枕経(まくらぎょう)の後に渡すお布施について解説します!

枕経(まくらぎょう)の後に渡すお布施について解説します!

皆さんは枕経というものをご存知でしょうか?枕経とは亡くなった方のご遺体を安置する際にあげてもらうお経のことで、昔は枕経に触れる機会も多いものでした。その枕経をあげてもらった場合、僧侶に手渡すお布施はどのようなものなのでしょうか?今回は枕経のお布施に迫ります。

最終更新日: 2020年12月18日

枕経のお布施について解説

葬儀

近年の葬儀において、すっかりなじみが薄くなったものに枕経というものがあります。
おそらく、この記事を今読んでいる方の中にも枕経というものを初めて耳にした方も少なくないでしょう。

枕経とは、人が亡くなった後に枕もとで挙げられるお経のことで、故人の霊が途中で迷うことなく成仏することを願う内容となっています。
また、故人の臨終前にあげる場合もあり、こちらが本来の枕経の意味とされています。

かつては故人の葬儀は故人宅で執り行うことが多かったため、故人の遺体の納棺の前に僧侶が枕経を挙げる姿を見かけることも少なくありませんでした。

しかし、現代では葬儀は基本的に葬祭場で行われるうえ、亡くなった方の遺体も病院から直接葬儀の会場に運ばれることも少なくないため、枕経をあげる光景を見かけることがめっきりと少なくなりました。

そのため、枕経をあげてもらうことになった場合、その際のお布施についてどうすればよいか迷う方も少なくありません。

今回「終活ねっと」では、枕経のお布施についていろいろと見ていきます。

具体的には、

  • 枕経のお布施の書き方について

  • 枕経のお布施の費用の相場はどのくらいか?

  • 枕経のお布施を渡すタイミングはいつが適切か?

  • 僧侶へのお車代はどうすればよいか?

  • 枕経単独のお布施については準備すべきか?

という各ポイントを中心に説明していきます。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

枕経のお布施の書き方

葬儀

枕経に対するお布施で最初にぶつかる疑問として、「枕経のお布施を包むのし袋にはどのように書けばよいか?」というものがあります。

ただでさえ、現代の私たちは枕経というものとあまり縁のない状況ですので、枕経のお布施を包むのし袋の書き方についても迷ってしまいがちです。

そこで、ここでは枕経のお布施を包むのし袋の書き方について見ていきましょう。

表書きは?

のし袋にはやはり表書きが欠かせないものですが、枕経についてはどのように書けばよいのでしょうか?

まず、葬儀におけるお布施ですが、実は枕経のみならず、その後の通夜や葬儀、還骨勤行(火葬後に故人の遺骨が家にもどってきた際に行うもの)、そして初七日(故人が亡くなった日から数えて7日目に行われる法要のこと)の分をまとめて僧侶に手渡すというのが一般的です(ちなみに、初七日については現在では葬儀当日にまとめて行う場合も多いです)。

他にも戒名料(故人に戒名をつけてもらうための費用のこと)もお布施とまとめて手渡す場合も少なくありません。

いずれにせよ、枕経単独でお布施を手渡すということはほとんどないということです。

このため、枕経も含めてのお布施であるため、その際の表書きは御布施(もしくはお布施)と記します。

なお、「志」「寸志」「御礼」などと書く場合もありますが、宗派によってはそのような表書きを敬遠する傾向もありますので、これらの表書きを書くときは僧侶の宗派に対して適切かどうかを確認しておくことが大切です。

施主の名前は書くの?

表書きの下側に施主の名前が書けそうなスペースがありますが、お布施の場合は記すものなのでしょうか?

結論をいえば、書くようにしましょう。
ここに書くのはあくまでも葬儀を執り行った人の名前、もしくは葬儀を執り行った家(「〇〇家」)の名前です。

できれば施主の名前をフルネームで記すほうが間違いを防ぐことにもつながります。

薄墨で書くのは良くない?

葬儀関係のお布施を書く際に使う墨として、薄墨を使いがちですが、これは間違いです。

というのは、お布施はあくまでもお経をあげるなどしてくれた僧侶に対するお礼のために手渡すためのものだからです。
そのため、お布施の表書きを書く際は薄墨ではなく、普通の黒い墨を使うのが適切です。

ちなみに薄墨を使うのは、葬儀で弔問客が香典を手渡す場合です。
つまり、葬儀にやってきた弔問客が故人の死に対する悲しみの気持ちを示すために、あたかも涙で墨が薄くなったように見えるような薄墨を用いるというのが本来のマナーです。

枕経のお布施の費用相場は?

葬儀

枕経の表書きについてはこれで大方理解していただけたかと思います。
しかし、枕経関係の費用についても疑問を持つ方が少なくないのではないでしょうか?

ここでは、枕経のために必要な費用について見ていきたいと思います。

基本的な相場として枕経の費用は1回につき1万円から2万円といわれています。
なお、枕経の読経の時間は大方30分から40分とされています。

宗派によって費用は変わるの?

枕経にかかる基本的な費用は上記のとおりですが、日本の仏教には宗派がいくつもあるため、宗派によっては費用が変わってくるのではないかと思う方も少なくないかと思います。

まさしくその通りで、宗派によって枕経に対する考え方が違う分、宗派によって枕経にかかる費用の相場も大きく異ります。

ただし、この後触れるように枕経単独での費用というのはどの宗派でも厳密に決まっているわけではないため、具体的な金額については枕経の分も含めたお布施全体の額で説明することになります。

以下では曹洞宗と浄土真宗の事例を説明していきます。

曹洞宗

禅宗の宗派の1つに数えられる曹洞宗の場合、枕経はまず故人の枕もとに机を置き、その上にろうそくや線香、花、水などをお供えしたうえで読経が行われます。

なお、ここで読経されるのはいずれも曹洞宗の禅の思想が記された『宝鏡三昧(ほうきょうざんまい)』や『参同契(さんどうかい)』の場合が多いです。

気になる費用については、特に決まっているわけではないので一概に説明するのは難しいです。
が、曹洞宗は他宗派に比べて比較的高い傾向にあるとされています。

参考までに枕経を含めたお布施の金額を書いておきますと、おおむね30万円から60万円というのが一般的です。
なお、このお布施の費用の中には戒名料も含まれるため、故人に与えられた戒名の格式やその字数によっても大きく変化することがあります。

浄土真宗

浄土真宗の場合も枕経(臨終勤行)は行いますが、故人の遺体の枕もとでは行いません。
その代わり、仏壇もしくは掛け軸の本尊に対して行います。
そして、枕経をあげる対象も故人に対してではなく、遺族の方が主な対象となります。

なお、同じ浄土真宗でも本願寺派(西本願寺)と、大谷派(東本願寺)とでは枕経の際に読経に用いる経典が異なります。
本願寺派では『阿弥陀経(あみだきょう)』を、大谷派では『正信偈(しょうしんげ)』を読経するのです。

浄土真宗の場合の枕経の費用についても、特に決まりはないので一概に説明することは難しいです。
しかし、こちらも枕経の分も含めた全体的なお布施の費用で考えると、おおむね25万円から50万円となり、先ほど説明した曹洞宗の場合に比べるとひとまわり安くなる傾向にあります。

なお、この金額の中にはいわゆる戒名料も含まれる計算ですが、浄土真宗では戒名ではなく法名と呼びます。

また、浄土真宗におけるお布施は、寺院や僧侶に対する謝礼を意味するものではないため、その表書きにも注意が必要です。
このため、「志」「寸志」「薄謝」「御礼」「御経料」「供養料」といった表書きは避けるようにしましょう。

枕経のお布施を渡すタイミングは?

葬儀

枕経のお布施を渡すタイミングはいつ頃がよいのでしょうか?

まず、これは先ほども少し触れましたが、枕経のお布施は葬儀やそのあとの初七日が終わった段階で僧侶に渡されるのが一般的です。

このため、一連の葬儀の流れが終わって心身共に落ち着いた段階で手渡すとよいでしょう。

なお、お布施を手渡す際には、直接手から手へ渡すのではなく、お盆に載せた形で渡すようにするのが望ましいとされています。

僧侶(お坊さん)へのお車代も必要

葬儀

枕経に限らず、葬儀や法事などで僧侶に渡すお布施で気になることとしてお車代についてどうするかという問題があります。

お車代とは、いわば交通費(具体的にはガソリン代やタクシー代など)のことで、ここでは枕経をあげてもらうために僧侶にわざわざ来てもらったことへの感謝の意味を込めてお渡しするものです。

そのうえ、枕経は多くの場合、故人の自宅であげてもらうことが多いため、やはり僧侶には自宅までご足労を願うことになります。

よって、枕経に対する僧侶へのお車代は手渡すことになります。
ただし、普通の葬儀のお布施と違って、こちらは枕経をあげてもらった当日にそのまま手渡すことになります。

ちなみに、お車代の費用の相場は5000円から1万円というのが一般的です。

枕経単独のお布施は準備しないの?

葬儀

枕経のお布施についてここまで見てきましたが、最後に枕経のお布施だけを当日に渡すということはないのか、という点を疑問に思われる方もいることでしょう。

結論からいえば、枕経のお布施だけを単独で用意する必要はありません。

葬儀のお布施は基本的に告別式まで終わった段階で戒名料などとまとめて手渡すのが一般的で、枕経に対するお布施もその中に含まれるためです。

枕経のお布施についてまとめ

葬儀

現代人にとってはあまり身近ではない枕経や、枕経のお布施にまつわるお話でしたが、いかがでしたか?
今回の記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 枕経のお布施そのものは一連の葬儀やそのあとの初七日が終わった後にまとめて手渡すため、「お布施」(もしくは「御布施」)でよい。さらにのし袋の下半分に施主のフルネームもしくは家の名前を書く。なお、使用する墨は黒墨を使うのがマナーである。

  • 枕経のお布施の相場については宗派でも考え方が違ううえ、単独で手渡すことがないため一概に説明することは難しい。結局お布施全体の金額で考えることになる。

  • お布施を手渡すタイミングについても、枕経を含め葬儀や初七日までの分、さらに戒名料をまとめて手渡すため、初七日の法要まで終わった段階で手渡すことになる。

  • 枕経に対するお車代については、わざわざ故人宅などにご足労を願っているため、手渡す必要がある。なお、お車代は枕経をあげてもらった当日に手渡す。

  • 枕経単独でお布施を手渡すということはないため、単独で用意する必要はない。

かつては自宅で葬儀を行うのが一般的であったため、枕経をあげる光景を目にすることも多かったのですが、現代では葬儀の簡略化や葬儀会場の整備などの影響もあって、枕経というものが縁遠い存在になりました。

しかし、枕経や枕経に対するお布施のことは知らないよりは知っておいた方がよいといえます。
人によっては枕経をあげてもらった方が安心するという人もいるので、その人のためにも予備知識として知っておくことは決して損ではないといえます。

今回「枕経のお布施」について紹介しましたが、「終活ねっと」では他にも「葬儀のマナー」に関する記事を載せていますのでもし良ければ参考にしてみてはいかがでしょうか。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事