葬儀後の香典の渡し方は?香典の金額相場や表書きからお返しまで解説

葬儀に参列できなかった場合は、葬儀後に香典を贈ることがあります。葬儀後に香典を贈る場合は、気を付けなければならないことがいくつかあります。今回は、葬儀後に香典を贈りたいと考えてるときの正しい渡し方や金額相場、表書きなどについて詳しく紹介します。

目次

  1. 葬儀後の香典について
  2. 葬儀後における香典の渡し方
  3. 葬儀後に送る香典の金額相場は?
  4. 香典の表書きは?
  5. 葬儀後に香典へのお返しは必要?
  6. 葬儀後の香典についてまとめ

葬儀後の香典について

葬儀

葬儀に参列したとき、ご遺族にお香典を渡しますよね。
しかし、事情によっては葬儀に参列することができず、後日改めて香典を贈りたいという方もいます。

葬儀後には、郵送や直接ご遺族に手渡しすることによって、お香典を贈ることができます。
しかし香典を贈るときのマナーを知っておかないと、ご遺族の気分を害してしまうかもしれません。

葬儀後に香典を贈るとき、香典の金額相場や注意点などを知っておくことはとても大切です。

そこで今回、終活ねっとでは葬儀後の香典について解説します。

  • 葬儀後の香典について
  • 葬儀後における香典の渡し方
  • 葬儀後に送る香典の金額相場は?
  • 香典の表書きは?
  • 葬儀後に香典へのお返しは必要?

などを中心に紹介します。

香典を葬儀後に贈るということは、現代では珍しい事ではありません。
葬儀に関する正しいマナーを知っておけば、いざと言う時に安心できます。

今回の記事を読み、葬儀後の香典についてしっかり学んでおきましょう。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典の基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

香典の基礎知識(金額相場・書き方・包み方・渡し方)を全て解説!

葬儀や法事に参列する場合、香典を持参することが一般的です。しかし、香典には金額相場・書き方・包み方・渡し方など様々なマナーがあり、戸惑ってしまう方も多いです。今回終活ねっとでは、社会人として知っておきたい、葬儀・法要の際に役に立つ香典の基礎知識を解説致します。

葬儀後における香典の渡し方

葬儀

どうしても外せない用事があり、葬儀に参列できないときもありますよね。
家族葬だったため、葬儀後に亡くなったことを知るときもあります。

家族葬や密葬など規模の小さい葬儀が増えている今、葬儀後に香典を渡すことは多くの方が経験することです。

通夜や葬儀に参列できない場合には、「やむを得ない事情で」や「遠方につき」「療養中のため」など、ご遺族に失礼のないように断りを入れます。
自身が参列できない場合は代理人に香典を預け、ご遺族に渡してもらうという方法もあります。

葬儀当日に香典を渡せない場合は、「後日、香典を持参する」という方法と「郵送で送る」という2つの方法があります。

葬儀後でも、弔意を示してご遺族に香典を贈ることは大切なことです。
ここでは、葬儀後における香典の渡し方について紹介します。

後日弔問をしたときに香典を渡す

やむを得ない理由で葬儀に参列できず、日を改めて弔問した時に香典を渡すことはよくあります。

ここでは、後日弔問をしたときに香典を渡す際の注意点についてみていきましょう。

渡し方に気を付ける

ご遺族に失礼のないように、弔問時の香典の渡し方には気を付けましょう。

訃報を知ったら、なるべく早い時期にご自宅に伺います。
伺う前に必ず連絡をして、ご遺族の都合を確認してください。

ご遺族側も後日弔問に来る人を見越して、会葬御礼品をしばらくの間ご自宅にストックしています。
しかし1週間程度を過ぎると、葬儀社に返してしまいます。

また四十九日を過ぎると、香典袋の表書きも変わりますので注意が必要です。

弔問に訪れるときはご遺族に勧められない限り、玄関でお悔やみを告げて香典を渡します。

ご遺族に勧められて、ご自宅へ上がらせていただく場合もあります。
喪家ではお線香をあげてから香典を渡し、長居せずに帰るようにします。

弔問にふさわしい服装をする

弔問では、葬儀でなくてもカジュアルすぎる服装は失礼に当たります。

男性は平服ですが、ダークスーツを着用します。
女性は地味なワンピースやアンサンブルを着用し、靴はブーツやサンダルを避けます。

日常に戻ろうとしているご遺族にとって、喪服は葬儀を連想させてしまいます。
ご遺族に配慮をし、喪服は避けるようにしましょう。

香典を郵送で送る

やむを得ない事情で香典を直接届けられない場合は、郵送で送ることができます。
ここでは、香典を郵送で送る場合の注意点について紹介します。

現金書留で送る

香典は現金なので、現金書留で郵送します。

現金書留で香典を郵送する場合は、お金をのし袋に入れてから現金書留の封筒に入れます。
現金を直接、現金書留の封筒に入れるのはマナー違反です。

現金書留の封筒に入れるときは、香典袋の水引が印刷されているフラットなものを選ぶと入れやすくなります。

香典の宛先は、喪主宛てになります。
喪主と全く面識がない場合は、差出人の知り合い宛てに手紙を添えて送ります。

個人で送る場合は、個人名で郵送します。
会社で送る場合は社名ではなく、代表者名で送るようにします。

香典にはお悔やみの手紙をつける

香典を入れた現金書留には、お悔やみの手紙を同封しましょう。

お悔やみの手紙は、簡単なものであれば封筒に入れずにそのまま入れても大丈夫です。

手紙を同封して現金書留に入れる場合は、二重の封筒だと「不幸が重なる」という意味になるので避けるようにしてください。

葬儀後に送る香典の金額相場は?

お金

葬儀後に贈る香典も一般的な葬儀と同様の金額ですが、包む金額がわからないこともあります。

ここでは、香典の金額相場を紹介します。

故人との関係性 香典の金額相場
両親 10万円
兄弟 3万円〜5万円
祖父母 1万円〜5万円
叔父・叔母 1万円〜3万円
その他の親戚 1万円〜3万円
義理の両親 3万円〜10万円
義理の兄弟 3万円〜5万円
勤務先の上司・その家族 5千円〜1万円
勤務先の同僚・部下・その家族 5千円〜1万円
取引先関係 1万円
友人・知人 5千円〜1万円
友人・知人の家族 3千円〜1万円
恩師 3千円〜1万円
隣近所 3千円〜1万円

上記の金額が、香典の相場です。

友人や恩師などの場合は、付き合いの深さや面識の有無で金額が変わります。
また友人同士でお金を出し合い、キリの良い金額にする場合もあります。

香典の金額は、4と9が付く数を避けるのが一般的です。

香典は互助的な意味もあります。
3千円以下の香典も自粛する方が望ましいとされています。

安すぎる香典は、会葬御礼品や通夜振る舞いすると喪主側の負担のほうが増えるからです。
3千円以下の香典の場合は、複数名でまとめるか香典返礼品は不要と伝えるようにします。

香典の金額相場についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

香典の金額相場を関係別・法要別に紹介!書き方や入れ方マナーも解説

香典はいくら包めばいいのでしょうか?お葬式や法要に参列する際に必要になる香典ですが、故人との関係性や法要によって金額の相場が変わり、いくら包めばよいのか悩んでいる人も多いと思います。今回は香典の金額相場を香典の書き方・入れ方等のマナーも併せて解説いたします。

香典の表書きは?

葬儀

香典の表書きは、宗教や贈る時期によって変わります。
表書きは「御香典」や「御霊前」、「御仏前」を使うのが一般的です。

では、表書きにも使い分けがあるということをご存知でしょうか。
宗教・宗派や香典を渡すタイミングによって表書きは変わってきます。

葬儀後に香典を贈る場合の表書きも注意が必要です。
基本的には喪家の宗教を確認してから、のし袋の用意と表書きをするようにします。

喪家の宗教がわからない場合や無宗教であるときは、四十九日前までの香典では「ご霊前」や「志」「お花料」が一般的です。

四十九日前に渡す場合

四十九日前までに香典を渡す場合は、「御香典」「御霊前」が一般的です。
一般的な仏教では、人が亡くなってから四十九日まではとなり、この世に残っていると考えられているからです。

四十九日後に渡す場合

一般的に、四十九日後に香典を贈る場合の表書きは「御仏前」になります。
四十九日の法要が終わると、人は「霊」から成仏して極楽浄土に行くと考えられているからです。

浄土真宗では「御霊前」を使わない

浄土真宗では四十九日前でも「御霊前」の表書きは使いません
浄土真宗では「人は亡くなったら、すぐに浄土に帰り成仏する」と考えられているからです。

喪家が浄土真宗の場合は、四十九日前でも「御仏前」や「御香料」「御香資」などを表書きに書くようにします。

キリスト教の場合

キリスト教では、「お花料」か「御霊前」となります。
またキリスト教の場合、蓮の花の絵が描いてあるのし袋は避けてください。

キリスト教の場合、香典袋は百合の花の絵か、十字架の絵が描いてあるものを利用します。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
キリスト教の香典についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

キリスト教葬儀の香典の書き方とは?金額相場やマナーについても解説

キリスト教の葬儀に参列する際に香典は持参するのでしょうか、またその際に袋はどういったものを使えばいいのでしょう。表書きはどうすればいいのでしょう?終活中の方でもほとんど知らないキリスト教のお葬儀、香典の準備、マナーについて解説します。

神式の場合

神式の場合は「御霊前」や「御玉串料」「御榊料」となります。
香典袋は、水引きが白黒のものを選ぶようにしましょう。

神道での香典袋の書き方について詳しく知りたい方はこちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神道の葬儀の香典の書き方は?香典を包む袋や金額相場についても解説

