檀家のお寺に渡すお布施の相場は?包み方や渡し方についても解説!

檀家のお寺に渡すお布施の相場は?包み方や渡し方についても解説!

自分の家がどこかのお寺の檀家になっていて、お葬式などのときにお坊さんにお経を読んでいただくことがあると思います。その場合には、檀家のお坊さんにお布施を渡すのがマナーです。そこで今回はお葬式や法要のお布施の相場について、お布施の包み方や渡し方とともに解説します。

最終更新日: 2020年12月18日

檀家とお布施について

葬儀

普段、何事もなく穏やかに暮らしていても、人の死というものは突然起こるものです。

もし自分の家が、どこかの寺院の檀家だった場合には、その寺院のお坊さんに葬式のときにお経を読んでもらうでしょう。
そこでお経を読んでいただいたら、マナーとしてお坊さんにお布施を渡します。

そのときに、お布施をいくら渡すべきなのか、どのように渡したらいいのかということを事前に理解しておくことで、当日に慌てずに済みます。

そこで、今回「終活ねっと」では檀家とお布施について、以下の項目を中心に解説していきます。

  • そもそも檀家とは?

  • お布施はどのくらいの金額をお渡しすればいいのか

  • お布施はどのようにお渡しすればいいのか

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

お布施の相場について、時期やタイミングごとに、またお布施の渡し方については包み方や表書きの書き方まで詳しく紹介しております。

ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

そもそも檀家って何?

葬儀

檀家という言葉に聞き覚えはあるでしょうか。

檀家とは、お葬式や供養等をお寺にやっていただく代わりに、お布施等でお寺に経済的支援を行う家のことを意味します。
個人ではなく家単位である為、特に意識していなくても既に特定のお寺と檀家になっている場合が多いです。

檀家であることには手厚い供養が受けられる、法要を優先的にやってもらえる、不明点を住職に相談することができるというようなメリットがあります。


一方、寺院の檀家になっていない場合、お坊さんを探す手間が増える、お葬式や供養等の依頼を拒否されることがあるといったデメリットがあります。

お布施の相場について

葬儀

お葬式や供養の時などに、謝礼としてお坊さんへ渡すものをお布施といいます。
しかし、このお布施に関して、よく分かっていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、お布施は義務なのか、相場はどれ位なのか、相場以下だと問題があるのか、などについてご説明します。

お布施って義務なの?

お布施は義務ではありません

そもそもお布施の金額が明確に定まっていないのは、あくまでお布施をする側の気持ちで決めるものという理由からです。

その為、読経等をしていただいたお坊さんへお布施を渡す時は、義務感からくる気持ちではなく、感謝の気持ちを持って渡すのが良いでしょう。

お布施の相場は?高い?

上記でも述べたように、お布施の金額はしっかり決まっていません

地域やお寺によって、またお寺との関係性等も合わせると大きく違ってきますので、あくまでも目安としてご覧ください。

葬式のお布施

葬儀の時にお渡しするお布施は、だいたい20万円~35万円程度が相場となっています。

戒名料は、位や宗派によって相場が大きく違ってきます。
そのため、お布施と戒名料を一緒にお渡しする場合には、相場は30万〜80万程度になります。

四十九日のお布施

四十九日のお布施の相場は、およそ3万円~5万円ほどになります。

法要の為にお寺以外の場所へお坊さんを呼ぶ場合、お車代を別に渡します。
お車代は5千円〜1万円程度です。

一周忌のお布施

一周忌のお布施の相場は、およそ3万円~5万円程度です。

金額は四十九日とほとんど変わらないようです。

三回忌のお布施

三回忌のお布施の相場は、およそ1万円〜5万円です。
一周忌までと同じかもしくは少し少ない金額になります。

お彼岸法要のお布施

お彼岸法要のお布施の相場は、合同法要会であれば3千円〜1万円、個別であれば3万円から5万円程度になります。

個別のお彼岸法要では、お寺から自宅まで距離が離れている場合には、お車代を渡します。
このときのお車代の相場は、3千円〜5千円程度になります。

今年の春/秋のお彼岸がいつであるか?を知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

お盆のお布施

お盆の時期には、お寺のお坊さんは檀家の家をお経を手向けるために回ります。
そのようなお盆のお布施の相場は、5千円〜2万円程度になります。

また、四十九日の法要が終わった後の初めてのお盆のことを指す新盆・初盆では、親族や故人の友人などを招いて法要を行います。
そのため、新盆・初盆のお布施の相場は、3万円〜5万円程度になります。

お布施は相場以下でも大丈夫?

相場以下の金額をお布施として渡しても問題ありません

繰り返しお伝えしているように、感謝の気持ちをお布施としている為、金額は関係ないのです。

しかし、そのお寺の相場がどの程度なのか知りたい場合は、住職に直接聞くのが一番良い方法です。

お布施の金額を聞く事は失礼にあたりませんが、お坊さんが答えやすいように「他の方は大体どれくらいのお布施をされているのですか?」といった言い回しにしましょう。

お布施をどうやって渡すの?

葬儀

お布施の用意が出来ても、包み方や渡し方等のマナーが出来ていないとあまり良いとは言えません。

せっかく準備したにも関わらず、どうやって渡すのか分からないという肝心な所でつまずいてしまっては、今までの努力が水の泡となってしまいます。

この項目では、お布施の包み方、お坊さんへ渡すタイミング・渡し方をご説明します。

お布施の包み方

お布施の包み方は、大まかに分けて2つあります。

奉書紙で包む

お札を半紙で包み、その中包みを奉書紙(上包み)で包みます。
奉書紙で包む際には、上側の折り返しに下側の折り返しをかぶせます。
慶事で行う折り方と同じですが、お布施自体は不祝儀にあたらない為、上記のように折って下さい。

この奉書紙で包む方法が、一番丁寧なやり方だそうです。

白い封筒に入れる

奉書紙がない、奉書紙で包むのが大変そうだという場合、100均やコンビニ等で売られている白い封筒でも問題なく利用できます。

封筒の裏側に住所と氏名と金額を書きますが、より丁寧なマナーとして漢数字を旧字体で記入する事をお勧めします。

お札を入れる時は、描かれている肖像画を封筒の上側になるように入れます。

お布施の書き方

お布施の表書きなどは普通の墨で書いても大丈夫であるとされています。

表書きの書き方には「お布施」「御礼」などが挙げられます。
その下に「〇〇家」などのように名前を書きます。

中袋には、中袋の表面中央に金額を漢数字の旧字体で記入します。
裏面に住所と名前をフルネームで書きます。

以下の記事では、お布施の書き方に着いて詳しく解説していますので、ぜひこちらもご覧ください。

お布施を渡すタイミング

一般的にはお葬式が始まる前に挨拶と共に渡す事が多いそうです。

当初、予想していたよりも忙しくなり、なかなか時間がとれなかった場合等はお葬式が終わってから渡します。

このように、基本的にはお葬式の前か後のタイミングで渡します。

しかし、葬儀屋にお寺の手配を依頼している場合は、葬儀屋が挨拶のタイミングを決めてくれる為、こちらで気を揉む必要はありません。

お布施を渡す際、「今日は、◯◯の葬儀の為にお勤めよろしくお願いします。
」や「本日は供養をしていただいて、ありがとうございました。
」等、一言だけでも言葉を添えると良いでしょう。

お布施の渡し方

お布施の渡し方として、直接の手渡しはいけません
お盆に、準備したお布施を乗せて渡すのがマナーとされています。

更に言うなら、切手盆と呼ばれる黒いお盆であるとなお良いのですが、なければ自宅にあるお盆でも構いません。

しかし、お盆自体がないという場合は、袱紗(ふくさ)でお布施を包む必要があります。

包み方としては、袱紗をダイヤの形に広げてその上にお布施を置きます。
お布施の位置は中央よりも少し右側に配置して、右下上左の順番で包んでいきます。

お坊さんに渡す時は、袱紗のままではいけません。
渡す段階になった時、袱紗を開いて、お布施を取り出して、袱紗の上にお布施を置いて、お坊さんに差し出します。

つまり、袱紗がお盆の役目をするという事です。

檀家とお布施についてまとめ

寺

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では、檀家とお布施について解説してきました。

  • 檀家とはお寺で供養やお葬式をやってもらう代わりに、お布施などで檀家に経済的支援を行う家のことを意味している。

  • お布施を渡すという義務はないので、感謝の気持ちを持って渡すことが重要である。実際にそのお寺の相場がわからないときには、お坊さんに直接聞くのがいい。

  • お布施は奉書紙か白い封筒に入れ、表書きなどを書いた後に、お葬式の前か後などのタイミングで渡す。その際には、直接手渡しするのではなく、お盆にお布施をのせて渡すか、袱紗に包んで渡すようにする。

ある日突然、喪主を任された時、事前に知識を仕入れる時間もなく、右も左も分からない状態のまま動くと、予想以上に精神や肉体がダメージを負う事になるでしょう。

檀家やお布施等、分からない事や疑問点があるならば、葬儀屋の方や住職の方にどんどん質問して、スムーズに葬儀を終える事が出来るようにしましょう。

「終活ねっと」では、他にも葬儀やお墓に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では、葬儀の費用相場について詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place DMMのお葬式で斎場を探す
DMMのお葬式で斎場を探す