沖縄の葬儀について解説します!マナーやしきたりから服装までご紹介

沖縄の葬儀について解説します!マナーやしきたりから服装までご紹介

沖縄は独特の文化を持ち伝統を重んじ、葬儀のしきたりについても沖縄独自のマナーを持っています。葬儀に込められた意味やマナー、沖縄の伝統文化を理解して参列し、誠意あるお見送りをするために沖縄独特の葬儀の基礎知識、葬儀マナーについて解説していきます。

最終更新日: 2020年06月27日

沖縄の葬儀について

葬儀

沖縄は先祖崇拝や自然崇拝が主な独特のアミニズム文化が浸透し、本州の葬儀と異なる部分も多く参列すると周囲との動作の違いに戸惑うことも多々あります。
「何も知らないまま参列して困った」という声もあり、参列するなら誠意のある弔いをしたいものですね。

故人の成仏をお祈りし、真心あるお見送りができるよう、沖縄の葬儀マナーを理解することが大切です。
今回「終活ねっと」では、沖縄の葬儀について以下のことを解説していきます。

  • 沖縄の葬儀の風習と故人に対する考え方

  • 沖縄の葬儀マナーと焼香の仕方

  • 葬儀で唱える言葉

  • 通夜・葬儀の服装マナー

  • 屋号と戒名の違いは?

一通り目を通していただくと沖縄の葬儀に参列する際に役立てていただけると思います。
本州と沖縄の葬儀の違いに戸惑うことなく故人をお見送りできるよう、ぜひ最後までご覧いただきご参考にしてください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

沖縄の葬儀の風習

お墓

沖縄の葬儀には、現代にはあまりみられない風葬という形式が主流だったことはご存知でしょうか。
風葬とは、故人のご遺体を直接的に自然の中に置いて風化させる葬法です。

沖縄のお墓が大きいことは有名ですが、ご遺体の周りに石を積み上げて風葬を行っていたことから家のような大きいお墓になったといわれています。

風葬を行ったあと、故人の親族女性が骨を洗う「洗骨」を行い「ジーシガーミ」という骨壺に納められ、夫婦は死後に同じジーシガーミに納められていました。
洗骨は女性蔑視や衛生面から少なくなり、現代ではほとんど見られなくなりました。

他にも沖縄の葬儀で特徴的だったものは引き潮に合わせて行われる「野辺送り」という儀式です。
葬儀場からお墓までの「グソー道」(葬送の道)を遺族や知人が棺とともに歩く儀式で、この道を歩くことで故人が自身の死を受け入れて引き潮とともにあの世へ行くことができるとされています。

野辺送りでは、お酒を供え故人が暮らし慣れ親しんだ村を通り名残を残さないようにする「シマミシー」が行われます。
グソー道は神様へ続く道とされ、野辺送りを見かけた場合は静かに見守り、横切るなど通行を妨げてはいけません。

これらの風習は今ではあまり見られませんが、地域によってはまだまだ名残ある風習があります。
風習だけでなく葬儀にも独特な習慣があり、意味や由来を理解することでより良いお見送りができるでしょう。

一般人の訃報広告

訃報広告といえば、大手企業の社長や著名人が掲載されているイメージですが、沖縄の新聞には一般人も含めて訃報広告である「荼毘広告」が毎日掲載されています。

名前・年齢・屋号・亡くなった時間・告別式の場所・日時・住所・喪主・親族名がかかれています。
沖縄では新聞で亡くなった方を知り、葬儀に参列するかどうかを判断されています。

檀家がない

本州では葬儀を菩提寺に依頼することが多いですが、沖縄では檀家制度や菩提寺という概念がありません
読経を希望する場合は、近所のお寺に依頼するか葬儀社が手配をすることになります。

故人に対する考え方

沖縄では本州と死生観が大きく異なり、死は「穢れ」「不浄なもの」であるという考え方に基づいて「シニフジョー」(死に不浄)という言葉があります。
妊婦とその夫や故人と同じ干支や故人と同年の人、家や墓を建設中の人は不浄に負けやすい人(サーマキスン)とされて参列しない方が良いとされています。

体調が悪く体が弱っている人や体にできものがある人も参列を控えるケースもみられます。

葬儀ではご遺体に悪霊が近寄ってこないよう「ムヌウーイ」という悪魔祓いの儀式が行われます。
ムヌウーイは出棺後に行われ、輪になるように結んだススキの葉の結び目に桑の葉をさした「サン」とよばれるもの、塩水、箒が用いられます。

ムヌウーイは故人に対して行うのではなく、故人の魂を尊いものと思っているからこその儀式で、亡くなった方に悪いものが憑かないために、祈り言葉であるグイスを唱えながら行います。

本州の葬儀においても帰宅時に玄関先で塩をかけますが、沖縄では玄関先にボウルに入れた水で手を洗い、塩をかけサンで肩を叩き帰宅時にお祓いをします。

料理の種類

沖縄にも本州と同様に枕飾りが存在しますが、その内容は大きく異なります。

本州では枕飾りに殺生をイメージさせるものはご法度ですが、沖縄では仏教と相反する豚の三枚肉を茹でたものをお供えとし、葬儀だけでなく法事のお供え物としても必要とされています。

豚の三枚肉はただ茹でただけのもので味付けはせず、7枚ずつ2皿に盛れるように切り分けます。
そのほかには、水とウチャトゥ(お茶)、塩やご飯やすまし汁、「ダーグ」と呼ばれる白い団子などが準備されます。

ただし地域によって準備するものが異なりますので葬儀社や年配者の意見に耳を傾けた方が賢明でしょう。

沖縄の葬儀マナー

葬儀

沖縄のゆいまーる精神では相互扶助を大切にし、現代でも葬儀となれば積極的にお手伝いするという地域が少なくありません。

特に沖縄都心部から離れた地域では葬儀場ではなく、自宅で葬儀を行うのが一般的という地域もあるため、沖縄の葬儀マナーを確認するにはその地域の年配者に尋ねるのが無難です。

沖縄では本州と異なり、通夜が省かれたり身内だけで通夜を行ったりが一般的で会葬者は通夜よりも葬儀を重要視し参列します。
身内でない方が通夜に参列する場合は葬儀の日時確認のため、ということが多いようです。

また、葬儀の前に火葬をする前火葬を行い骨葬をするのが一般的で、遺骨にて葬儀を行ったあと当日の内に納骨式をする風習が多くみられます。

本州では納骨式の目安を四十九日にしているケースが多いですが、沖縄では納骨をした翌日早朝から「ナーチャミー」と呼ばれるお墓参りをします。

風葬の風習があった沖縄では故人の状態を確認するためのものでしたが、現代では故人が寂しい想いをしないようにという気持ちからお参りがされています。

参列者は葬儀・初七日・四十九日法要と3回弔問することが一般的とされており、葬儀に参列できなかった場合は初七日に自宅へ伺うのがマナーです。

初七日や四十九日を親族だけで執り行うとされている場合は、あの世の正月と呼ばれ墓参りをする日である「十六日祭」に弔問し墓参りをします。

十六日祭は、亡くなって初めて十六日祭を迎える故人の供養行事(ミーサ)で、旧暦の1月16日に行われます。
しかし、八重山地方の一部では十六日祭に墓参りをしたら魂をとられてしまうとされ、地域によって風習が異なりますので注意が必要です。

十六日祭に墓参りを行わずに仏壇で供養するしきたりがある地域ではこの日を「アラバシ渡りの日」と呼び、故人が死後の世界と現世の橋を渡り成仏できるようにという想いを込めて供養しています。

葬儀に参列できなかった場合は、故人へ感謝の気持ちを伝え遺族を慰めるためにもいずれかの日に弔問するようにしましょう。

沖縄の香典の相場も本州と異なり、1,000円~3,000円とされています。
本州の香典の相場が5,000~10,000円なので少ないと思いがちですが、沖縄ではお金を多く包むと不幸が重なるといわれているので沖縄の香典の相場として一般的な金額です。

地域によっては香典返しがなく、一律1,000円と決まっているところもあり、自宅や葬儀場などの入り口に看板で案内されていることが多いので要確認です。

供花は生花でもいい?

