葬儀で着るメンズ用礼服はどう選ぶ?スーツでの参列についても解説!

葬儀で着るメンズ用礼服はどう選ぶ?スーツでの参列についても解説!

葬儀に参列する際には決まって礼服を着用しなければなりません。メンズ用の礼服は種類も多く、どんな葬儀の場面にどんな礼服を着るべきか分からない方は多いのではないでしょうか?今回は、葬儀で着用するメンズ用の礼服の選び方を、スーツでの参列の可否と共に解説します。

最終更新日: 2020年02月09日

葬儀で着るメンズ礼服について

葬儀

葬儀というのは通夜や告別式を通し、死者の冥福を祈って死者を葬る儀式のことであり、故人と遺された方々との別れという点で重要な意味を持っています。
そのような重要な儀式に参列する際には、故人を悼むために男性ならメンズ用の礼服を、女性ならばウィメンズ用の礼服を着用しなければなりません。

しかし礼服というのは意外に種類が多いうえ、マナー等も細かく教わる機会もないために、どのような場面でどの礼服を着るべきなのか分からない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回「終活ねっと」では葬儀で着るメンズ用礼服について、その選び方やマナーと共に解説します。

  • そもそも礼服とは何か、礼服と喪服は何が違うのか?

  • メンズの喪服にはどのような種類があるのか

  • 葬儀においてご遺族や親族の方はどのような礼服を着るべきなのか、一般の弔問客の場合はどのような礼服を着るべきなのか

  • 礼服のポケットやボタンやシャツ、靴などの着こなしはどうすべきか

  • 礼服とスーツは違いはどこなのか?

以上の項目を中心に解説していきます。

葬儀を行ったり、そこに参列したりという機会は少ないとは思いますが、その際に礼服は必ずといっていいほど着用するものになります。
ぜひ最後までご覧ください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

礼服と喪服とはどこが違うの?

困った人々

礼服と喪服というのは似たような言葉ですし、葬儀など、同じ状況で使われる言葉でもあります。
そのため、紛らわしいと感じている方も多いのではないでしょうか。

ただ、礼服と喪服の違いやその意味をしっかりと理解しておかなければ、購入するときなどに滞りが生まれてしまうかもしれません。
そのようなことを予防するためにも、ここで礼服と喪服の違いを確認しておきましょう。

礼服とはなにか

礼服とは一言でいえば、冠婚葬祭などの儀式の際に着る服のことです。
なぜ礼服を着用するかというと、礼服はその場の作法にかなった振る舞いや、その場に対して敬意を表する意味を持つからです。

また礼服は、フォーマルウェアと呼ばれることもあり、礼服を着ている状態を礼装といったりもします。
礼服の特徴としては、礼服には正礼装・準礼装・略礼装・平服という格式があり、儀式や立場によって着なければならない礼服が決まる、ということがあります。

喪服とはなにか

喪服とはひとことで言えば、葬儀・法事などの際に着る礼服のことです。
礼服は冠婚葬祭の際に着る服だと上で述べましたが、喪服はその中の葬の場合に着る礼服だということになります。

黒の他にグレーや太いストライプなどが存在する礼服と比べ、メンズの喪服は、黒や薄墨色など、黒一色といえます。

なお、伝統的に日本では葬儀の際には白い服装をしていたので、現代でも、葬儀で和装の喪服を着る場合、喪主や喪主の配偶者(妻や夫)は、白い和服を喪服として着ることがあります。

また、喪服も礼服と同じく、正喪服、準喪服、略喪服という格式があります。
具体的にどの喪服を着ればよいのかは、故人との関係と場面により異なります。

メンズの喪服について

葬儀

喪服は礼服の一種であるということが前の段落で分かっていただけたかと思いますので、ここからはメンズ喪服の説明に移っていきたいと思います。

メンズの喪服には主に、正喪服・準喪服・略喪服という3つの格式が存在します。
ここではまず、メンズ喪服の種類についてひとつずつ確認していきましょう。

メンズの正喪服

まず、メンズの正喪服には和装と洋装のふたつがあります。
そしてそのうち、和装の正喪服としては、黒の紋付羽二重の羽織と袴があります。

紋付羽二重というのは、着用者の家紋が5か所に入った、羽二重という生地で作られた着物のことを指します。
洋装の正喪服としては、モーニングコートがあります。

モーニングコートを着る際は、黒い上着と黒いベストを着用し、ズボンについては、黒とグレーの細いストライプになっているものをはきます。
また、ネクタイやベルト、靴・靴下や小物に関しても黒で統一するのがよいでしょう。

メンズの準喪服

メンズの準喪服として最も代表的なものとしては、ブラックスーツがあげられます。
ブラックスーツは、黒色でストライプなども入っていない無地のスーツのことを指します。

正喪服の時と同様に、ネクタイやベルト、小物類に関しても黒で統一するのがよいでしょう。
また、礼服としてのブラックスーツと、黒のビジネススーツは一緒ではなく、細かいデザインや光沢感などが異なります。

当たり前ですが黒のビジネススーツは礼服ではないため、マナー違反になってしまうことも考えられるので、注意が必要です。

メンズの略喪服

メンズの略喪服としては、ダークスーツがあげられます。
ダークスーツというのは、濃いネイビーや濃いグレーなどの黒味の強い色で、無地や地味なストライプなどが入ったスーツのことです。

これも準喪服と同様に、地味な色のビジネススーツとは細かいデザインや光沢感が異なることに注意が必要です。
ネクタイや靴、靴下に関しても、黒色のものを着用しなければなりません。

葬儀でどんなメンズ喪服を選ぶべき?

困った人々

前の段落ではメンズの喪服にどのような種類があるのかを説明しましたが、ここからは実際の葬儀の際に、どのような喪服を選ぶべきかを解説していこうと思います。

喪服は喪主側や参列者側などの立場や、通夜・告別式などの場合によっても変化してくるものなので、事前に細かくチェックしておくことが大切です。

ご遺族や親族の方が着る喪服

ご遺族や親族の方が着る喪服は、一般の参列者の方々と比べると格が高くなっているといえます。
特に喪主をつとめたりすることも多いでしょうから、様々な点にも気を配った方がよいでしょう。

通夜の場合

ご遺族や親族の方は、通夜では、準喪服や略喪服を着ます。
つまり、メンズの場合はブラックスーツやダークスーツを着用し、ネクタイやベルト、小物類に関しても黒で統一するのが無難といえます。

葬儀・告別式の場合

ご遺族や親族の方は、葬儀・告別式では、正喪服または準喪服を着ます。
メンズの場合は、和装なら黒の紋付羽二重と袴を着用し、洋装ならばモーニングコートかブラックスーツを着用することになります。

最近は準喪服が多い

とはいえ最近の傾向としては、通夜も葬儀・告別式に関しても、同じ喪服を着ることが増えています。
その際に着る喪服としては、メンズは準喪服であるブラックスーツの着用が多いようです。

一般の参列者は何を着ればよいか

一般の参列者が着る喪服は、喪主や親族の方と比べると格の低いものになります
人目に触れることも多い喪主側と異なり、一般参列者は服装に対し気が緩みがちでもあります。
故人や遺族の方に失礼にならないような服装を心がけましょう。

通夜の場合

一般の参列者が、通夜に出席する場合には、メンズの準喪服か略喪服を着用します。
つまり、ダークスーツやダークトーンのスーツに、黒や地味な色のネクタイをを組み合わせて着用することになります。

葬儀・告別式の場合

一般の参列者が、葬儀や告別式に出席する場合には、準喪服を着用します。
メンズの場合は、ブラックスーツに黒のネクタイやベルト、黒い靴などを着用することになります。

最近は略喪服が多い

一般の参列者は、通夜でも葬儀・告別式でも、一般的に略喪服を着用するようになってきました。
男性の場合は、略喪服というのは地味な色や柄のスーツのことを指しますが、略喪服のみで様々な場に対応できるのは、金銭面など数々のメリットがあります。

ただ、ある程度自由な服装である略喪服であっても、常に葬儀の場であることを意識した服装を心がけることは重要です。

喪服着用時の注意

喪服を着用して葬儀に参列する際に注意することとして、一般参列者は遺族や親族より格上の礼装は不可というルールがあります。

喪主側が主に着用するのは正喪服または準喪服ですから、参列者が喪服を着用する際は準喪服か略喪服を着用すると、喪主より格が高くなってしまうということは避けられるでしょう。

また、喪服のレンタルについては以下の記事で解説しておりますので、必要な方は合わせてお読みください。

礼服のその他のポイント

葬儀

どのような喪服を着るのが場にふさわしいかが分かっても、実際の喪服の着こなしということを考えると、まだまだ分からない点は多いかと思います。
ここでは、礼服の細かいマナーについて見ていきましょう。

礼服のシングルとダブル

メンズの礼服のうち、ジャケットには、シングルブレストとダブルブレストといい、ボタンの付け方が異なる2種類のものがあります。
一般的には、ダブルの方が値段が高く、よりかっちりとした印象を与えるとされています。

ただし、一般的にシングルとダブルとで、礼服として格の違いはありません
ダブルの方が貫禄があるように見えますが、シングルの方が無難だとも思えます。
結局のところ、奇抜なデザインでない限り礼服のジャケットのシングルとダブルは好みでよいでしょう。

礼服のワイシャツやベスト

喪服のワイシャツやベストについてですが、葬儀では白いワイシャツと黒のベストを着用するのが原則となっています。

喪服は黒が基調になっているため、黒のシャツを着ることを考えてしまいそうですが、黒シャツは原則的にフォーマルな場にはNGとされるので注意してください。

また、ネクタイピンに関してですが、基本的に葬儀の場ではネクタイピンは付けません
ただ、故人への涙を表すとされる真珠があしらわれたものなら、付けてもよいとはされています。

礼服のカフスボタン

先にも説明しましたが、ネクタイピンは付けないことになっていますが、カフスボタンは着用可能です。
カフスボタンを付けることのできる礼服の種類としてはシングルカフとダブルカフがありますが、そのどちらに関しても基本的にはマナー違反とはならないようです。

ただし、真珠をのぞき、光沢のあるカフスボタンを付けてはいけません

礼服の靴や靴下、コート

葬儀に出席する際の靴に関してですが、前述のとおり、色は黒のみです。
また、葬儀の場では基本的に光る物は認められていないため、光沢のある素材や部品が用いられている靴を履いてはいけません。

また、靴下に関しても、同様に黒いもののみを着用しましょう。
コートを着る場合でも、黒・濃紺・濃いグレーのコートを着用するようにし、葬儀の雰囲気を乱すことのないように心がけることが重要です。

葬儀におけるコートについては、以下の記事でより詳しく解説しておりますので、必要な方はお読みください。

礼服や喪服のポケットについて

葬儀

スーツやジャケットを着たことがある方なら、スーツの横側についているポケットや、胸についているポケットのことは分かると思います。

これらはジャケットのデザインの中でも比較的目立つものなので、ここでの印象がスーツ全体の印象に関わってくることもあります。
ここでは、ジャケットのポケットに関するマナーについて見ていきましょう。

ポケットのふた

礼服などのジャケットのポケットには、カバー(覆い)がついている場合があります。
このポケットのふたはフラップといい、ポケット内に雨が侵入するのを防ぐ役割があります。

そのため、フラップは屋外では外に出し、屋内では中に入れるのが正統な着こなしといえるでしょう。
また、この着こなしは通夜や葬儀・告別式にかぎらず、ジャケットを着用するすべての場合について当てはまるものでもあります。

ポケットチーフ

礼服のポケットに差し込んで、すこし引き出す白いハンカチをポケットチーフと呼びます。
ジャケットの胸元は特に注目の集まる場所ですから、小さなポケットチーフと言えども、全体に華やかな印象を与えてくれるものです。

しかし、ポケットチーフは基本的に結婚式などの慶事の際に着用するものです。
もちろん葬儀は慶事ではなく弔事ですから、ポケットチーフは不要です。

葬儀にスーツで参列しても良いのか

葬儀

礼服とスーツの分かりやすい違いは、上でも述べている通り、細かいデザインや生地の光沢感にあります。
そのため、黒のビジネススーツは礼服の代わりにはならないと厳密にいえば決められています。

ただ、参列してはいけないと一口にいっても、礼服と黒のスーツはよく似ているものですし、本当に参列してはいけないのか気になるところではありますよね。
ここでは、葬儀に礼服ではなくスーツで参列することについて詳しくみていきましょう。

黒いビジネススーツで出席しても良いか

まず、通夜や葬儀に礼服として喪服を着用せず、黒い普段使いのビジネススーツを着て出席しても良いか、ということについてです。
結論から言うと、現代の葬儀では喪服の着用は殆ど当たり前のことであり、黒のビジネススーツは葬儀には不適切であるといえます。

自らが遺族や親族の場合は、人の目に触れやすいということもあり当然これは不適切で、礼服として喪服を着なければなりません。

一般の会葬者である場合も、礼服としてのブラックスーツと黒いビジネススーツとは異なる点は少なからず存在するために、基本的には不適切とされ、やはり色にかかわらずビジネススーツでは代用できません。

ただ一応、仮通夜や通夜の場合は例外とされます。
故人の死亡当日の夜に行われる仮通夜であれば、取り急ぎ駆けつけたという形も一応は通用します。

また、通夜というのは故人が亡くなった当日や翌日に行われるものであるため、通夜に喪服で参列するのは、死を予期していたようで失礼にあたるという考え方も存在します。

しかし、現代は通信技術の進歩などにより、通夜・葬儀・告別式といったことがいつあるのかは、ある程度事前に日時が分かるようになってきています
携帯電話やメールなど、連絡方法も充実しており、通夜・葬儀・告別式に出席できるように準備する時間も確保できると見なされてきているのです。

そのため、現代においては仮通夜や通夜であっても、喪服を着ていくのは殆ど当たり前のことであるとされているのです。

スーツと礼服の意味の違いについて

スーツと礼服の違いを簡単に説明すると、違いというより、礼服というのはスーツの一種であるといえます。
スーツというのは上下が同じ素材で作られた、ひとそろいの服を意味します。

それを踏まえると、礼服というのはスーツの一種であり、その内で冠婚葬祭などの儀礼・儀式に参加する場合に着用する服のことを指すものだといえることがお分かりいただけると思います。

スーツと礼服の生地の違いについて

デザインや生地からスーツと礼服の違いについて説明すると、最も大きな違いは生地の光沢感だといえます。
礼服の生地は黒さが重要視され、光を反射せずどこでも黒く見える生地でできていますが、通常のスーツでは化学繊維等が配合されることにより、黒色のなかにも光沢のある生地が使われている場合が多くあります。

デザインに関しても、通常のスーツは薄いストライプ柄や、織り方によって細かな柄をつけているものも多いですが、礼服のデザインは完全な無地をつくっています。

さらに、礼服と異なって通常のスーツは重厚感がないため、礼服としての喪服と一般のスーツを並べてみた場合の印象は明らかに異なるとされます。

以下の記事では、喪服の黒さという点に関して詳しく解説しておりますので、気になる方は合わせてご覧ください。

ベルトについて

スーツには必須のベルトに関しても、礼服とスーツでは違いが存在します。
本来、礼服はベルトをせずズボン吊りを使用するという決まりがあるのです。

最も格式が高く、正式なモーニングコート等などにはサスペンダーを使用するのが正式な着こなしだとされます。

葬儀で着るメンズ礼服についてのまとめ

人々

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、葬儀で着るメンズ礼服について以下のことを中心に解説してきました。

  • 礼服とは、冠婚葬祭の際に着用する服装のことであり、喪服は冠婚葬祭の葬の際に着用する礼服の一種である。
    また、メンズの喪服には正喪服・準喪服・略喪服の3つの格式が存在する。

  • メンズの正喪服は黒の紋付羽二重袴かモーニングコート、準喪服はダークスーツ、略喪服は地味な色のスーツである。

  • 通夜において、遺族や親族が着るべきなのは準喪服または略喪服であり、一般参列者が着るべきなのは準喪服または略喪服である。
    また、葬儀・告別式において遺族や親族が着るべきなのは正喪服または準喪服であり、一般参列者が着るべきなのは準喪服である。
    いずれにしても、参列者は遺族や親族の着用する喪服の格式を超える喪服を着用してはならない。

  • 礼服のジャケットのボタンの付き方にはシングルブレストとダブルブレストの二種類があるが、両者に格の違いはない。

  • 喪服の中に着るワイシャツに関しては、原則白無地のものにする。
    ベストや靴下・靴、コートなどに関しては、基本的には黒で統一する。
    また、カフスボタンに関しては黒の光沢のないもののみ着用してよい。
    ネクタイピンは基本的に不可。

  • 礼服や喪服のジャケットにあるポケットのふたは、室内では内側にしまい、室外では外側に出すのが正式な着こなしである。
    また、葬儀の場ではポケットチーフは不適切。

  • 以前は、通夜や仮通夜にビジネススーツで参列することも認められていたが、連絡技術の進歩により現在では通夜においても喪服をきちんと着用していくことが一般的である。

葬儀で着る礼服は、自らの立場や通夜、葬儀・告別式で異なっていくもので、実のところ結構複雑なものです。
ただ、メンズの場合は、夏冬兼用の準礼装を一着持っていれば、ネクタイを変えることで、葬儀でも慶事でも対応して着ることができます。

重ねてになりますが、色は黒でも、礼服としての喪服と通常のビジネススーツは光沢感等によって思っている以上に違っているものです。
なにより、故人を悼む気持ちを表すために、葬儀の場には礼服としてしっかりと喪服を着用して行きたいものです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 喪服用のバックはどんなもの?喪服をはじめ持ち物のマナーを解説のサムネイル画像
    喪服用のバックはどんなもの?喪服をはじめ持ち物のマナーを解説

    葬儀や告別式で着用する喪服。喪服は知っているけれど喪服用のバックや小物についてもマナーがあるということを知っている人は少ないのではないでしょうか?今回は喪服はもちろん、喪服用バックについても詳しく説明していきます。

  • お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。のサムネイル画像
    お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。

    お通夜に着ていく服装は、親族の場合と一般会葬者の場合で異なります。親族は礼服を着用し、一般会葬者は、親族よりも格を上げないよう、通夜には、略礼服を着用するのが一般的です。最近では親族も略礼服を着ることが増えてきました。

  • お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像
    お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

    喪服といっても格の違いや和装・洋装の違いなどがあります。今回この終活ねっとの記事では、お通夜に喪服を着ても大丈夫なのか、そもそも喪服とはいったいどのようなものを指すのかなど、お通夜と喪服に関する様々な事柄についてご紹介します。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 通夜・葬儀の服装マナーとは?男女別におすすめの喪服や持ち物も紹介のサムネイル画像
    通夜・葬儀の服装マナーとは?男女別におすすめの喪服や持ち物も紹介

    葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装についてご解説します。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しておきましょう。

  • 礼服と喪服の違いは?種類や男性と女性の違いを解説のサムネイル画像
    礼服と喪服の違いは?種類や男性と女性の違いを解説

    礼服と喪服の違いをご存じですか?礼服と喪服を兼用してもいいものなのでしょうか?主催者やご家族、周りの方に失礼のないように違いをきちんと違いを把握しておくことは、大人としてのマナーです。そこで今回は礼服と喪服の違いを詳しく解説致します。

  • 葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!のサムネイル画像
    葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!

    急な葬儀の際、喪服は持っていないけれど、着ていく服はスーツでもいいの?そんな疑問をお持ちの方はいませんか?最近ではスーツのお店で冠婚葬祭の文字を目にすることが増えてきていますが、実際どうなのでしょうか。今回は葬儀の際の正しい服装やマナーについて解説します。

  • 葬儀の礼服の選び方って?靴の選び方までマナーとともにご紹介しますのサムネイル画像
    葬儀の礼服の選び方って?靴の選び方までマナーとともにご紹介します

    突然の葬儀、礼服や靴選びで慌ててしまったことはありませんか?葬儀は大切な儀式ですので、きちんとした格好で参列したいですよね。今回終活ねっとでは、男性・女性・子供の場合に分けた礼服の選び方とそのマナー、さらに靴の選び方についてもご説明していきます。

  • 葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や子供の服装について解説のサムネイル画像
    葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や子供の服装について解説

    葬儀では喪服を着ますよね。様々な種類がある喪服ですが、喪服とはどんな服なのか、男性・女性の違い、子供には何を着せたら良いのかなど、喪服についての疑問は多いでしょう。今回は、葬儀での喪服のマナーについて、喪服がない場合や夏の喪服などについてもあわせて解説します。

  • 通夜・葬儀に適切な格好は?喪主・参列者別の解説や持ち物をご紹介!のサムネイル画像
    通夜・葬儀に適切な格好は?喪主・参列者別の解説や持ち物をご紹介!

    お通夜や葬儀には格好に関する大切なマナーがいくつもあります。今回は喪主側と参列者の立場別に、お通夜や葬儀でどのような格好をすればよいのかを詳しく解説いたします。喪服の選び方・持ち物など、どなたにも役立つ葬儀の格好のマナーについてです。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事