葬儀に適した子供の服装って?NGな服装やレンタルについても解説!

葬儀に適した子供の服装って?NGな服装やレンタルについても解説!

子供と一緒に葬儀に参列する場合、子供の服装はどんな点に気を付ければよいのでしょうか。今回は葬儀に適した子供の服装について解説します。葬儀での子供の服を選ぶポイントや便利なレンタルについてなど、いざという時に慌てないために子供の服装マナーを確認しておきましょう。

2019-10-31

葬儀での子供の服装について

人々

お通夜や葬儀の場面では、社会人としてさまざまなしきたりを守る必要があります。
中でも服装に関しては、洋装和装を問わず細かいマナーがあります。

大人の喪服がブラックスーツやブラックフォーマルといった名称で一式として販売されているのに対して、迷ってしまうのが子供の服装です。

そこで今回の終活ねっとでは、葬儀に参列する時の子供の服装に注目して解説いたします。
今回の記事は次の項目にそってご説明いたします。

  • 葬儀での服装の格式について

  • 葬儀での子供の服装について
    乳児の場合、幼児・小学生の場合、中学生以上の場合

  • 夏の葬儀での子供の服装について

  • 子供の喪服はレンタルできる?

お通夜や葬儀の場面では、急な知らせを受けてから子供の服装を慌ただしく準備することになります。
喪服に準じた格好をしなければならないことから、子供の服装は、葬儀に関する大切なマナーの一つです。

今回の記事にぜひ最後まで目を通していただき、皆様の葬儀の知識に役立てていただければと思います。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀での服装とは?

葬儀

喪服は、格式の違いによって、正喪服・準喪服・略喪服の3つに分かれます。
葬儀では、喪主と三親等以内の親族の方は、正喪服を着るしきたりです。

正喪服とは、男性の場合モーニングコートまたは和装を、女性の場合ブラックフォーマルまたは和装を指します。

一方で、参列者の場合は準喪服を着用します。
準喪服とは、一般に売られているブラックスーツやブラックフォーマルのことです。
通常、私たちが喪服と呼ぶ服装は、この準喪服を指しています。

葬儀では、こうした喪服と黒い靴を着用します。
アクセサリーやバッグにも気を配り、華美にならない着こなしを心がけます。

葬儀での服装については、色々と細かいマナーがあります。
終活ねっとでは、葬儀での服装について詳しい解説を掲載しています。
ぜひそちらの記事もご参照いただければと思います。

葬儀での子供の服装マナー

葬儀

参列者の方は準喪服を着るのが原則ですが、実際の葬儀では、喪主側の立場の方も参列者の方も、ブラックスーツまたはブラックフォーマルを着用する方がほとんどです。

では、子供と一緒に葬儀に参列する場合、子供の服装はどうしたらよいのでしょうか。
葬儀の場面では、大人と同じように子供の服装も、喪服または喪服に準ずるものを選ぶ必要があります。
ここでは具体的に、乳児、幼児・小学生、中学生以上の3つの場合に分けてご説明します。

乳児の場合

乳児を連れての葬儀の参列はなにかと大変なことが多いです。
子供は親戚に預けるか、参列するとしても出棺などだけ参列するのも良いかもしれません。

ただ、親戚が亡くなった場合など子供にも参列させたいときもあります。
小さい子供の服装は大人の服装ほど厳密ではありませんが、ある程度守るべきマナーがあるので確認しておきましょう。

乳児の服は黒やグレー、白が望ましいですが、新生児服やベビー服で探すのは難しいかもしれません。
その場合は、派手でない落ち着いた色の服であれば問題ないです。
また、柄も無地でなくともワンポイントや暗い色の柄であれば大丈夫です

乳児は服を汚してしまうこともあるかもしれないので、替えの服を持っておくと安心です。

幼児・小学生の場合

男性女性ともに大人の場合は、スーツやアンサンブルスーツの形で喪服の上下一式を買うことがほとんどです。
大人が喪服を購入する場所は、デパート・ショッピングモール・スーパーなど量販店・専門店などさまざまな選択肢があります。
近頃は、返品や交換ができるネット通販で喪服を買う方も増えています。

では、幼児・小学生の葬儀用の服装はどのようなものを選べばよいのでしょうか。

制服で参列しましょう

幼稚園・小学校の制服がある場合は、制服を着て葬儀に参列します。
制服は正式な礼装ですので、幼児・小学生は喪服として制服を着ることができます。
幼稚園・小学校の制服で多いのは、紺色のブレザータイプの上着・半ズボン・スカート・白いシャツといった組み合わせです。
幼児・小学生の場合、正装として制服を着て葬儀に参列します。
子供用の喪服を買いそろえる必要はありません。

制服がない場合は?

学生服メーカーのカンコーの調査によると、制服がある小学校は全国の約2割にあたるようです。
ほとんどの小学校は制服がないことになります。
幼稚園・小学校に制服がない場合、喪服または制服に準ずる服装を着るようにします。
襟のある白いシャツ・紺または黒のブレザータイプの上着・半ズボン・スカートを準備すればよいでしょう。

なお、上着はベストや無地のセーターなどでも代用できますが、黒・紺・グレーといった地味な色を選ぶようにします。
服装は無地が望ましいですが、暗い色であれば柄が多少入っていても大丈夫です。

子供服の大型店などでは、子供用の喪服として着られる衣服を扱っています。
上着・白いシャツ・半ズボン・スカートの一式がそろったセット、あるいは手持ちにない服を買い足す形で、制服に準ずる服装を上下で買い求めることができます。

すでに持っている服も活用しながら、制服に近い清潔感のある清楚な服を選ぶとよいでしょう。

中学生以上の場合

では、中学生と高校生の場合は、どのような服装で葬儀に参列したらよいのでしょうか。
中高生の場合は、正装として学校の制服を着て葬儀に参列できます。

制服が一般的

幼稚園・小学校と同様に、中学校・高校の制服は正式な礼装にあたります。
葬儀には、普段通りの制服を着て参列するのが一般的です。

小学校に比べて、公立私立を問わずほとんどの中学校・高校に制服があります。
全国で見ても9割以上の中学校で制服を着用しているというデータもあります。
実際にほとんどの中高生は、制服を着て葬儀や法事に参列しています。

また、制服は温度調節がしやすいこともメリットです。
暑い季節は上着を脱いで襟付きシャツで、寒い季節は上着またはセーターを着てというように、学校の制服は季節を問わずに一年を通じて葬儀に参列が可能です。

制服がない場合は喪服を着る?

では、学校指定の制服がない中高生は、どのような服装で葬儀に参列すればよいのでしょうか。

数は少ないものの、全国には制服の指定がない中学校・高校があります。
学生服メーカーのカンコーの調査によると、制服のない高校は全国の約1割にあたるようです。

こうした学校指定の制服がない場合、中高生は喪服に準ずる服装で葬儀に参列します。
具体的には、白い襟付きのシャツ・黒や紺色のズボン・スカートといった服装です。

サイズが合っていても、中高生が大人用の喪服(ブラックスーツ・ブラックフォーマル)を着ることは違和感があります。
制服のない中高生の場合、学生らしく制服に似た服装で葬儀に参列します。

髪型はどうする?

葬儀に参列する時に気を付けたいのが、子供の髪型です。
女の子で髪が長い場合は、顔に髪がかからないよう落ち着いた雰囲気になるよう髪を結びます。

耳より低い位置で結ぶとよいでしょう。
髪を結ぶゴムは黒や紺と言った地味なものを使います。

男の子の場合も清潔感のある髪型に整えて参列します。
大人の場合も、葬儀に参列する際は髪型に気を配ります。
一緒に参列する子供の髪型も、華美にならない清楚な感じを心がけましょう。

葬儀で子供が履いていい靴は?

葬儀では、ご焼香の時や出棺の時などの場面で、意外と靴が目立つものです。
大人は男性女性ともに装飾のない黒い靴を履くのがマナーですので、子供も黒い靴を持っていれば履くようにします。
専門店や大手スーパーでは、セレモニー用として子供用の黒い靴が販売されています。

しかし、急な訃報を受けて葬儀に出向く場合もあるため、子供も必ず黒い靴を履かなければならないという決まりはありません

黒い靴を持っていなければ、白・紺といった地味な色の靴を履くようにします。
もちろんその場合も、華美な装飾のないシンプルなデザインの靴が望ましいと言えます。

なお、忘れやすいのが靴の汚れです。
ふだん学校で履いている靴の場合、ほこりなどの汚れをきちんと落としてから、葬儀の会場に向かうようにします。

靴下は何色がいいの?

大人の場合、靴下・ストッキングは必ず黒を着用します。
子供も同じように、黒の無地の靴下を履いて参列します。

なお、急な訃報を受けたが黒い靴下がない場合は、白・紺色といった靴下でも問題ありません
靴と同様に、華美な装飾のないシンプルな学生らしい靴下を履くのがマナーです。
ワンポイントの刺繍がある程度の無地のデザインの靴下を選びます。
靴下の長さは、膝より下の位置のハイソックス、またはクルーソックスが適しています。

夏の葬儀での子供の服装は?

葬儀

厳しい暑さの中での葬儀への参列は、服装のマナーを守りながら少しでも涼しくいられるように工夫をしたいものです。
夏の葬儀での子供の服装について、よく聞かれるのが次の3つです。
ここでは、それぞれの疑問に答える形でご説明していきます。

ポロシャツ・半袖・半ズボンはNG?

大人の場合、真夏の葬儀であっても半袖のシャツを着るのはマナー違反です。
男性女性ともに腕を見せないように、真夏でも長袖の喪服を着用します。

しかし、子供の場合は葬儀に半袖シャツのままで参列しても問題ないです。
ポイントは襟の付いた白いシャツを選ぶことです。

実際に制服の場合、小学校では白いポロシャツが指定されている学校が多いようです。
夏の葬儀は、子供は白い無地のポロシャツで参列することができます。

また、幼稚園・小学校の制服は、男児は半ズボンの場合がほとんどです。
葬儀には制服で参列できますので、幼児・小学生の場合は、制服またはそれに近い半ズボンを履いて問題ありません
男児は、半袖・半ズボンの涼しい恰好で葬儀に参列できます。

なお中高生の場合は、半袖のカッターシャツは着用できますが、半ズボンはNGとなります。
真夏の葬儀であっても、制服の長いズボンを履いて参列します。
夏用の制服を活用するとよいでしょう。

ブラウスやワンピースはNG?

幼稚園や学校に制服がない場合、制服に準ずる学生らしい服装で葬儀に参列することになります。
女の子の場合、白いブラウスや地味な色のワンピースを葬儀で着ても問題ありません
ポイントは、ブラウスに襟があること、ワンピースは装飾の少ないシンプルなデザインであることです。

また、気を付けたいのが色選びです。
ブラウスやワンピースは、黒・紺色・グレーといった地味な色を選び、参列者の方たちの中で浮かないようにします。

光沢のある派手な生地を避けて、ノースリーブではなく半袖・長袖の形を選びます。
すでに手持ちの服で着られそうなブラウスやワンピースがあれば、活用するとよいでしょう。

ジーンズは子供でもNG

動きやすく汚れを気にせず着られるジーンズは、子供服の定番です。
しかし、葬儀の場面では、子供でも絶対にNGとなっています。
まだ小さいから、子供だからといった理由でも、葬儀にジーンズを履いていくことはできません。

急な訃報を受けて取り急ぎ葬儀の会場に出向く場合でも、常識的な服装に着替えて子供と一緒に参列するようにします。
制服または制服に準ずる清楚な服を選ぶことがポイントです。

子供の喪服はレンタルできる?

葬儀

大人の場合、ブラックスーツ・ブラックフォーマルは万一の時に備えて必ず持っておきたい衣服です。
しかし、子供の場合はすぐに大きくなるため、大人と違って喪服に準ずる服を常に持っておくのは難しいものです。

葬儀への参列では、幼稚園児から高校生まで制服があればよいのですが、親の立場として頭を悩ますのは、制服がない場合です。

そこで注目を集めているのが、子供用の喪服のレンタルです。
男児用のブラックスーツ・女児用のワンピースなどが、一式でご自宅に届きます
レンタルセットには靴下と靴も含まれていて、到着後はすぐに着ることができます。
また、早いものでは、即日発送に対応しているレンタル業者もあります。

子供用の喪服のレンタルは、制服がない場合の選択肢としておすすめです。
喪服のレンタルについては以下の記事に詳しく説明されておりますので、ぜひご参照ください。

葬儀での子供の服装についてまとめ

葬儀

葬儀に参列する際の子供の服装について、詳しく解説してきました。
いかがでしたでしょうか。

今回の終活ねっとでは、次の点がポイントでした。

  • 葬儀に参列する際は、大人は準喪服(ブラックスーツ・ブラックフォーマル)を着る。

  • 乳児は派手でない落ち着いた色の服であれば問題ない。
    幼児・小学生・中高生とも制服は正装であるため、制服があれば制服で参列する。
    制服がない場合は、喪服に準ずる服装として、襟付きの白シャツ・黒・紺・グレーのブレザータイプの上着・半ズボン・スカートを着る。

  • 女の子の長い髪は耳より低い位置で結ぶ、清潔感のある落ち着いた髪型にする。
    黒い靴があれば望ましいが、白・紺など地味な色の靴を履く、靴の汚れを落として参列する。
    靴下も靴と同じで、黒・白・紺を履く。

  • 夏の葬儀は、制服の上着を脱いで参列してよい。
    小学生までは半袖・半ズボンで参列してよいが、中高生は制服の長いズボンを履いて参列する。
    制服がない場合、ブラウスやワンピースで参列してもよい、襟のあるシンプルなデザインを選ぶ。
    葬儀の場面ではジーンズは子供でも絶対にNGである。

  • 制服がない場合、子供用の喪服のレンタルがおすすめ。
    男児用のブラックスーツ・女児用のワンピースなどが一式で自宅に届く、即日発送のレンタルもある。

葬儀には、子供であってもマナーを守った服装で参列するのがしきたりです。
喪服を着た参列者の方たちの中で、悪目立ちしないように常識的な学生らしい服装で参列します。

葬儀に参列する時は、準備にかける時間がそう長くは取れません。
服装のマナーを知っておけば、いざという場面でも慌てずに済みます。
今回の記事を葬儀の知識として押さえていただければと思います。

終活ねっとでは、今回の記事のほかにも葬儀でのマナーについてさまざま解説を掲載しています。
ぜひそれらの記事も合わせてお読みいただければと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・子供・服装」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料