ペット火葬車ってなに?メリット・デメリットやトラブルも解説!

ペット火葬車ってなに?メリット・デメリットやトラブルも解説!

大切な家族の一員であるペットの死はいずれ訪れるものです。ペットが亡くなってしまったら人間と同様に火葬することができますが、ペット火葬車をご存知ですか?今回は、ペット火葬車について、メリット・デメリットや悪徳業者とのトラブルについても含めて解説します。

最終更新日: 2020年03月05日

ペット火葬車について

葬儀

近年ペットを飼う方が増えていますが、ペットの死は必ず訪れるものです。
大切な家族の一員であるペットが亡くなってしまったら、人間と同様に火葬して供養することもできますが、ペット火葬車という言葉を聞いたことがありますか?

そこで今回「終活ねっと」では、ペット火葬車について以下の項目を中心に解説します。

  • ペットが亡くなったらどうすればいいの?

  • ペット用移動火葬車について

  • ペット火葬車のメリット・デメリットについて

  • 悪徳業者とのトラブルについて

  • ペット火葬後のご遺骨の供養方法について

ペット火葬車のメリット・デメリット、悪徳業者とのトラブルについても解説しています。
家族として過ごしてきた大切なペットが安心して旅立てるように心のこもったお別れをしてあげましょう。

ペットが亡くなってしまったらどのような方法で火葬しようかお悩みの方にとって役に立つ記事となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

ペットが亡くなったらどうする?

お墓

大切なペットが亡くなると、悲しみのあまり何もできそうにありませんが、死後硬直する前にご遺体を安置する必要があります。

ご遺体の安置をする場所を決め、棺を準備したり、腐敗の進行を遅らせるために保冷材の準備をします。
棺に入れることができるように前後の脚を折り曲げて、目や口を閉じてあげましょう。

ご遺体を安置した後は、葬儀について考えましょう。
主に火葬、土葬、自治体にての引き取りがありますが、土葬については埋葬場所や方法によっては法的な問題もあるので注意してください。

ペット葬儀で準備するものについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

ペット用移動火葬車ってなに?

お墓

火葬して供養することを選んだ場合、火葬の中でも様々な方法があります。
その中にペット用移動火葬車というものがあります。
ここでは、ペット火葬車について詳しく解説します。

ペット火葬の種類

まず、ペット火葬にはどのような種類があるのかご紹介します。
ペット火葬の種類は以下の通りです。

  • 合同火葬

    ペットのご遺体を預かり、他のペットとともに火葬するため、ご家族の立ち会いができないというものです。
    他のペットのご遺骨との区別が難しいので、ご遺骨の返骨は行わず、合同供養塔にまとめて埋葬されます。

  • 個別(一任)火葬

    個別火葬はしますが、立ち会いは出来ず、ご業者へ一任するというものです。
    ご遺骨は、納骨か返骨か選択することができます。

  • 立ち会い火葬

    個別で火葬する方法で、飼い主も立ち会うことができます。
    お骨上げを行い、納骨か返骨か選択することができます。

自治体でペット用焼却炉を備えている場合もあります。
この場合、他のペットとの合同焼却の場合もあり、ご遺骨を返してもらえない場合もあるようです。
個別焼却かどうか、ご遺骨は返してもらえるかどうかを確認する必要があります。

民間のペット葬儀社へ依頼して火葬してもらうのも選択のひとつです。
葬儀一式を引き受け、納骨までできるところもあります。
よく調べて、自分にあった業者を選びましょう。

ペット用移動火葬車とは

これらの方法の他に、業者によってはペット用移動火葬車を所有し、ご自宅の敷地内や近所の公園などで火葬してくれる業者もあります。

ペット用移動火葬車とは火葬用の焼却炉を搭載している自動車で、いろいろな場所でペットの火葬を行うことができます。
いまやペットは家族の一員として、人間と負けず劣らずの葬儀を行う方もいらっしゃいます。
お客様のニーズに合わせ、移動火葬車のサービスが生まれました。

移動火葬には合同火葬、一任火葬、個別火葬にオプションを加えたものがあります。
個別火葬に、お坊さんのお経や棺、骨壺、その他のオプションを加えたものもあるそうです。

東京・大阪にある運営基準をもうけた団体

業者の中には、移動火葬車の運営基準をもうけて活動している業者もあるようです。
日本ペット訪問火葬協会は、事故や防犯などの対策をとり、飼い主の「安心」と「安全」を基準化した団体です。

東京・埼玉・千葉・神奈川の関東圏、大阪・兵庫・三重・和歌山の関西圏に加え、山口、福岡の業者が登録しています。

移動火葬車を扱う悪徳業者とのトラブルも多いと聞きますので、その業者がどんな業者かじっくり選ぶことが肝心です。

「終活ねっと」では、他にも様々な内容の記事を掲載しています。
ペットが亡くなった場合の霊園や墓地についてお悩みの方は、以下の記事を参考にしてください

ペット火葬車のメリット・デメリット

人々

ペット火葬車には、様々なメリットやデメリットがあります。
両方の側面をきちんと理解して、ペット火葬車を選択しましょう。
ここでは、ペット火葬車のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

まず、ペット火葬車のメリットをご紹介します。
メリットは以下の通りです。

  • 忙しい中でペット火葬ができる

    ペット火葬車はご自宅に訪問してくれるので、家族が揃わない場合や忙しい場合でも安心して火葬を行うことができる。

  • 移動する必要がない

    自宅や近所で火葬ができるので、お身体が不自由な方や高齢者の方がペット霊園まで移動する必要がない。

  • 24時間年中無休で営業している

    他のペット火葬方法に比べて、ペット火葬車は24時間年中無休で営業しているため、夜間の火葬も可能である。
    忙しくて昼間に時間が取れない方も安心して火葬することができる。

  • ペットの愛着のある場所で火葬できる

    ご自宅や近所の公園など、ペットにとって愛着のある場所で火葬ができる。

デメリット

続いて、デメリットをご紹介します。
注意する点は以下の通りです。

  • 人目が気になってしまう

    自宅に訪問してくれるのはメリットだが、近所の方の目を気にしてしまう可能性がある。
    また車で火葬を行うため、場所の確保も必要となる。

  • 大型の動物は火葬できない可能性がある

    業者にもよりますが、大きな動物は火葬ができない可能性もあります。
    事前に確認を取っておくようにしましょう。

ペット火葬業者とのトラブル

困った人々

近年、ペット火葬の需要が高まっていますが、悪徳業者ともトラブルも増えてきています。
ここでは、業者とのトラブルについてご紹介します。

悪質なペット火葬業者とのトラブル例

ペットのための葬儀会社が多くなり、葬儀の仕方やそのプランが増える中、悪質なペット葬儀会社も増えているようです。
ほとんどの業者は誠実な対応で業務を行っているのですが、中にはペットに対する愛情を利用した悪質な業者が存在するのも事実です。
ここでは、そんな悪質なペット火葬業者とのトラブル例をご紹介します。

  • 埼玉県の山林に犬や猫の死骸が約100匹ほども遺棄されているという事件。
    中には服を着たままのご遺体も多く、ペットであるようだったとのこと。
    警察によると、悪質なペット葬儀業者による不法投棄ではないかということであった。(2010年)

  • ペット用移動火葬車を使用し、焼却炉に入れた後に高額な料金を請求。
    払わなければご遺骨を返さないなどと脅し、請求額を脅し取るという事件。(2005年)

  • ペットの火葬のみを依頼したのに、強引にオプションを加えてその料金を請求する。

  • ペットの火葬の際に高額な骨壺や位牌を購入するよう、しつこく迫る。

  • 依頼したペットのご遺骨と違う他者のペットのご遺骨を返す。

悪質なペット火葬業者に騙されないためには

では悪徳なペット火葬業者に騙されないためにはどうすればよいのでしょうか。
悪質なペット火葬業者に騙されないためには、火葬の予約時の確認をしっかりすることが大切です。

  • 予約する前に見積もりを出してもらい、料金の総額がいくらになるか確認する。
    一社ではなく他の会社にも見積もりを出してもらい、自分に合った業者を選ぶ。

  • 体重によって料金設定されている場合が多いので、体重がわからない場合は体重別の料金設定を確認する。

  • オプションについての確認と料金の確認をする。

  • 火葬前にも必ず費用の総額を確認する。

  • 葬儀のプランや段取りの確認をする。

確認をしたにもかかわらず、高額料金を要求されたり脅されたりした場合は、泣き寝入りせずに警察に連絡してください。

ペット火葬後の供養方法

葬儀

ペット火葬を行った後、ご遺骨はどのように供養すればよいのでしょうか。
ここでは、ペット火葬後の供養方法についてご紹介します。

  • 自宅で供養する

    ご遺骨の入った骨壺を、祭壇の上などに置いて手元供養する方法です。
    ご遺骨にカビが生えるのを避けるため、除湿剤などを入れることをおすすめします。

  • ご遺骨を埋葬する

    ペット霊園や合祀墓、自宅の庭などに埋葬するのも選択肢の1つです。

  • ご遺骨アクセサリー

    ご遺骨をアクセサリーにすることも可能です。
    粉骨してパウダー状にしたり、ダイヤモンド加工を行うこともできます。

  • 散骨する

    ご自宅に散骨したり、海に散骨する方法を選ばれる方もいます。

ペット火葬車についてまとめ

犬

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、ペット火葬車について詳しく解説してきました。
記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • ペットが亡くなったら、保冷剤などで冷やしながらご安置をし、葬儀方法について検討する。

  • ペット火葬には、合同火葬・個別(一任)火葬・立ち会い火葬がある。

  • ペット火葬車とは火葬用の焼却炉を搭載している自動車で、自宅や近所の公園で火葬を行ってくれる。

  • ペット火葬車には、忙しい中で火葬が行えるなどのメリットがあるが、場所の確保なご近所の方の目を気にするなどのデメリットもある。

  • 悪徳業者とのトラブルを避けるため、予約時の確認をきちんとする。

  • ご遺骨は自宅で手元供養したり埋葬する方法の他にも、アクセサリーにしたり散骨したりする方法もある。

便利なペット用移動火葬車を利用し、満足される方も多いことでしょう。
しかし、悪質なペット火葬業者とのトラブルには注意したいものです。

大切なペットの最後の旅立ちを心残りのないものにできるように、事前確認をしっかりして業者の選定をすることをお勧めします。

「終活ねっと」では、この記事の他にもペット火葬についての記事を多数掲載しています。
以下の記事ではペットの葬儀の流れや供養方法について分かりやすく解説していますので、こちらもあわせてお読みください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place DMMのお葬式で斎場を探す
DMMのお葬式で斎場を探す