葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説

葬儀一式の費用はいくら?種類別の費用や費用を安くする方法も解説

葬儀一式執り行うにあたって心配なことはその費用がどのくらい必要なのか、相場などが全くわからないことですよね。今回は葬儀一式の費用についどのくらい必要なのか、また、より安くする方法を合わせて解説させていただきます。ぜひご覧ください。

2020-02-16

葬儀一式の費用について

葬儀

葬儀を執り行うに当たって心配なのがその費用がどれくらい必要なのか、相場などが全く分からないことですよね。
大体どのくらいの費用が掛かるのか、葬儀の種類ごとの相場など気になりますよね。

そこで今回「終活ねっと」では葬儀一式の費用について以下の点に絞って解説いたします。

  • 種類別葬儀の平均費用

    一般葬、家族葬、直葬、一日葬の種類別の平均費用はどのくらいでしょうか。

  • 葬儀一式費用の内訳

    葬儀にかかる費用の内訳を詳しく解説します。

  • その他に葬儀で必要となる費用

    葬儀一式費用以外にかかる費用はなにがあるのでしょうか。

  • 葬儀一式費用を安くする方法

    少しの手間で葬儀一式費用安くすることができるかもしれません。

結婚式などとは異なり準備をしておくことが難しい葬儀ですが、大体の費用などが分かっていると落ち着いて用意できるのではないでしょうか。

ぜひ最後までごらんいただき、実際の時の参考にしていただきたいと思います。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

種類別葬儀の平均費用

葬儀

葬儀には「一般葬」「家族葬」「直葬」「一日葬」など複数の種類があります。
その種類によって葬儀の規模やお呼びする人数などに違いがあるように、葬儀費用にも大きな違いがあります。
まずは種類別に葬儀の平均費用を葬儀の内容とともに簡単に解説します。

さらに詳しい費用が気になる方は一緒に紹介させていただく記事をご覧ください。

一般葬

家族や親戚以外にも、生前に故人と縁のあった友人や仕事関係、近所の方など一般の方を幅広くお呼びして行うのが一般葬です。

種類別に見たときに最も大きな規模で行われることもあり、費用も一番かかります
全国平均費用は、187.3万円(平均的な棺や祭壇などを利用した場合)

家族葬

一般葬とは異なり、家族を中心に親族や本当に近しい友人たちだけで行うのが家族葬です。
身内だけでひっそりと行う密葬も家族葬にあたります。
全国平均費用は、109.9万円(平均的な棺や祭壇を利用した場合)

さらに詳しい家族葬の費用については以下の記事をご覧ください。

直葬

通夜や告別式を行わずに直接火葬場へ向かい、10分程度のお別れをした後にすぐに火葬を行う略式の葬儀が直葬といいます。
全国平均費用は、32.7万円。

さらに詳しい直葬の費用については以下の記事をご覧ください。

一日葬

葬儀・告別式と火葬を1日で執り行う葬儀を一日葬といいます。
喪主の方が高齢で体力面などでの負担が心配な方などがこの葬儀を選ぶことが多いそうです。
全国平均費用は約64万。

さらに詳しい一日葬の費用については以下の記事をご覧ください。

「終活ねっと」では、低価格・高品質の葬儀プランを分かりやすい料金体系でご案内しております。
一般葬のプランは、税込613,000円よりご用意しており、「終活ねっと」の早割で最大7万円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



葬儀一式費用の内訳

葬儀

種類別葬儀一式の平均費用についてみてきました。
次は一般的な葬儀一式にかかる費用の内訳について葬儀前と通夜・告別式に分けてみていきましょう。

なお、この葬儀一式費用内訳は「平均的な一般葬を執り行う場合」の費用内訳になります。
家族葬、直葬、一日葬のをお考えの方はそれぞれに必要な部分の費用を参考にしてください。

ここではまず、葬儀一式にかかる費用をリストにしてまとめました。
そのあとに、それぞれの項目について詳しく解説していきます。

  • 霊柩車

  • ご遺体の安置

  • お棺

  • 式場使用料

  • 祭壇周り

  • 位牌

  • 遺影写真

  • 運営スタッフ

「終活ねっと」では、位牌の購入・相談を承っております。
メーカー様より位牌を直接仕入れているため、スピーディーかつ手ごろな価格での販売が可能です。
位牌の購入をご検討中の方、位牌についてなにか疑問がある方は、下記のリンクからお気軽にご相談ください。

葬儀前

葬儀前に考え、用意しておきたいのが霊柩車やご遺体の安置場所さらにお棺です。
どのタイプの霊柩車を用意するか、ご遺体は葬儀までどこで安置するのか、お棺にはどんなタイプのものがあるのかを平均費用とともに学びましょう。

霊柩車

通夜・葬儀を行った場所から故人が火葬場へ移動する際に使う車が霊柩車です。
霊柩車にはいくつかの種類があるので、平均費用の前に紹介します。

  • 宮形(みやがた)霊柩車

    神社仏閣を模した輿を乗せたタイプの古くから見られる霊柩車

  • 洋型(ようがた)霊柩車

    近年多くみられるリムジンタイプの霊柩車。
    故人とともに親族が5~6人同乗することができる。

  • バン型霊柩車

    ミニバンなどを改造して作られた霊柩車。
    病院への乗り入れが想定されている飾りなどがほぼないタイプ。

霊柩車はどの種類のタイプの霊柩車を使うのかと実際の走行距離によって値段が変わってきます
平均費用は1万円後半~最大5万円程度かかります。
執り行う葬儀の種類などによってどのタイプの霊柩車を使うのかを考えましょう。

ご遺体の安置

ご遺体の安置にかかる費用は安置場所によって多少異なります。
今回は自宅での安置、斎場・葬儀社での安置、専用の安置所での安置費用について、ご遺体安置施設利用料や用意するべきお供え物などの金額を合計した平均費用を解説いたします。

  • ご自宅で安置される場合

    最後に故人に自宅で過ごして欲しいという方に、多くみられるのがご自宅での安置です。
    施設利用料などはかかりませんが、様々なお供え物などで約3万円、ドライアイス費用で1日1万円~2万円の合計4~5万円は費用として掛かります。

  • 斎場など葬儀社で安置される場合

    近年では斎場・葬儀社がご遺体を安置してくれる場合も増えてきています。
    施設利用料として1日5000円~3万円、ドライアイス費用で1万円~2万円の合計1.5万円~5万円が費用として掛かります。

    また、付き添い安置などを希望する場合はさらに別途費用がかかることもあります。

  • ご遺体安置施設で安置される場合

    ご自宅や葬儀社にお願いするのではなく、専門のご遺体安置施設へお願いするかたもいらっしゃるそうです。
    この場合は専門業者ごとに様々な料金プランがあるそうですが、平均1日1万円前後のようです。

    詳しくは専門業者に確認、お問い合わせください。

お棺

故人が最後を過ごす部屋としてお棺を用意します。
お棺にも霊柩車同様、さまざまな種類とグレードがあります。
まずはその種類を見てみましょう。

  • 木製のお棺

    ヒノキや桐で作られた昔ながらの厳格な印象を与えるお棺です。

  • 布張りのお棺

    さまざまな色の布から選んで作られる柔らかな印象のお棺です。

  • 強化段ボール製のお棺

    環境に考慮したお棺でもっとも新しい種類のお棺です。

他にも簡単に組み立てられるタイプのものや、アクリル板で中を覆ったものなどもあります。
平均費用は10万円~13万円前後ですが、最高級のものでは200万円を超えるものもあるそうです。

通夜・告別式

次に、通夜・告別式に必要なものにかかる費用をがどのくらいなのかを見ていきましょう。

式場使用料

式場使用料は通夜や葬儀、初七日や精進落としなどで使用する式場に支払う料金のことです。
規模や人数によって多少前後しますが、一般的な大きさの式場使用料としては平均5~10万円程度だと言われています。

しかし、式場使用料はほとんどの場合見積もりの中に含まれず別途請求されることもありますので見積もりの際に式場使用料が含まれているのかしっかりと確認しておくことが大切です。

祭壇

伝統的な祭壇のタイプである白木祭壇と、近年多くみられる装飾に花を用いた花祭壇というタイプの2種類の祭壇があります。

祭壇は執り行う葬儀の種類や規模によってもその大きさが異なってきますので費用も異なります。
大きさや規模にもよりますが、一般的なサイズでも平均費用も30万円~60万円と大きく差がでます。

祭壇周り

祭壇周りには、故人をイメージした生け花や各寺院ごとに異なる装具がおかれます。
生け花は使用する花の種類にもよりますが、平均3万円程度、装具は10万円~20万円程度の費用が掛かります。

この金額は祭壇の大きさが一般的なサイズのものの時の金額で、祭壇のサイズが大きいものになれば飾る生け花の数も増えるので祭壇のサイズに合わせて金額も増えていきます

位牌

位牌とは故人の霊が宿る依り代として用意するものです。
位牌はその加工方法や形によって、大きく3つの種類に分けることができます。

それぞれの種類の特徴と平均費用は以下の通りです。
なお、以下の金額は位牌本体の金額で、戒名の彫刻にかかる料金は含まれていません。

  • 塗り位牌

    漆塗や金粉、蒔絵などが施された高級感のある見た目が人気の位牌です。
    漆の種類によって値段が異なりますが、1万円~3万円程度の費用が掛かります。

  • 唐木位牌

    板位牌のひとつ唐木位牌は、黒檀や紫檀などの重量ある木材で作られた位牌です。
    耐久性に優れた位牌で、2万円~5万円程度の費用が掛かります。

  • モダン位牌

    現代的なデザインのモダン位牌は、色やデザインに様々な種類があるタイプの位牌です。
    3万円程度の費用で用意できますが、デザインなどにこだわる場合はさらに費用が掛かります。

位牌は宗派によって、好ましいとされている種類のものもあるそうなので確認しておきましょう。
故人の霊が宿る依り代なのでその故人に合わせたものを用意できるとよいですね。


「終活ねっと」では、位牌の購入・相談を承っております。
メーカー様より位牌を直接仕入れているため、スピーディーかつ手ごろな価格での販売が可能です。
位牌の購入をご検討中の方、位牌についてなにか疑問がある方は、下記のリンクから気軽にご相談ください。

遺影写真

会場に飾る故人の遺影写真は故人が元気だったころの笑顔の写真をえらびたいですよね。
撮影代は3万円後半~4万円ほどのところが多くみられますが、ほとんどの場合が葬儀プラン内の料金に含まれる形となっているそうです。

運営スタッフ

葬儀を執り行う際にお願いする運営スタッフさんの人件費は1人当たり平均2~3万円かかります。
これは心づけといわれる葬儀社のスタッフへ支払われるチップのようなものです。

葬儀費用の内訳については、以下のリンクでさらに詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください。

その他に葬儀で必要となる費用

葬儀

葬儀一式費用の内訳を見てきましたが、それ以外に葬儀で必要となる費用があります。
そちらもしっかりと確認をしておきましょう。

寺院費用

寺院への謝礼費用として支払うお布施ですが、菩提寺がある方はその菩提寺住職に直接お問い合わせいただいた方が確実かもしれません。

菩提寺がなく、葬儀社に手配してもらう場合だとお布施・お車代・お膳料を含めて平均15万円~20万円の費用がかかります。

飲食費用

飲食費用には「通夜料理」「告別料理」「会葬返礼品」などが含まれます。
来ていただく方の人数によって金額が大きくことなるので、それぞれの1人分の平均費用を紹介します。

  • 通夜料理:平均費用1人5000円~

  • 告別料理:平均費用1人5000円~

  • 会葬返礼品:平均費用1人1000円~3000円

こちらの1人分の平均費用×来ていただく人数で大体の必要な費用が分かると思います。

葬儀一式費用を安くする方法

葬儀

葬儀一式費用の全国平均は、一般葬で183.7万円かかるとお話いたしました。
葬儀の方法によってはさらに費用がかかることも多くみられます。
葬儀一式の費用を少しでも安くできる方法はないのでしょうか?

葬儀社のリサーチ

昔から一族お世話になっている葬儀社があるという方以外は、複数の葬儀社から見積もりをもらいましょう。
複数の葬儀社から見積もりをもらうことで、見積もりの費用に大きな幅があることに気づくかと思います。

その場合、最安値の葬儀社は最低限の葬儀費用しか見積もりされておらず打ち合わせしていくうちにどんどんと費用が上がるパターンも多くみられます。

なので複数の葬儀社から見積もりをもらい、サービス内容や費用に納得のいく葬儀社を選びましょう。

葬儀社の見積もりは一括見積もりサービスなどで、複数社一気に見積もりをもらうことができますのでぜひご活用ください。

オプションを付けない

葬儀社へ依頼する前にどのような葬儀を執り行うのか話し合いをしておきましょう。
葬儀の種類や規模、予算など詳しく話し合っておくとなお良いです。

それをもとに葬儀社へ依頼すると必要なオプションや、不必要なオプションがはっきりと見えてくるとおもいます。

気が付いたら不要なオプションがたくさんついていて、費用が予算以上にかかってしまうなんてことも多くみられますのでしっかり見極めましょう。

国民健康保険を利用する

国民健康保険加入者の方の葬儀の場合、亡くなられて2年以内の申請で葬祭費1万円~5万円の支給があります。

社会保険加入者の方であれば5万円の埋葬料が受け取れます。
他にも様々な受け取れるお金があるので各都道府県や市町村、自治体などにお問い合わせください。

以下では、葬儀社の選び方について紹介しておりますのであわせてご確認ください。

葬儀一式の費用についてまとめ

葬儀

葬儀一式費用について解説してきましたがいかがでしたか?
費用の内訳や相場など少しでもお伝えできていれば幸いです。

さて今回「終活ねっと」では以下の点に絞って解説させていただきました。
簡単なまとめとともに振り返ってみましょう。

  • 種類別葬儀の平均費用

    葬儀の種類によってかかる費用に大きな差がある。
    平均費用は「一般葬:187.3万円」「家族葬:109.9万円」「直葬:32.7万円」「一日葬:約64万円」程度。

  • 葬儀一式費用の内訳

    一般的な葬儀費用の内訳を葬儀前と通夜・告別式に分けて解説。
    規模や用意するもののグレードなどで費用は大きく変わる。

  • その他に葬儀で必要となる費用

    葬儀社手配の寺院費用(お布施・お布施・お膳料含め):15~20万円。
    飲食費用(1人平均費用):通夜料理・告別料理各5000円~会葬返礼品1000円~3000円

  • 葬儀一式費用を安くする方法

    複数の葬儀社で見積もりをとり、不要なオプションは付けないこと。
    国民健康保険加入者であれば保険利用もできる。

あらかじめ葬儀一式にかかる平均費用などをしっかりと知っておくことで、いざというときには落ち着いて葬儀の準備ができるのではないでしょうか。

葬儀にはさまざまな形がありそれによって費用も異なりますが、全員が納得いく葬儀形態で故人様を見送ることができたら幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
「終活ねっと」ではこのほかにも、葬儀に関する記事を複数掲載しております。
特に葬儀費用については以下の記事でも解説しておりますのでそちらもご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・費用・一式」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料