葬儀用のバッグの選び方とは?色や素材のマナーから男性用も解説!

葬儀用のバッグの選び方とは?色や素材のマナーから男性用も解説!

女性の多くは葬儀にバッグを持っていきますが、初めての葬儀ではどのようなバッグがふさわしいかわからないですよね。今回は色や素材、大きさまで考えた葬儀用バッグの選び方を解説します。葬儀用にふさわしくないバッグや男性用についても説明するので最後までお読みください。

2019-09-29

葬儀用のバッグについて

葬儀

女性の方の多くは葬儀にバッグを持っていくと思います。

しかし、初めて葬儀に行くときは、どのようなバッグを持っていけばいいのかわかりませんよね?
葬儀にふさわしいバッグとはどのようなものなのでしょうか。

今回、終活ねっとでは葬儀用のバッグについて以下の項目を軸に解説していきます。

  • 女性におすすめの葬儀用バッグは?

  • 葬儀用バッグの選ぶポイントは?

  • 葬儀用バッグとして使えないものは?

  • 和装の場合の葬儀用バッグは?

  • 葬儀用バッグのお手入れの方法は?

  • バッグの中は何に気を付ければいい?

  • 葬儀用のサブバッグは必要?

  • 男性は葬儀用のバッグを持つの?

葬儀における服装のマナーは大人の常識でもあります。
バッグも例外なくマナーとして見られる部分であるのでしっかりと頭に入れておきましょう。

葬儀にどんなバッグを持っていけばいいのかわからない方は、詳しく説明してあるのでぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀用のバッグの選び方

葬儀

普段から使っている黒いバッグで代用したいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、慎みの気持ちを伝える葬儀の席では、きちんとした葬儀用のバッグで参列するのがマナーです。

葬儀用のバッグは良いものを一つ持っておくと長く使えますので、ある程度の年齢の方はきちんとした葬儀用のバッグをご用意されることをお勧めします。
そこでここでは、葬儀用バッグの選び方について紹介いたします。

女性におすすめの葬儀用バッグ

若い方は葬儀に参列される機会もまだ少ないと思います。
そういった方は、慶事、弔事の両方の席で使える黒いハンドバッグを購入されるとよいでしょう。
デパートなどのブラックフォーマルのコーナーにはハンドバックも置いてありますので、売り場の方のアドバイスを参考にされてもいいですね。

黒のシンプルなハンドバッグでも、バッグに付けるアクセサリーなどで、お祝いの席でも十分使えます。
慶弔両方の席に使えるシンプルな黒いハンドバッグを一つ用意しましょう。

葬儀用のバッグの形、大きさは?

葬儀用のバッグは、黒いハンドバッグが基本です。
袱紗に包んだ不祝儀袋、数珠、ハンカチ、お財布、携帯電話など、基本的な持ち物が入る大きさのものを選びましょう。

お財布が大きめの長財布や、厚みのあるものだと、小さめのハンドバッグに納まらない場合があります。
そういった時は少し大きめのハンドバッグを選ぶか、お財布を小さなものに替えてもいいでしょう。
または、サブバッグを用意してもよいです。

葬儀用のバッグの色と素材は?

色は黒で布製のハンドバッグが正式ですが、光沢のないカーフ素材など革製のバッグでも大丈夫です。
黒い布製のバッグといっても、布地に模様が入っているものや光沢のあるもの、レースが使われているものはふさわしくありません。

また、どんなに高価で良い物でも、クロコダイルやリザード、オーストリッチなど爬虫類素材のバッグは、たとえ黒いハンドバックでも殺生を連想させるのでお悔やみの席では避けます。

葬儀用のバッグは、布製の黒いシンプルなハンドバッグを選ぶとよいでしょう。

葬儀用バッグに装飾はあってもいいの?

葬儀用のバッグは、装飾のないシンプルなものを選びましょう。

特に気を付けたいのは、金具です。
ハンドバッグは、ふたを止めるマグネットの位置の表側にデザインとして金具が付いているものをよく見かけますが、これから葬儀用のバッグを買われる方は、なるべくそういったデザインは避けましょう。
特に目立つ場所に金具があるものは葬儀用のバッグとしてお勧めできません。

また、バッグの内側の布地の色にも注意します。
黒色や濃紺なら中が見えても場違いではありませんが、あまり派手な色の内布は葬儀用バッグにはふさわしくありません。

黒いハンドバッグでも、ブランドのマークがはっきり分かるもの、大きなリボンや、エナメルの装飾があるものも葬儀用のバッグにふさわしいとは言えませんので、気を付けましょう。

葬儀用のバッグに使えないものは?

黒で飾りが無くても、ショルダーバッグ、トートバッグ、ポシェットなどは葬儀用のバッグとして使いません。
あからさまにブランドが分かるバッグも葬儀用としてふさわしくないので、葬儀の席では持たないことが基本です。

また、葬儀にリュックを持っていて良いのかという疑問がある方もいるのではないでしょうか。
リュックに関しては以下の記事に詳しく解説してあるので、興味のある方はぜひお読みください。

和装の場合はクラッチバッグ?

最近は和装で葬儀に参列される方は減りましたが、喪主、親近者の方など、立場によっては和装が必要なこともあります。
和装の場合でも、基本は洋装の場合と同じく色は黒で光沢のない布製の和装用ハンドバッグ、またはクラッチバッグを持ちます。

素材が正絹で上品な織柄の入った黒いハンドバッグなら、黒無地でなくてもいいかと思います。
タッセルなどのアクセサリーを付ければ、慶事の席でも使えて便利です。

和装の小物は高価なものが多いので、購入される際は、長く使えるものを選ばれるとよいでしょう。
また、葬儀用の和装小物一式をセットで販売している着物のお店もあるので、そういった買い方をされてもいいでしょう。

葬儀用バッグはどうお手入れするの?

葬儀

お手入れは、水分や汚れを乾いた布で拭き取り、陰干をしてから型崩れしないように柔らかい紙などを丸めたものを入れて、形を整えて保管します。
長く使うものなので、丁寧にお手入れをして、カビや色落ちを防ぎましょう。

雨の日でも水濡れを心配せずに使えるので、撥水加工が施されているかどうかも確認しておきましょう。

バッグの中に関するマナー

葬儀

葬儀の席でお財布を出すことはまずないと思いますが、あまりにも派手な色のお財布は控えましょう。
地味なものを用意するか、少し気を付けて葬儀の席でお財布を出すことを避けるようにすると良いです。

最近では、葬儀用のバッグもマチが広めに取られていて、持ち物がきちんと納まるように作られています。
ハンドバッグの中は見えないですが、持ち物がきちんと納まっているほうがスマートですし、整理されていると袱紗を取り出す時にもたついて慌てることもないので安心ですね。

葬儀用のサブバッグは必要?

葬儀

葬儀用に光沢のない布製のサブバッグとして黒の手提げ袋を一つ用意しておくと、手回り品をいれることができるので便利です。
化粧ポーチ、夏場なら折り畳み式の日傘、場合によっては携帯用スリッパなど、お悔やみの席でも何かと荷物があるかと思います。
そういったものはハンドバッグに詰め込まずに、サブバックに入れましょう。

葬儀用のバッグと同様に、色は黒で光沢のない素材が基本で、小ぶりで布製のものがお勧めです。
ブランドのロゴマークや、金具があるものは避けましょう。

男性も葬儀用のバッグを持つの?

人々

男性の場合、フォーマルの場では基本的にバッグを持ちません
持ち物はスーツのポケットに入れるので、ポケットが膨らんで形が崩れることがないように、フォーマルな席では黒いスリムタイプのお財布かマネークリップなどを使われるとスマートな印象です。

喪服の場合も同様です。
袱紗に包んだ不祝儀袋や数珠、ハンカチなどは喪服のポケットに入れます
どうしても葬儀の席でバッグを持つ必要があれば、黒無地のクラッチバッグがいいでしょう

男性の服装については以下の記事で詳しく解説されているので、ぜひご覧ください。

葬儀用のバッグまとめ

葬儀

いかがでしたか。
今回、終活ねっとでは以下の項目を軸に葬儀用のバッグについて解説してきました。

  • 女性は黒いハンドバッグを一つ持っていると良い。

  • 大きさは不祝儀袋、数珠、ハンカチ、お財布、携帯電話などの基本的なものが入るくらい良い。

  • 葬儀用バッグは黒で布製のものが良い。

  • レースのあるもの、模様が入っているもの、光沢のあるもの、殺生を連想させる爬虫類素材のものは避けたほうが良い。

  • ショルダーバッグ、トートバッグ、ポシェットは葬儀用バッグとして使えない。

  • 和装で参列する場合は、和装用ハンドバッグ、またはクラッチバッグが良い。

  • 葬儀用バッグは装飾のないシンプルなものが良く、特に金具に注意するべきである。

  • 葬儀用バッグのお手入れは水分や汚れを乾いた布で拭き取り、陰干をしてから型崩れしないように柔らかい紙などを丸めたものを入れて保管すると良い。

  • 葬儀用バッグの中においては、財布の色に気を付けたほうが良い。

  • 荷物が多い場合は、黒の光沢がないサブバッグを使用すると良い。

  • 男性は基本的に葬儀用バッグは持たずに、葬儀に必要なものは喪服のポケットに入れる。

慶事の席でも、弔事の席でも、相手の方にお祝いの気持ち、または慎みの気持ちを伝えることがいちばん大切なことです。
その際、失礼が無いようにマナーを守った服装、持ち物、メイクなどに気を付けることは重要です。

どんなに心がこもっていても、あまりにもマナー違反の装いや持ち物では、相手の方に不快感を与えてしまいます。
ことさら神経質になる必要もありませんが、例えば葬儀用のバッグの選び方でも、マナーを知って選べば失敗することもなく、恥ずかしい思いをすることもないかと思います。

この記事がお役に立てれば光栄です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

また、終活ねっとではこの他にも葬儀に関する記事を多数紹介しております。
以下の記事では、葬儀費用の費用相場や内訳について詳しく紹介しておりますのでぜひあわせてご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀用・バッグ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料