葬儀に適した服装や靴を性別と子供別にご紹介!小物やバッグも解説

葬儀に適した服装や靴について、どのようなマナーがあり、どのようなことに注意すべきか詳しく知らない方も多いことでしょう。 今回は葬儀に適した服装や靴について、女性・男性・子供の場合に分けてご紹介していきます。

目次

  1. 葬儀に適した服装や靴について
  2. 葬儀に適した服装に関して
  3. 葬儀に適した靴に関して
  4. 葬儀に持参する小物やバッグについて
  5. 葬儀に適した服装や靴に関してまとめ

葬儀に適した服装や靴について

葬儀

葬儀に適した服装や靴について、どのようなものを、どのような点に注意して選べば良いのか、細かいマナーについてご存じない方も多いことでしょう。

葬儀の場にふさわしくない服装を知らずに着て行ってしまい、マナー知らずと思われたくはありませんよね。

今回終活ねっとでは、葬儀に適した服装や靴について以下のようなポイントを中心にまとめてみました。

  • 葬儀に適した服装とはどのようなものか
  • 葬儀にはどのような靴が適しているか
  • 葬儀に持参する小物やバッグはどのようなものが良いか

今回の記事を参考に、葬儀に適した服装についての理解を深めてみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

終活ねっとのお葬式ではご希望・状況にあわせて、低価格葬儀から豪華葬儀までわかりやすいセットプランをご用意しております。追加費用がかかる場合は、丁寧に詳細を説明させていただきます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀に適した服装に関して

葬儀

葬儀などの葬祭時のマナーは細かく、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

しかし服装のマナーについては、第一印象に関わる非常に大切なマナーです。
その場にふさわしくない服装でマナー知らずとは思われたくないですよね。

葬儀にはその場に適した服装があります。
以下で、男性の場合、女性の場合、子供の場合に分けて、それぞれどのような服装が適しているのか解説していきます。

男性の場合

まずは男性の場合、葬儀にふさわしい服装はどのようなものになるのでしょうか。
スーツをイメージされる方は多いことでしょう。

では、どのようなスーツを選ぶべきなのか、その時のシャツの色やネクタイの色、靴下の色などについてもマナーがあります。
]

以下では、葬儀にふさわしい男性の服装を選ぶポイントや注意点について確認してみてください。

スーツ

男性の正式な喪服はモーニングとなりますが、基本的には黒のスーツまたはグレーのスーツなど、ダークな色合いのスーツが準喪服となり、着用することが一般的です。

あまり明るい色合い(ライトグレーなど)のスーツは、葬儀の場にふさわしくありませんので避けるようにしましょう。

また、ビジネス用のスーツとフォーマルのスーツでは違いがありますので注意が必要です。
黒っぽい色合いでも、ビジネス用のスーツを葬儀の場に着ていくことはあまりふさわしいとは言えません。

葬儀にはブラックフォーマルを着用し参列するようにしましょう。

ネクタイ

ネクタイは基本的に黒のネクタイを着用します。

光沢があるものやストライプの入っているもの、刺繍がはいっているものなど、色合いが黒でも派手なデザインのものはふさわしくありません。

ワイシャツ

ワイシャツは基本的には白のワイシャツを着用します。

ネクタイと同様、色合いが白であったとしても、ストライプの入っているシャツなどは避けるようにし、無地の白色のワイシャツを着用するようにしましょう。

靴下

靴下は基本的には黒のものを着用します。

ダーク系の色合いのもので紺色などの靴下もありますが、葬儀の場では基本的には黒以外の靴下はNGとなりますので注意が必要です。

また、デザインの入っているような靴下も避けるようにしましょう。

葬儀の場にふさわしい靴下は、黒で無地のものを選ぶようにし、それ以外はふさわしくないと覚えておきましょう。

女性の場合

次に女性の服装について確認していきましょう。

女性の場合、黒のワンピースを基本としつつもどのようなマナーがあるのか、また、季節によってはどの程度のデザインまでなら許容されるのか詳細な部分が不明なケースもあります。

以下で、女性の服装の注意点や選ぶ際のポイントについて確認してみてください。

ワンピース・アンサンブルが基本スタイル

基本的にはワンピースやアンサンブルを着用するようにします。

ワンピースについてはノースリーブのタイプのものもありますが、葬儀の場ではなるべく肌の露出を避け、夏場などでも薄手の上着を羽織るようにしましょう。

長袖が基本ではありますが、五分袖や七分袖のタイプであれば夏などの時期にそのまま着用することは問題ありません。

ストッキングについて

ストッキングについては、基本的には黒のストッキングを着用するようにします。
30デニールくらいまでのものを選択するようにしましょう。

冬場などの寒い時期にはタイツを選択したい方もおおいと思いますが、基本的にタイツはNGとされています。

ただし、真冬の寒い時期であったり、地域によっては雪の多いような土地柄においては、60デニールくらいまでのものであれば問題ないとされています。

和服の場合は

葬儀で和服を着用する場合には、喪服の種類に気をつける必要があります。

葬儀で着用する和服には、正喪服、準喪服、略喪服に分けられます。
そして、葬儀では親族よりも位の低い喪服を着用することがマナーとされています。

すなわち、ご親族が準喪服で参列されているのに対して、ご親族以外の参列者が正喪服で参列することはマナー違反になりますので注意が必要です。

また、ご親族は一般の参列者より位の高い喪服を着用することがマナーとなります。
一般の参列者の方が準喪服で参列しているのに、ご親族が略喪服で参列するのは好ましくないでしょう。

和服を着用する際には、事前に喪服の種類を確認するようにしましょう。

制服がある学生の場合

お子様も参列される場合、すでに就学されていて制服があれば、葬儀には制服で参列すれば問題ありません

最近の学校の制服はデザイン性の優れたおしゃれな制服の学校もあります。

しかし、制服には特に、色やデザインについて守らなければならない基準はありませんので、学校の制服をそのまま着用して参列すれば問題ないでしょう。

制服がない子供の場合

未就学のお子様や制服のない学校に通われている場合にはどのような服装が適しているのでしょうか。

男の子であれば、黒やグレーのシャツやポロシャツにダーク系の無地のズボンを合わせた服装であれば問題ありません。

女の子であれば、黒やグレーのワンピースでフリルやリボンなどがついていないものを選ぶようにしましょう。

葬儀に適した靴に関して

葬儀

葬儀の服装のマナーにおいては、どのようなを選ぶべきかという点についても気をつける必要があります。

靴の種類にもいくつかあります。
どのような靴が葬儀の場にふさわしいのか気をつけていないと、何気なく選んだ靴がマナー違反だった、なんてことにもなりかねません。

靴選びのポイントや注意点についても、男性の場合と女性の場合に分けて以下で詳しく解説していきますので確認していきましょう。

男性の場合

男性の場合、基本的には黒い革靴を選ぶこととなります。
しかし、黒い革靴であればどんなタイプの靴でも良いということではありません。

どんな素材でどのようなデザインの靴が葬儀にふさわしいのか、靴紐の結びかたなどにも触れつつご紹介していきます。

色は黒が基本です。
ブラックフォーマルに合わせる靴となりますので、茶色などの少し派手な色合いの靴を選ぶと非常に目立ちます。

葬儀の場にもふさわしくありませんので、黒系の色合い以外の靴は避けるようにしましょう。

ストレートチップ

つま先部分のデザインはストレートチップのタイプを選びましょう。
ストレートチップタイプのものがない場合、プレーントゥタイプの靴でも問題ありません。

葬儀の場にふさわしい靴となりますので、ウィングチップなどデザイン性の高いタイプの靴は避けるようにします。

紐履

葬儀に履いていく靴は紐履を選び、紐のないローファーは避けるようにしましょう。

ローファーは革靴の中でもカジュアルな靴とされていますので、葬儀のような場に履いていく靴としてはふさわしくありません。

外羽根よりも内羽根

葬儀には内羽根タイプの靴を選ぶようにし、外羽根タイプの靴は避けましょう

内羽根とは、紐を通す部分が靴の内側に入り込んでいるタイプの靴で、外羽根とは、紐を通す部分が靴の外側に乗っているタイプの靴を指します。

内羽根のタイプがフォーマルな靴とされており、外羽根のタイプはカジュアルな靴とされておりますので、葬儀のようなフォーマルの場では内羽根タイプの靴を選びましょう。

光沢がないもの

黒い革靴が基本となり、光沢のあるエナメルタイプの靴は避けるようにしましょう。

また、革や合皮などの素材であっても、光沢のあるタイプやツヤのあるタイプの靴は葬儀の場にふさわしくありません。
素材だけでなく光沢の有無についても気をつけるようにしましょう。

女性の場合

女性の場合、どのような靴が葬儀にふさわしいのでしょうか。
女性の場合、色やデザインだけでなくヒールの高さや太さについても、葬儀にふさわしい種類があります。

女性用の靴を選ぶ際のポイントについて、以下で解説していきます。

靴の種類

女性用の靴の種類としては、パンプスが基本となります。

サンダルなどはNGとなりますし、男性向けの箇所でも記載したとおり、ローファーはカジュアルな靴となりますので、葬儀のようなフォーマルな場にはふさわしくありません。

飾りがないもの

葬儀に履いていく靴はデザインの良し悪しではなく、その場にふさわしく喪服に合ったものかどうかで選ぶ必要があります。

したがって、靴を選ぶ際には、リボンなどの装飾品がついていないシンプルなものを選ぶようにする必要があります。

色は黒が基本となります。
黒以外の色は基本的にはNGとなりますので、黒のパンプスを用意するようにしてください。

ヒールの高さや太さ

安定性とフォーマルな立ち姿であるとして、ヒールの高さは3cm〜5cmのものが適正な高さでしょう。

葬儀ではなにかと歩く機会が多いので、なるべく太めのヒールを選ぶと安定感もありますし、ヒールの音がならないので葬儀の場には適しているでしょう。

ピンヒールやウェッジヒールは葬儀のようなフォーマルな場にはふさわしくないのでNGとなります。

ストラップについて

ストラップがついているものは問題ありません
ですが、金具がついているタイプのものは、なるべく金具が目立たないようなタイプのものを選ぶようにしてください。

光沢がないもの

男性用の靴の箇所でも触れたとおり、女性の場合でもエナメルなどの光沢のある素材の靴は、葬儀の場にはふさわしくありません

学生の場合

学生の場合、校則などで決まっている靴であれば、黒でも白でも問題ありませんし、スニーカーでも革靴でも特に問題はありません。

ただし、葬儀という場を考えてふさわしくない派手な色やデザインの靴は避けた方が無難でしょう。

子供の場合

子供の履く靴についても特にこれといった決まりはありません。
葬儀という場を考えると、黒やグレー、紺などの色合いの靴を選んでおけば、スニーカーでも特に問題ありません。

キャラクターものなどはなるべく避けた方が良いでしょう。

葬儀に持参する小物やバッグについて

葬儀

バッグなど、葬儀に持参するの小物類についてのマナーまで把握されている方は少ないのではないでしょう。

葬儀においては、バッグや小物類についても選ぶべきポイントやマナーがあります
以下では、葬儀に適した小物やバッグについて解説していきます。

小物・アクセサリーについて

葬儀には必要最低限の小物・アクセサリーで参列するように心がける必要があります。
光が反射したり光沢のあるもの自体、葬儀の場ではNGとなりますので注意が必要です。

持参する小物としては、数珠やハンカチに留め、不要な小物はなるべく持参しないようにします。
アクセサリーについても、真珠のアクセサリーが基本となり、それ以外の素材のものはなるべく身につけないようにしましょう。

葬儀に適したアクセサリーについて更に詳しく知りたい方は、こちらも合わせてご覧下さい。

こちらも読まれています

葬儀に適したアクセサリーって?避けるべき素材や服装マナーもご紹介

葬儀には、どのようなアクセサリーがふさわしいのでしょうか?葬儀の場のアクセサリーには適したものとそうでないものがあります。マナー違反とならないためにも、正しい知識を身につけておくと安心です。この記事では、葬儀に適したアクセサリーについて解説していきます。

バッグについて

バッグを選ぶ際には、基本的には黒い無地のものを選ぶようにします。
あまり光沢の強いエナメルなどの素材は、葬儀に持参するバッグとしてNGなので注意してください。

また、ヘビ皮などの製品は殺生をイメージすることから、爬虫類の皮製のバッグもNGとされています。

バッグについている装飾品も、なるべく光を反射するような小物がついていないシンプルなものを選ぶようにしましょう。

葬儀に適した服装や靴に関してまとめ

お墓

いかがだったでしょうか。
今回終活ねっとでは、葬儀に適した服装や靴に関してまとめてきました。

今回の記事のポイントは以下のとおりです。

  • 葬儀に適した服装について、男性の場合は黒のスーツに白いシャツ、黒いネクタイが基本となる。女性の場合は、黒のワンピースやアンサンブルが基本となる。ストッキングは30デニールのものを選び、タイツはNG。就学している子供は制服を着用すれば問題ない。制服がない場合には、白いシャツに黒のパンツや黒のワンピースなどを着用すれば問題ない。
  • 葬儀に適した靴について、男性の場合は光沢のない黒の革靴で、つま先はストレートチップのもので内羽根のものを選ぶ。女性の場合は、黒のパンプスが基本。ストラップがついているものは、金具が目立たないタイプのものを選ぶ。エナメルなどの素材はNG。学生や子供の場合は特に決まりはなく、スニーカーなどでも問題はないが、葬儀の場にふさわしくない色合いやデザインのものは避ける。
  • 葬儀に持参する小物やアクセサリーバッグについては、光沢のないものを選ぶようにする。アクセサリーについては、真珠の素材のもののみとして、それ以外の素材のものは身につけないようにする。バックを持参する際には、ヘビ皮などの爬虫類の革のものは殺生をイメージさせるため葬儀の場にはふさわしくない。

今回の記事を参考に、葬儀の際の服装のマナーについて、靴や小物・アクセサリー、バッグなどの細かい箇所についても確認してみてください。

また、終活ねっとでは葬儀にかかる費用について、どのくらいの費用がかかりその内訳や安くする方法について解説した記事も用意しています。

以下のリンクから、葬儀にかかる費用についての記事も参照してみてください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・服装・靴」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・服装・靴」についてさらに知りたい方へ

礼服に合わせる女性靴は?適切な種類や色や素材、ストッキングも紹介のサムネイル画像

礼服に合わせる女性靴は?適切な種類や色や素材、ストッキングも紹介

葬式で履く靴とは?適切な種類や素材、靴下やストッキングも紹介のサムネイル画像

葬式で履く靴とは?適切な種類や素材、靴下やストッキングも紹介

葬儀の服装マナーを男女や喪主・参列者別に解説!外国の葬儀服装までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女や喪主・参列者別に解説!外国の葬儀服装まで

葬儀用の靴の選び方を男女別に解説!注意点や子供の靴についても紹介のサムネイル画像

葬儀用の靴の選び方を男女別に解説!注意点や子供の靴についても紹介

葬儀に適した男性の靴は?靴の選び方や注意点、紐の結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀に適した男性の靴は?靴の選び方や注意点、紐の結び方まで解説

葬儀に参列する女性の服装は?喪服の種類やバッグ・靴の選び方を解説のサムネイル画像

葬儀に参列する女性の服装は?喪服の種類やバッグ・靴の選び方を解説

葬儀で女性はどんな靴を履けばいい?注意点や紐の結び方までご紹介!のサムネイル画像

葬儀で女性はどんな靴を履けばいい?注意点や紐の結び方までご紹介!

葬儀で履く革靴マナーを男女別に解説!靴のマナーや紐の結び方までのサムネイル画像

葬儀で履く革靴マナーを男女別に解説!靴のマナーや紐の結び方まで

葬儀に適した靴下とは?男女別や子供の靴下から服装マナーも解説のサムネイル画像

葬儀に適した靴下とは?男女別や子供の靴下から服装マナーも解説

葬儀に適したベルトの選び方やマナーって?服装や靴も合わせてご紹介のサムネイル画像

葬儀に適したベルトの選び方やマナーって?服装や靴も合わせてご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・服装・靴」についてさらに知りたい方へ

礼服に合わせる女性靴は?適切な種類や色や素材、ストッキングも紹介のサムネイル画像

礼服に合わせる女性靴は?適切な種類や色や素材、ストッキングも紹介

葬式で履く靴とは?適切な種類や素材、靴下やストッキングも紹介のサムネイル画像

葬式で履く靴とは?適切な種類や素材、靴下やストッキングも紹介

葬儀の服装マナーを男女や喪主・参列者別に解説!外国の葬儀服装までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女や喪主・参列者別に解説!外国の葬儀服装まで

葬儀用の靴の選び方を男女別に解説!注意点や子供の靴についても紹介のサムネイル画像

葬儀用の靴の選び方を男女別に解説!注意点や子供の靴についても紹介

葬儀に適した男性の靴は?靴の選び方や注意点、紐の結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀に適した男性の靴は?靴の選び方や注意点、紐の結び方まで解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと