葬儀中の写真撮影はNG?葬儀中のマナーや遺影写真の準備方法を紹介

近年、どんな場面でも写真を撮る方が増えてきています。では、葬儀中に写真の撮影はしてもいいものなのでしょうか?今回はそんな葬儀中の写真撮影について、写真を撮る際のマナーや遺影写真の準備方法についてなど解説していきます。

目次

  1. 葬儀中に写真を撮ることについて
  2. 葬儀中の写真撮影はマナー違反?
  3. 写真を取る際のマナー
  4. 遺影写真の準備方法
  5. 葬儀中の写真撮影に関するまとめ

葬儀中に写真を撮ることについて

葬儀

故人とのお別れの際、最後であるからこそ写真におさめておきたいと感じられたことはありませんか?
ただ、葬儀の最中に写真を撮ってもいいものなのか、悩まれる方は多いかと思います。
葬儀中に写真の撮影はしてもいいものなのでしょうか?

今回終活ねっとでは、葬儀中の写真撮影について、写真撮影はマナー違反なのか紹介した上で、写真を撮る際のマナーや遺影撮影の方法についても解説していきます。

  • 葬儀中に写真を撮影するのはマナー違反なの?
  • 葬儀社が写真を撮ってくれる場合、どんな写真を撮影してくれるの?
  • 参列者が写真を撮る場合は?
  • 親族全員で集合写真をとってもいいの?
  • 写真を撮影するときに気を付けることは?
  • 撮った写真はSNSにアップしてもいいの?
  • 遺影写真はどのように準備したらいいの?
  • 遺影写真はどんな写真を選んだらいいの?
  • 遺影写真はいつまで、どこに飾っておけばいいの?

以上の項目を軸に解説していきます。
葬儀中の写真撮影や遺影写真についてお悩みの方は、ぜひ最後までご覧いただき、今後の葬儀の際の参考にしていただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀中の写真撮影はマナー違反?

葬儀

結婚式などであれば、写真を気軽にとることが出来ます。
しかし、故人との最後のお別れの場である葬儀だと、写真を撮影するのは難しそうな感じがしますよね。
最後のお別れだからこそ、写真におさめておきたいけれど、写真を撮影するのは気が引けるという方は多いのではないでしょうか?

ここでは、葬儀中の写真を撮影する際に、遺族や葬儀会社・参列者が写真を撮る場合についてそれぞれ解説していきます。
葬儀中の写真撮影は、場合によってはマナー違反になることがありますので詳しく解説をします。

遺族・葬儀会社が撮影する場合

写真を撮影するのはご遺族だけではなく、葬儀会社が行う場合もあります。
ただし、写真を撮影することについては、地域の風習や葬儀会社によっては禁止している場合があります。
そのため事前に確認をとっておくのが無難です。

また、写真を撮影する際は、参列者の方にもわかるように、撮影スタッフであることを示す腕章などを身に着けておくと良いかもしれません。

遺族が遺影と取る場合

ご遺族が遺影と写真を撮ることは特にマナー違反ではありません。
ですが、葬儀中やご焼香中などに写真撮影をするのは、場の雰囲気を壊してしまう可能性があります。
遺影と写真を撮る場合、葬儀中ではなく、葬儀後や出棺の前などに撮影をします。

写真を撮影する際は、葬儀会社に依頼をしてもいいですが、ご遺族の方のどなたかに写真撮影をしてもらっても問題ありません。

遺族が個人的に撮影する場合

ご遺族が個人的に撮影をすることも特にマナー違反ではありません。
ただし、勝手に撮影をしていては、不愉快な思いをされる方も多いです。
事前に喪主の方などに写真を撮影することについては相談をして、許可をとっておきましょう

また、上記で解説したように、葬儀中やご焼香中などの写真撮影は迷惑になる場合があります。
その場の状況を確認して写真を撮影しましょう。

なお、葬儀ではご遺族だけではなく、参列者の方たちもいます。
参列者の方たちにも配慮した撮影を行うようにしましょう。

葬儀風景を葬儀会社が撮影してくれる場合

葬儀風景を葬儀会社が撮影してくれる場合もあります。
故人とのお別れのため、最後の思い出として写真を撮影します。

ご焼香をしている場面や故人とお別れをしている場面、出棺する際の光景などを撮影します。
これは、葬儀会社に写真撮影をお願いしたり、専門の撮影業者に依頼をしてもいいでしょう。

相談をしておけば、思い出として残しておきたいシーンや、撮影をしてほしくないシーンを相談できる場合があります。

参列者が写真撮影をする場合

近年、スマートフォンの普及により、気軽に写真を撮ることが珍しくない状況になってきています。
そのため、参列者が個人的に写真を撮影するというという場面を見かけたことがある方もいるのではないでしょうか?

葬儀中に参列者が写真撮影をすることが出来るのは、基本的には事前に許可をとっている場合のみです。
ご遺族や葬儀社、僧侶の方などの許可を得ずに、勝手に写真を撮影するのはマナー違反です。
また、撮影の許可をとっているからと言って、棺を開けて故人の顔を写すといったことは控えましょう。

なお、葬儀の際に写真撮影をお断りする旨を、ご遺族の方や葬儀社の方から告知される場合もあります。

親族全員で集合写真を取る場合

ご遺族の意向により、親族全員で集合写真をとる場合があります。
集合写真を撮ることは、最近始まったことではなく、古くから行われてきたことですので写真を撮影することに問題はありません。

親族全員で集合写真を撮影する場合、基本的には葬儀中ではなく、葬儀が終わった後や出棺の前に撮影をします。
祭壇の前で故人の写真を中心にして撮影を行うのが一般的です。
並ぶ順番としては、故人と関係性の深い順に並びます。

葬儀社に写真撮影をお願いする場合もありますが、親族の誰かが撮影する場合もあります。
地域の風習によっては、集合写真を撮影するのはよくないことだとされている場合もありますので事前に確認をしておくと良いでしょう。

写真を取る際のマナー

葬儀

写真を撮影する許可を得たとしても、写真を撮るタイミングや写真撮影の際に気を付けなければならないマナーがあります。
故人を静かに見送るため、また、余計なトラブルを招かないために次のことに注意をしましょう。

写真撮影をしてはいけないタイミング

葬儀の真っ最中や読経しているとき、ご焼香しているときなどの、葬儀の妨げになるようなタイミングでの写真撮影はマナー違反です。
葬儀は、故人をお見送りするための儀式であるということを念頭に置いておきましょう。

シャッター音に注意

普段写真を撮る際は、シャッター音は特に気にならない方が多いかと思います。
ただ、葬儀の場はとても静かなため、シャッター音は思っている以上に響いてしまいます。

葬儀の雰囲気を壊さないように、シャッター音が小さめの機種や、シャッター音が鳴らないような機種を使用するのが無難です。
スマートフォンの場合だと、カメラのシャッター音を消すアプリもありますのでそちらを検討するのもいいでしょう。

また、写真を撮影する際に、フラッシュをたくことも葬儀の雰囲気を壊しかねません
撮影前に必ず設定を確認し、フラッシュをたかないように確認しておきましょう。

SNSなどに勝手にアップしない

SNSは不特定多数の人が見ることが出来るものです。
SNSに画像をアップすると、見ず知らずの人に勝手に保存され悪用される場合があります。
また、ひどい場合だと、葬儀会場やご遺族の情報を特定されて犯罪などに利用されてしまう危険性もあります。

写真撮影の許可を得たからと言って、SNSに勝手にアップするのはやめましょう

遺影写真の準備方法

葬儀

遺影写真は故人の最後の記録とも言えます。
葬儀中や葬儀後などにも飾るものですので、良い写真を残したいものです。

では、遺影写真はどのような写真を選ぶといいのでしょうか?
ここでは遺影のサイズや素材、遺影写真を飾る期間や場所について解説していきます。

遺影写真はどんな写真がいいの?

いざ遺影写真を選ぼうと思っても、どの写真にしたらいいかというのは悩みますよね。
故人の笑顔の写真がなく困っている方もいるのではないでしょうか。

実は、遺影写真は必ず笑顔の写真でなければいけないわけではないのです。

遺影写真を選ぶ場合には、次の点について気を付けるといいでしょう。

  • 故人が大きく写っている。
  • 故人が生前気に入っていた、または、ご遺族が気に入っている。
  • ピントが合っている。
  • 故人の人柄が分かる。
  • 5年以内くらいに撮られている。
  • 笑顔でも笑顔でなくてもどちらでも問題ない。

笑顔で写っている写真がなくても、ご遺族や故人ご本人が生前に気に入っていたり、故人の人となりがわかるような写真であれば問題ありません。
ぜひ良い写真を選んでください。

なお、写真は、可能であれば写真館などで撮っておくのもいいかもしれません。

遺影写真のサイズ

遺影写真は特に決まったサイズというものはありません。
葬儀会場の大きさや規模によって、遺影写真の大きさを調整する場合があります。
ですが、一般的にはA4サイズのものを使用する方が多いです。

ただ、仏壇や焼香台に飾る場合はA4サイズだと大きすぎる場合があります。
仏壇や焼香台にははがきくらいのサイズがおすすめです。

遺影写真の素材

遺影写真の素材は、向いてないものもあるため注意が必要です。

インクジェットのプリンターで印刷した写真は、遺影写真の素材には向いていません。
これは、拡大した際にドットが目立ってしまうためです。

選ぶとすれば、プロのカメラマンのいる写真館で撮った写真や、デジタルカメラなどで撮影した光沢のある写真を選択しましょう。

遺影写真はいつまで・どこに飾る?

