香典返しが不要なケースとは?辞退の方法や辞退された時の対応も解説

葬儀では参列者が香典が包み、喪主は香典返しをするのがマナーです。しかし、遺族の負担を考えて香典返しを不要とする場合もあります。今回香典返しが不要な場合について、辞退の仕方や、辞退の申し出を受けた場合の喪主の対応について説明します。

目次

  1. 香典返しが不要なときの対応について
  2. 香典返しが不要なときはどうしたら良いか
  3. 香典返しを辞退する方法
  4. 香典返しを辞退されたときの対応
  5. 香典返しに関するマナー
  6. 香典返しが不要な時の対応についてまとめ

香典返しが不要なときの対応について

葬儀

葬儀など法要では、参列者は香典を包み、受け取った遺族は香典返しをします。
しかし、遺族の負担を軽くするため、もしくは別のこと情により香典返しが不要な場合もあります。
香典返しが不要な場合はどのようにしたら良いでしょうか?

今回終活ねっとでは、香典返しが不要な時の対応について下記の内容を中心に解説します。

  • 香典返しが不要な時はどうしたら良いか?
  • 香典返しを辞退する方法について
  • 香典返しを辞退された場合の対応は?
  • 香典返しに関するマナーについて

葬儀や法要は主催する遺族はもちろん、参列する側も経済的な負担は少なくありません。
お互いの負担を軽くするために、香典返しを不要とするケースは珍しいことではありません。
しかし、タイミングを間違えると、準備していた香典返しの品物を無駄にさせてしまったりとかえって迷惑になってしまいます。

香典返しが不要な場合の対応について、今回の記事を読んでいただき、正しい対応の参考にしてください。

以下の記事では、香典返しに関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
香典返しの基本的なマナーを知りたい方は、ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しの基礎知識(金額相場・品物・時期・のし・挨拶状)を解説!

香典返しの品物選びや手配は喪主の方の大切な務めです。今回は香典返しについて、迷いやすい品物選びや金額の相場などを詳しく解説いたします。香典返しを贈る時期やのし・挨拶状の書き方など、知っているようで意外と知らない香典返しに関する基礎知識です。

香典返しが不要なときはどうしたら良いか

葬儀

香典返しとは、お通夜や葬儀で香典を頂いた方に対して、お悔やみを頂いたことへの御礼と無ことに葬儀が終わった報告を兼ねて送ります。
四十九日の法要が終わった時期に、頂いた香典の半額程度のお茶・お菓子などの品物やカタログギフトなどをお返しするのが一般的です。

最近では、四十九日の法要を待たず葬儀当日や、葬儀後の会食の席で会葬御礼と一緒に香典返しを贈ることもあります
ただこの場合だと、頂いた金額の半額にならない場合もあるので、高額の香典を頂いた方には後日改めて香典返しを贈る場合もあります。

即日返しと言われるこの方法であれば、後日改めて贈るよりも手間がなく効率的です。
このように伝統やしきたりが強く残っている弔事の法要においても、近年では時代に合わせて変化をしています。
家族葬が多くなっているもその代表でしょう。

香典返しも、そういった時代の流れもあり不要となるケースも増えてきています。
香典返しが不要な場合の対応や、辞退の理由について解説します。

香典返しを辞退する

葬儀は主催する喪主には相当な経済的負担がかかります。
そういった喪主の経済的負担を軽くするため、もしくは後ほど説明するような理由により香典が不要とする場合も少なくありません。

喪主側からすれば、香典を頂いた方に対しては少額であっても香典返しをするのがマナーです。
ですから、香典返しが不要な場合は、香典を包む側から辞退の申し出をします

香典返しの辞退は失礼にならないのか

香典を包むのがマナーであれば、香典返しを贈るのもマナーです。
それでは、香典返しを辞退することは失礼になるのでしょうか?

