完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

急な連絡でお通夜や葬儀に参列する時、大人として知っておきたい喪服のマナーについてご紹介します。ざっくりとは知っているけれど、詳しい事はよくわからない喪服のマナー。この機会に喪服の正しいマナーを身につけましょう。

最終更新日: 2020年02月19日

喪服を着る時の一般的なマナーとは

お葬式やお通夜など、仏事の際に着用するのが喪服です。
女性用も男性用も、全体的に黒くて女性はワンピースやツーピース、男性はスーツと言ったイメージをお持ちだと思います。

大まかなイメージとしての喪服はそれで正解なのですが、実は喪服を着用する時に男性と女性、それぞれに細かいマナーがあるのです。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

喪服について理解を深めたいという方のために、喪服に関するあらゆる情報をまとめております。
時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。
ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

喪服のマナー 男性の場合

初めに男性が喪服を着用する場合のマナーについてご紹介します。

喪服用のブラックスーツを着用

男性の場合、普段スーツで仕事をしている方は黒のスーツをお持ちかもしれません。
しかし、ビジネス用のブラックスーツと喪服としてのブラックスーツでは、生地の光沢など細部にわたって違っています。

現在では、一般的にお通夜から葬儀告別式、法事に至るまで喪服用のブラックスーツをみなさん着用しています。
ビジネス用のブラックスーツを喪服として代用するのはマナー違反です。

そして、ワイシャツは無地の白、靴下や靴、ネクタイは黒です。

手ぶらが基本

男性はバッグは持たないで手ぶらが基本のマナーです。
香典やハンカチ、数珠などはスーツのポケットにしまうようにします。

アクセサリーはつけない

結婚指輪以外のアクセサリーを男性が身に着けてお通夜や葬儀に参列する事はマナー違反です。
時計やベルトのバックルにも気を配り、光らないような工夫が必要です。

また、革製品もお通夜や葬儀ではマナー違反になるので、ベルトの素材には注意が必要です。
ネクタイピンやポケットチーフも必要ありません。
一般的にマナー違反になる革製品は、ヘビ等の爬虫類だと言われています。

寒さ対策はインナーで上手に工夫

寒い季節のお通夜や葬儀の時には、防寒のためにセーターを着たいと思う事があります。
しかし、そもそもブラックスーツの下にセーターを着る事は、マナー違反なのでしょうか?

男性の喪服のブラックスーツのマナーは、ジャケットとスラックスの上下です。
ベストは基本的には着用しません。
その事からも、防寒対策のセーターの着用はマナー違反となる事が考えられます。

ジャケットを脱ぐことはありませんが、襟元からセーターが見えてしまう恐れもありますので、着用は控えましょう。
防寒対策としては、ワイシャツの下に暖かいインナーを着用する事がおすすめです。
場合によっては貼るタイプのカイロもいいかもしれません。

喪服のマナー 女性の場合

次に女性が喪服を着用する場合のマナーについてご紹介します。

黒のフォーマルなワンピースやスーツを着用

女性の場合も男性と同じで、黒のフォーマルタイプを着用します。
同じ黒い洋服でも、フォーマルタイプではないカジュアルなワンピースは、胸元が開いていたり、少しの光沢があったりするのでマナー違反です。

一般的に肌の露出は控える事がマナーなのですが、女性の場合そこまで正式な決まりがありません。
その為、フォーマルタイプであれば夏場の五分袖や七分袖もマナー違反ではありません。

スカートは膝が隠れる長さを選び、極端に短くならないようにします。
略喪服の場合はパンツスタイルのスーツもマナー違反ではないのですが、一般的にワンピースの方がパンツスーツよりも格が上のスタイルとして考えられているので、親族として通夜や葬儀に参列する場合はワンピースの方がいいでしょう。

ストッキングは季節に関係なく黒

ストッキングの色は、冬でも夏でも黒のみです。
さらに、基本的にタイツはマナー違反となります。
タイツにはカジュアルなイメージがあるので、通夜や葬儀にはふさわしくないのです。

ただし、どうしても寒い場合は、デニールに注目しましょう。
デニールとはストッキングの厚みを表す単位です。
通常は30デニールがマナーですが、寒い場合は60デニールまでは良いとされているようです。

喪服の時の化粧の仕方

メイク

喪服の時はどのようにお化粧をしたらいいのでしょうか。

ノーメイクはマナー違反

大人の女性でお化粧をしないで通夜や葬儀に参列する事はマナー違反だと言われています。
女性にとってのお化粧は、身だしなみの一部なのです。

薄化粧を意識する

身だしなみを調える事を意識してお化粧をすればいいのですが、具体的には薄めが基本です。
ベースメイクはマットな状態で仕上げ、パールやラメなどは使ってはいけません。

アイメイクは基本的には必要ありません。
どうしても普段の自分との差が出来てしまって恥ずかしい場合は、アイラインのみにしてマスカラやアイシャドウは控えましょう。

口紅は、元の唇の発色がいい場合は口紅も必要ありませんが、ベージュなどの淡い色ならマナー違反にはなりません。
その場合も、ラメやパール、グロスなどは使ってはいけません。

喪服に適した靴の選び方

喪服着用時に適した靴はどのような物なのでしょうか。

男性の場合

男性の場合は、内羽根のストレートチップと呼ばれるタイプか、プレーントゥと呼ばれるタイプが良いでしょう。
光沢や金具などがあるものは避け、毛皮などでつくられたものも避けましょう。

女性の場合

女性の場合は、飾りや光沢がなく、太めで高すぎない3cm〜5cmのヒールが最適です。
ストラップがついていても構いませんが、金具は目立たない物を選びます。

ピンヒールやサンダル、オープントゥなどカジュアルなデザインの靴は、通夜や葬儀にはふさわしくありません。

まとめ

葬儀

喪服着用時のマナーをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
突然の事であわてないように、仏事に関するものはひとまとめにしておくなど、普段から工夫をしておくといいですね。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
喪服だけでなく、葬儀でのマナーについてもっと詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事