遺影写真は四十九日が終わるまで飾っておくのが一般的です。
ただし、宗教によって日数は変わってくる場合があります。

なお、葬儀後は後飾り壇に遺影写真を飾ります。
後飾り壇とは、ご遺体を火葬したあと納骨をするまでの間に、自宅でご遺骨を安置するための祭壇です。
基本的に仏壇の前に設けます。

葬儀後に弔問される場合は、後飾り壇の場へ案内し、故人の冥福を祈る場として使います。

葬儀中の写真撮影に関するまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、葬儀中の写真撮影や遺影写真について以下のことを解説してきました。

  • 葬儀中に写真撮影をするのは、場合によってはマナー違反になる。
  • 読経中やご焼香中などの、葬儀を妨げるタイミングでの撮影はマナー違反である。
  • 写真を撮影したい場合は、事前に喪主の方やご遺族の方に相談をし許可を得ておく必要がある。
  • ご遺族が遺影と写真を撮る場合や、葬儀風景などは、葬儀会社やご遺族が撮影をする場合がある。
  • 地域の風習によっては、親族全員で集合写真を撮る場合がある。
  • 葬儀の雰囲気を壊さないため、写真を撮る際はフラッシュをたくことやシャッター音に注意をする必要がある。
  • 撮影した写真は勝手にSNSなどにアップしてはいけない。
  • 遺影写真は、ピントが合っていて、故人やご遺族の方が気に入っている、または人柄がわかるような写真を選ぶ。
  • 遺影写真は後飾り壇に四十九日が終わるまで飾っておく。

葬儀中に写真を撮ること自体はマナー違反ではなかったのですね。

写真を撮る際は、事前に撮影許可を撮り、写真撮影のタイミングを間違わないようにすべきであるということがわかりました。

葬儀の際に写真を撮りたいと思われている方は、ぜひこの記事を参考にしていただければと思います。

終活ねっとでは、ほかにも葬儀や法事などに関する記事も多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

「葬儀・写真」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・写真」についてさらに知りたい方へ

素敵な写真を撮ろう!近年注目されている遺影撮影についてのサムネイル画像

素敵な写真を撮ろう!近年注目されている遺影撮影について

葬儀で集合写真は撮ってもいい?撮る意味や金額からマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀で集合写真は撮ってもいい?撮る意味や金額からマナーまで解説

葬儀で使う遺影写真の選び方や価格は?当日に持つ人や処分方法も解説のサムネイル画像

葬儀で使う遺影写真の選び方や価格は?当日に持つ人や処分方法も解説

葬儀用遺影の額のマナーとは?額の費用相場や購入方法もご紹介のサムネイル画像

葬儀用遺影の額のマナーとは?額の費用相場や購入方法もご紹介

葬儀用の写真の選び方とは?写真作成の費用相場や生前撮影も解説のサムネイル画像

葬儀用の写真の選び方とは?写真作成の費用相場や生前撮影も解説

家族葬の式中の写真撮影はOK?遺体の撮影は?撮影のマナーを解説!のサムネイル画像

家族葬の式中の写真撮影はOK?遺体の撮影は?撮影のマナーを解説!

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像

ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説のサムネイル画像

葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・写真」についてさらに知りたい方へ

素敵な写真を撮ろう!近年注目されている遺影撮影についてのサムネイル画像

素敵な写真を撮ろう!近年注目されている遺影撮影について

葬儀で集合写真は撮ってもいい?撮る意味や金額からマナーまで解説のサムネイル画像

葬儀で集合写真は撮ってもいい?撮る意味や金額からマナーまで解説

葬儀で使う遺影写真の選び方や価格は?当日に持つ人や処分方法も解説のサムネイル画像

葬儀で使う遺影写真の選び方や価格は?当日に持つ人や処分方法も解説

葬儀用遺影の額のマナーとは?額の費用相場や購入方法もご紹介のサムネイル画像

葬儀用遺影の額のマナーとは?額の費用相場や購入方法もご紹介

葬儀用の写真の選び方とは?写真作成の費用相場や生前撮影も解説のサムネイル画像

葬儀用の写真の選び方とは?写真作成の費用相場や生前撮影も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと