葬儀後に行う挨拶の正しい伝え方は?タイミングやマナーも解説!

葬儀後に行う挨拶の正しい伝え方は?タイミングやマナーも解説!

葬儀後に行う挨拶を「いつ、どんな方法で行えばいいの?」という声を多く聞きます。葬儀そのものに関わることは人生においてそう多くありません。葬儀の度に葬儀後の挨拶に悩む方は多いようです。今回は、葬儀後に行う挨拶の正しい伝え方やタイミングを解説していきます。

最終更新日: 2020年02月28日

葬儀後の挨拶について

葬儀

どのような方でも、葬儀後の挨拶の内容やタイミングには悩んでしまいがちなものです。

厳粛なお悔やみの場面では、参列者の立場としては葬儀後の挨拶をどのように行えばよいのかわからない方は多いと思います。
また、喪主や遺族側の立場になると参列者への挨拶はいつすべきか悩んでしまう方も多いでしょう。

終活をしている方にとって自分や親族の葬儀の際、挨拶のタイミングや方法は重要となってきます。

今回「終活ねっと」では葬儀後の挨拶の正しい伝え方について以下の項目を解説していきます。

  • 葬儀後の挨拶を行うタイミングはいつ?

  • 葬儀後の挨拶は誰にすべき?

  • 葬儀後に挨拶をする手段は何がある?

  • 葬儀後の挨拶を訪問して行う際はどんな服装で行くのがいい?

  • 葬儀後の挨拶に対する返事はどう書けばいい?

挨拶のタイミングやマナーも解説していきますので最後までお読みいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀後の挨拶はいつするの?

葬儀

葬儀後にする挨拶のタイミングはいつがよいのでしょうか?

結論から言うと、一般的には葬儀後1週間以内に挨拶を済ませるのが基本的なマナーとされています。

1週間以内に間に合わなかったとしても葬儀後なるべく早く、何らかの方法で葬儀後の挨拶を済ませるとよいでしょう。

ただし、葬儀の方法や規模によっては葬儀後の挨拶の方法やタイミングは異なってきます。
また、参列者の故人との関係や、親族との関係によって挨拶の方法は変わってくるのです。

地域によっては葬儀を手伝っていただいた近所の方々など、どのような社会的立場の人に挨拶をするかによってタイミングや挨拶の方法を調整する必要もあります。

誰に葬儀後の挨拶をするの?

葬儀

葬儀後の挨拶は主に誰にすべきものなのでしょうか?

葬儀の規模や故人との関係などによって、葬儀後の挨拶を誰にしたらよいかが変わります。
挨拶で失礼がないように、また挨拶漏れがないように済ませたいものです。

ここでは、誰に葬儀後の挨拶をすべきかについて解説します。

参列者の方

葬儀の参列者の方には、基本的に挨拶をした方がよいです。
ただし葬儀の規模や参列者の立場によって、葬儀後の挨拶の方法は考える必要があります。

葬儀の規模が大きく参列者が多い場合は、全員の方に挨拶をするのは難しいです。
まずは葬儀当日、会葬御礼を用いて書面で挨拶を行うようにします。

そして参列者の中でも立場が重要な方(例えば、遺族の会社の上司など)には、葬儀後1週間以内に菓子折りなどを持参して、直接挨拶に伺うとよいでしょう。

一方、葬儀の規模が小さい場合は当日に挨拶を行うとよいでしょう。
挨拶を行う際は、喪主や遺族から会葬御礼を手渡ししましょう。

香典・供花・弔電を頂いた方

葬儀に参列せず、香典・供花・弔電を頂いた方には、何らかの挨拶をするのがマナーです。

ただし葬儀に参列されずに香典・供花・弔電を用意してくださった方というのは、遠方の方が多く、直接訪問して挨拶するのは難しい場合があります。

香典を頂いた方で遠方に在住の方に対しては、香典返しとして発送する品物に礼状を添えるとよいでしょう。
供花を頂いた方にも、お礼の品物と礼状を添えてお返しの挨拶をされるとよいでしょう。

また、弔電を頂いた方への挨拶は手紙で返事をするのが一般的です。
葬儀会社を使った場合は、葬儀会社でいくつか例文が用意されている場合があるので活用するとよいでしょう。

また、香典返しについては以下の記事でより詳しく解説しておりますので詳しく知りたいという方は合わせてご覧ください。

寺院や教会の関係者

寺院や教会の関係者というのはつまり神職の方ですが、この方たちは葬儀においても不可欠な存在です。
そのため、葬儀後の挨拶におい寺院や教会の関係者への挨拶は重要といえるでしょう。

日程・服装・人数

冒頭で「一般的には、葬儀後の挨拶は1週間以内に済ませる」と解説しました。
しかし、寺院や教会の関係者にはそれよりも早く、葬儀の翌日や翌々日に挨拶に行くのが良いとされています。

挨拶の際の服装は決まっていませんが、葬儀後なのでカジュアルな服装は避けるようにしましょう。
また、かしこまった服装でも明るい色の服装は避けるようにしてください。

寺院や教会の関係者へ挨拶に行く際は、喪服またはそれに準じた服装にするようにしてください。

また挨拶に行く際は、できれば喪主ともう1人くらいで行くのが良いとされています。

挨拶にはお布施やお礼のお金を持参する場合もあります。
葬儀を葬儀社を通して行う場合は、担当者に相談するとよいでしょう。

お布施の金額は尋ねてもよい

規模の小さい葬儀を行い、寺院や教会に直接頼んで葬儀を行ったとき、お布施やお礼の金額をいくらにするのか悩みどころです。
そんな時は、葬儀を行ってもらった寺院や教会に聞くのが一番確実な方法です。

直接尋ねるのは失礼にあたるのでは、と心配される方もいると思います。
しかし、寺院や教会には宗派ごとの格付けなどもあるので、こちらで用意した金額が実は少なすぎて失礼にあたる場合もあります

したがって寺院や教会へ挨拶に行く際は、直接聞いて確認することをおすすめします。

故人の職場・会社関係者

葬儀後の挨拶において、故人の職場・会社関係者への挨拶は場合によります

例えば、故人は職場においてどのような立場にあったのか、葬儀への参列者は職場の責任者であったのかなどです。

それとも、故人の会社関係者として香典持参で参列したのか。
状況によって、故人の職場・会社関係者への挨拶の仕方も変わってきます。

先に解説したように、例えば社員一同での香典をいただいた程度であれば、場合によってはメールを使って挨拶に替えさせてもらう方法を用いたりします。

しかし、職場の取締役などの重役が葬儀に参列されたときは対応が異なります
菓子折りなどを持参し、アポイントメントをとって正式に挨拶に伺うのがマナーです。

取引先にも挨拶をするの?

故人の勤め先の取引先に挨拶をするのかについてですが、これも上と同様に故人の職場に関係する人物だといえるので、職場と同じような対応をすることになるでしょう。

取引先への挨拶は、香典や供花などの対応に見合う挨拶の対応をするのがマナーとされています。
その方法については、直接伺っても、メールでもどちらでも構いません。

葬儀後の挨拶の方法

葬儀

では、葬儀後の挨拶の方法には、どのような方法があるのでしょうか?
詳しく解説していきます。

手紙・礼状で挨拶をする

最も多く用いられている挨拶の方法は、手紙・礼状で挨拶をする方法です。

通夜・葬儀に参列してくださった方にお渡しする会葬御礼も、手紙・礼状での挨拶になります。
会葬御礼には、礼状・500円~1000円程度の品物・お清めの塩を添えるのが一般的です。

また後日香典返しと一緒に手紙・礼状を添えて、葬儀後の挨拶とする方法も多く用いられます。

メールで挨拶をする

葬儀後の挨拶をメールでする方法も、近年では用いられるようになりました。
メールで挨拶するのは、失礼にあたるのではと心配になるかもしれません。

しかし、近年は仕事・ビジネスでメールを多用する時代です。
文面にもよりますが、メールを用いて公式的な挨拶をすることは必ずしも失礼にはあたりません

特に、喪主や遺族になった際には職場から香典やお花などをいただくことが多くなります。
職場の方には、社内メールなどを活用して挨拶する方法を用いる場合が多いです。

また、故人や遺族の勤務先の方が多く参列して頂いた場合もメールを使うと便利です。

メールでの挨拶は以下の記事でより詳しく解説しておりますので、さらに詳しく知りたいという方は合わせてお読みください。

直接訪問して挨拶する

挨拶をする相手の立場によっては、葬儀後の挨拶は直接訪問して行うとよいでしょう。

地方では葬儀は隣組などの近所の人が手伝うことが慣習になっている地域があります。
町内会長や自治会長が近所の人のまとめ役を買ってくださることも多いです。

地域の繋がりが強い場合は、葬儀後は直接訪問して挨拶をすることが望ましいです。
できれば、菓子折りなどを持参して挨拶に伺うとよいでしょう。

葬儀後の挨拶の例文・言葉について

葬儀後の挨拶の文章について迷ってしまいますよね。
葬儀会社に葬儀を頼んでいれば、葬儀会社でいくつかの挨拶の例文が用意されています。

ですが最近はインターネットが活用できる時代となったので、「葬儀後 挨拶 例文」のように入力して検索して出てきた例文を参考にするのも手段のひとつです。

葬儀後の挨拶文の例文は、以下の2文のような形式が一般的です。

故 〇〇〇〇 儀 告別式に際しましては、ご多用中にもかかわらずご会葬下さり、且つご丁重なるご厚志を賜りまして、ありがたくお礼申し上げます。略儀ながら書中をもちまして謹んで御礼申し上げます。
故 〇〇〇〇 儀 葬儀にあたりましては、遠方からお越しいただき、また御供物までをも賜りまして誠にありがとうございました。不慣れなことで、覚束ないばかりで御座いましたことをお詫び申し上げます。略儀ながら書中をもちまして厚く御礼申し上げます。

型にはまった例文は好まないという方は、葬儀会社やインターネットで検索した例文をもとにアレンジするのも1つの方法です。

また、挨拶の文章を考える際に最も注意すべき点は誰の葬儀であったのかをわかりやすくすることです。
一般的には文中に「故 〇〇〇〇 儀」という表現を用いて、故人が誰であるかをわかりやすくします。

また、あまりにも長文にならないように文章をまとめることも大切です。
あくまでも葬儀後の挨拶の文章であることを忘れずに、例文を活用してください。

葬儀後の挨拶状の例文についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクも合わせてご覧ください。

訪問して挨拶する場合の服装は?

葬儀

葬儀後に訪問して挨拶する際の服装は、喪服でなくてもよいとされます。
葬儀が終わった後まで喪服を着て挨拶をするのは、葬儀という非日常をいつまでも感じさせてしまうのでマナー違反だとする考え方もあります。

そのため、葬儀が終わった後に挨拶に伺う際の服装は平服でもかまいませんが、喪服に準じた色(黒ベースなど)を選び、先方に失礼のない服装を着用するのがマナーです。

あまりにもカジュアルな服装や、スーツ類であっても明るい色の服装は避けるようにしましょう。
また、アクセサリーなどは結婚指輪以外は外すのが無難でしょう。

いずれにしても葬儀後の挨拶であるという場面を忘れずに、服装を選ぶようにしてください。

葬儀後の挨拶に対する返事はどうする?

仏壇

葬儀後の挨拶への返事に悩む方も多い事と思います。

通夜や葬儀では、たとえば「ご愁傷様でした」という言葉が多く使われます。
ただ、葬儀が終わった後に行う挨拶では失礼にあたることさえなければ、このような堅い言葉のみを使わずとも問題ないでしょう。

基本的には遺族・喪主の方の身体をいたわったり、気遣うような言葉をかけるのがよいといえます。
具体的には以下のような例になります。

葬儀後のお忙しい中、ご挨拶をありがとうございます。改めて、この度はお悔やみ申し上げます。
未だにお忙しい事とは思いますが、体調を崩さぬよう、お身体にも気を付けてお過ごしください。

葬儀後の挨拶についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回、「終活ねっと」では葬儀後の挨拶のタイミングやマナーについて、以下のことを解説してきました。

  • 葬儀後の挨拶は、1週間以内に済ませるのが基本的なマナーであり、故人との関係性や社会的立場などを考慮して挨拶の方法やタイミングを調整するのがよい。
    ただし寺院や教会関係者へは、葬儀の翌日か翌々日に済ませるのが良いとされている。

  • 葬儀後の挨拶は手紙・礼状を用いたり、直接訪問する方法があるが、近年は場合によってはメールで挨拶を済ませる方法も用いられている。

  • 葬儀後の挨拶の文章を考える上で重要なことは、誰の葬儀であったかを明らかにすることと、できるだけ簡潔にまとめること。

  • 葬儀後の挨拶をする相手は参列者の他、香典・供花・弔電を頂いた方、故人の職場や会社関係者・取引先などである。
    全体を通して大切なことは、全員を押しなべて扱うのではなく立場や関係性で対応を変えていくことである。

  • 訪問して挨拶する場合の服装は、平服でかまわないが喪服に準じた服装をこころがける
    その際、明るい色のスーツや結婚指輪以外のアクセサリーなどは避けるようにする。

  • 葬儀後に喪主側から来た挨拶に返信する際には、葬儀当日のような堅い言葉を使う必要は必ずしもない
    また、喪主の身体を気遣ったり、助けになれることをつたえるのがよい。

葬儀後の挨拶は、一般的には1週間以内というタイミングで行うのがよいとされています。
また、お世話になった寺院や教会へは、さらにそれよりはやく済ませるのがよいとされます。

葬儀直後は慌ただしく落ち着かない時期ではありますが、早めの挨拶を済ませるようにすると、失礼に当たらないでしょう。
故人も含め、葬儀に関係する全員に対して礼を失わないためにも、挨拶は大事です。

「終活ねっと」では、他にも葬儀や葬儀におけるマナーに関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では葬儀費用について詳しく解説しておりますので、気になる方は合わせてお読みください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す