日本の葬儀には仏教式だけではなく、神道式の葬儀もあります。神道の葬儀における香典はどう書けばいいのでしょうか?この記事では、神道の葬儀の香典の書き方や金額相場などについて解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

文字は薄墨で書く

のし袋の表書きは薄墨で書くようにします。

薄墨で書くようになった理由は、「訃報を聞いてから硯で墨をすっていると涙でうすくなったから」「急なことで墨をしっかりする時間もなく駆け付けた」からなどと言われています。

今も名残として、弔事用の薄墨のペンが売られています。
薄墨のペンを利用して表書きを書くようにするのがマナーです。

香典袋の表に名前を書くときは、フルネームで書くようにします。
裏には郵便番号、住所、氏名を書きます。

複数名で書く場合は、右側に上位者の名前を書きます。
上下がない場合は五十音順にして、3名までの連名にします。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
仏式葬儀の香典についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

こちらも読まれています

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

人生の中で、葬儀に参列するということは誰でも何度かはあります。多くの場合葬儀といえば仏式のものが多いのですが、そうなるとその際に手渡す香典の正しいマナーも覚えておくと便利といえます。そこで今回は、仏式葬儀における香典にまつわるマナーについて見ていきましょう。

葬儀後に香典へのお返しは必要?

葬儀

香典を贈られたとき、「返礼品はなし」と言われる場合もあります。
お返しを断られたとしても、故人を気遣ってくれたお礼の意味も込めて、お返しをするのが礼儀です。

葬儀後に香典を頂いた場合でも、一般的な香典返しと同じように四十九日法要後にお礼を贈ります。

しかし最近では、葬儀当日に香典返しをすることもあります。
葬儀後、香典を受け取った日に、香典返しをしても良いでしょう。

後日香典を贈られた場合でも、香典返しにはお礼状をつけて贈ります。

香典返しを固辞された場合は、気持ちのこもったささやかなプレゼントを贈ることもできます。

お返しはお礼状を添えて送りましょう

香典のお返しは、お礼状を添えることが大切です。

お礼状は喪家の挨拶だけでなく、故人の気持ちを代弁する意味もあります。
ご遺族の方に失礼のないように、礼儀を欠かないようにします。

香典返しが不要と言われた場合の対応について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しが不要な時の対応とは?香典返しのお礼状の書き方も解説

ご遺族の負担を減らしたい、香典返しが不要な場合、香典返しを辞退するにはどうすればよいのでしょうか?また、香典返しが不要な方にはどのように対応すべきなのでしょうか?香典返しを辞退する方法、ご辞退された方への対応をご紹介します。

葬儀後の香典についてまとめ

葬儀

以上、葬儀後の香典について解説しました。
今回の記事でわかったことは、

  • 葬儀後に香典を贈るには、訪問することや代理人に託す、現金書留で送る方法がある
  • 葬儀後に弔問に訪れる場合は、ご遺族の都合を確認し長居しないようにする
  • 典を郵送で送る場合は、お悔やみの手紙を添えて現金書留で送る
  • 葬儀後の香典の金額は、故人との関係などによって変わる
  • 香典の表書きは四十九日前と後で変わるが、浄土真宗では四十九日前でも「御霊前」は使わない
  • 香典袋の表書きは薄墨で書くようにして、名前はフルネームで書き裏には住所も書く
  • 香典返しを断られても、お礼状を添えてお返しをすることがマナー

ということがわかりました。

葬儀後に香典を贈られるということは、故人のことを想ってくれている証です。
故人を考えてくれる気持ちを大切にして、遺族としてふさわしい対応を心掛けましょう。

終活ねっとでは、他にも香典や葬儀費用に関する記事を多数掲載しています。
ぜひ、他の記事も併せてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀後・香典」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀後・香典」についてさらに知りたい方へ

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!のサムネイル画像

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!のサムネイル画像

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説のサムネイル画像

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

一周忌の香典の金額相場はいくら?香典袋の書き方や入れ方も解説!のサムネイル画像

一周忌の香典の金額相場はいくら?香典袋の書き方や入れ方も解説!

友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!のサムネイル画像

友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!

神道の葬儀の香典の書き方は?香典を包む袋や金額相場についても解説のサムネイル画像

神道の葬儀の香典の書き方は?香典を包む袋や金額相場についても解説

葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!のサムネイル画像

葬儀で渡す香典袋の種類や選び方って?表書きや内袋の書き方も解説!

神式葬儀の香典の金額相場は?香典袋の選び方・書き方や渡し方も解説のサムネイル画像

神式葬儀の香典の金額相場は?香典袋の選び方・書き方や渡し方も解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀後・香典」についてさらに知りたい方へ

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!のサムネイル画像

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!のサムネイル画像

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説のサムネイル画像

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像

法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと