葬儀の返礼品には何を渡す?金額相場や適した品物、渡し方をご紹介

身内の方の葬儀には多くの方が参列しますが、ご遺族としては参列した方たちに返礼品をお渡しするのが作法とされています。しかし、返礼品をお渡しするといっても用意する品物やお渡しのマナーなどについてわからないことだらけでしょう。今回は葬儀の返礼品について見ていきます。

目次

  1. 葬儀の返礼品について
  2. 葬儀の返礼品とは?
  3. 葬儀の返礼品は誰に渡す?
  4. 葬儀の返礼品の金額相場
  5. 葬儀の返礼品に適した品物
  6. 葬儀の返礼品のマナー
  7. 葬儀の返礼品につけるのしの書き方
  8. 葬儀の返礼品の渡し方
  9. 葬儀返礼品は相続税を控除される?
  10. 葬儀の返礼品に関するまとめ

葬儀の返礼品について

葬儀

身内の方の葬儀を行う場合、一般的には故人のご親族や友人・知人の方などが大勢集まって、お別れを告げることになります。
さて、参列者(会葬者)の方たちには、せっかく日程や時間などを調整したうえで、参列していただいたことから、返礼品をお渡しするというのが作法とされています。

ただ、葬儀を主催するという経験は、人生の中で多くはありませんし、できればそう何度もあってほしくないものです。
かといって、葬儀の返礼品に関する知識がない場合、その時になってから困ることになるでしょう。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀の参列者の方に対する返礼品にまつわるマナーや品物、相場などについて、以下の点を軸にいろいろと見ていきます。

  • 葬儀の返礼品とはどのようなものなのか?

    葬儀の際に参列者の方にお渡しする返礼品がどのようなものであるかについて詳しくご説明します。

  • 葬儀の返礼品を渡す相手とは?

    葬儀の返礼品を渡す相手についていろいろと見ていきます。

  • 葬儀の返礼品の金額相場とは?

    葬儀の返礼品を用意する際の金額相場について詳しくご解説いたします。

  • 葬儀の返礼品に適した品物とは?

    葬儀の返礼品としておすすめの品物について詳しくご紹介いたします。

  • 葬儀の返礼品に関するマナーとは?

    葬儀の返礼品にまつわるマナーについて詳しく見ていきます。

  • 葬儀の返礼品につけるのしの書き方とは?

    葬儀の返礼品に欠かせないのしの書き方について詳しくご説明いたします。

  • 葬儀の返礼品の渡し方とは?

    葬儀の返礼品をお渡する際に、守るべきマナーをご紹介します。

  • 葬儀の返礼品は相続税の控除対象となるのか?

    葬儀の返礼品が相続税の控除対象になるのかどうかを見ていきます。

葬儀の返礼品のことがよくわからないという方や不安のある方にとって役立つ情報が満載ですので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀の返礼品とは?

葬儀

最初に、葬儀の際にお渡しする返礼品が一体どのようなものであるのかについて見ていきましょう。
まず、葬儀の返礼品自体の意味として、通夜や告別式に参加していただいたことに対するお礼としてお渡しするものを指します。
基本的に葬儀の返礼品は金銭ではなく品物という形でお渡しされるのが一般的です。

そして、葬儀の返礼品には、通夜返礼品と会葬返礼品、そして香典返しが挙げられます。

通夜返礼品

通夜返礼品とは、葬儀初日である通夜の法要に参列した方全員に対してお渡しする返礼品のことです。
以前であれば、通夜に参列したものの、法要後に行われる会食(通夜振る舞い)に参加できない方のみにお渡ししていました。

しかし、現在では通夜振る舞いへの参加不参加に関係なく、通夜の法要に参列した方全員にお渡しするというのが一般的です。
なお、香典を持参したかどうかについても関係はありません。

会葬返礼品

通夜に加え、次の日の告別式や火葬まで参列した方全員にお渡しする返礼品のことです。
この場合も、火葬後に行われる会食への参加不参加や、香典を持参したかどうかの区別は関係なくお渡しするものとされています。

お渡しするタイミングについては、葬儀が終了し参列者の方がお帰りになる際などというのが一般的です。

香典返し

葬儀の返礼品の中でも、香典を持参した方や郵送した方に対してお渡しするものを指します。
あくまでも香典をいただいたことに対するお礼という意味があることから、参列者であっても香典を持参していない方にはお渡しすることはありません。

香典返しについては地域によって相場が異なったり、お渡しのタイミングがさまざまだったりするという意味で、通夜返礼品や会葬返礼品と異なります。
お渡しに関する詳細については後ほど見ていくことにしましょう。

葬儀の返礼品は誰に渡す?

葬儀

一言で葬儀の返礼品といっても、いくつか種類があるうえ、場合によっては、お渡しする相手について、「このような方の場合はどうすれば良いのか」と考えることもあるでしょう。

基本的には先ほども見たように、通夜返礼品や会葬返礼品はすべての参列者に、香典返しは香典をいただいた方にお渡しすることになります。
では、以下のような特殊な例についてはどうでしょうか?

会社の人にも渡すべき?

葬儀の参列者の中には、故人の職場関係の方も出席している場合もあるでしょう。
このような場合、ケース別に返礼品を渡すかどうかはいろいろです。

まず、会社に対しての場合は、香典をいただいたとしても、香典返しをする必要はありません。
香典の場合は、会社側で「福利厚生費」という形で経費として計上されるためです。

ただ、会社によっては社長が個人的に香典を送る場合もありますが、このような場合は普通に社長に対して香典返しをすると良いでしょう。
もし、名義がわからない場合は会社の方に問い合わせてみるのがおすすめです。

また、故人がいた部署の同僚の方などから連名で香典をいただいたという場合は、忌引き後の初出勤の際に香典返しをすると良いでしょう。
できれば、1人ずつにお渡しできるようなお菓子がおすすめです。

ほかにも個人的に出席してくださったり、香典を送っていただいたりした場合(パートについてもこの場合が多い)は普通通りに会葬返礼品や香典返しをお渡しすると良いです。

香典返しを辞退された方はどうする?

香典を送っていただいた方の中には香典返しを辞退されるという方もいます。
これは、香典を持参したり郵送したりした方が、故人のご遺族のことを考えて、なるべくご遺族の負担を軽くしようと気遣うためです。

このような場合は、お礼状や、または手紙・電話などで感謝の気持ちがこもった言葉を伝えるのが作法です。

ほかにも、香典返しという形ではなく、お歳暮やお中元といった別の形でお礼に代えるという方法もあります。

葬儀の返礼品の金額相場

お金

返礼品を用意するとなると、やはり現実的な問題として費用のことが気になる方も多いでしょう。
ここでは、返礼品の費用相場について見ていきましょう。

まず返礼品の中でも通夜返礼品と会葬返礼品については、300円から1000円程度が一般的な費用相場です。
参列者の方全員にお渡しするためのものであるため、そこまで高額のものを用意する必要はないといえるでしょう。

一方、香典返しについては、俗に半返しや三分返しといわれるように、東日本であればいただいた香典の半額、西日本であれば3分の1の価値の品物をお渡しします。

葬儀の返礼品に適した品物

困った人々

実際に返礼品の品物を高島屋などで用意する際、どのような品物をお渡しすれば良いかという点に悩むという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、返礼品で選ぶうえで定番とされたり人気があったりする品物について、詳しくご紹介していきます。

消耗品や日常品

返礼品や香典返しとしてお渡しする品物の中でも、消耗品や日常品(生活用品)は定番とされている種類に数えられます。
具体的な品物は以下に挙げられる通りです。

  • 洗剤
  • 石鹸
  • タオルセット(バスタオルや今治タオルなど)
  • ハンカチ
  • お清めの塩

後に残らない食べ物

消耗品や日常品のほかにも、あとに残らない食べ物も返礼品としてお渡しする品物によく選ばれます。
具体的には、以下のようなものが代表的です。

  • お菓子の詰め合わせ(長持ちして、みんなで分けられるもの)
  • お茶・コーヒーセット
  • のりなどの乾物
  • 食用油のセット

カタログギフト

数多くの種類の中から好きなものを選んでもらうことができるカタログギフトも、返礼品や香典返しとしてよく選ばれます。
選択肢が豊富であることから、いただいた側にも喜ばれるでしょう。
また、ご遺族の側も返礼品や香典返しの品物選びでそれほど悩むことがありません。

ただし、返礼品としてカタログギフトをお渡しする際には、相手を選ぶ点に注意が必要です。
カタログギフトをお渡しするうえで適しているのとして、商品を選ぶ時間がある方や若い年代の方が挙げられます。

一方、年配の方や普段忙しくてカタログギフトの商品を選ぶ時間的余裕のない方については、逆にカタログギフトをお渡しするのは失礼に当たりますので気を付けましょう。

なお、カタログギフトと同じように最近になってよくお渡しされるものに商品券がありますが、商品券についても渡し方や渡す相手に注意が必要です。
最も無難なのは、全国のどのお店でも使えるような種類のもの(全国共通商品券など)で、逆に特定の地域や店舗などでしか利用できないものは避けるべきでしょう。

また、お渡しする際にも1000円の商品券を何枚というように小分けした形にしたり、品物との組み合わせで渡すといった配慮をすることがおすすめです。

こちらも読まれています

葬儀の返礼品にカタログギフトはNG?金額相場や送り方も解説!

葬儀の返礼品で迷うことありますよね。葬儀の返礼品にカタログギフトを利用することが思い浮かぶかもしれません。今回終活ねっとでは、葬儀の返礼品としてカタログギフトを利用してもいいのか、返礼品の費用相場や送り方までご紹介いたします。

葬儀の返礼品のマナー

葬儀

葬儀の返礼品については、心がけるべきマナーがいくつかあります。
ここでは、返礼品にまつわるマナーについて具体的に見ていきましょう。

お礼の挨拶状を添える

返礼品をお渡しする場合は、品物とともにお礼の挨拶状を添えるというのがマナーです。
基本的な構成としては、参列いただいたことや香典をいただいたことへのお礼に始まり、故人との生前のお付き合いに対する感謝、返礼品をお渡しする旨というような流れです。

そして、注意したいのがお礼状を書く際に使われる言葉です。
まず、忌み言葉と呼ばれる縁起の悪い言葉(重ね言葉や不幸を連想させる言葉)を使わないという点が重要になります。

また、文中に句読点を使わないことや時候の挨拶を入れないこと、「拝啓・敬具」といった正式な手紙の書きだしと締めくくりに使われる言葉を使うこともマナーとして重要です。

お礼の手紙の挨拶文例

以上の点を踏まえて、お礼の手紙の一例をご紹介いたします。
以下のような書き方となりますので、ぜひともお礼状の作成の時に参考にしていただければ幸いです。

拝啓

このたびは故○○の葬儀に参列いただきましたこと厚く御礼申し上げます
おかげさまをもちまして葬儀も無事に終わり○○の霊も喜んでいるかと思います
また生前の○○に格別なる親交を賜りましたこと感謝の念に堪えません
ささやかながら心ばかりの品物を用意させていただきましたのでぜひともお納めくださいませ
本日は誠にありがとうございました

敬具

平成三十年十月

高額の香典をいただいた方には再度お返しを

香典をいただいた方の中には金額が高額だったという場合も多いです。
香典の金額が高額だった場合は、まず半返しなどの従来の香典返しの相場にこだわる必要はありません。
というのは、高額の香典を持参したり郵送したりする方の場合、故人のご家族を気遣っているケースが多いためです。

ただ、香典の高額をいただいた方に対しては、後で落ち着いたころになってから再度お返しをすると良いでしょう。
できれば、香典返しではなくお歳暮などの形でお返しする方が気を遣わずに済みます。

葬儀の返礼品につけるのしの書き方

葬儀

葬儀の返礼品を用意する際には、のしを選んだり作法に基づいた書き方をしたりすることも大切です。
ここでは、葬儀の返礼品につけるのしにまつわるマナーについて見ていきましょう。

のしの選び方

まずはのしを選ぶところが重要となります。
のしを選ぶ際にポイントとなるのが、使われている水引のデザインの色と結い方です。

色の方は弔事用ということで黒白(関西地方のように黄白)のものを選びましょう。
また、結い方は結び切りか淡路結びのものを選びます。
どちらの結い方も、不幸の繰り返しがないように願う意味が込められているため、簡単にほどけないというのが特徴です。

のしの表書きの書き方

のしを選び終えたら、次は表書きの書き方が大切です。
通夜返礼品と会葬返礼品に対して使われる表書きは、「会葬御礼」が主に使われます。

また、香典返しの場合は「志」や「粗供養」といった表書きが使われるのが一般的です。
ただ、地域や宗派によっても異なりますので、事前に確認しておくと無難でしょう。

葬儀の返礼品の渡し方

葬儀

返礼品が用意できれば、あとはお渡しするだけですが、いつまでにお渡しすれば良いのか、またいつお渡しすれば良いのかがわからないという方もいるのではないでしょうか?

ここでは、返礼品をお渡しする際のマナーについて見ていきますので、お渡しに先立って読んでいただければ幸いです。

返礼品を渡すタイミング

一般的に通夜返礼品や会葬返礼品を渡すタイミングは、葬儀当日に参列者が受付を済ませた段階や参列者がお帰りになる段階が挙げられます。
いわゆる当日返しが原則であるため、当日までにきちんと用意しておくことが大切です。

一方、香典返しの場合は、当日返しに加え後日返しが一般的とされています。
というのは、香典返しとは本来葬儀や四十九日などが無事に終わった報告も兼ねてお渡しするという意味があるためです。

よく通夜返礼品・会葬返礼品と香典返しが混同されることが多いですが、実はタイミングひとつとってもこれだけ違いがあります。
なお、香典返しをお送りする時期は四十九日後までが一般的です。

返礼品の郵送はマナー違反?

香典については、葬儀に参列できない方が郵送してきたという場合もよくあることです。
このような場合は返礼品を郵送することになりますが、実際返礼品を郵送することはマナーに反するのでしょうか?

結論から書けば、返礼品の郵送はマナー違反にはなりません。
特に香典返しについては、先ほども触れたように葬儀や四十九日が無事終わったことへの報告も兼ねてお渡しするものです。
このため、郵送で送る必要も出てくることから、特に非礼とはならないといって良いでしょう。

葬儀返礼品は相続税を控除される?

お金

葬儀の返礼品も葬儀費用の一部と考えられるのが一般的ですが、特に葬儀費用を負担する際に故人の貯金を使った場合などは相続税との関係が気になってくるという方も多いです。
実は同じ返礼品でも、相続税の控除対象になる場合と控除の対象にならない場合があります。

相続税の控除対象となるのが、通夜返礼品や会葬返礼品です。
2つとも、葬儀に参列していただいた方に対してご遺族が用意するものであり、同時に相続税法の中では通夜や本葬の費用の一部として認められるものと考えられます。

通夜や本葬の費用は葬儀費用の中でも控除の対象に含まれるため、通夜返礼品と会葬返礼品が相続税の控除対象となる仕組みです。

一方、香典返しについては相続税の控除対象とはなりません。
香典返しとは、香典をいただいた方に対してのお礼としてお渡しされるものであり、言い換えればご遺族側が葬儀費用とは別に個別のお礼ということでお渡しする返礼品という扱いのためです。

以上のことから相続税の申告をする際には、通夜返礼品と会葬返礼品の費用は控除の対象となるため、きちんと領収書やメモを残しておくと良いでしょう。

葬儀の返礼品に関するまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、葬儀の際に参列者の方にお渡しする返礼品について、定番とされる品物やマナー、費用相場などについていろいろと見てきました。
内容をまとめますと、以下のポイントのようになります。

  • 葬儀の際の返礼品には、通夜返礼品と会葬返礼品、香典返しの3つが挙げられる。
    通夜返礼品や会葬返礼品は、香典の有無に関係なく参列者全員にお渡しされ、香典返しについては香典をいただいた方にのみお渡しされる。
  • 葬儀の返礼品でも、会社関係の方の場合は名義により異なる。
    例えば、会社名義であれば返礼品は必要ないが社長個人や職場での有志による連名、個別に香典をいただいた方については普通に香典返しをする。
    また、個別に参列した方に対しては返礼品もお渡しする。

    香典返しを辞退された場合は、お礼状や電話などを通じて感謝の気持ちを伝え、お歳暮といった別の形でお返しすると良い。
  • 葬儀の返礼品の金額相場は通夜返礼品と会葬返礼品については300円から1000円ほど、香典返しについてはいただいた額の半額または3分の1が一般的である。
  • 葬儀の返礼品に適した品物として消耗品や日常品、あとに残らない食べ物、カタログギフトなどが挙げられる。
    消耗品や日常品としてはタオルや洗剤などが、あとに残らない食べ物としてはお菓子やお茶・コーヒーセットなどがよく選ばれる。

    カタログギフトについては、若い方などのような相手を選ぶという点に注意が必要である。
    このほか、商品券を選ぶ際も全国どこでも使えるようなものや使いやすさを考えると良い。
  • 葬儀の返礼品には必ずお礼の挨拶状を添える。
    挨拶状を書く時のマナーとして、忌み言葉や季節の挨拶、句読点を使わない点や正式な手紙の書きだしと締めくくりを記すという点が挙げられる。
    また、高額の香典をいただいた方には、後で改めてお返しをする。
  • 葬儀の返礼品につけるのしを選ぶときは、水引が黒白または黄白の色を選び、結い方も結び切りや淡路結びのものを選ぶ。
    表書きには通夜返礼品と会葬返礼品には「会葬御礼」が、香典返しには「志」や「粗供養」が使われる。
  • 返礼品をお渡しするタイミングは、通夜返礼品や会葬返礼品は当日に、香典返しは当日または後日にお渡しすることになる。
    なお、返礼品の郵送は特にマナー違反にはならない。
  • 葬儀の返礼品にかかった費用のうち、通夜返礼品と会葬返礼品については相続税の控除対象になるが、香典返しについては控除対象とはならない。

葬儀の返礼品については、通夜返礼品と会葬返礼品のように参列していただいたお礼にお渡しするものと、香典返しのように香典に対するお礼としてお渡しするものとがあります。
同じ返礼品でも意味がこのように異なるため、費用相場やマナー、税金との関係も変わってくるという点にはくれぐれも注意しましょう。

返礼品についてはあらかじめ知識を身に着けておくと、大切な方に万一のことがあった場合でもきちんと準備することができます。
なお、葬儀費用については以下の記事も非常に参考になりますので、ぜひともご活用ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・返礼品」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・返礼品」についてさらに知りたい方へ

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

香典返しを当日にしても良いの?メリットとデメリットを解説!のサムネイル画像

香典返しを当日にしても良いの?メリットとデメリットを解説!

3回忌でのお供え物へのお返しは何を選べばいいの?相場金額も紹介のサムネイル画像

3回忌でのお供え物へのお返しは何を選べばいいの?相場金額も紹介

葬儀までの段取りとは?本番の段取りを宗教・葬儀形式別にも解説のサムネイル画像

葬儀までの段取りとは?本番の段取りを宗教・葬儀形式別にも解説

粗供養として渡す品物の選び方は?金額相場や熨斗の書き方もご紹介!のサムネイル画像

粗供養として渡す品物の選び方は?金額相場や熨斗の書き方もご紹介!

家族葬での会葬返礼品・香典返しはどうする?おすすめの品物も紹介!のサムネイル画像

家族葬での会葬返礼品・香典返しはどうする?おすすめの品物も紹介!

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!のサムネイル画像

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!

新盆に渡す返礼品の金額相場とは?いくつ用意する?適した品物も紹介のサムネイル画像

新盆に渡す返礼品の金額相場とは?いくつ用意する?適した品物も紹介

法事で渡す返礼品の選び方は?のしの書き方や渡すタイミングを解説!のサムネイル画像

法事で渡す返礼品の選び方は?のしの書き方や渡すタイミングを解説!

葬儀後の香典返しの金額は?挨拶状の書き方や当日に渡す場合も解説!のサムネイル画像

葬儀後の香典返しの金額は?挨拶状の書き方や当日に渡す場合も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・返礼品」についてさらに知りたい方へ

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

香典返しを当日にしても良いの?メリットとデメリットを解説!のサムネイル画像

香典返しを当日にしても良いの?メリットとデメリットを解説!

3回忌でのお供え物へのお返しは何を選べばいいの?相場金額も紹介のサムネイル画像

3回忌でのお供え物へのお返しは何を選べばいいの?相場金額も紹介

葬儀までの段取りとは?本番の段取りを宗教・葬儀形式別にも解説のサムネイル画像

葬儀までの段取りとは?本番の段取りを宗教・葬儀形式別にも解説

粗供養として渡す品物の選び方は?金額相場や熨斗の書き方もご紹介!のサムネイル画像

粗供養として渡す品物の選び方は?金額相場や熨斗の書き方もご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと