家族葬のメリットとデメリットとは?費用や注意点についても解説!

家族葬のメリットとデメリットとは?費用や注意点についても解説!

お葬式が多様化する現代において、家族葬を選ばれる方が増えています。小規模な家族葬ですが、メリットとデメリットにはそれぞれどのようなものがあるのでしょうか。今回は家族葬のメリット・デメリットについて、費用や家族葬を行う際の注意点についても含めて解説します。

最終更新日: 2020年06月27日

家族葬のメリットとデメリットについて

葬儀

近年、家族葬という葬儀の形式が広がりつつあります。
家族葬は親族や近しい方たちだけで故人を見送る小規模な葬儀ですが、家族葬にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、家族葬のメリットとデメリットについて以下の項目を中心に解説します。

  • 家族葬と一般葬との違いは?

  • 家族葬のメリットは?

  • 家族葬のデメリットは?

  • 家族葬を行う場合に注意することは?

終活を考える時に1番大きな問題は、「葬儀をどうするか」ということだと思います。
どこで葬儀を行うのかという場所選びから、費用の目安、葬儀の案内状をどの範囲まで出せば良いのかなど、決めなくてはならないことがたくさんあります。

家族葬のメリット・デメリットをしっかり理解された上で、終活の1つとしてお考えいただければと思います。
また、家族葬を行う際の注意点についてもご紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬ってなに?一般葬との違いは?

葬儀

家族葬は、ご遺族や親族、親しい友人や知人のみで故人を送る小規模な葬儀です。
一般的な葬儀と比べて参列者は少なくなりますが、通夜も告別式は一般葬と同様に行われます。

家族葬が広まった背景としては、高齢化社会があります。
葬儀を行うご遺族も高齢化し、精神的・身体的負担を避けるために家族葬を選択される方が増えています。

また高齢化が進むことで友人関係などが希薄になり、身内のみで送ることが多いようです。
義理や付き合いでの参列ではなく、心の通った葬儀を求める風潮も、家族葬が広まる一因となっています。

家族葬についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事で解説していますので、こちらも合わせてお読みください。

家族葬のメリットについて

葬儀

ここからは、家族葬のメリットを挙げていきます。
家族葬では参列者が少なく済むため、さまざまなメリットがあります。

費用を抑えられる

家族葬のメリットで1番大きいのは、費用を抑えられるということです。
家族葬は小規模な葬儀なので、セレモニーホールの使用料も抑えることができます。

また、一般的な葬儀では、葬儀費用に加えて参列者の飲食費や返礼品に多くの費用がかかってしまいます。
一方家族葬では参列者が限られるため、飲食費や返礼品の費用も抑えることができます。

「終活ねっと」では家族葬のプランを、455,000円(税抜)よりご用意しており、終活ねっとの早割で最大71,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



少ない人数でゆっくりとお別れできる

家族葬では参列者が親族や近しい友人、知人に限られるため、義理や付き合いだけの参列者に気を遣う必要がなく、焼香の時間や順番に煩わされることもありません。

そのため、心の通った近親者といった少ない人数でゆっくり故人とお別れできるメリットがあります。

葬儀内容を自由に変更できる

家族葬では、参列者が少ないので葬儀の内容を自由に変更することができます。

一般的な葬儀では、たくさんの参列者が順番に焼香を手向けるのが通例です。
しかし家族葬ではその必要がないため、ご遺族の方の意向を反映した葬儀にすることができます。

故人が生前、趣味で作成したものを並べたり、思い出の写真を飾ったりなど、家族葬では葬儀内容を自由に変更できるメリットがあるのです。

ご遺族の方の負担を減らせる

一般的な葬儀では、ご遺族の方は多くの参列者に対して、返礼品や飲食のことなど、さまざまな気配りをしなくてはなりません。

また、多くのお香典を受け取れば、葬儀中の多額の現金の管理、そして葬儀後の香典返しの手配までかなりの負担となってしまいます。
悲しみの中にいるご遺族の方にとって、このような作業はとてもたいへんなことです。

一方、家族葬での参列者は親族や近しい友人、知人に限られます。
返礼品やお香典、飲食のことについても、参列者が少人数であれば負担はかなり少なくなります。
少人数での家族葬は、ご遺族の方の負担を減らすメリットがあるのです。

家族葬を行う方法について気になる方は、以下の記事で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください。

家族葬のデメリットについて

葬儀

それでは次に、家族葬のデメリットについて挙げていきます。
家族葬は今までにない形式の葬儀です。
親族や近しい友人、知人のみで行う葬儀なので、そのことから伴うデメリットも考えられます。
家族葬のデメリットについても詳しく知っておくことが大切です。

弔問対応の負担が増す可能性がある

家族葬のデメリットとして、弔問対応の負担の大きさがあります。

家族葬は参列者が限られるため、葬儀を終えた後に「ぜひお参りをさせていただきたい」と弔問に来られる方がいるかもしれません。
その都度、ご遺族の方は返礼品を用意して弔問者を迎える必要があります。

弔問者は個々に都合をつけて訪れるため、家族葬では葬儀後も、弔問対応の負担が長く続く可能性があります。

多くの方の理解が必要になる

家族葬の2つ目のデメリットは多くの方の理解が必要になることです。
家族葬では、親族と近しい友人、知人のみで故人を偲ぶこととなります。
考え方によっては寂しいお葬式と取られてしまうかもしれません。

今までの葬儀では、親族や友人知人だけではなく、ご近所の方やご縁があった多くの方に参列していただくことが故人の供養になると考えられていました。
参列者が多いことが、そのまま故人を悼むことにつながっていました。

また、故人に対して「葬儀でお別れができなかった」と悔やまれる方もいらっしゃる可能性があります。
家族葬では、その趣旨を多くの人に共有して理解を得る必要があります。

家族葬後にお別れ会の必要がある

家族葬は参列者が限られるため、故人の交際範囲が広い場合や社会的地位が高い場合など、葬儀後に関係者を招いて、お別れ会を開かなくてはならないというデメリットがあります。

お別れ会は「偲ぶ会」とも呼ばれ、ホテルで賑やかに会食をしながら故人を偲んだり、法要と兼ねてセレモニーホールで行ったりします。
いずれにせよ、会場を選んだり案内状を用意したり費用を工面したり、ご遺族の方には大きな負担となりかねません。

家族葬をする時には、葬儀後のお別れ会のデメリットについても考えておく必要があります。

香典の収入が少ない

家族葬では香典を辞退する場合がほとんどです。
香典を受け取るとしても、参列者の人数が少ないので、香典の収入金額は少なくなってしまいます。
そのため、葬儀費用をご自身で賄わなければいけない点がデメリットとなっています。

家族葬を行う際に気を付けること

葬儀

家族葬を行うには、メリット・デメリットの他にも、いくつかの注意点があります。
葬儀は故人だけでなく親族にとっても大切なものです。

家族葬を円滑に進めるために、次のことには注意する必要があります。
ここでは、家族葬を行う際の注意点について解説します。

ちゃんと訃報を知らせる

家族葬で難しいのは、どの範囲に訃報を知らせるかということです。
一般的に、親族は以下の方々までは訃報を知らせておいた方が無難です。

  • 直系の家族

  • 故人の子供の家族

  • 故人の配偶者の家族

  • 故人の兄弟姉妹

親しい友人・知人についてよく分からない場合は、メールアドレスや年賀状などを参考にするといいでしょう。

また家族葬を終えた後、親しい方には葬儀を終えた事情を述べる挨拶状を出し、故人の訃報をきちんと伝えるようにします。

返礼品は必要?

一般的に返礼品には、会葬返礼品と香典返しの2種類があります。
会葬返礼品とは500円~1000円程度が相場で、すべての弔問客に配られるものです。
香典返しは、いただいた金額の半額~1/3程度が相場となっています。

家族葬での参列者は親族や親しい友人・知人ですが、「親しき中にも礼儀あり」ということで、返礼品は渡した方が無難です。

人数により一般葬の方が費用を抑えられる?

先ほど家族葬では葬儀費用を抑えられると解説しましたが、場合によっては一般葬よりも高額になる可能性もあります。
家族葬は自由な形式で行える分、オプションを加えることで費用が高額になる場合もあるのです。

また、一般葬は香典の収入で葬儀費用を賄うことが可能です。
一方で家族葬は先述した通り、香典の収入がないもしくは少額なので、葬儀費用を賄うことが難しいということも理由の1つです。

一般葬と家族葬のどちらを選んだほうが費用が抑えられるか一度検討したほうが良いかもしれません。
家族葬と一般葬の費用の比較についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

親族間で話し合ってから決めましょう

家族葬はまだそれほど浸透していない形式の葬儀のため、親族によっては受け入れられない可能性もあります。
少ない人数での葬儀を、故人に対して申し訳なく思う方もおられるかもしれません。

家族葬を営むにあたっては、事前に親族間できちんと話し合いをすることが大切です。

家族葬のメリットとデメリットのまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、家族葬のメリットとデメリットについてご紹介しましたが、いかがでしたか?
この記事では以下の点を中心に解説しました。

  • 家族葬とは、親族や親しい知人だけで営まれる葬儀。

  • 参列者が少ないため、会場や返礼品等の葬儀費用が抑えられる点、近親者だけでゆっくり故人とお別れができる点がメリットとなっている。

  • 家族葬はご遺族の方の意向に沿って内容を自由に変更することができ、ご遺族の方の様々な負担が軽くなる。

  • 家族葬には、弔問客の対応や周囲の方とのトラブルの可能性、お別れ会の負担などのデメリットもある。

  • 家族葬を行う際の注意点は、しっかりと訃報連絡をすること・返礼品を用意する・親族間で話し合うなどがある。

家族葬についてのメリットとデメリットを理解していただけましたでしょうか。
葬儀はご自身にとっても、残された方にとっても大切な儀式です。
終活のひとつとして、家族葬のことも考えていただければと思います。

終活ねっとでは、この他にも葬儀やお墓について詳しくまとめて掲載しています。
こちらの記事は、葬儀の費用相場や内訳、安くする方法について分かりやすくまとめていますので、ぜひこちらもお読みください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す