家族葬での会葬返礼品・香典返しはどうする?おすすめの品物も紹介!

家族葬での会葬返礼品・香典返しはどうする?おすすめの品物も紹介!

家族葬では、家族やごく親しい親族だけで集まって葬儀を行います。家族葬をすると決めたものの、会葬返礼品や香典返しはどのようにすればいいのか、悩む方もいらっしゃるでしょう。この記事では、返礼品の解説やおすすめの品物についても紹介しています。

最終更新日: 2020年02月10日

家族葬での返礼品について

お墓

家族葬では知り合いや友人などをお招きせずに、家族やごく親しい親族だけで葬儀を行います。
しかし、家族だけとはいえ香典をいただいた場合は、返礼品をどのようにすればいいのか迷うこともあると思います。
他にも、通夜や葬儀に参列してくださる方への返礼品も用意するとなると、大変なプレッシャーになることでしょう。

そこで今回の「終活ねっと」では、家族葬での返礼品について詳しく解説していきたいと思います。

  • 家族葬での返礼品の種類は?

  • 返礼品としておすすめの品物は?

  • 宗教ごとに返礼品の習慣は違う?

  • 家族葬の香典の相場はいくら?

以上のことなどを中心にして説明しますので、家族葬の返礼品を用意する際に参考にしていただければ幸いです。

返礼品におすすめの品物については、わかりやすいよう具体的にリストアップしてご紹介します。
家族葬での香典の金額相場についても解説しておりますので、ぜひ最後までお読みいただきたいと思います。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬について

葬儀

家族葬とは、一般葬とは違って大勢の方を葬儀に招かずに、家族だけで執り行う葬儀のことです。
場合によっては、親しくしていた親族には声をかけることもあります。

通夜や告別式をどうするかも自由に決められるのが、家族葬のポイントです。
現代では葬儀の在り方もずいぶんと多様化していますので、家族葬を扱う葬儀社も増えてきています。

家族葬では、一般の葬儀よりも費用を抑えることができることも家族葬のメリットといえます。
以下では家族葬の費用について詳しく解説しております。
あわせてご覧ください。



返礼品の種類

葬儀

家族葬で用意する返礼品の種類には、通夜返礼品・会葬返礼品・香典返しの3つがあります。

どの返礼品であっても当日にお渡しする場合は、遠方から来てくださる方のことを考えて、重い品物や大きく持ちにくい品物は選ばないようにしましょう。

それでは、それぞれの返礼品について説明していきます。

通夜返礼品

家族葬では、通夜を行わないことも珍しくありません。
通夜を行わない場合は返礼品を用意しませんが、家族だけでなく親しくしていた親族も集まって通夜を行う場合は、通夜返礼品を親族へお渡しします。

通夜返礼品は、香典返しとは別に集まってくださった方全員にを用意します
以前は通夜ぶるまいに出席しない方へ渡していましたが、現在では通夜ぶるまいを豪華にしないことも増えてきているので、通夜返礼品を用意するのが一般的となっています。

会葬返礼品

家族葬では、葬儀や告別式に参列される会葬者へ渡す返礼品として、会葬返礼品を用意します。
葬儀および告別式へ参列してくださったことへの感謝の気持ちを込めて、挨拶状と一緒に会葬返礼品を当日にお渡しします。

会葬返礼品も香典返しとは別でお渡しするものですので、集まってくださる方全員の分を用意します。
当日に急に参列に来られる方のことを想定して、集まる人数よりも少し多めに用意しておくと慌てずにすみます。
お渡しするタイミングは、葬儀が始まる前に受付の方から会葬者へ渡します。

香典返し

返礼品として香典返しは、「御霊前」などの香典をいただいた方へお返しするものです。
いただいた金額に合わせた品物を、だいたい1ヶ月以内に郵送で送るのが一般的です。

香典返しには香典をいただいたお礼状を添えましょう。
四十九日頃に忌明けの報告と挨拶を兼ねて、香典返しを送ることもあります。

家族葬でも集まる人数が多いと、返礼品をそれぞれ郵送で送る手間が大変なため、香典を断ったり香典のお返しを即日返しすることが増えてきています。
ここでは、香典を受け取らない場合や、即日返しについて説明していきたいと思います。

そもそも香典を受け取らない場合も多い

家族葬であっても香典を受け取ると、必ず香典返しをしなければならないので、遺族にとっては大きな負担となります。
そのため、遺族が香典を受け取らない場合も多くあります

事前に香典を受け取ってもらえるかどうか、なるべく遺族へ確認しておきたいところですが、聞きにくい話題でもあるでしょう。
会葬者側としては葬儀には香典を持参しておき、遺族側が辞退すれば事情を汲んで香典を下げましょう

遺族側として香典を断りたい場合は、相手側の香典を渡してくださる気持ちだけは受け取るようにして、丁寧にお断りしましょう。
しかし、何度断っても相手側が香典を下げなければ、受け取らないのも失礼となります。
その場合は、お礼を述べて香典を受け取りましょう。

香典の即日返しについて

家族葬でも最近では即日返しといって、小額の香典返しをあらかじめ用意しておいて、香典をいただいた方へその場でお返しすることも多くなりました。
その場合、高額の香典をいただいた方へは、通常のように金額にあわせた香典返しを、四十九日までにあらためて郵送で送ります。

香典の即日返しをする場合は、必ず葬儀の場に受付を用意して、香典をいただいた方へその場で香典返しを渡すように準備しましょう。
会葬返礼品と同じように、当日急に来られる方のために、少し多めに香典返しを用意しておくと安心です。

葬儀社で香典返しを用意する場合は、会葬者へ渡した数だけの金額を支払うシステムになっていることもあるので、相談してみましょう。
自分でインターネットから注文する場合でも、余った分の返礼品を返品できることもあります。
どうしても当日に数が足りなくなれば、後日に郵送で香典返しを送りましょう。

香典の辞退については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

家族葬での返礼品におすすめな品物と相場

仏壇

家族葬での返礼品には消え物を選ぶのがおすすめです。
この消え物とは、お茶屋お菓子などの食品や日用品など、消耗品のことをさします。

返礼品に形が残る品物よりも消え物を選ぶのは、不幸を流すという意味もありますが、葬儀や法要のたびに返礼品が増えていくことを避けるためでもあります。

いただき物は自分からは捨てにくいため、食べたり使ったりすると消えてなくなる消え物を返礼品として選ぶという習慣は、昔から大切にされてきました。

ここでは、それぞれの返礼品のおすすめを具体的に説明したいと思います。

会葬返礼品

家族葬での会葬返礼品としておすすめの品物を紹介します。

会葬返礼品は1000円~2000円程度の相場で品物を選びましょう。
あまり高額なものにすると、香典返しと間違われたり、受け取る相手側が気を使ってしまいますので気をつけます。

お菓子やお茶などの「消え物」が定番ですが、最近ではタオル類も人気があるのでおすすめです。
洗剤や石鹸は不幸を洗い流すとして、縁起が良いとされています。

それでは、会葬返礼品としておすすめの品物を以下で説明しましょう。

  • お菓子

    日持ちのする焼き菓子がおすすめです。
    子供が多い家族であればゼリーなどの洋菓子も喜ばれるでしょう。

  • お茶・コーヒー

    気軽に飲めるコーヒーや、年配の方には昔ながらのお茶がおすすめです。
    使いやすいパック形式の使いきりタイプが人気です。

  • 洗剤類

    消えものとして人気があるのは、消耗品の洗剤です。
    最近では石鹸などもお洒落な品物が多くなっていて、女性におすすめです。

  • タオル

    消えものではありませんが、手軽に使えるタオルもおすすめです。
    どの年代の方でも使えるようなデザインを選ぶのがポイントです。

また、会葬返礼品は、全員が当日に持ち帰ることを考えて、重くない品物を選ぶことがポイントです。

洗剤類は消耗品としても人気がありますが、大きなサイズのものは重いので、小さくても少し高級感のあるものを選びましょう。
会葬返礼品は当日に持ち帰るとしても、生ものは移動で潰れてしまう恐れがありますので、日持ちのする品物をおすすめします。

香典返し

家族葬での香典返しは、いただいた香典の金額の半分から三分の一を相場として選びましょう。

香典返しでもお菓子やお茶などの「消え物」が定番ですが、高額のお返しとなるとそれなりの品物を選ばなければなりません。
洗剤やタオルでは数が多くなって保管場所に困ることもありますので、お菓子の詰め合わせや高級茶など、もしくは相手側に好きに選んでもらえるカタログギフトがおすすめです。

それでは、香典返しにおすすめの品物を以下に紹介します。

  • お菓子詰め合わせ

    会葬返礼品とは違い、金額が高めのお菓子を選びますが、有名ブランドのお菓子詰め合わせなどがおすすめです。
    日持ちのする焼き菓子としてはバウムクーヘンも人気です。

  • 高級茶・コーヒー

    お茶やコーヒーも老舗・有名ブランドの詰め合わせセットがおすすめです。
    気軽に飲めるようにパック形式の使いきりタイプが人気です。

  • カタログギフト

    あまり高額のお返しとなると、相手側の好みに合うかどうかが問題となりますので、カタログギフトを選ぶ方が増えています。
    様々な金額帯のカタログから、それぞれ選んで送りましょう。

香典の即日返しをする場合の注意点

家族葬で香典の返礼品を即日返しする場合は、会葬者が品物を家まで持って帰らなければなりません。

遠方から来られる方のことも考慮して、なるべく荷物が重くならないように、洗剤や石鹸などは避けるほうがいいでしょう。
お菓子であれば焼き菓子が比較的軽くておすすめですが、ゼリーや羊羹の詰め合わせなどは意外と重量があって重いので気をつけましょう。

会葬返礼品と品物が似たものにならないよう、3000円や5000円の金額帯のカタログギフトを選ぶ方も多いです。
香典返しと会葬返礼品・通夜返礼品をまとめて入れられるような紙袋を用意しておくと、集まった方から喜ばれるのでおすすめです。

宗教によって変わる返礼品の習慣

葬儀

家族葬では、宗教によっても返礼品の習慣が変わります

仏教では返礼品に清めの塩を添えていることもあります。

また、香典はそもそも仏教でのお香代を指すものなので、神道とキリスト教では「香典」という考え方はありません

では、神道やキリスト教ではどのような習慣があるのでしょう。
それぞれ説明していきたいと思います。

神道

神道では、「御玉串料」のお返しとして返礼品を送ります。

返礼品の金額は、いただいた金額の半分から三分の一が相場となっています。
返礼品は、仏教でのいう四十九日に当たる、五十日祭までに郵送で送るか、五十日祭の当日にお渡しする風習があります。

仏教と同様に、葬儀へ参列してくださる方へは、会葬返礼品をお渡しします。

キリスト教

キリスト教ではもともと香典返しの習慣はありませんが、日本では仏教の習慣に影響を受けて、いただいた「御花料」に対してお返しの品を送るようになりました。

仏教の香典返しと同じように、いただいた金額の半分から三分の一の金額で品物を選びます。

会葬返礼品は、葬儀に参列してくださる方への感謝の気持ちを表すものですので、キリスト教でも用意します。

家族葬での香典の相場

仏壇

家族葬に参列する際の香典は、遺族の今後の生活への支援の意味を込めて、多く用意するのが一般的です。
家族葬での香典の金額相場としては、自分の親であれば5万円もしくは10万円、兄弟であれば3万円もしくは5万円、祖父母であれば2万円もしくは3万円となります。

年がまだ若ければ少ない金額でも構いませんが、それなりに上の年代であれば、多めに香典を包むのが礼儀です。
自分との関係が近いほど金額相場も高くなることを覚えておくと、詳しい相場を忘れてしまった場合に役立ちます。

弔事でのマナーとして、4と9という数字は不吉とされていますので避けましょう。

また、遺族側から香典はいらないと事前に言われていても、当日は香典を用意しておくのもマナーです。

香典の表書きについては、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

家族葬での返礼品についてまとめ

葬儀

今回の「終活ねっと」では、家族葬での返礼品について解説ていきましたがいかかでしたか?

今回の記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 通常の香典返しの他に、通夜返礼品と会葬返礼品がある。

  • 香典返しは香典をいただいた方へ後日送り、会葬返礼品は葬儀の当日に全員へお渡しする。通夜返礼品も全員へお渡しするが、家族葬では通夜を行わない場合もある。

  • 返礼品としてはお菓子やお茶などの「消え物」が定番。

  • 小額になる会葬返礼品では、他に洗剤類やタオルなどがおすすめ。香典返しはいただいた金額に合わせて選ぶこと。高額の場合はカタログギフトが喜ばれる。

  • 神道では仏教と同じような習慣だが、香典とは呼ばずに「御玉串料」となる。

  • キリスト教では本来香典返しの習慣はないが、日本では「御花料」への返礼品を用意する。

  • 会葬返礼品は、神道でもキリスト教でも参列してくださる全員へお渡しする。

この記事をお読みになることで、家族葬で用意しなければならない返礼品について、参考にしていただければ幸いです。

「終活ねっと」ではこの他にも、法事や法要などについての記事を多数掲載しております。
以下の記事では家族葬の挨拶状について解説しております。
詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事