供花は宗教や地域によって習わしが異なるため、遺族へ意向を伝え了解を得てから贈るようにし、贈る場合は注意する点やしきたりについての確認をすることが大切です。

会場の事情により花輪ではなく生花のみとしていることもありますが、遺族が事前に葬儀の統一感を考えて葬儀社や生花店に依頼しているケースもあるので、遺族への確認をしたほうが良いでしょう。
供花をする場合は葬儀の前日までに葬儀場へ届くように依頼しましょう。

特に沖縄では供花をした場合、香典を持参しなくても良いとされている地域もあり、地域によってもしきたりに違いがあるため事前に確認するようにしましょう。

数珠や袱紗持参は少ない

沖縄では本州と異なり特定の宗派に属していないケースが多く檀家制度がないため、仏具の道具となる数珠を使用する習慣が少ないことが特徴です。
しかし地域や家のしきたりによって本州の葬儀マナーと同様に数珠を使用するケースが増えてきており、持参しておけば安心でしょう。

袱紗においても使用しないことが多いのですが以前に比べ使用する人が増えてきていますので、袱紗を使用しないと失礼ではないかと気になる方は用意することをお勧めします。

遺体は西枕

仏式では故人を安置する際は北枕にしますが、沖縄では「イリマックヮ」と呼ばれる西枕にします。
人は亡くなった後、太陽の沈む方向(西)へ向かって帰るといわれていることから西に頭を向けて安置します。
しかし、八重山地方など地域によっては南枕で安置することもあります。

御願とは

御願(ウガン)は沖縄独自の鎮魂の儀式のことです。
沖縄では先祖や自然を崇拝する儀式が多く行われていますが、主にヌジファ(抜き霊)、屋敷御願(ヤシキウガミ)、マブイグミが有名です。

  • ヌジファ(抜き霊)

    通夜の前、故人を弔い遺族の悲しみを癒すための儀式で家族、ユタやカミンチュが行います。
    最近では身内や葬儀社で対応する場合もあります。

    沖縄では亡くなったとき、魂が体から離れ亡くなった場所に留まるといわれているのでその魂を抜き、その場にとどまらないようにするためです。

  • ヤシチヌウグァン(屋敷御願)

    旧暦2月・8月・12月に行われ土地の神様に感謝を捧げ、家内安全と繁栄をお祈りします。
    家の四隅や入口、トイレなどを拝みますが、御願は地域によって方法が異なるため確認が必要です。

  • マブイグミ

    沖縄では生きている人の魂のことを「マブイ」と言いますが、「マブイグミ」は大きなショックを受け心神喪失にある方の魂を元に戻す儀式で家族やユタが行います。

    沖縄の年配の方などはびっくりしたときに「マブヤーマブヤーウーティクーヨー」とおまじないを3回唱えますが、これはびっくりしたときに魂が抜けてしまうと言い伝えがあります。そのため、魂が抜けないおまじないを唱えるとされています。

沖縄の宗派ごとに変わる葬儀マナー

葬儀

葬儀には宗派によって死生観の違いが表れ葬儀マナーも宗教により様々です。
沖縄では先祖崇拝が主流となりますが、一般的に宗教によってこのような葬儀マナーがあります。

  • 仏式

    故人の成仏と安寧をお祈りする仏式。各宗派で共通しているのは、僧侶が葬儀で読経をあげ焼香をすることです。
    葬儀の流れや焼香の作法など細かい部分については宗派によって違いがあります。

  • 神式

    亡くなった後は氏神になるという考えである神式。
    自宅、葬儀場で行われ、焼香の代わりに玉串を故人へ捧げ、地域により雅楽の献曲が行われます。

  • キリスト教式

    死は永遠の命のスタートとなり天国で安息に過ごすこととされるキリスト教式。
    自宅や教会、葬儀場にて行われます。
    聖歌や賛美歌とともにお祈りや聖書の朗読が行われ、焼香の代わりに献花を行います。

  • 無宗教式

    最近増えている葬儀の方法が無宗教式。
    信仰を持たず菩提寺がない人が増え、読経の代わりに黙祷が捧げられます。

    故人の希望や遺族の想いを反映し、生前好きだった歌の演奏や故人のビデオレターなどが流されるなど比較的自由な葬儀です。
    年配者から理解が得られないことがあるため、事前に確認が必要です。

焼香の仕方

沖縄の焼香には一般的に「ヒラウコー」と呼ばれる、黒色の線香が6本分連なったものが使用されます。
細長く1枚の板状となったヒラウコーは一平と言われ、そのまま使用したり折ったりと状況に合わせて使用されます。

焼香の仕方としては、ご遺族からお焼香が始まりその後は葬儀場へ到着した人から順番に行います。
ご遺族・僧侶・遺影に向かって一礼し、一歩前へ進みお焼香をし、お焼香が終わったら一歩下がり遺影・僧侶・遺族へ一礼をして戻ります。

お焼香の作法として抹香を右手親指・人差・、中指でつまみ、おでこまで持ち上げ頭を下げ香炉へ静かに落とす「押しいただく」という方法が一般的です。

宗派によって押しいただく回数が二回、三回と異なりますので確認して行うようにしましょう。
参列者が多い場合、「一回焼香でお願いします」と案内される場合がありますので、その場合は案内にしたがってお焼香してください。

唱える言葉

沖縄では葬儀や御願行事の際、読経供養のほかに家長かユタによる御願供養が馴染み深く、拝みの言葉「グイス」を唱えます。

葬儀だけでなく仏壇やヒヌカンなどへの御願の際にもグイスを唱え、仏教の読経や神道の祝詞のようなものです。

沖縄の葬儀の服装

葬儀

沖縄では通夜は身内で御願が行われることが多く、参列者は少ないことが特徴で葬儀への参列の方が重要視されています。

通夜、葬儀での服装マナーについてご説明します。

通夜

「訃報を聞いて慌てて駆けつけてきました」という意味を込め、通夜では平服が参列マナーとなります。
沖縄では通夜は身内だけで行われることが多いため、通夜へ参列する機会は少ないでしょう。

通夜へ参列する際の服装マナーについてご説明します。

女性

光沢のない黒やグレーのワンピースやアンサンブルが一般的で、露出は避けましょう。

男性

黒や濃紺、グレーなど光沢のない質素なスーツに白いワイシャツを着用しましょう。

葬儀

葬儀では黒の喪服で参列しますが、男性では喪服として着用できるかりゆしウェアも着用されています。
沖縄では通夜よりも葬儀に参列することが重要視されていますので失礼のない服装マナーで参列しましょう。

女性

地域によって異なりますが、女性が沖縄の葬儀に参列する場合お手伝いする機会もあるかもしれません。
そのため、光沢のない黒のワンピースなどの喪服が基本となりますが、パンツスーツなど動きやすい服装の方が良い場合もあります。

黒いスリッパや布巾、エプロンなど用意し「お手伝いすることはありませんか」と申し出れば好印象でしょう。

男性

葬儀では略式服(喪服)である漆黒のスーツ・黒のネクタイが基本となります。
葬儀用のかりゆしウェアで参列する方が多く、成人男性では葬儀用のかりゆしウェアは一着用意することが一般的です。

かりゆしウェア

沖縄ならではの服装として葬儀用のかりゆしウェアを選ぶ方もいらっしゃいます。

4月から11月までをかりゆしウェア着用推進期間とされその期間に行われる葬儀はかりゆしウェアが着用されることが多く、葬儀でかりゆしウェアを着用する場合は略式服と同じ黒いズボンを合わせます。

葬儀用のかりゆしウェアでは喪服と同じ漆黒の生地が使われ、最近では女性用のかりゆしウェアも販売されていますが、あまり着用されていません。

沖縄の訃報にも見られる屋号とは?

葬儀

沖縄の新聞の訃報には亡くなった方の名前とともに屋号が記載されています。
屋号は沖縄の方にとって大切な意味を持つもので、その内容をご説明します。

屋号とは

沖縄では同じ苗字の人が多くその人の家を特定するため「ヤーンナー」と呼ばれる屋号が用いられ、荼毘広告にも名前とともに掲載されています。

これは家の方向や位置や職業、本家・分家、癖、身体的特徴などに因んでつけられる家ごとのあだ名のようなものです。
名前を名乗って分からない場合でも「〇〇(屋号)の長女です」と伝えればわかり、沖縄のコミュニケーションのひとつとなっています。

戒名とは異なる?

一般的に戒名とは、仏教徒において亡くなった後故人が死後に成仏できるようにという想いを込めて、あの世での名前である戒名をつけます。
あの世の名前という意味と、仏門に入り戒律を守るしるしという意味を持ちます。

屋号は戒名とは異なるもので、生前での家についたあだ名のようなものです。
戒名は、沖縄でも本州と同様に沖縄位牌(ウチナーイフェー)と呼ばれる位牌に戒名や享年をいれるのが一般的です。
沖縄位牌は父系の血族男子が継承し形状や継承文化(トートーメー)に独自のしきたりをもっています。

沖縄の葬儀社

葬儀

親族だけでお見送りする家族葬や多くの方に参列していただける一般葬、通夜・告別式を省いて火葬だけを行う直葬など、故人や遺族の様々な希望に沿ったプランに対応していただける沖縄の葬儀社をご紹介します。

那覇市

willおきなわ」は一般葬・家族葬・海洋散骨など故人、遺族の希望に合わせた葬儀に対応しています。
無料事前相談が充実しているので心のゆとりが生まれるとともに、事前に予算を把握できるので落ち着いてお見送りすることができます。

豊見城市

豊崎紫雲閣」は急なお葬式でも経験豊富な1級葬祭ディレクターが丁寧に対応し、安心してお任せできます。
紫雲の間、弥生の間と用意されているので参列者の人数に合わせた葬儀を行うことができます。

浦添市

いなんせ典礼」では、サービスの写真と価格表が明確で費用の不安がなく、豊富な選択肢から希望の葬儀を執り行うことができます。
会員制度があり、入会すると葬儀費用の割引や家族特約などメリットが豊富です。

中頭郡

カデナ花輪」は1974年創業の老舗葬儀社として地域に貢献し、家族葬プラン、告別式プランと葬儀プランが豊富。
沖縄フレンドショップ会員の会員であれば、費用を抑えて葬儀を行うことができます。

沖縄の葬儀についてまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか。

ここまで、沖縄の葬儀について葬儀のマナーやしきたりについて詳しく紹介してきました。
今回「終活ねっと」が解説した内容は以下の通りです。

  • 沖縄には風葬の風習があった。

  • 一般人でも荼毘広告と呼ばれる新聞の訃報広告に名前や住所、屋号などが記載される。

  • 先祖崇拝が主流で特定の宗派に属していない人が多く、檀家制度や菩提寺という概念がない。沖縄独自の鎮魂の儀式、御願(ウガン)であるヌジファ(抜き霊)、屋敷御願(ヤシキウガミ)、マブイグミが行われている。

  • お供え料理では、豚の三枚肉を茹でたもの、水、ウチャトゥ(お茶)、お酒、味噌、塩、ご飯、すまし汁、「ダーグ」と呼ばれる白い団子をお供えする。

  • 沖縄では死は穢れたものとされ、妊婦やその夫、故人と同じ干支や同年の人、家や墓を建設中の人は参列しない方が良いとされている。

  • 沖縄では、通夜は身内だけで行うことがあり会葬者は葬儀に参列し、初七日、四十九日法要と3回弔問するのが一般的。

  • 葬儀の前に火葬をする前火葬を行い、骨葬をするのが一般的で遺骨にて葬儀を行ったあと当日の内に納骨式をする風習が多くみられる。
    納骨をした翌日早朝から「ナーチャミー」と呼ばれるお墓参りし、故人を偲ぶ。

  • 名前とともに荼毘広告に記載される屋号は、戒名と異なりその人の家を特定するためのあだ名のようなものとして浸透している。
    家の方向や位置、職業などに因んでつけられ、本人を特定するためとコミュニケーションツールとして用いられている。

  • 沖縄も本州と同様に沖縄位牌(ウチナーイフェー)に戒名や享年をいれますが、父系の血族男子が継承し形状や継承文化(トートーメー)に独自のしきたりをもっている。

  • 沖縄の葬儀社では家族葬、一般葬、通夜・告別式を行わない火葬のみなど、故人や遺族の様々な希望に沿ったプランに対応している。

嬉しいことはみんなで共有し、困ったときはみんなで支え合うゆいまーる精神を大切にする沖縄では、葬儀のおいても人とのつながりを大切にしています。

本州とは異なる独特な葬儀マナーがあり知らないこともたくさんあったかと思います。
移住や知人の葬儀などにより参列する可能性もありますので、失礼のないように学んでおくとよいのではないでしょうか。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 沖縄の告別式までの流れとは?告別式の特徴やマナーについても解説!のサムネイル画像
    沖縄の告別式までの流れとは?告別式の特徴やマナーについても解説!

    国内でも本州などとは別の歴史を持つ沖縄では、その分独特の文化が受け継がれてきました。その独特さは告別式にも表れており、そのためか本州などに比べて異なる部分も少なくありません。沖縄にお知り合いがいるという方は沖縄の告別式について知っておくとよいでしょう。

  • 沖縄の葬儀の費用相場は?内訳や安くする方法や葬儀以外の費用も解説のサムネイル画像
    沖縄の葬儀の費用相場は?内訳や安くする方法や葬儀以外の費用も解説

    葬儀にかかる費用は地域によって様々ですが、沖縄県では葬儀にかかる費用の平均はどれくらいなのでしょうか。今回の終活ねっとでは、沖縄県の葬儀費用の平均や、費用の内訳、安く抑えるコツについて解説いたします。いざという時に慌てないためにも参考にしてみてください。

  • 沖縄での葬儀の特徴からマナーまで解説!服装や香典のマナーもご紹介のサムネイル画像
    沖縄での葬儀の特徴からマナーまで解説!服装や香典のマナーもご紹介

    沖縄での葬儀の特徴を知っていますか?沖縄は本州と離れていることもあり、葬儀の特徴やマナーが異なるところがあります。今回は、そんな沖縄の葬儀について詳しく解説をしていきます。また、服装や香典のマナーも合わせて紹介していきます。

  • 沖縄の喪服は何を着る?|男性・女性・子供・参列マナー・店のサムネイル画像
    沖縄の喪服は何を着る?|男性・女性・子供・参列マナー・店

    本州とは異なる、独自の文化を築き上げてきた沖縄県。さまざまなものが沖縄独特のものですが、お葬式やそれに関連して喪服やマナーなども沖縄式であることはご存じでしょうか?今回は、沖縄での通夜や葬儀に着る喪服と、マナーや習わしについて説明していきます。

  • 沖縄での文化とマナー|お通夜・告別式・時間・流れ・香典のサムネイル画像
    沖縄での文化とマナー|お通夜・告別式・時間・流れ・香典

    沖縄のお通夜は地域の風習が一般的な場合と異なるのではないか疑問を抱いたことはありませんか。関東から沖縄へ嫁いだ方など、突然の場合に沖縄のお通夜のやり方で困る場面があるかもしれません。今回はそんな疑問を解決するために大切な点を解説していきたいと思います。

  • 沖縄でのお通夜のお香典相場は?|金額・親族・友人・知人のサムネイル画像
    沖縄でのお通夜のお香典相場は?|金額・親族・友人・知人

    一般的な香典の相場は1万円~3万円ほどですが、沖縄でのお通夜の香典相場が、どうやら他の県とまったく異なるようです。それは何故なのでしょうか。今回は沖縄でのお通夜の香典相場をご紹介し、全国と比べて安い理由についても解説いたします。

  • 沖縄県の葬儀費用の相場はいくら?沖縄の葬儀の特徴なども解説しますのサムネイル画像
    沖縄県の葬儀費用の相場はいくら?沖縄の葬儀の特徴なども解説します

    日本国内でも沖縄は本州などと異なり非常に独特な文化があることで有名です。このため葬儀も独特な特徴を持っていますが、沖縄県で葬儀を行う際にはどのくらいの費用が必要なのでしょうか。今回は沖縄県で葬儀を行う際に必要となる費用の相場を見ていきましょう。

  • 沖縄の新聞にあるお悔やみ欄とは?役割や訃報を載せる方法などを解説のサムネイル画像
    沖縄の新聞にあるお悔やみ欄とは?役割や訃報を載せる方法などを解説

    有名人が亡くなると訃報が新聞に掲載されますね。沖縄では、一般の人たちでも多くがお悔やみ欄に訃報を載せます。多い時には見開きいっぱいに掲載される沖縄のお悔やみ欄とはいったいどんなものなのでしょう?その内容から沖縄独特の文化まで、葬儀の特徴と合わせて説明します。

  • 沖縄で風葬が行われていたって本当?方法や他地域の風葬もご紹介のサムネイル画像
    沖縄で風葬が行われていたって本当?方法や他地域の風葬もご紹介

    世界にはいろいろな葬法がありますが、その中でもご遺体を自然の営みによって風化させるのが風葬という方法です。実は日本国内でも沖縄でかつて風葬が盛んに行われていたことがあります。はたして、沖縄における風葬とはどのようなものだったのでしょうか?

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事