葬儀で必要な封筒って?種類や書き方のマナー・お金の入れ方をご紹介

葬儀で必要な封筒って?種類や書き方のマナー・お金の入れ方をご紹介

葬儀に参列する際には香典は不可欠な持ち物の1つですが、香典を包むためには封筒が必要です。実は香典の封筒にはさまざまな種類やマナーなどが存在するため、一見するとわかりにくいようにも見えます。そこで今回は葬儀の際に必要となる封筒についていろいろと見ていきましょう。

最終更新日: 2020年02月09日

葬儀の際に使う封筒に関して

葬儀

葬儀に参列する際に、必ずといって良いほど持参するものの1つに香典が挙げられます。
香典は故人にお供えする金品であるとともに、故人のご遺族の急な出費を援助する意味がありますが、お金を何にも包まない形でお渡しするわけにはいかないため封筒が必要です。

そして、香典を包むための封筒についてはさまざまな種類やマナーなどが存在します。
ただ、あまりにも種類が多かったり、マナーも細かいところまで決まっていたりするために、よくわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回「終活ねっと」では、葬儀の際に必要な封筒についてさまざまな角度から見ていきます。

  • 封筒・不祝儀袋とはどのような袋なのか?

    葬儀の際に一般的に使われる封筒である不祝儀とはどのような袋なのかについて見ていきます。

  • 香典の封筒・不祝儀袋の種類や書き方とは?

    香典の封筒として使われる不祝儀袋の種類や書き方のマナーについて、宗教別に詳しくご説明します。

  • その他の封筒・不祝儀袋の書き方や種類とは?

    供物・供花やお布施のような、その他の封筒・不祝儀袋の種類や書き方のマナーについてご紹介します。

  • 封筒・不祝儀袋に関するマナーやお金の入れ方とは?

    封筒・不祝儀袋に関する書き方以外のマナーやお金の入れ方について見ていきます。

葬儀の際に必要となる封筒の種類や書き方のマナーをわかりやすく理解したいという方にとって非常に役立つ内容になっていますので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

封筒・不祝儀袋とは?

葬儀

最初に葬儀でよく使われる封筒について、簡単にご紹介しておきましょう。
葬儀で使う封筒は不祝儀(ぶしゅうぎ)袋と呼ばれ、香典袋という呼び方もあります。

もともと不祝儀は葬儀など弔事そのものを意味しており、そこから転じて葬儀などの際にお供えする金品を意味するようになりました。

このため、特に葬儀の際にお供えする金銭(香典)を包んだ封筒ということで、不祝儀袋(香典袋)と呼ばれるようになりました。

香典の封筒・不祝儀袋の種類や書き方

葬儀

葬儀の際に持参する香典を包むための封筒である不祝儀袋(香典袋)ですが、実は種類が多いうえ、書き方にまつわるマナーもさまざまであることからややこしいように見えます。

ここでは、世間一般で使われる不祝儀袋の種類や書き方のマナーについて、わかりやすくかつ具体的にご説明しましょう。

なお、不祝儀袋の種類やマナーなどは宗教・宗派によってさまざまですので、宗教・宗派別に見ていきます。

宗教を問わない・不明な葬儀の場合

まず、宗教に関係ない場合、あるいは相手方の宗教・宗派が不明な場合に使うことのできる不祝儀袋について見ていきましょう。

表書き

宗教不問の場合あるいは不明の場合で使うことのできる表書きとして、最も広く使われているものに「御霊前(ご霊前)」があります。

「故人のご霊前にお供えする」という意味があり、浄土真宗と曹洞宗以外の仏教宗派のほか、神道やキリスト教のカトリックなど,さまざまな宗教・宗派で使うことが可能です。

このため、不祝儀袋に使われる表書きの中では一番優先して覚えておくと良いでしょう。

水引

水引については、色が黒白か双銀のもので、結び方が結び切りか淡路結びになっているものを選びましょう。
色については、関西地方など西日本では黒白の代わりに黄白のものが使われます。

ただし、水引の色は包んだ金額によって使い分けることが必要です。
具体的には、印字されているものであれば5千円まで、5千円以上3万円までの場合は黒白または双銀(本数が7本から10本)、3万円から5万円であれば双銀(10本以上)というように使い分けます。

