葬儀で喪主や参列者がするあいさつの例文は?注意点やマナーもご紹介

葬儀が行われる時には、喪主や参列者は様々なシーンであいさつをします。葬儀でのあいさつは時候のあいさつとは違います。使ってはいけない言葉など注意点やマナーがあります。そこで葬儀の際のあいさつについて例文などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくさい。

目次

  1. 葬儀の挨拶について
  2. 喪主がするあいさつに関して
  3. 葬儀で参列者がするあいさつ
  4. 葬儀の挨拶の注意点・マナー
  5. 葬儀のあいさつに関してまとめ

葬儀の挨拶について

葬儀

葬儀では様々な場面であいさつをすることが多いです。
葬儀は公的な場でもありますしお悔やみするための場でもあります。
相手に失礼のないようにきちんとした言葉であいさつするようにしましょう。

特に喪主は故人に成り代わってあいさつするのですから、心を込めて丁寧な言葉使いにしたいものです。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀の時のあいさつについて以下の事柄を解説します。

  • 喪主のあいさつ
  • 葬儀に参列した人のあいさつ
  • 葬儀の時のあいさつの注意点

正しい言葉であいさつするのは意外と難しいものです。
特に葬儀の際は使ってはいけない言葉などがありますので、あいさつの仕方も気を付けたいものです。

これを機会に葬儀のあいさつの仕方の基本を学んでおきましょう。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

終活ねっとのお葬式ではご希望・状況にあわせて、低価格葬儀から豪華葬儀までわかりやすいセットプランをご用意しております。追加費用がかかる場合は、丁寧に詳細を説明させていただきます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

喪主がするあいさつに関して

葬儀

喪主は様々なシーンであいさつをすることが多いです。
冠婚葬祭は公式な場ですので、普段は気の置けない付き合いをしている親族や知人でも、言葉使いなどマナーを守ってあいさつするようにしましょう。

ここでは喪主がするあいさつの注意点などについて解説します。

挨拶をしなくてはいけないタイミング

喪主があいさつをしなくてはいけないタイミングは、もちろんお客様が来られて祭壇にお参りしてくださった時です。
席から立ち上がり、頭を下げて感謝の言葉を述べます。

他には葬儀終了後の出棺前、お通夜の時の通夜振る舞いの前、精進落としの際などに、前に立って参列者全員に向かってあいさつすることもあります。

喪主は遺族・親族の代表であり、故人の代わりにあいさつするのですから、気持ちを込めて丁寧な言葉使いで話すようにしましょう。

多くの人の前であいさつするのは緊張するかもしれませんが、うまく話すことより率直に参列してくださった方々への感謝の気持ちを伝えればそれで十分です。

挨拶の内容

喪主のあいさつは、葬儀社の方でも例文を用意してくれている場合もありますので、それを参考にしながら挨拶文を作っても構いません。

ここでは挨拶文に入れた方が良い内容などをご紹介しますので、参考にしてください。

  • 自己紹介・故人との関係
  • 参列してくださったことへのお礼の言葉
  • 生前、故人がお世話になったことへの感謝の言葉
  • 故人の生前のエピソード
  • 今後も遺族・親族とお付き合いのお願い

紙を見ながら挨拶しても構いませんが、できるだけ顔をあげてお客様の方を向くようにしましょう。
緊張してうまく話せなさそうな時は、短くても大丈夫です。
参列してくださったことへのお礼だけは忘れずに入れるようにしましょう。

挨拶の簡単な例文

ここでは告別式・出棺時、お通夜の時、精進振る舞いの時の挨拶の例文をご紹介します。
また喪主になる方の立場別の例文もご紹介しますので、参考にしてください。

告別式・出棺時の挨拶

地域によっては挨拶の時間が違うこともありますが、一般的には告別式の最後に喪主や遺族が参列者の前に並んで、マイクを通して挨拶することが多いです。

多くの人前で話すため、緊張してしまい忌み言葉などを使ってしまうこともありますが、喪主は突然の葬式で混乱している可能性もあります。
喪主のあいさつは気持ちがこもっているということが大事ですので、言葉使いにこだわりすぎずに率直に話すことを第一に考えるようにしましょう。

喪主が妻の場合

喪主が妻の場合の例文をご紹介します。

○○○○の妻の○○でございます。

本日は夫○○○○の葬儀にお集まりいただき、誠にありがとうございます。
おかげさまをもちまして、つつがなく式を執り行うことができました。

夫はまじめで仕事熱心な人でしたが、家族と共に過ごす時間もとても大切にしてくれました。
どんなに遅く帰ってきても、朝食は必ず子どもたちと一緒に食べるようにしてくれました。
子供たちにとっても父親と話ができてうれしかったと思います。

定年後も孫たちと過ごす時間がとても楽しそうでした。
本日は子や孫、そして皆様にお見送りしていただき、夫も喜んでいると思います。

今後も夫との思い出を大事にしながら家族仲良く過ごしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本日は誠にありがとうございました。
喪主が夫の場合

喪主が夫で妻が亡くなった時の例文をご紹介します。

本日は、妻○○の葬儀にお集まりいただき、誠にありがとうございます。

○○とは50年間、寄り添って生活してきました。
私は仕事で家にいないことが多かったのですが、妻は常に明るく接してくれましたし3人の子供を立派に育ててくれて、感謝の言葉しかありません。
病気になってからも、自分の事より私や子供、孫たちの心配を一番に考えてくれていて、このような立派な女性に巡り合えたこと、夫婦として共に人生を過ごせたことがとてもうれしく思っています。

また生前から仲良くしてくださった方に見送られて、妻も喜んでくれていると思います。
本当にありがとうございます。

皆様のご多幸とご健康を祈りまして、ご挨拶とさせていただきます。
喪主が子供の場合

喪主が子供の場合の例文をご紹介します。

わたくしは○○○○の長男○○でございます。

本日は足元の悪い中を父○○の葬儀に参列してくださり、誠にありがとうございます。

父は〇月〇日に家族に見守られながら85歳で永眠いたしました。

父は家では昔話を一切しない人でしたが、叔父などに聞くところによると若いころはかなり苦労していたようです。
辛いことや悲しいこともあったことでしょうが、私ども子供にはそのような姿を見せることは一切なく、優しい父親でした。

これからわたくしたちも父の教えを忘れることなく、過ごしていきたいと思っています。

本日は多くの方に参列いただき、父に成り代わって感謝いたします。
誠にありがとうございました。
喪主が孫の場合

故人がかなり高齢で故人の子供も高齢で喪主をすることが難しい場合は、直系の孫が喪主になることもあります。

本日は、祖母○○○○の葬儀に参列くださり、誠にありがとうございます。

祖母は〇月〇日に老衰のため、旅立ちました。102歳でした。

思い起こせばわたくしは幼いころは「おばあちゃん子」であり、祖母も大変かわいがってくれました。
料理が得意な祖母の作ってくれたお煮しめをもう食べることができないのは、とても残念です。

晩年は足が悪くなりましたが、いつもニコニコと穏やかに過ごすことができて祖母も幸せだったと思います。

このように多くの方に見送っていただき、祖母も喜んでいることでしょう。
本当に感謝申し上げます。

皆様のご多幸とご健康を祈りまして、ご挨拶とさせていただきます。
本日は誠にありがとうございました。
喪主が親戚の場合

故人に近い血縁がいない場合は、親戚が喪主になることもあります。

本日は皆様お忙しい中をご会葬くださり、誠にありがとうございました。
このように大勢の方に見送られて、故人もさぞかし喜んでいることと思います。

皆様のお力沿いもありまして、本日の葬儀も滞りなく済ませる事ができました。
心から御礼申し上げます。

簡単ではございますが遺族を代表いたしまして、ご挨拶とさせていただきます。
本日は誠にありがとうございました。

お通夜の際の挨拶

お通夜の際の挨拶は、駆け付けてくださった方への感謝の言葉、次の日の告別式の時間、通夜振る舞いへの招待、などの内容を盛り込むようにしましょう。

本日はお忙しいところ、お越しくださり誠にありがとうございます。
皆様の志に故人も喜んでいることと存じます。

母は、半年ほど前から入院しておりましたが、昨日〇時〇分に永眠いたしました。
また入院中にはご親切なお見舞いをいただき、故人に成り代わりお礼申し上げます。

別室でささやかなお食事を用意していますので、皆様、ごゆっくり故人を偲んでいただければ幸いです。

なお、明日の葬儀は午後1時からですので、なにとぞよろしくお願いします。

精進振る舞いの際の挨拶

精進振る舞いとは、火葬も終わり葬儀がすべて無事終わった後に、喪主が参列してくださった方々への感謝の気持ちでお食事や飲み物を振る舞うことです。
葬儀がすべて無事に終わったこと、参列してくださったことへの感謝の言葉を入れるようにしましょう。

本日は誠にありがとうございました。
皆様のお力添えもあって、お通夜、葬儀を滞りなく済ませることができました。

ささやかではございますが精進振る舞いの席をご用意しましたので、ごゆっくりおくつろいいただければ幸いです。

ありがとうございました。

家族葬の場合のあいさつ

家族葬は、身内や親せきなど事情をよく知っている人ばかりなので、挨拶はあまり難しく考える必要はありません。
手短に感謝の気持ちを伝えるだけで大丈夫です。

本日はお忙しいところを、○○の葬儀にご参列くださり誠にありがとうございます。
皆様にお見送りされて故人もさぞかし喜んでいることと存じます。

残されたわたくし共とも、故人同様にこれからもお付き合いいただけるようお願い申し上げます。
本日はありがとうございました。

葬儀で参列者がするあいさつ

葬儀

葬儀は公の場ですので、参列者の挨拶もきちんとしたものにしましょう。
参列者が挨拶をするタイミングは、お通夜・葬儀に行ってすぐに受付や喪主・遺族と顔を合わせた時が多いです。

喪主や遺族は悲しんでいますので、大きな声で話しかけたり長話をしないように気を付けましょう。

葬儀場での挨拶

参列者は葬儀場で受付や喪主・遺族と挨拶することが多いです。
葬儀での挨拶は基本的には無言で頭を下げるか「この度は…」ぐらいで十分です。

あまりはっきり大きな声で「この度はご愁傷さまです」というのはマナー違反です。
語尾を濁すようにして小さな声で挨拶しましょう。

一般的な挨拶

一般的には頭を下げるだけでも構いません
遺族側が話したそうにしていたのなら話を聞いてあげましょう。
他にも弔問客は大勢来ますので、一人で喪主を独占するようなことはやめましょう。

故人が事故で亡くなられた際

故人が事故で亡くなられた際は、急死ということもあり遺族は大変ショックを受けています。
事故の状況を根掘り葉掘り聞くようなことはやめましょう

無言で頭を下げるだけにしておきましょう。

故人が病気でなくなられた際

故人が病気で亡くなられた際も、「この度は…」などと語尾を濁して小さな声で挨拶しましょう。
遺族が故人の病状などを話して来たら聞いてあげるようにします。
下手な慰めは相手を傷つける可能性もありますので、言葉選びには注意しましょう。

葬儀場外での挨拶

ここでは葬儀当日に参列できなかった場合や、葬儀があったことを後に聞いた場合のお悔やみを伝える際の注意点について解説します。

電話でおくやみを伝える際の挨拶

電話で訃報の連絡を受けた時は、「お悔やみ申し上げます」などの悔やみの言葉と「できれば駆け付けたい」ということでお通夜・葬儀の日程などを聞きましょう。
出来れば宗教・宗派なども聞く用にします。

葬儀後に訃報を聞いて電話でお悔やみを伝える時は、悔やみの言葉と葬儀に参列できなかったことを詫びるようにしましょう。

メールでお悔やみを伝えてもいいの?

メールでお悔やみを伝えるのは基本的には避けた方がいいでしょう。
普段からメールのみのお付き合いをしている方、あるいはかなり親しい友人・知人、メールで連絡を受けた時なら良い場合もあります。

メールでのおくやみは簡潔に読みやすいようにしましょう。
メールでのお悔やみは略式ですので、後で自宅を訪問するのが望ましいです。

葬儀の挨拶の注意点・マナー

葬儀

不幸ごとである葬儀では、使ってはいけないとされている言葉があります。
普段では普通に使っている言葉でも、葬儀の際にはマナー違反となりますので注意するようにしましょう。

ここでは葬儀の際の注意点やマナーについて解説します。

挨拶で使用してはいけない言葉

葬儀の際の挨拶で使用してはいけない言葉をいくつかご紹介します。
思わず使ってしまった場合は「失礼しました」と一言付け加えるようにしましょう。

不吉な言葉

不吉なことを連想するような言葉はNGです。
直接的な言葉も避けるようにしましょう。

  • 死・死去・死んだ・浮かばれない・迷う・苦しい・自殺

重ね言葉

不幸ごとが何度も起こってはいけないということで重ね言葉は使わないようにしましょう。

  • ますます・たびたび・重ね重ね・重々・次々・いよいよ

不幸が続くことを連想させる言葉

不幸が続くことを思い出すような言葉は避けるようにしましょう。

  • 再三・繰り返し・何度も・引き続き・追って・次に・続く

喪主の挨拶などはカンペNG?

喪主の挨拶は、大勢の人の前で話すので緊張することも考えられます。
また喪主は一連の葬儀の準備で大変忙しくなりますので挨拶の文章をゆっくり考えている時間もあまりありません。

さらに忌み言葉や重ね言葉を使わないようにするのはかなり難しいです。

多くの葬儀社では文例を用意していることが多いです。
漢字にルビがふってあることも多いので安心です。
もちろん、オリジナルの挨拶文を作っても大丈夫です。

カンペを見ながらの挨拶でも構いませんが、できるだけ顔をあげて参列者に向かって話すようにしましょう。

葬儀のあいさつに関してまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
葬儀の際の挨拶について解説いたしましたが参考になりましたでしょうか?

この記事では以下のようなことを解説しています。

  • 喪主が挨拶を行うタイミングは、お客様が来られた時のほかに、お通夜の際・告別式・出棺時・精進振る舞いの際などがあります。
  • 葬儀の際に参列者が挨拶する時は、言葉選びに注意して小さな声で簡潔に挨拶するように心がけましょう。
  • 葬儀の挨拶は、忌み言葉や重ね言葉などのNGワードがありますので使い方に注意するようにしましょう。

葬儀の時の挨拶は、遺族も参列者も練習できるものではありません。
使ってはいけないとされている言葉もありますが、言葉選びに慎重になりすぎて心のこもっていない挨拶になりすぎなようにしましょう。
喪主は参列してくださったお客様への感謝の気持ちを、参列者はお悔やみの気持ちが伝わるような挨拶を心がければ十分です。

終活ねっとでは、葬儀の際の喪主や弔問客の挨拶の仕方やマナー、葬儀に費用についてなどの記事をたくさんご紹介しています。
他の記事にも目を通していただき、お役立ていただければ幸いです。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・あいさつ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・あいさつ」についてさらに知りたい方へ

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説のサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶や服装のマナーも解説しますのサムネイル画像

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶や服装のマナーも解説します

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介しますのサムネイル画像

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介します

家族葬での喪主の挨拶は本当に必要?挨拶の例文も紹介しますのサムネイル画像

家族葬での喪主の挨拶は本当に必要?挨拶の例文も紹介します

葬儀での喪主の挨拶の文例は?挨拶のタイミングや注意点をご紹介のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶の文例は?挨拶のタイミングや注意点をご紹介

葬儀と通夜の挨拶の違いは?具体例・注意点や参列者の挨拶も解説のサムネイル画像

葬儀と通夜の挨拶の違いは?具体例・注意点や参列者の挨拶も解説

葬儀での喪主の挨拶の内容って?参列者の挨拶や注意点・マナーを解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶の内容って?参列者の挨拶や注意点・マナーを解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・あいさつ」についてさらに知りたい方へ

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。のサムネイル画像

お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説のサムネイル画像

葬儀後に行う挨拶って?挨拶のタイミングや方法から服装マナーも解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶や服装のマナーも解説しますのサムネイル画像

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶や服装のマナーも解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと