お葬式参列時のマナーとは?服装や香典・焼香について詳しくご紹介!

お葬式参列時のマナーとは?服装や香典・焼香について詳しくご紹介!

お葬式に参列する場合、服装やマナーなど気をつけなければならない点がたくさんあります。今回はお葬式に参列する際の服装や香典、焼香に関するマナーについてまとめました。突然葬儀に参加することになっても落ち着いて対応できるようにしましょう。

2020-01-27

お葬式のマナーについて

葬儀

葬儀に参列する場合、気を付けなければならない点がたくさんあります。
葬儀のマナーに自信をもって参列される方は多くはないでしょう。
では、葬儀のマナーとはいったいどういったものがあるのでしょうか。

今回「終活ねっと」では、葬儀に参列する際のマナーについてご紹介していきます。

  • 男性・女性・子供の服装マナー

  • 葬儀に参列する際の持ち物

  • 香典の相場

  • 香典の包み方と渡し方のマナー

  • 焼香のしかたについて

以上のことを中心にご紹介していきます。
葬儀に参列する際の服装をはじめ、香典の包み方・渡し方や焼香の仕方など様々なマナーについてご紹介しております。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

訃報はいつも突然にやってきます。
いざ葬儀に参列する際に、慌てずに準備できるように事前に葬儀のマナーに関して知っておくと安心です。
ぜひ最後までご覧いただき、ご参考にしていただけると幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お葬式での服装・靴や持ち物のマナー

葬儀

喪服はお葬式や法事などに出席する際に着るものです。
昔の日本では喪服は白だったのですが、近年では黒や薄墨色が一般的です。
喪服には格式があり、遺族か弔問客かなどでふさわしいものがあります。

男性と女性で着用する喪服が異なるので、それぞれについて把握しておきましょう。
また、葬儀に子供と一緒に参列する場合は子供の服装についても注意が必要です。
ここでは、参列者の服装マナーについて男性、女性、子供に分けて解説していきます。

男性の喪服に関するマナー

まずは、男性の喪服に関するマナーについて紹介していきます。

男性の喪服は、一般の弔問客の場合は準喪服であるブラックスーツが基本です。
注意する点は、ビジネススーツと喪服が違うということです。
喪服の中にビジネススーツが混ざると、違いがはっきりと分かってしまうので注意が必要です。

以下に男性の喪服のマナーについて各項目ごとにまとめていきます。

  • ワイシャツ

    ボタンも白色で無地の白シャツにしましょう。

  • ネクタイ

    黒色でネクタイピンは付けません。

  • カフスボタン

    付けてもよいですが、パールか光らない素材の黒石のものが望ましいです。

  • 黒色で、エナメル等の光沢のあるものや金具などが付いているものは避けましょう。

  • 靴下

    黒色が望ましいです。

  • 冬のコート

    黒や濃紺、濃いグレーのような地味目な色がおすすめです。

女性の喪服に関するマナー

次に、女性の喪服に関するマナーについて紹介していきます。
女性の場合も、一般の弔問客は遺族よりも格を下げた喪服を着るのがマナーです。

洋服の場合は黒無地ワンピースやアンサンブルなどの準喪服もしくは、グレーや濃紺系の地味目なワンピースなどの略喪服を着ましょう。
夏の場合は半袖でもマナー違反ではありません。
以下に各項目ごとに女性の服装マナーについてまとめていきます。

  • ストッキング

    黒色のものが望ましいです。

  • 準喪服の場合は、紐や光沢のないプレーンなパンプスが望ましいです。
    略喪服の場合は、黒であればパンプスでなくても問題ありません。
    しかし、スニーカーやサンダルなどラフなものは避けましょう。

  • アクセサリー

    一連の真珠のネックレス、一粒タイプのイヤリングであればつけてもよいです。

  • 髪の毛

    低い位置で結びましょう。

子供や孫の喪服に関するマナー

子供と一緒に参列する場合は、子供にも葬式に合わせた服装で参列してもらわなくてはなりません。
子供の場合、学校の制服がある場合、学校の制服が喪服になります。
以下に子供の服装マナーについて各項目ごとにまとめていきます。

  • 服装

    学校の制服がある場合は学校の制服を着用しましょう。

  • 黒色で光沢がないものが望ましいです。

  • 靴下

    黒色か白色のものが望ましいです。

お葬式に参列する時の持ち物

ここで紹介するものは、全て必須というわけではなく、よく持っていくことがある持ち物のリストです。
以下に葬儀に参列する際の持ち物のリストをご紹介します。

  • 数珠

    宗派によってデザインが異なります。
    一般的に男性用は大きい玉、女性用は小さい玉であることが多いです。
    数珠を入れる数珠袋や数珠入れは必須ではありませんが、あると便利です。

  • ハンカチ 

    色物のハンカチはマナー違反です。白の無地か黒のものを使うのが一般的です。

  • 手袋 

    お葬式の際に手袋をする必要はありませんが、する場合は焼香をするときに外すのがマナーです。
    黒で布製のものを使います。

  • 袱紗(ふくさ) 

    ふくさとは香典やお布施を包むものです。
    色は紫、緑、藍、グレーなどの落ち着いた色が適切です。
    ポケットふくさという略式のものもあります。

  • 傘 

    天気が悪い場合は黒、紺、グレーなど寒色系の物を持って行きます。
    なければビニール傘でも構いません。

お葬式での香典の相場や包み方

葬儀

お葬式に参列することになった時に、まず香典について考える方も多いかと思います。
訃報のお知らせを受けたら、葬儀・通夜のいずれかに香典を持って行くのがマナーです。

香典は、仏式等の葬儀で死者の霊前等に備えるもので、現金を不祝儀用ののし袋に入れて遺族に対して渡されます。
香典は香奠とも表記され、「香」の字は香・線香の代わりに供える、「奠」の字は霊前に供える金品という意味があります。

お葬式には非常に多くのお金がかかるので、香典には故人の冥福をお祈りするという意味とともに、葬儀に伴い多額の出費がある遺族を支えるという意味もあります。
ここでは、香典の相場や包み方、渡し方のマナーについて解説していきます。

お葬式で包む香典の相場

香典に関しては様々なマナーがありますが、まずは相場について説明していきます。
香典の相場は故人との関係性や年齢、付き合いの深さなどによって異なります。
以下の表で、故人との関係性別に金額相場をご紹介していきます。

関係性 金額相場
両親 5万円~10万円
兄弟、姉妹 3万円~5万円
祖父母 1万円~5万円
親戚 1万円~3万円
友人、知人 5000円~1万円
会社関係者 5000円~1万円
会社関係者の家族 5000円~1万円
先生・恩師 5000円~1万円

大まかに言うと、親戚以外の場合は1万円くらいまでが相場のようです。
他の参列予定者と連絡をとってどれくらい包むかを決めておくと、自分だけ少なすぎたり、多く包みすぎたりということも避けられるので意識しておくとよいでしょう。

香典のお金の包み方

香典はそのまま渡さず、香典袋に入れて渡すのがマナーです。
文房具屋さんやコンビニエンスストアなど簡単に手に入れられるところに売っているので、しっかり用意しておきましょう。
香典を包む際、特に気をつけなければならないマナーは次の3点です。

  • お札の向きを揃える

    複数のお札を入れることになる場合は、お札の向きを揃えるよう気を付けましょう。

  • 新札は用いない

    亡くなられるのを待っていたかのように捉えられるため、新札は用いません。

  • 中袋を外袋で包む

    外袋を開き、内面を面にした状態で中袋を中央に置きます(面に背面がきている状態)。左、右の順番で外包みをぶせ、上、下、上の順で包みます。
    その後、水引を正しく付けます。

香典の書き方のマナー

お葬式にはたくさんの人が訪れるので、香典を包む封筒には、誰からのものなのかわかるように名前を書きます。
この際に気をつけなければならないマナーは、薄い墨で書くという事です。
可能であれば、薄い色づきの筆ペンで書く事が望ましいです。
これには「悲しみの涙で墨が薄くなる」という意味も込められています。

次に、香典に書く内容ですが、自分の名前をフルネームで水引の下に書きます。
また、中袋や裏側に住所や指名を書く欄がある場合には、記入をしておきましょう。

故人の宗教によって香典袋の表書きの書き方は変わります。
ここの部分を間違った宗教の形式で書いてしまうとマナー違反になるので、気をつけましょう。

本来であればお寺や教会の情報などを調べるなどして、先方の宗教を事前に確認しておけたらよいのですが、御霊前という表書きはどんな宗教でも使えるので、宗教がわからないときは「御霊前」を使いましょう。

「御霊前」は葬儀でも通夜でも使えるので非常に使いやすいです。
ちなみに、御仏膳というのはお葬式ではなく、四十九日の法要以降に使うのが一般的です。

香典の渡し方のマナー

香典を渡す際にも気を付けなければならない点がいくつかあります。
まず香典を渡すタイミングですが、通夜と葬儀どちらも参加する場合は通夜で渡すことが多いようです。
通夜と葬儀どちらか一方のみ参加する場合は、参加する方でお渡しするようになります。
また、香典の正しい渡し方は以下のようになります。

  • 袱紗に包んで持参する。

  • 自分の番になったら袱紗から取り出し、相手から見て正面向きに渡す。

  • 渡す際に、「この度はご愁傷様です。」など一声かけて渡す。

焼香のマナー

葬儀

仏式のお葬式や法事では焼香が行われます。
焼香には、霊前を清め亡くなった人の冥福を祈るという意味が込められており、血縁の近い順に行い、一般会葬者は席順に行います。

焼香には立ったまま行う立礼焼香・座って行う座礼焼香・自分の席で行う廻し焼香などの種類があります。
宗派によって焼香マナーが異なるので、心配な場合は事前の打ち合わせなどで僧侶に確認しておくと良いでしょう。

基本的な焼香の流れ(立礼の場合)は以下の通りです。

  • 順番が来たら焼香台に向かいます。

  • 焼香台の前に立ったら、ご遺族と僧侶に一礼します。

  • 遺影に合掌します。

  • 決められた回数でお香をつまみ、押しいただいた後で香炉にお供えします。

  • 終わったら遺影に合掌し、ご遺族にも一礼して席に戻ります。

こちらの「終活ねっと」の記事では、宗派による焼香の違いをより詳しく解説した記事がご覧になれます。
ぜひご一読ください。

お葬式マナーについてまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか?
今回「終活ねっと」では、お葬式に参列する際のマナーについて解説してきました。
以下に今回の記事のポイントをまとめます。

  • 男性の服装の注意点は、ビジネススーツと喪服を混同しないようにすることである。

  • 女性の服装は、黒無地のワンピースやアンサンブルを着用する。
    一連の真珠のネックレスや一粒タイプのイヤリングであればアクセサリー
    を付けてもよい。

  • 香典の金額は故人との関係性で変わる。親戚以外の場合は、1万円前後が相場である。

  • 香典は香典袋に包む。
    お金を入れる際は、新札を用いずに、複数枚入れる場合は向きをそろえて入れる。

  • 香典袋の表書きは、薄い墨で書くことがマナーである。
    「ご霊前」はあらゆる宗教で使うことができる。

  • 焼香のマナーは宗派によって異なる。
    焼香の順番は、故人と血縁の近い順に焼香を行っていく。

お葬式は複雑で難しく感じる方もいると思います。
非常に大切なものなので、マナー違反のないように注意したいですね。
お葬式のマナーは宗教や宗派によって違う部分もあるので、この記事を参考にしながらしっかり確認をして参列しましょう。

「終活ねっと」では、他にも葬儀の費用に関する記事を多数掲載しております。
以下の「終活ねっと」のリンクより葬儀の費用を抑える方法をご紹介しております。
ぜひご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬式・マナー」に関連する記事

  • お葬式に参列する際の香典の金額の相場は?続柄ごとの相場も解説!のサムネイル画像
    お葬式に参列する際の香典の金額の相場は?続柄ごとの相場も解説!

    お葬式に香典を持っていくけど、どれくらいの金額を持っていけばいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。お葬式の直前に慌てて準備するということがないように、しっかりと事前に確認しておくことが大切です。そこで今回は香典の金額の相場について解説します。

  • お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!のサムネイル画像
    お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!

    お葬式に参列する際、お香典は欠かせません。そんなお香典のルールについて、急なお葬式の際にも対応できるよう、ある程度知っておきたいですよね。今回終活ねっとでは、お葬式のお香典について、金額の相場からお香典袋の選び方・書き方・渡し方まで、解説していきます!

  • 知っておきたい!お葬式でのお金のマナーとはのサムネイル画像
    知っておきたい!お葬式でのお金のマナーとは

    お葬式では弔問客は受付で香典を渡すことになります。ただ渡すだけなのですが、香典や入れるお金にはいくつかのマナーがあります。ここでは、お葬式でのお金のマナーについて紹介します。

  • お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!のサムネイル画像
    お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!

    香典は、葬式でのマナーの一つとして重要な習慣です。しかし、香典の金額相場が分からず、いくら包めばよいのか困ってしまう方も多いのではないでしょうか。今回、終活ねっとでは、葬式における香典の金額相場や香典を包む際の注意点、香典袋の書き方まで解説します!

  • 御香典の相場ってどのくらい?関係別の相場や御香典のマナーも紹介のサムネイル画像
    御香典の相場ってどのくらい?関係別の相場や御香典のマナーも紹介

    お通夜やお葬式の際に参列する際は御香典を包みますが、どれくらいの金額を包めばいいか、相場はどれくらいなのかは難しい問題です。この記事では、御香典の相場を年齢や故人との関係別にご紹介するとともに、御香典における表書きの書き方やマナーについてもご紹介して行きます。

  • 葬儀の服装マナーを男女や立場別に解説|男性・女性・子供のサムネイル画像
    葬儀の服装マナーを男女や立場別に解説|男性・女性・子供

    葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装についてご解説します。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しておきましょう。

  • 葬儀の香典の金額相場は?香典に関するマナーや表書きについても解説のサムネイル画像
    葬儀の香典の金額相場は?香典に関するマナーや表書きについても解説

    葬儀の際に持って行くものといえば香典です。香典の金額は故人との関係によって異なりますが、一体いくら包めばよいのかご存じでしょうか。今回は葬儀における香典の金額相場だけでなく、香典の表書きや包み方・渡し方、さらには香典返しなどの香典マナーについて紹介します。

  • お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!のサムネイル画像
    お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!

    お通夜やお葬式というものは、厳粛な場ですしマナーを知らないと恥ずかしい思いをしてしまいますよね。人に聞きにくい話題ですので、マナーを知らないままになっている方もいるのではありませんか?そこでお通夜とお葬式に関するマナーを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!のサムネイル画像
    友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!

    友人の葬儀の際、香典はいくら包めば良いのか迷いませんか?友人といっても、付き合いの深さなどの差が多少はありますし、香典の金額に悩みますよね。友人の葬儀の金額相場と香典の包み方のマナーも合わせてご紹介します。

  • 葬儀における親族の香典って?金額相場や渡す際のマナーをご紹介のサムネイル画像
    葬儀における親族の香典って?金額相場や渡す際のマナーをご紹介

    誰もがご親族の葬儀に参列するタイミングを生涯の中で何度か持つことになるでしょう。大切な方をお見送りする場でもやはり香典は持参するものとして重要です。今回はご親族の葬儀に参列する際に包む香典の金額相場やマナーなどについて見ていきましょう。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料