また結び方については、両方とも一度結ぶと簡単にほどけないことから、「不幸が繰り返されないように」という気持ちを示すためのものです。

ちなみに、結び切りは先端が上向きになっている慶事の場合と違って、葬儀などの弔辞用の場合は下向きを向いているという点に特徴があります。

淡路結びについては、四国と淡路島との間にある鳴門海峡で見られる渦潮に形が似ているところが由来です。

包み

包み、つまり封筒そのものは白い無地のものを使いましょう。

このほか、コンビニなどで市販されている「御霊前(ご霊前)」の表書きと水引のデザインが印字されているものであっても問題はありません。

ただし、先ほども見たように香典として包む金額があまり多い場合(5千円以上)は、水引がデザインされたものではなく、白い無地の封筒に包んだ金額にふさわしい水引を掛けるようにしましょう。

仏教の場合

国内で行われる葬儀のうち、もっとも一般的であるのが仏教の葬儀です。
仏教の葬儀1つとっても、宗派によって不祝儀袋の種類はいくつか挙げられます。

表書き

表書きについては、ほとんどの仏教宗派で「御霊前(ご霊前)」を使います。
ただし、浄土真宗や曹洞宗については、教義上の理由から「御仏前(ご仏前)」を使うというのが作法です。

具体的には、浄土真宗の場合は亡くなった方は仏様(阿弥陀如来)のお力によってすぐに成仏し、極楽浄土で生まれ変わるという立場に立っています。

一方、曹洞宗の場合は人は生まれながらにして仏様としての性質が備わっているという考え方をすることから、葬儀においても表書きに「御霊前(ご霊前)」を使わないという立場です。

また、宗派に関係なく使う場合や相手方の宗派がわからないという場合は、「御香典(ご香典)」や「御香料(ご香料)」、「御香奠」などが使われます。

水引

仏教の場合でも水引は、色が黒白(西日本では黄白)または双銀のもの、結び方が結び切りと淡路結びのものが一般的です。

仏式の場合でも包んだ金額に応じて、水引の種類は使い分けるようにしましょう。

包み

包みについては、白い無地の封筒のほか、はすの花(仏教を象徴、詳しくは後述)のデザインが印字された不祝儀袋が使われます。

コンビニなどで市販されている、表書きと水引のデザインが印字されたものでも大丈夫です。

神式の場合

神道の考え方に基づいた神式葬儀の場合は、一般的な仏式の葬儀に比べて共通する点は多いですが、独特な点もあります。

表書き

神式で独特の表書きとして、「御玉串料(玉串料)」や「御榊料」、「御神饌料」などが挙げられます。
また、「御霊前(ご霊前)」の表書きを使っても大丈夫です。

なお、「御玉串料(玉串料)」の表書きの場合は、水引は双白(白白)のものが多く使われます。

ちなみに、「御神前(ご神前)」の表書きは、仏式の四十九日法要にあたる五十日祭以降であれば使うことができるため、神式の葬儀で使われることはありません。

水引

神式では、色が黒白(西日本では黄白)と双銀、双白(白白)のものが、結び方については結び切りと淡路結びのものが使われます。
このうち、双白のものは古くから神道で「まったく汚れのない色」という意味です。

神式の場合でも包んだ金額に応じて、水引の種類は使い分けるようにしましょう。

包み

包みについては、白い無地の封筒が使われます。
また、コンビニなどで市販されている、表書きと水引のデザインが印字されたものでも問題はありません。

キリスト教の場合

キリスト教式の場合は、仏式葬儀の場合と比べるとさまざまな違いがあります。
なお、キリスト教の不祝儀袋では水引は使われません。

表書き

キリスト教式で使うことのできる表書きは、「御花料(お花料)」と「御花代(お花代)」、「献花料」が主なものです。

このほか、カトリック独特の表書きとして「御ミサ料」が、プロテスタント独特のものとして「忌慰(きい)料」が挙げられます。

もちろん、プロテスタントの葬儀で「御ミサ料」の表書きが使われることもなければ、逆にカトリックの葬儀で「忌慰料」の表書きが使われることもないです。

さらに、幅広く使うことのできる「御霊前(ご霊前)」はカトリックでは使うことができますが、プロテスタント(特に福音派)の場合は使うことができません。

これは、プロテスタントでは聖書に書いてある偶像崇拝(何らかのものを神様として崇拝するという信仰の形のこと)を戒めるという考え方があるためです。

包み

包みは白い無地の封筒のほか、十字架や白いユリの花のデザインが印字されたものが使われます。

基本的にキリスト教の葬儀に使うことができる封筒は、仏式のものや神式のものに比べるとあまり市販されていません

そのため、スーパーやホームセンター、文房具店などで買うと良いでしょう。

その他の封筒・不祝儀袋の種類や書き方

葬儀

不祝儀袋は香典を包むためのもののほかにも、供物や供花のための金銭などを包むものがあります。
ここでは、香典以外の金銭などを包むための不祝儀袋について見ていきましょう。

供物・供花の際

供物や供花をお供えする際には、特に表書きについては独特のものが多く使われます。

表書き

供物や供花の場合、表書きとしてよく使われるのが、まず仏式の場合であれば「御供物」や「御供」、「御供物料」(供物のお金の場合)、「御花代(お花代)」などです。

また、「御霊前(ご霊前)」や「御仏前(ご仏前)」と使う場合も多く見られます。

また、神式であれば「御供物」や「御供」、「御神饌料」、「御玉串料」、「御花料(お花料)」などが一般的です。

水引

水引については不祝儀袋の場合と同じように、色が黒白(西日本では黄白)か双銀、結び方が結び切りや淡路結びになっているものを選びます。

なお、お金という形でお供えする場合は、香典の場合と同じように金額によって水引の色を使い分けることが作法です。

包み

包みについては、不祝儀袋の場合と同じように白い無地の封筒(お金として送る場合)か、弔事用の表書きや水引がデザインされたのし紙が使われることが一般的です。

お布施の場合

葬儀の際にお金を包むのは、香典だけに限りません。
お経をあげていただいた僧侶の方などの宗教者への謝礼として用意するお布施も挙げられます。

加えて、同じ葬儀の際に必要となる封筒であっても、お布施の場合はここまで見てきたほかのケースに比べていくつか異なる点がありますので、ぜひともよく理解しておくと良いでしょう。

表書き

お布施については、表書きは宗教によって異なります。
まず、仏式葬儀の場合は「御布施(お布施)」と記すのが一般的です。
戒名料をお渡しすることも一般的ですが、お布施とともにお渡しするため、わざわざ区別する必要はありません。

なお、仏教ではお布施を労働対価や報酬とみなしていないため、「供養料」や「読経料」といった料金をにおわせる表書きは使わないようにしましょう。

次に神式葬儀については「御礼」や「御祭祀料」と書くのが一般的です。
神道では行う儀礼のことを「祭祀」と呼ぶことから、このような表書きが使われます。

さらにキリスト教式葬儀の場合は、「献金」や「御礼」と記す場合がほとんどです。
キリスト教の場合は、あくまでも教会に対してお渡しする形式をとっています。

このほか宗教に関係なく、宗教者に遠路来ていただいた場合の御車代(交通費)には「御車代(お車代)」、宗教者が会食に出席できない場合にお渡しする御膳料には「御膳料」も使います。
ただし、「御膳料」はキリスト教式では使われません。

いずれにせよ、あくまでも宗教者に対する心からの感謝の気持ちを示すという形で表書きを書くことになります。

水引

お布施については、香典の場合と異なり水引が使われることはありません

というのは、香典に使われる水引はあくまでも故人のご不幸を悼むとともに、繰り返されないように願う気持ちを込めて掛けるものであるためです。

このため、宗教者側にご不幸があったわけではないことから、お布施の封筒に水引が使われることはありません。

包み

お布施に使う封筒は、白い無地の封筒を選ぶのが一般的です。
そして、実際に購入する際には1つだけ注意すべき点があります。

それが、郵便番号欄など余計なものが印字されていないものを選ぶという点です。
お布施の場合は、あくまでも宗教者の方に対するお礼の気持ちとしてお渡しするため、余計な印字がされている封筒を使った場合、宗教者の方の気分を害してしまう場合もあります。

だからこそ、特に何も印字されていない白い無地の封筒を選んでから、お布施を包むようにしましょう。

封筒・不祝儀のマナーやお金の入れ方

お金

ここでは、不祝儀袋にまつわるその他のマナーやお金の入れ方についてご紹介しておきましょう。

こちらも表書きや水引にまつわる作法とともに、実際に葬儀に参列することになった場合などにお役立てください。

文字は薄墨で書く?

まず、表書きや包んだ方の名前などを記す際に欠かせない墨については、よく薄墨を使うべきといわれていますが、実際はどうなのでしょうか?
結論から書けば、上記の作法通り、薄墨で表書きなどを記すのがマナーです。

もともと、葬儀の際に薄墨を使うという作法は、故人のご不幸を聞いて、墨をする間もなく急ぎ駆け付けたことや、香典などの準備をしている間に墨に悲しみの涙が混じったことに由来します。

上記の由来から、故人が亡くなった悲しみの気持ちを示すために不祝儀袋に書く際には薄墨を使うというものです。

なお、薄墨は葬儀が終わった後も仏式では四十九日より前の法要で、神式であれば五十日より前の神事でも使われます。

ただし、お布施の場合は薄墨ではなく普通の黒い墨を使いましょう。
これは、僧侶の方や菩提寺の方などに特別ご不幸があったわけではないことから、悲しみの気持ちを示す意味がある薄墨をわざわざ使う必要がないためです。

お札の入れ方

不祝儀袋を使う際には、お金の入れ方に関するマナーも大切になってきます。

まず、お札は新札ではないものを使いましょう。
もし、手元に新札しかない場合は、折り目を付けてから包むようにします。

さて、お札を包む際には向きに気をつける点がポイントです。
葬儀を含め弔事の場合は、まずお札の肖像(福沢諭吉や野口英世)を封筒の裏面側に向け、さらに肖像が封筒の底側に来るように入れましょう。

ちなみに、同じ葬儀の際に必要な封筒でも、僧侶の方などにお渡しするお布施などについては、別の作法でお金を入れます。
使うお札は新札で、実際の入れ方もお札の肖像を封筒の表面側に向けて、さらに肖像が封筒の口に近いところに来るように入れましょう。

香典袋へのお札の入れ方について詳しく知りたい方は、ぜひこちらもご覧ください。

はすの柄は仏教

スーパーや文房具店のように比較的多くの種類の不祝儀袋が販売されているコーナーに行ってみると、その中にはすの柄が入ったものを見かけることがあるでしょう。

実ははすの柄のデザインが印字されている不祝儀袋は、仏式葬儀専用で使うことができる種類です。

はすは仏教ではシンボルとされている植物で、特に泥水の中でも美しい花を咲かせるさまが、仏教絵画等において仏様の知恵や慈悲を表現する際に使われています。

このような理由からはすの花のデザインが入った不祝儀袋は仏式専用として使われるのが一般的です。

ただし、仏式専用ということは裏を返せば、神式やキリスト教式の葬儀では使えないことを意味していますので、注意しましょう。

十字架・ユリはキリスト教

一方、不祝儀袋で特殊な絵柄がデザインされているものに、十字架やユリの花が挙げられます。

どちらもキリスト教式専用を意味しており、十字架はキリストによる救いを、ユリの花はキリストの母である聖母マリアを象徴するデザインです。

もちろん、キリスト教式葬儀専用であることから、仏式や神式葬儀の際には使うことができませんので気を付ける必要があります。

葬儀の際に使う封筒に関してまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、葬儀の際に必要な封筒についていろいろと見てきました。
内容をまとめますと、次の各ポイントの通りです。

  • 不祝儀袋とは、葬儀など弔事の際に香典などを包むために使われる封筒のことである。
    もともと、弔事のことを「不祝儀」と呼んでいたものが、弔事の際にお供えする金品という意味にも用いられるようになったところからきている。

  • 香典に使われる不祝儀袋の種類や書き方のマナーにはさまざまなものがある。
    表書きについては、宗教・宗派問わず広く使われるものに「御霊前(ご霊前)」があるほか、各宗教・宗派で専用に使われる表書きがある。

    水引については、基本的に黒白が使われる場合が多いが、地域や包んだ香典の金額によって双銀や黄白もなど使われる。
    包みについても白い無地の封筒か、市販されている香典袋が使われる場合も多い。

  • 供物や供花の場合は、表書きとして「御供物」や「御供」といったものが広く使われるほか、各宗教独特のものもある。
    水引は香典の場合とほぼ同じだが、包みについてはのし紙という形で使う場合もある。

    お布施については各宗教によって使う表書きも異なるが、あくまでも宗教者への心からの謝礼という体裁でお渡しするという形になる。
    なお、お布施については水引が使われず、封みについても白い無地のものが原則使用される。

  • 葬儀の場合の不祝儀袋にまつわるマナーについては、まず文字は薄墨で書くというのが作法とされている。
    お札についても、肖像のある側を封筒の裏面に向けて、さらに封筒の底側に来るように入れる。

    さらに、はすの花のデザインのものは仏式専用、十字架やユリの花のデザインはキリスト教式専用である。

葬儀で使われる封筒は不祝儀袋と呼ばれており、香典の場合は表書きは「御霊前(ご霊前)」が広く使われているほか、宗教・宗派により独特のものもあります。

水引や包みについても、基本的には黒白や双銀の水引を白い無地のものに掛けたり、市販の印字されたものを使ったりしますが、お布施などのように例外もありますので、よく確認しましょう。

葬儀については香典のほかにも、ご遺族が行う際の費用が気になるという方も多いでしょう。
以下にご紹介する記事で詳しく説明されていますので、ぜひともご活用いただければと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事