結論から言ってしまうと、香典返しを辞退しても失礼にはなりません
ただし、伝え方とタイミングには気をつける必要はあります。
辞退の旨を申し出る場合は、きちんと言葉を添えて伝えるようにしましょう。

また喪主側の方も、香典を辞退する方が近年では多くなっているということを認識しておきましょう。
そしてその理由は、喪主側への配慮から来ていることを認識して、気持ちを受け取りましょう。

香典返しを辞退するケースとは

では実際に香典返しを辞退するケースを解説していきます。
これから紹介するケースは香典返しを辞退することが多いケースです。
香典返しをしなくても良いケースではないので、喪主側となる方は注意してください。
香典返しは、辞退の申し出がない限り行うことが原則です。

金額が3000円〜5000円の場合

香典が比較的少額な場合、香典返しを辞退する場合があります。
香典返しは半返しが基本ですから、香典が3千円だった場合香典返しは1,500円になります。
郵送で送る場合の送料などを考えると、かえって負担になってしまうかもしれません。
このような理由から、香典が5千以下の場合は辞退する場合があります。

連名の場合

連盟で香典を包んだ場合も香典返しを辞退する場合があります。
こちらも少額の場合と同様で、連盟で包んだ場合は1人あたりの金額は3千円以下の場合が多いです
香典返しをすることでかえって負担を増やしてしまうことから、辞退することがあります。

会社名義の場合

会社名義での香典の場合も、辞退するケースがあります。
会社で香典を包む場合、香典にかかった費用は経費として管理されています。
会社の経費で包んだ香典に対して、個人的に香典返しを受け取ることに問題がある場合は辞退をします。

新生活の場合

香典での新生活とは、新しい生活を向かえるという意味ではなく、新生活運動という意味です。
新生活運動とは、戦後に始まった運動です。

戦後の貧しい時代には、葬儀に参列して香典を包むというのはとても大変なことでした。
こういった負担を軽くするために始まったのが新生活運動です。
経済の回復と共に新生活運動はなくなっていきましたが、今でも一部の地域では残っています。

新生活運動において包む香典の金額は、2〜3千円程度が多いです。
そのため、香典返しは不要となります。

親族の場合はどうか

身内や親族から香典を頂いた場合でも、原則は香典返しが必要です。
「親しき仲にも礼儀あり」というように、身内であってもお悔やみに対する御礼と葬儀が終わった報告はきちんと行いましょう。

香典返しは頂いた金額の半額を返す半返しが基本ですが、親族の場合は高額の香典を頂く場合があります。
3万円であれば1万5千円ですみますが、10万円だと5万円もの香典返しをすることになってしまい遺族の負担も大きくなってしまいます。
その場合は半返しにはこだわらず、3分の1や4分の1程度の返しで問題ありません。

また、家によっては「親族間では香典返しはしない」などのように決まりがある場合もあります。
その際には、家ごとのしきたりに従います

香典返しを辞退する方法

葬儀

本来香典とは、「相互扶助」の考え方に基づいたしきたりです。
葬儀を主催する側の経済的な負担を軽くするために、参列者が支援をするのが香典の目的の一つで、将来香典を頂いた側に不幸があれば同額の香典を包みます。
こうして、お互いの負担を軽くすることが香典の基本です。

香典返しは、この「相互扶助」とは若干性質の異なるもので、香典返しはお悔やみを頂いたことに対する遺族からの感謝の気持ちです。
言わば、遺族の気遣いの部分です。

香典返しを辞退するということは、遺族のお気遣いを断ることです。
ですから、目的は遺族の負担を軽くすることが目的であっても、香典返しを辞退する場合は丁寧にお伝えする必要があります。

ここでは香典返しを辞退する方法について説明します。

香典返しを辞退する旨を書く

香典返しを辞退する場合は、その旨を遺族に伝えます。
香典返しを辞退すること自体は失礼には当たりませんが、遺族のお気遣いお断りする訳ですから、失礼のないようにお断りをしましょう。
香典返しを辞退する方法について説明します。

一筆箋に書く

一筆箋とは、短冊形の5~6行の短い便箋のことです。
香典返しを辞退する際には、一筆箋に香典を辞退する旨を書いて香典袋の中に入れます。
一筆箋には、宛名(○○様)、本文、差出人の順番で書きます。

一筆箋を使う場合は、短い文章で香典を辞退する旨を書きます。

○○様(喪主名)
この度は心よりお悔やみ申し上げます。
誠に勝手ながら、お香典返しは辞退させて頂きます。
ご冥福をお祈りいたします。
                差出人

中袋の住所氏名の横に書く

一筆箋よりも、もっと簡単に書きたい場合は香典袋に書く方法もあります。
香典袋の中袋の裏面には、通常住所と氏名を書きますが、その横に香典返しを辞退する旨を書きます。
書く場所は、中袋の裏面、左端に書きます。
書く内容は下記のように一言で問題ありません。

お香典返しは辞退させて頂きます。
お返しの配慮は遠慮致します。

受付などで口頭で伝えるときの言い方

近年、香典返しを葬儀の当日に行う場合も多いです。
そのため、香典返しの辞退をする場合は受付で口頭で伝えておくようにしましょう。

大変勝手ながら、香典返しは辞退させて頂きます。

という旨を受付で申し伝えます。
口頭だけで伝えると遺族の方が混乱するので、香典袋にも一言添えておくようにしましょう。

少額の場合や連名の時も辞退の旨を伝える

先程説明した通り、3~5千円程度の少額な香典の場合や、連名で包んだ場合などは遺族の手間を考えて香典返しを辞退する場合があります。
少額の香典であれば、必然的に香典返しをしなくて良いと言われてもいますが、遺族の方が対応に困らないように、香典返しを辞退する旨はしっかりと伝えるようにしましょう。

香典返しを辞退されたときの対応

人々

香典返しを辞退された場合、喪主としてはどのように対応すれば良いでしょうか。
香典返しを辞退する理由の多くは、喪主側の負担を軽くするためにご厚意で辞退をされています。
そういった厚意を無駄にしないためにも、辞退の申し出を頂いた場合は受け取ります。

香典返しを辞退された場合、香典返しはしなくとも感謝の気持ちは伝えるべきです。
また、高額な香典を頂いた場合など、本当に何もお返ししなくても良いのでしょうか?
香典返しを辞退された場合の対応について説明をします。

お礼状を送る

香典返しをする場合、品物にお礼状を添えるのが一般的です。
香典返しを辞退し、品物を送らない場合でもお礼状は送るようにしましょう。
お礼状を書く際の注意点について説明をします。

お礼状の書き方

お礼状を書くとなると、一体どんなことを書けば良いでしょうか?
お礼状に書くべき点は、二つあります。
まず一つ目は、香典を頂きお悔やみを述べてくれたことに対する御礼です。
二つ目は、葬儀と四十九日の法要までが終わったことの報告を書きます。

以上の二つを中心に書き、最後には本来お会いしてお伝えすべきところを手紙で済ませてしまうことへのお詫びを書きます。
他にもお礼状を書く場合の注意点を紹介します。

  • 句読点を使わない

    香典返しのお礼状には句読点は使わないようにしましょう。
    お礼状は縦書きの手紙で書きますが、元々日本語の縦書きの文章には句読点はありません。
    また、句読点は文章を止めたり、区切ったりするものです。
    句読点を使わないことで、法要がつつがなく終わるという意味もこめられています。

  • 正しい敬語や頭語・結語を使う

    文章は正しい敬語を使うことを心がけ、「拝啓」「敬具」のような頭語・結語も使うようにしましょう。

  • 宗教や宗派に気を付けた文章にする

    葬儀のしきたりやマナーは宗教や宗派によって様々です。
    日本では仏式の葬儀が圧倒的に多いですが、神式やキリスト教での葬儀の場合もあります。
    お礼状の文章も宗教に応じた言葉を使うようにしましょう。
    例えば四十九日の法要という儀式は仏式の儀式であり、神式であれば五十日際、キリスト教であれば追悼ミサや記念集会という儀式になります。

お礼状を送る時期

お礼状を送る時期は、どのタイミングが良いでしょう。
送る時期としては、四十九日の法要が終わった後に送ります。
そして、忌明けとなる四十九日までの法要がすべて無ことに終わったことへの報告をします。
法要前後はバタバタとしますから、すぐでなくても法要が終わって1か月頃までには送ります。

お礼状に関する詳しいマナーなどの説明や、実際の文例についてはこちらの記ことで詳しく説明をしています。
興味のある方はぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

香典返しに添えるお礼状って?親戚・友人・会社ごとの例文をご紹介!

香典返しにはお礼状を添えるのがマナーとされています。立場や宗教、地域でも書き方に差がありますがどのように書けば失礼に当たらないのでしょうか。今回はそんな香典返しに添えるお礼状の書き方や、香典返しのマナーについてご紹介します。

贈り物など別の方法でお礼をする

香典返しを辞退された場合お礼状で気持ちを伝えますが、親族や故人と親しい間柄の方であれば高額な香典を頂く場合があります。
高額な香典を頂いた方に対しても、香典返しの辞退があれば香典返しをしなくても良いのでしょうか。

結論から言うと、香典返しはしなくても問題ありませんが、高額な香典を頂いておきながらお礼状のみで済ませてしまうのは遺族としても落ち着かないでしょう。
こういったケースの場合は、お中元やお歳暮などの葬儀の法要とは別の機会に、しっかりとお返しをするようにしましょう。

他にも、香典返しを辞退するケースとして連名で包んだ場合もあります。
職場などの方が連名で香典を包んで頂き、香典を辞退された場合は一つずつにお礼状を送るのも良いですが、皆で食べれるようなお菓子などを送るのも良いです。

香典返しに関するマナー

葬儀

これまで香典返しが不要な場合の対応について説明してきましたが、香典返しを行う場合はどのようなことに気を付ければ良いでしょうか。
香典返しは単に品物を送れば良いだけでなく、金額の相場や送ってはいけない品物など気を付けるべきポイントがあります。
香典返しに関するマナーについて説明をします。

金額相場

香典返しは頂いた金額の半額程度のものを返す、半返しが基本です。
しかし、地域によっては3分の1程度の場合もありますし、数千円程度の金券などを渡す場合もあります

香典返しの金額相場についてはこちらの記ことで詳しく説明をしています。

こちらも読まれています

香典返しの相場はどれぐらい?人気の品物や表書きの書き方もご紹介

葬儀に参列する方の多くが香典を持参しますが、香典を頂いた場合はご遺族が香典を持参した方に対して香典返しをするのが一般的です。そこで気になるのが、香典返しの費用相場や適切な品物、マナーなどでしょう。今回は香典返しの費用相場や品物などについてご紹介します。

おすすめの品物

香典返しをする場合、どんな品物が良いでしょうか。
香典返しに良く選ばれている物は、お茶やお菓子洗剤やタオルなどの日用品や金額に応じたカタログギフトなども人気です。
一方で肉や魚などの生ものやお酒はタブーとされています。

香典返しの品物についてのマナーはこちらの記ことで詳しく解説をしています。

こちらも読まれています

香典返しにおすすめの品物は?人気のギフトカタログ6選をご紹介!

葬儀でお香典をいただいたら後日、香典返しを送るのがマナーです。しかし、いざその時には相手に何を送れば良いのか迷う方も多いかもしれません。また一般的にどんな品物が香典返しとしておすすめなのでしょうか?今回は香典返しにおすすめの品物やカタログギフトをご紹介します。

香典返しの書き方

香典返しに添えるお礼状や挨拶状、熨斗の表書きなどはどのように書けば良いでしょうか?
香典返しをしない場合のお礼状の書き方は先ほど説明しましたが、香典返しに関する文章の書き方にも様々なマナーがあります。
下記の記ことで詳しく説明をしていますので、興味のある方はぜひお読みください。

こちらも読まれています

香典返しの書き方とは?熨斗の表書きや挨拶状・お礼状の書き方を解説

ご遺族が葬儀で香典を頂いた感謝の気持ちに送る香典返しには、香典をお渡しする場合と同じようにさまざまな作法があります。特に香典返しの品物に掛ける熨斗や挨拶状の書き方は知っておくと喪主になった場合に役立ちます。今回は香典返しの書き方を見ていきましょう。

香典返しが不要な時の対応についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。

今回終活ねっとでは、香典返しが不要な場合について下記の内容を中心に解説してきました。

  • 遺族の負担を減らすためやその他の事情で香典返しが不要な際には、辞退を申し出ること。
    香典返しの辞退を申し出ても失礼に当たらないこと。
    また、親族の場合でも香典返しの辞退の申し出がない場合は、香典返しを行うこと。
  • 香典返しを辞退する場合、一筆箋に書いて香典袋に入れるか、中袋の裏面に辞退の旨を記入すること。
  • 香典返しを辞退された場合、ご厚意の気持ちを無駄にしないよう受け止めること。
    その場合は、お礼状を送って感謝の気持ちを伝えること。

香典は、相手の負担を軽くするために贈るものです。
つまり、相手の立場や気持ちを考えて対応することが大切です。

香典返しを辞退する場合は失礼のないように辞退の気持ちを伝え、喪主が香典返しの辞退を受け取った場合は別のかたちで感謝の気持ちを伝えましょう。

終活ねっとでは、他にも葬儀に関する記事を多数掲載しています。
興味のある方はぜひお読みください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

シェアする

「香典返し・不要」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典返し・不要」についてさらに知りたい方へ

香典返しを当日にしても良いの?メリットとデメリットを解説!のサムネイル画像

香典返しを当日にしても良いの?メリットとデメリットを解説!

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

香典返しは郵送してもいいの?マナーや注意点について解説!のサムネイル画像

香典返しは郵送してもいいの?マナーや注意点について解説!

香典返しの熨斗(のし)とは?選び方や書き方、マナーを解説!のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)とは?選び方や書き方、マナーを解説!

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!のサムネイル画像

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!

家族葬への弔問を上手く辞退しましょう!香典の辞退の仕方も解説!のサムネイル画像

家族葬への弔問を上手く辞退しましょう!香典の辞退の仕方も解説!

葬儀後の香典返しの金額は?挨拶状の書き方や当日に渡す場合も解説!のサムネイル画像

葬儀後の香典返しの金額は?挨拶状の書き方や当日に渡す場合も解説!

神式葬儀の香典の金額相場は?香典袋の選び方・書き方や渡し方も解説のサムネイル画像

神式葬儀の香典の金額相場は?香典袋の選び方・書き方や渡し方も解説

家族葬は香典なしでも大丈夫?香典を辞退するときの注意点も解説のサムネイル画像

家族葬は香典なしでも大丈夫?香典を辞退するときの注意点も解説

葬儀の香典の金額相場は?包み方や書き方、渡し方のマナーもご紹介!のサムネイル画像

葬儀の香典の金額相場は?包み方や書き方、渡し方のマナーもご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「香典返し・不要」についてさらに知りたい方へ

香典返しを当日にしても良いの?メリットとデメリットを解説!のサムネイル画像

香典返しを当日にしても良いの?メリットとデメリットを解説!

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

香典返しは郵送してもいいの?マナーや注意点について解説!のサムネイル画像

香典返しは郵送してもいいの?マナーや注意点について解説!

香典返しの熨斗(のし)とは?選び方や書き方、マナーを解説!のサムネイル画像

香典返しの熨斗(のし)とは?選び方や書き方、マナーを解説!

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!のサムネイル画像

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと