前(ご仏前)、御香典(ご香典、お香典)が挙げられます。

それぞれの表書きにどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

御霊前

御霊前は基本的には四十九日よりも前の故人の葬儀向けの香典に使われる表書きです。

これは、仏教で故人は次の生まれ変わり先が決まるまでの間、霊として私たちの住む世界と死後の世界との間をさまよっているという考え方によります。

御霊前が使われるのは、浄土真宗と曹洞宗以外の仏教宗派(創価学会も含む)のほか、神道形式(神式、天理教も含む)とキリスト教形式(キリスト教式:特にカトリック)の場合においてです。

ほかにも、お菓子など供物をお供えする場合にも使われます。

御仏前

一方、御仏前の場合は四十九日以降に行われる故人のための法要向けの香典に使われる表書きのことです。

こちらも仏教において四十九日以降に故人が成仏するという考え方に基づいています。
なお、神道の場合は「御神前(ご神前)」です。

四十九日法要後であれば仏教のどの宗派でも使われますが、浄土真宗や曹洞宗のように葬儀の時点で使うところがあるという点は特に理解しておくと良いでしょう。

浄土真宗については後ほどあらためて触れていきます。

御香典

御香典はすべての仏教宗派で使うことのできる表書きです。

このため、相手方の宗派がわからないという場合でも、御香典を使えばまずは無難といって良いでしょう。

御霊前・御仏前・御香典の違いについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

御霊前として渡す香典の金額相場

お金

多くの方が葬儀の際にいくらくらいの金額を香典として包んでいけば良いのかに悩むでしょう。
ここでは、葬儀の場合の香典の金額相場についてご紹介します。

結論から先に書きますと、葬儀の香典の額は生前の故人との関係によってさまざまです。
ただし、身内の方が故人である場合、血縁関係にあることから金額は少し高めになります。

そして、身内の方の中でも特に故人が親である場合、ご自身が人生の中で最もお世話になった方という意味合いから、一番高い金額になる傾向です。
一方、同じ身内の方の中でも親族・親戚の方の場合は親の場合に比べると比較的低めになります。

具体的な葬儀の香典の金額は以下の通りです。

故人 金額
5万円から10万円
祖父・祖母 1万円から5万円
叔父・叔母 1万円から3万円
知人・友人 3千円から1万円

なお、以上の相場はあくまでも目安で、年齢によっても異なってくる場合があります。
また、夫婦で一緒に包む場合は相場の倍にあたる金額を包むと良いでしょう。

香典の金額相場についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

葬儀で包む御霊前の書き方マナー

葬儀

葬儀の香典を包む際には、金額のほかにも書き方のマナーもまた重要です。
ここでは、香典袋の書き方のマナーについても詳しく見ていきましょう。

薄墨で書くの?

最初に葬儀の香典袋と聞くと、表書きなどを書く際に普通の墨ではなく薄墨を使わないといけないということは聞いたことがある方も多いでしょう。

結論から書きますと、葬儀の場合は香典袋に薄墨を使うことが作法とされています。

香典袋に薄墨を使う理由として、故人の急なご不幸で墨をする暇もなかったという意味や墨が涙でにじんで薄くなったという意味が由来です。

いずれにせよ、故人のご不幸に対する悲しみや弔いの気持ちを示すためにも、葬儀の際に持参する香典袋には薄墨を使うことが作法とされています。

なお、お布施の場合は葬儀でも黒い墨を使って問題はありません。
これは、僧侶の方など菩提寺の方に特にご不幸があったわけではないためです。

筆ペンはNG?

葬儀の香典に表書きなどを書く場合、筆ペンではいけないのかと疑問を持つ方も多いでしょう。

こちらについては基本的には毛筆が正式な作法とされていますが、薄墨であれば筆ペンでも問題はありません

むしろより、大切なのは受け取ったご遺族の方にとってわかりやすい字で書かれているかどうかという点です。

ただし、地域によっては薄墨で書かなくても良いという場合もあります。
薄墨でなくて良い場合は普通の筆ペンなどで書いても良いでしょう。

名前の書き方は?

表書きとともに書く必要がある項目として、包んだ方の名前が挙げられます。
名前を書く場合は、包んだ方のフルネームで書くことが原則です。

また、夫婦で一緒に包んだ場合は夫のフルネームを書いたうえで、その左下に妻の下の名前を記します。

さらに複数名の場合は、3人までであれば立場が上が右から順にフルネームで書き、4名以上であれば「○○一同」と記したうえで、中にで誰が包んだのかがわかるように目録を同封します。

香典の書き方についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

御霊前にお供えする香典の渡し方

葬儀

御霊前としてお供えする香典の用意ができて持参する場合、渡し方のマナーも知っておくと良いでしょう。

香典は葬儀の会場に設けられた受付でお渡ししますが、この際にお悔やみの言葉も添えながらお渡しするようにします。

なお通夜と告別式の両方に参加する場合は、原則通夜の際にまとめての金額を包む入れ方をしてお渡しするとのがマナーです。

ただし、教会で行われるキリスト教式の葬儀の場合は、お悔やみの言葉はキリスト教の考え方にそぐわないため、故人の安息を祈る言葉を添えるようにしましょう。

香典をお渡しするタイミングについてより詳しいことは以下の記事で書かれていますので、ぜひともご活用ください。

御霊前として包む香典袋の選び方

葬儀

御霊前の香典を包む際には袋の選び方もまた重要です。
ここでは、御霊前のための香典袋を選ぶポイントを、封筒と水引きの面から見ていきましょう。

のし袋・封筒でもいいの?

御霊前の場合、白い無地の封筒に水引きを掛ける形でも、またコンビニなどで販売されている市販ののし袋でも問題はありません。

ただし、香典として高い金額を包む場合は、コンビニなどで市販されているのし袋を選ぶのではなく、きちんとした和紙で作られた封筒に金額にふさわしい水引きを書けることが重要です。

香典袋の中には蓮の花や十字架のデザインが入ったものがありますが、それぞれ仏式専用とキリスト教式専用ですので、参列する葬儀の宗教形式を確認してから購入しましょう。

余談ですが、封筒については喪主の立場として僧侶の方にお渡しするお布施についても大切な要素といえます。

お布施の場合は、白い無地の封筒に表書きなどを書いてお金を包むだけで良いです。
ただ、余計な印字(郵便番号欄)などがないものを選ぶようにしましょう。

水引きはどうする?

香典袋を選ぶ際には水引のこともよく知っておく必要があります。
まず色から見ていきますと、基本的に弔事の場合は黒白のものが定番です。

ただし、香典として包んだ金額が3万円以上の場合は双銀のものを掛けるのが作法とされています。
さらに、関西や北陸の場合は黄白の水引が使われるのが一般的です。

水引きについて色とともに重要なポイントに結び方が挙げられます。
弔事の場合、結び切りと淡路結びが原則です。

両方とも一度結ぶとほどくことが非常に難しいことから、「不幸が繰り返されないように」願う意味合いがあります。

浄土真宗の葬儀では御霊前を使わない?

お墓

最初に御霊前や御仏前について説明した際に、浄土真宗については葬儀の際に御仏前を使うと書きました。
ここでは、浄土真宗で御霊前が使われない理由について見ていきましょう。

浄土真宗の場合、ほとんどの仏教宗派と異なり、故人が亡くなった時点で仏様のお力によってすぐに成仏し、極楽浄土で仏に生まれ変わるという考え方があります。

つまり、ほとんどの仏教宗派で考えられている霊としての期間(49日間)を浄土真宗ではないものとみなすということです。

このため、浄土真宗では葬儀の香典に、表書きとして御霊前ではなく御仏前を使用します

御霊前を頂いた方へのお返し

葬儀

葬儀も火葬まで終わって、後日落ち着いた段階でご遺族側は香典を頂いた方にお返しをするというのが作法とされています。

いわゆる「香典返し」というもので、東日本の場合は頂いた香典の半額、西日本の場合は3割にあたる価値のお菓子や洗剤などをお送りするのが一般的な相場です。

葬儀のお返しについては、以下の記事が非常に参考となりますので、あわせてご活用ください。

葬儀での御霊前についてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、葬儀の際に持参する香典袋の表書きが御霊前なのか御仏前なのかについて見ていきました。

内容をまとめますと、以下の各ポイントの通りです。

  • 葬儀の香典によく使われる表書きである御霊前と御仏前・御香典の違いとして、御霊前の場合は四十九日より前の法要に、御仏前は四十九日以降の法要に使われる。
    ただし、浄土真宗や曹洞宗は葬儀でも御仏前を使う。
    一方、御香典はどの仏教宗派でも使うことができる。

  • 御霊前としてお渡しする香典の金額相場は、故人とご自身の生前の関係により変化する。
    ただし、故人と血縁関係にある場合や親のような血縁上近い関係にある方の場合は高い金額になる傾向にある。

  • 葬儀で包む御霊前の書き方にまつわるマナーとして、表書きなどは原則として薄墨で書くのが作法である。
    基本的には毛筆が正式な作法だが、薄墨であれば筆ペンを使っても問題はない。

    名前の書き方としては基本として香典を包んだ個人のフルネームを書くが、夫婦の場合は夫のフルネームと妻の下の名前を書き、複数人の連名の場合は相応のマナーに基づく。

  • 御霊前にお供えする香典をお渡しするときは、基本的に受付にてお悔やみの言葉を添えつつお渡しする。
    ただし、キリスト教式の場合はお悔やみではなく、故人の安息を祈る言葉を添える。

  • 御霊前の香典袋を選ぶ際には、白い無地の封筒に水引きを掛ける形かコンビニなどで市販されているのし袋を選ぶ。
    蓮の花や十字架のデザインがあるものは仏式専用やキリスト教式専用なので事前に確認してから購入する。

    水引きも色は金額に応じて黒白か双銀、関西などでは黄白を選ぶ。
    結び方は簡単にほどけない結び切りか淡路結びを選ぶようにする。

  • 浄土真宗では亡くなった方はすぐに成仏し極楽浄土で生まれ変わるという考え方から、葬儀の場合でも御霊前ではなく御仏前を使う。

  • 葬儀が終わって落ち着いた段階で、ご遺族は香典を頂いた方にお返しをする。
    相場はいただいた香典の半額(東日本)または3割(西日本)で、品物もお菓子などをお送りする。

葬儀の際に持参する香典の表書きは御霊前が一番広く使われていますが、浄土真宗などのように御霊前を使わない場合もありますので、事前に相手方の宗教や宗派はよく確認しましょう。

また、香典の書き方や渡し方、香典袋の選び方も事前によく知っておくと便利です。

葬儀では香典の金額のほか、ご遺族の場合は莫大な費用が必要となります。
葬儀に必要な費用については以下の記事が非常に参考になりますので、万一に備えて読んでおくと良いでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事