家族葬のスケジュールは?日程を決める際のポイントや安置方法も解説

家族葬のスケジュールは?日程を決める際のポイントや安置方法も解説

近年、家族葬という葬儀を行う人が増えています。家族葬では近親者のみで故人をゆっくりと送ることができます。では、家族葬の日程はどのようなものなのでしょうか。今回は家族葬の日程について、日程を決める際のポイントや安置方法についても含めて解説します。

最終更新日: 2020年06月27日

家族葬の日程について

葬儀

家族葬とは一般的に家族や親戚、また親しい知人のみで行う小規模な葬式のことを指します。
故人を静かに見送りたい・見送られたいという方もいらっしゃると思います。
しかし家族葬という名前から、葬儀の流れが特別なものと思っていらっしゃる方もいらっしゃいます。

そこで今回「終活ねっと」では、家族葬の日程を中心に、日程を決める際のポイントや日程が延びた場合についても解説していきます。
今回解説する内容は、以下の通りです。

  • 家族葬の流れは?

  • 家族葬の日程を決める上でのポイントとは?

  • 葬儀の日程が延びる際はどうなるのかについて

  • お通夜を行わない家族葬もあるの?

最近では家族葬を選択される方が増えてきています。
家族葬について知ることで、いざご自身が喪主を務める際に、安心して葬儀を執り行えるようにしましょう。
ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「終活ねっとのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、全国の斎場葬儀/家族葬を執り行うことが可能です。
お近くの葬儀場・斎場をお探しの方はぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬の主な流れ

仏壇

家族葬といっても通夜も葬儀・告別式も行われることが一般的です。
なので、基本的に一般葬の流れとの違いはありません。

ご逝去した日にご安置と葬儀の打ち合わせを行い、翌日の午後に通夜、3日目に告別式を行う場合が多いです。

このように、基本的には家族葬が行われるまでに3日ほどかかります
では家族葬の流れについてそれぞれについて詳しく解説していきます。

葬儀前の逝去・安置・葬式の相談

まずは葬儀を執り行う際に必要な逝去・安置についてです。
家族が亡くなられたら、まずは葬儀社に連絡をしましょう。

連絡するにあたって、葬儀社に伝えておくと良い情報として以下の7つがあります。

  • 現在地(病院・警察署等)

  • 故人の名前

  • 依頼者の名前

  • 菩提寺

  • すぐに連絡が取れる電話番号

  • 迎えに来てほしい時間

  • 送り先(自宅・斎場)

以上のことは葬儀社から尋ねられるケースが多いです。
迎えに来てほしい時間に関しては、ご遺体の状況により異なります。

ご遺体の処置や検死がどのくらいで終わるのかを病院関係者や警察署の方にあらかじめ聞いておきましょう。

ご遺体の移動が済んだら、葬儀社の担当者と打ち合わせを行います。
この際に家族葬を希望することを伝えましょう。
ご僧侶に枕経を上げてもらったら、今後の具体的な日程を決めましょう。

通夜

告別式の前日に通夜を行います。
ご逝去した日の翌日の夕方に通夜を行うことが多いです。
通夜の流れは以下の通りです。

  • 開式・僧侶の入場

  • 読経

  • 焼香

  • 僧侶による法話

  • 僧侶退場・喪主挨拶

  • 閉式

  • 通夜振る舞い

一般葬と特に変わったところはありません。
ご僧侶による読経、焼香を行います。

一般葬と異なるのは、通夜に参列する人数が把握できるということです。
通夜振る舞いを人数分用意しましょう。

通夜の開始時間は一般的には18時~19時の間に行われます。
お寺の都合により、早ければ17時、遅い場合は20時などもあるようです。

また人数が少ないため焼香が早く終わるので、式の時間は短めで40分程度です。

告別式・火葬

通夜が終わると、翌日には告別式が行われます。
告別式の流れは以下の通りです。

  • 受付

  • 一同着席

  • 僧侶の入場・開式

  • 読経・引導

  • 弔辞・弔電の紹介

  • 焼香

  • 僧侶退場・喪主挨拶

  • 閉式

通夜と同様に読経、焼香があり、それに加え告別式ではご遺族代表者である喪主挨拶があります。
その後故人とのお別れをし、出棺の儀へと移ります。

家族葬は少人数でのお別れですので、棺桶に入れる折り鶴やお花が少なくなりがちです。
予め鶴やお花を、できるだけたくさん準備しておいた方が良いでしょう。

一般的に告別式は11時~13時の間に行われます。
早ければ10時、遅ければ14時などのケースもあるそうです。

通夜と同じで一般的な告別式と比べかかる時間が短く、また弔電や電報が少ない、もしくは無いために所用時間が短く、40~50分程度です。

出棺が終わると霊柩車に故人を乗せて火葬場へ向かい、火葬後は納骨となります。

火葬後から納骨まで

納骨は火葬後に行われますが、納骨の時期には決まりはありません
一般的には四十九日法要と同じ日に納骨を行うことが多いです。

火葬後から納骨までの流れは以下の通りです。

  • 還骨法要

    火葬の後、ご遺骨・位牌・遺影を持ち帰り、自宅または寺院などで還骨法要を行います。
    最近では、初七日法要と合わせて火葬と同じ日に行うことが多いようです。

  • 初七日法要

    本来、初七日法要とは亡くなった日から数えて七日目に行う法要です。
    最近ではご遺族の仕事の関係や、遠方から来る親戚の負担などを考慮して、葬儀当日に合わせて行うことが一般的です。
    本来の初七日法要を繰り上げて行うことから、繰り上げ初七日法要とも呼ばれています。

  • 四十九日法要

    四十九日は忌明けの日として、親族が集まって自宅や寺院などで法要を行います。

    現代では、四十九日ちょうどに行うことが難しいため、参加者が集まりやすい直近の土日などにずらして行うことも多いようです。
    法要の内容は、僧侶を招いての読経・お焼香・法話が一般的です。

  • 納骨

    四十九日法要が終わると納骨となります。
    墓地や納骨堂などへ納骨ののち、僧侶の読経を行い、参加者はお焼香を行います。

家族葬の流れについて気になる方は、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひこちらもご覧ください。

家族葬の日程を決めるポイント

困った人々

家族葬の主な流れについて説明してきました。
次は家族葬の日程を決めるポイントについて解説します。

ポイントは主に以下の4つとなります。
それぞれについて詳しく解説していきます。

  • 家族・親族の予定

  • 火葬場の空き状況

  • 菩提寺の僧侶の予定

  • 忌引きがいつまで取れるかを確認

家族・親族の予定

家族葬という名の通り、家族がメインのお葬式です。
参列する家族や親族の予定の把握が重要になります。

通夜・葬儀の具体的な日程を決めるために、菩提寺・親族・ご友人・職場などに連絡を入れましょう。
親族・ご友人などに連絡を入れる際には、参列してもらいたい人のみに連絡します。

また、職場に連絡を入れる場合は家族葬を希望していることを伝え、参列はご遠慮してもらうよう伝えましょう。
どうしても参列されたいという方は、通夜のみに参列してもらいましょう。

家族葬日程の決め方についてですが、一般葬との1番の違いは会葬者の集まりやすい日程を選ぶことです。

一般葬の場合は会社関係などの会葬者が多いので、土曜日・日曜日など休日に日程を組むことが多いようです。

しかし、家族葬の場合は家族や親族の都合を優先しますので、参列してもらいたい親族に早めに連絡を入れ、いつが1番集まりやすいかを把握する必要があります。

斎場・火葬場の空き状況

出棺後は火葬を行うため、火葬場の空き状況を確認しておきましょう。
火葬場や斎場が混雑していると火葬が行えない場合があります。
s
その場合は別の火葬場にするか、順番を待って翌日以降に火葬をすることになります。

このとき注意しておかなければいけないのは友引です。
友引の日は火葬場がお休みになっていることがあります。

そのため、利用しようと思っている火葬場が友引に利用できるのかどうか確認しておきましょう。
友引の他にも年末年始が休業の火葬場は多いので、確認しておくとよいかもしれません。

また斎場も、式が立て込んでいたりすると利用できない場合がありますので、担当者との打ち合わせの際に斎場の空き状況も確認しておくとよいでしょう。

菩提寺の僧侶の予定

枕経、通夜、葬儀、告別式の全てでご僧侶に読経していただく必要があります。
付き合いのある寺院に依頼する場合、その寺院が檀家を多く持っていると、ご僧侶の予定とこちらの希望日時が合わない可能性があります。

そのため葬儀の日程を決める際はなるべく早く連絡を取りましょう
その時はご僧侶の都合に合わせる形となることが多いようです。

また読経をお願いする菩提寺がない場合は、葬儀社から紹介してもらえます。
宗派やお布施の予算なども合わせ、早めに葬儀社へ相談しましょう。

忌引きがいつまで取れるかを確認

もし故人が近しい親族であった場合、葬儀までの間仕事を休む必要があります。
忌引きとは、家族や親族が亡くなり喪に服することをいいます。
忌引き休暇は会社の福利厚生や就業規則に則って定められています。

そのため、勤め先の上司に連絡してどのくらい休暇がもらえるのかを確認しておくとよいでしょう。

故人が亡くなってすぐに葬儀・告別式を行える日程であれば、忌引きは数日となります。
ですが、都合がつかずに葬儀・告別式までに日があいてしまう場合、長期休暇が必要になります。
そのため、故人の家族がすぐに仕事に復帰しなくてはならない事情がある場合は、日程を早めることも検討しましょう。

家族葬において、特にご遺族との予定を合わせることは重要です。
休みの日や仕事の都合も考慮し、できるだけ早めに打ち合わせをしておくとよいでしょう。

また、下記の記事では祖母の葬儀の際に忌引き休暇は取れるのかどうか説明しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

骨葬・前火葬の地域も

火葬を行う順番には3種類あります。

通常、葬儀というのは通夜→葬儀・告別式→火葬という順番で行われます。
関東・関西・九州などでは、この順番が一般的だと言われています。
このように最後に火葬を行うことを後火葬と呼びます。

しかし地域によっては火葬を行ってから葬儀・告別式を行っているところもあるようです。
火葬→通夜→葬儀・告別式の形式は骨葬と言います。
通夜→火葬→葬儀・告別式の形式を前火葬と言います。

東北の一部の地域などでは一般的な流れとして取り入れられているそうです。
自分の地域ではどの流れが一般的な葬儀なのか、確認しておくとよいでしょう。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した高品質かつ低価格の家族葬プランを455,000円(税抜)よりご用意しています。

また、事前の資料請求で通常価格から5,000円割引、終活ねっとの早割のお申し込みで最大71,000円割引もご利用いただけます。

家族葬のプランの特徴・内容・流れなどの詳細はこちらからご覧ください。



葬儀の日程が延びる場合はどうなる?

葬儀

希望通りの葬儀の日程が組めればそれが1番理想的です。
しかし、ご遺族や寺院との都合が合わなかったり火葬場や斎場が空いていないこともあるでしょう。
葬儀の日程が希望通りにならないときは、葬儀の日程が延びることになります。

葬儀の日が延びるということは、ご遺体を安置する期間が長くなることになりますので、安置期間が延びた場合もついても事前に考えておくとよいでしょう。
ここでは、葬儀の日程が延びた場合について解説します。

ご遺体の保管に費用がかかる

日が延びるほどご遺体の状態も悪くなりますので、ご遺体をできるだけ綺麗な状態で保管しなくてはいけません。
保管場所としては自宅や斎場控室、安置施設などがあります。

安置期間が延びると、延びた分だけご遺体の保管に費用がかかります。
安置するための場所代であったり、ご遺体を冷やすためのドライアイス代だったりと様々です。
保管するにあたって自宅や控室であればドライアイスの費用、安置施設であれば施設使用料が必要となってきます。

一般的に葬儀社に依頼した場合、2〜3日分の安置費用は含まれています。
その期間を超過した場合は別途費用が掛かることになりますので、事前に葬儀社へ具体的な費用と何日分まで含まれているのかを確認しておきましょう。

ドライアイス費用(自宅・控室)

一般的にドライアイスの費用の目安としては1日につき5000円~1万円といわれています。
また、控室に安置する場合は別途控室使用料がかかる場合があります。

施設使用料(安置施設)

施設使用料は一般的には1日につき5000円~3万円程度となっていおり、ドライアイス費用と比べると少し高めの料金となっています。

エンバーミングを行う必要がある

ご逝去されてから火葬を行うまで10日以上かかる場合は、ご遺体の腐敗が進んでしまい、ドライアイスでのご遺体保存ができなくなってしまいます。

そのような場合はエンバーミングというご遺体保存処理を行います。
エンバーミングを利用するとご遺体を10日~20日程度比較的綺麗な状態で保存することができます。

エンバーミングの費用についてはご遺体の大きさや状態で変動しますが、一般的には15万円以上が目安となっています。
高額な費用が必要となってくるので、注意が必要です。

お通夜を行わない家族葬もある

葬儀

基本的に、一般的な葬儀と家族葬の流れは一緒ですが、通夜を省略した家族葬があります。
そういった葬儀のことを1日葬といい、近年その割合を増やしています。

家族葬は一般の会葬者がほとんどいないため、親族の同意があれば形式を自由に変えることができるという特徴があります。
そのため、1日葬は家族葬の形式として取り入れられることが多いです。

具体的な流れとしては、通夜を行わず、葬儀・告別式から火葬までを1日で行う葬儀形式です。
単純に通夜や通夜振る舞いにかかる負担や費用を抑えることができます。

通夜のない1日葬は最近広がりを見せている葬儀であり、あまり認知されていないのも事実です。
行う際には、親族の間でしっかり話し合うようにしましょう。

通夜なしの家族葬については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

家族葬の日程についてまとめ

人々

いかがでしたか?
今回は家族葬の日程について、日程を決める際のポイントや安置方法についてお伝えしました。
まとめると以下のようになります。

  • 家族葬は、ご逝去後ご遺体を安置して葬儀の日程を決め、翌日に通夜、翌々日に告別式を行うという流れで行われる。

  • 日程を決める際には「家族や親族が参列しやすい日時の確認」「火葬場の空き状況確認」「菩提寺のご僧侶の予定の確認」「忌引きがいつまで取れるかの確認」の4つの点に留意する。

  • 火葬を葬儀の後に行う後火葬だけでなく、地域によっては前火葬や骨葬もあるため、地域の慣習を確認する。

  • 葬儀の日程が延びるとご遺体の保管に費用がかかる場合がある。

  • 10日以上ご遺体を保存する場合、エンバーミングをする必要がある。
    費用は15万円以上が相場となっている。

  • お通夜を行わない家族葬のことを一日葬といい、負担や費用を抑えることができる。

家族葬のメリットの1番は、故人の親しい方々のみで見送るので形式的な儀式にならないことです。
故人を心から偲び、寄り添う最期の時間を過ごすことができます。

今回の記事が、家族葬の日程についてお悩みの方の参考になれば幸いです。
「終活ねっと」では、他にも家族葬に関する記事を多数掲載しております。

こちらの記事では家族葬の費用について解説していますので、ぜひご覧ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • 一日葬にかかる費用はいくら?費用の内訳や一日葬の注意点まで解説のサムネイル画像
    一日葬にかかる費用はいくら?費用の内訳や一日葬の注意点まで解説

    みなさんは一日葬という言葉を聞いたことがありますか?近年葬儀を簡略化する流れがありますが、その中で注目されているのが一日葬です。しかし、実際にはどのくらいの費用がかかるのか知る機会は少ないですよね。今回は、一日葬の費用や注意点など詳しく解説していきます。

  • 家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像
    家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

    近年、葬儀のスタイルは多様化していると言います。中でも、家族葬は特に注目をされています。家族葬とはどんな葬儀で、どのように執り行うのでしょうか?この記事では家族葬の特徴、流れやマナー、費用相場の詳細と共に解説していきます。

  • 故人の死亡から葬儀までの日数とは?形式別の日数や決め方を解説!のサムネイル画像
    故人の死亡から葬儀までの日数とは?形式別の日数や決め方を解説!

    故人が亡くなることで、死亡届の提出から葬儀を執り行うまでの準備等で日数がかかります。またほとんどの場合、喪主を経験されたことが無い方が多いのではないでしょうか?ここでは故人の死亡から葬儀までにかかる日数、及び葬儀日程の決め方について詳しく解説します。

  • 葬儀は亡くなってから何日後にする?葬儀の日程や流れ・費用をご紹介のサムネイル画像
    葬儀は亡くなってから何日後にする?葬儀の日程や流れ・費用をご紹介

    葬儀を執り行う立場になったことのない方は、亡くなってから何日後に葬儀をするのかわからないという方も多いのではないでしょうか。葬儀の日程を決めるには、いくつかの留意すべき点があります。今回は、そんな葬儀の日程の決め方を、葬儀の流れや費用と共に詳しくご紹介します。

  • 葬儀代を安くする方法8つとは?葬儀費用の相場や内訳と徹底比較のサムネイル画像
    葬儀代を安くする方法8つとは?葬儀費用の相場や内訳と徹底比較

    葬儀の費用はできるだけ安く済ませたいところですが、いざ葬儀を行うと結構なお金がかかってしまいますよね。しかし、実は葬儀代を安く済ませることができる方法がいくつかあるのです。今回は葬儀代を安くする方法を、ほかの葬儀と比較しながら8つご紹介します。

  • 家族葬の形式ってどんなもの?メリットや注意点についても解説!のサムネイル画像
    家族葬の形式ってどんなもの?メリットや注意点についても解説!

    大切な方が亡くなったら葬儀を行いますよね。近年多く行われるようになってきた葬儀形式が家族葬です。では家族葬とはいったいどのような形式で行われ、他の葬儀形式とどのようの異なるのでしょうか。今回は家族葬の形式について、メリットや注意点もあわせてご紹介します。

  • 家族葬と一般葬の違いとは?それぞれの特徴や費用の違いを詳しく紹介のサムネイル画像
    家族葬と一般葬の違いとは?それぞれの特徴や費用の違いを詳しく紹介

    家族葬という葬儀形態を最近よく耳にすることはないでしょうか?昨今葬儀の形式として選ばれることが多くなってきている家族葬ですが、一般葬とどのような違いがあるのかご存知ですか?今回は、家族葬と一般葬の違いについて、それぞれの特徴や費用の差異と共に紹介していきます。

  • 家族葬と一日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説のサムネイル画像
    家族葬と一日葬の違いとは?流れや費用、メリット・デメリットを解説

    最近では参列者を親族と近親者に絞った家族葬が一般的になってきました。また小規模でかつ1日で葬式を終えることのできる一日葬という葬儀も提案されています。今回、終活ねっとはそんな家族葬と一日葬の違いや流れ、メリット・デメリット、詳しい費用の比較をご紹介します。

  • 家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像
    家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

    近しい親族だけで行う家族葬は費用が抑えられるイメージがありますが、100万円かかるという話も耳にします。実際には家族葬の費用はどのくらいかかるのでしょうか。今回は家族葬の費用は本当に100万円かかるのかについて、費用の内訳と一般葬との比較も合わせて解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事