葬儀のストッキングの選び方は?季節や服装による違いや注意点も解説

葬儀の時は相応しい格好をしなければいけませんよね。女性ならどのようなストッキングを履けばいいのでしょうか?ここでは葬儀に相応しいストッキングの色や濃さ、注意点を解説したいと思います。是非ご覧になってください。

目次

  1. 葬儀で履くストッキングについて
  2. 葬儀で履くストッキングの色は?
  3. 葬儀でのストッキングの濃さ・デニールは?
  4. 夏の葬儀でもストッキングは履くべき?
  5. 肌色のストッキングで葬儀に参加可能か
  6. 葬儀でのストッキングに関する注意点
  7. 葬儀で履くストッキングまとめ

葬儀で履くストッキングについて

葬儀

葬儀の時はマナーに沿った服装をする必要がありますよね。
さらに突然の葬儀の時は、急いで喪服を用意しなければならないです。

その際、女性ならどのようなストッキングが相応しいか悩んでしまう時がありませんか?
どのような色やデニールが適切なのか、判断に迷う事がありますよね。
季節によって気温に合わせたものを選びたくもなります。

ここでは

  • 葬儀で履くストッキングの色
  • 正装と略装でのストッキングの違い
  • 葬儀で履くストッキングの濃さやデニール
  • 夏でもストッキングを履くべきか?
  • 肌色のストッキングで葬儀に出ても大丈夫?
  • 葬儀でのストッキングに関する注意点

といったことを解説していきます。

もしもの時に慌てずに済むように、かつ非常識にみられないためにしておく事が大切です。
葬儀でのストッキングの決まりについてしっかり解説していきますので最後までお読み下さい。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀で履くストッキングの色は?

葬儀

葬儀で履くストッキングは基本的に無地の黒色です。
肌が少し透ける程度の濃さのものを着用します。
あまり濃すぎるストッキングはマナー違反なので注意しましょう。

また、目立たないと思って紺色や茶色のストッキングを履いていきたくなるかもしれません。
ですがまわりが黒のストッキングを履いている中で、1人だけ別の色を履いていればどうしても目立ちます。
なので黒以外の色物は避けましょう。

また、遺族・近親者(正喪服)の場合と会葬者(略喪服)の場合で決まりが違います。
場合によっては肌色のストッキングを着用することも可能です。
それでもやはり原則は無地の黒色になります。

遺族・近親者のストッキングの色

遺族・近親者のストッキングの色も原則になります。

喪主や亡くなった方の近親者が着る正喪服の場合は、必ず無地の黒色のストッキングを履きましょう。
肌の露出を出来るだけ抑える都合上、目立たないストッキングを選択する必要がありますね。

遺族・近親者でも準喪服を着用することがあると思います。
その際でも無地の黒色のストッキングを履きます。
ただし、どうしても都合がつかない場合は肌色のストッキングでも参加出来ないというわけではないようです。

会葬者のストッキングの色

会葬者の場合もストッキングの色は原則黒になります。
準喪服の場合は黒いストッキングを履きましょう。
ただし準喪服の場合は、肌色のストッキングでも大丈夫だとみなす人もいます。

急な弔問の場合などは略喪服を着用する事もあると思います。
その場合はグレーや肌色のストッキングでも参列は不可能ではないと言われています。
ですがどうしても目立ってしまいますし、マナー違反だと思う方もいます。

本当に用意をする時間がなかった時以外は、葬儀の際は黒のストッキングを履きましょう。

葬儀でのストッキングの濃さ・デニールは?

困った人々

葬儀の際に相応しいストッキングの濃さは肌が少し透ける程度と言われています。
実際に数値で見ると30デニール以下が基本になります。
葬儀用として一般的に売られているストッキングは、20デニールのものが多いです。
肌が隠れてしまうような濃さのストッキングは、カジュアルなものだとみなされるので注意しましょう。

ストッキングは、書かれているデニールと実際に履いた時の透け方が違う場合もあります。
新しくストッキングを購入した際には一度試しに履いてみることをオススメします。
どのくらい透けるかを確認しておけば安心ですね。

冬場は、60デニールくらいまでなら大丈夫だとみなす人もいます。
ここで気をつけないといけないのがタイツについてです。
寒い冬場では、タイツを履いていきたくなるかもしれません。
最近では「タイツでもOK」とみなす人が増えて来たそうなのですが、やはりカジュアルだという印象を持つ方も多いです。
タイツをNGだとみなす人も多いので避けましょう。
冬用のストッキングでも、あまり肌の透けないものはマナー違反になります。

どうしても寒さが我慢出来ない場合は、パンツスタイルで行くという方法もあります。
ただしパンツスタイルは準喪服とされ、こちらもカジュアルだとみなされることがあります。
正喪服の着用が必要な場合は注意しましょう。

また、寒さ対策として肌色のストッキングと黒色のストッキングを重ね着するという方法もあります。
これなら厚さもそこまで出ないですし、ストッキング1枚よりは温かいです。
他に簡単に出来る防寒対策としては、靴用のカイロを持参していくという方法もあります。

また、年配の方や妊婦などのどうしても体を冷やせない人がいる場合があると思います。
体を壊してしまってはどうしようもないので、そのような時は事前に参列者で相談するようにしましょう。

夏の葬儀でもストッキングは履くべき?

困った人々

夏の葬儀でも必ずストッキングを履きましょう。
どれだけ暑くても、素足はマナー違反です。
葬儀の場では原則素肌を見せないようにしなければいけません。
素足で行くのは絶対に避けましょう。

しかし、やはり夏場にストッキングを履くのが苦しいというのは多くの人が思うことでしょう。
どうしても暑くて我慢出来ない場合にはいくつか対策があります。

  • 涼しく感じる冷感タイプのストッキングを履く
  • 薄手のストッキングを履く
  • 膝丈、太ももまでといった長さのストッキングを履く

このようなものを選んでおけば安心です。
夏場の葬儀に備えて用意しておくことも大切ですね。
自分なりに暑さ対策をして、葬儀に参加しましょう。

肌色のストッキングで葬儀に参加可能か

困った人々

肌色のストッキングでも葬儀に参加は可能です。

正喪服の場合は着用出来ませんが、準喪服・略喪服の場合は肌色のストッキングを着用することも可能です。
ですがマナー違反だと思う人も多いので注意が必要です。

肌色のストッキングは、「どうしても急な葬儀になってしまい用意がなかった」といった場合には履いていくことも可能です。
柄物のストッキングや素足で参加するよりはマシ、程度に考えておくのが無難でしょう。

最近ではコンビニエンスストアなどに黒色のストッキングも売っています。
急な葬儀の際はそのようなところで購入するのが無難です。

通夜などでは「急いで駆けつけた」という意味を込めて肌色のストッキングを履く場合もあります。

また、肌色のストッキングをマナー違反とみなすかどうかは個人差が大きいです。
どうしてもという場合は、他の参列者に相談してみるのも良いかもしれません。

葬儀でのストッキングに関する注意点

葬儀

他にも葬儀の際のストッキングの決まりはいくつかあります。
また、急な葬儀の際にやってしまいがちなミスも多いです。
ストッキングの伝線・ストッキングの柄・メイクの落とし忘れなどのトラブルがやはり気になりますね。

それらに備えた注意点を解説していきます。

予備のストッキングの用意をする

ストッキングというものは、どうしても伝線してしまいます。
特に黒色の場合は伝線した箇所が目立ってしまいます。

そうなっても大丈夫なように、必ず予備のストッキングを用意しておきましょう。
葬儀に行く時に、予備のものを鞄に入れておくと安心です。
常に新品のものを2足用意しておくのが無難でしょう。

また、急な葬儀の際に慌てずに済むように用意しておくことも大切です。
最近はコンビニなどですぐに購入も出来ますが、立ち寄る時間がないかもしれません。
常日頃から用意しておくのが大切です。

ラメ・派手な柄・網タイツは避ける

最近ではお洒落なストッキングも増えています。
ラメが入っているものや、カラフルなもの、柄ものなどもありますね。
ですがどれも葬儀の際はNGになります。

うっすらとラメが入っているものでも、葬儀ではやはり目立ちます。
色も黒・ベージュ以外はマナー違反になります。

他にもワンポイントでも柄が入っているものはマナー違反になります。
必ず無地のものを履きましょう。

また、網タイツなどはもってのほかです。
非常識なのでやめましょう。

葬儀の際は黒・ベージュで無地のタイツが絶対です。

派手なネイルは落とす

葬儀の時に、手につけたマニキュアは確認する人が多いと思います。
ですがうっかり忘れがちなのが、足につけたペディキュアです。
足がうっすら透けるストッキングを履く都合上、ペディキュアはどうしても目につきます。
また、葬儀に参加した時は靴を脱ぐ事もありますよね。

派手なネイルをつけたままだとマナー違反になります。
赤や青といった派手な色のものや、ネイルアートが施してあるものなどは必ず落としましょう。

ベージュや透明といった目立たないネイルなら大丈夫です。
派手なネイルをどうしても落とせない場合は、上からベージュなどの目立たない色のネイルを塗り直すことも出来ます。

慌てずに済むように、葬儀に参加する時は必ず確認しましょう。

葬儀で履くストッキングまとめ

葬儀

いかがでしたか?
葬儀の際に相応しいストッキングについて解説していきました。
相応しい格好で葬儀に参加することはマナーとして大切です。
ですがそれ以上に、相応しい格好をしていくことは故人を偲ぶ意味でもとても重要です。

  • 葬儀の際のストッキングは原則黒の無地
  • ストッキングのデニールは30以下が基本
  • 夏の暑い時期でもストッキングは必ず履く
  • 肌色のストッキングで葬儀に参加は可能(よくないとみなす人もいる)
  • いざという時のため予備のストッキングは用意しておく
  • ストッキングは必ず無地のものを着用する
  • マニキュア・ペディキュアの落とし忘れに気をつける

これらのマナーのうちの一部は、人によって考え方が違います。
また、時代に合わせて変わっていくものもあります。

もしどうしても判断に迷う場合は、一緒に参列する人や地元の人に相談してみることも大切です。
一番大切なのは、相応しい格好を選択することでしょう。
もしもの時に備えて、日頃から準備しておくのも大切ですね。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・ストッキング」に関連する記事

  • お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

    お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

    お通夜は告別式と並び、葬儀の中で故人の冥福を祈りお見送りするための場です。このためお通夜の場にはふさわしい服装で臨む必要があります。そして立場によってお通夜に適しているとされる服装はさまざまです。今回はお通夜にふさわしい服装について見ていきましょう。

  • 礼服を身につける時の女性の靴の選び方のマナーのサムネイル画像

    礼服を身につける時の女性の靴の選び方のマナー

    葬式や結婚式で礼服を身につける時に、最も注意したいのが靴。葬式に金具がついた靴や飾りのついた靴、光沢のある靴などを履いている女性や、結婚式でミュールや裸足のままの方を見かけることがあります。靴選びもマナーが大事。今回は女性の礼服にあった靴の選び方を紹介します。

  • お通夜には黒ストッキングを。黒タイツはだめなの?のサムネイル画像

    お通夜には黒ストッキングを。黒タイツはだめなの?

    お通夜にはさまざまなマナーがあります。ストッキングにもマナーがあるんです。たかがストッキングでしょ…タイツでもいいんじゃないの?と思っていませんか。今回はお通夜のマナー、ストッキングについて紹介します。

  • 完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像

    完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

    急な連絡でお通夜や葬儀に参列する時、大人として知っておきたい喪服のマナーについてご紹介します。ざっくりとは知っているけれど、詳しい事はよくわからない喪服のマナー。この機会に喪服の正しいマナーを身につけましょう。

  • 葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

    葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

    葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

  • 7回忌におけるストッキングの選び方は?服装や小物についても解説!のサムネイル画像

    7回忌におけるストッキングの選び方は?服装や小物についても解説!

    7回忌に出席する際、ストッキング選びで悩むことはありませんか?いざ選ぶとなると、色や厚さなどどうすればよいか迷いがちです。マナー違反とならないためにも、正しい服装を知っておきましょう。ここでは、7回忌におけるストッキングの選び方について説明していきます。

  • 葬儀に参列する女性の服装は?喪服の種類やバッグ・靴の選び方を解説のサムネイル画像

    葬儀に参列する女性の服装は?喪服の種類やバッグ・靴の選び方を解説

    葬儀にふさわしい服装やバッグ、靴などの小物類を持っていますか? 女性にとって身だしなみは、故人への気持ちを示す方法としても大切です。 いざ葬儀に参列するときは、服装に限らず様々な準備が必要になり余裕がなくなります。 普段から、女性のマナーを知っておきましょう。

  • 葬儀に適した靴下とは?男女別や子供の靴下から服装マナーも解説のサムネイル画像

    葬儀に適した靴下とは?男女別や子供の靴下から服装マナーも解説

    急に葬儀に行かなければならなくなった時、服装や靴はもちろんですが案外忘れがちなのが靴下です。葬儀に適した靴下とは具体的にどういうものなのでしょうか。今回、終活ねっとでは葬儀に適した靴下について、男性や女性、子供の靴下について紹介します。

  • 葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や女性の喪服について解説のサムネイル画像

    葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や女性の喪服について解説

    葬儀では喪服を着ますが、喪服とはどんな服なのか、男性・女性で違いがあるのか、子供にはどんな服を着せればよいのか、など喪服のマナーが分からず困ることも多いでしょう。 この記事では、葬儀で着る喪服のマナーについて、喪服がない場合や女性の喪服などに分けて解説します。

  • 葬儀でのネイルのマナーを解説!ネイルの色や隠す方法もご紹介!のサムネイル画像

    葬儀でのネイルのマナーを解説!ネイルの色や隠す方法もご紹介!

    葬儀のときのネイルのマナーはどうなっているのでしょうか。ネイルを塗ったばかりだろうが、葬儀は急にやってくるものですので困ってしまいますよね?今回はそんな葬儀でのネイルのマナーについて、またネイルの色や隠す方法についても解説していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・ストッキング」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

礼服を身につける時の女性の靴の選び方のマナーのサムネイル画像

礼服を身につける時の女性の靴の選び方のマナー

お通夜には黒ストッキングを。黒タイツはだめなの?のサムネイル画像

お通夜には黒ストッキングを。黒タイツはだめなの?

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

7回忌におけるストッキングの選び方は?服装や小物についても解説!のサムネイル画像

7回忌におけるストッキングの選び方は?服装や小物についても解説!

葬儀に参列する女性の服装は?喪服の種類やバッグ・靴の選び方を解説のサムネイル画像

葬儀に参列する女性の服装は?喪服の種類やバッグ・靴の選び方を解説

葬儀に適した靴下とは?男女別や子供の靴下から服装マナーも解説のサムネイル画像

葬儀に適した靴下とは?男女別や子供の靴下から服装マナーも解説

葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や女性の喪服について解説のサムネイル画像

葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や女性の喪服について解説

葬儀でのネイルのマナーを解説!ネイルの色や隠す方法もご紹介!のサムネイル画像

葬儀でのネイルのマナーを解説!ネイルの色や隠す方法もご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・ストッキング」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

礼服を身につける時の女性の靴の選び方のマナーのサムネイル画像

礼服を身につける時の女性の靴の選び方のマナー

お通夜には黒ストッキングを。黒タイツはだめなの?のサムネイル画像

お通夜には黒ストッキングを。黒タイツはだめなの?

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと