葬儀のお車代とは?金額相場や書き方から渡すタイミングまで解説

葬儀のお車代とは?金額相場や書き方から渡すタイミングまで解説

葬儀でお車代の準備が必要なのはどんな時でしょうか?大切な人を亡くし、慌ただしく準備を進めて行く中で、突然お車代を用意しようとしても混乱するかもしれませんね。葬儀で慌てないように、お寺様に渡すお車代についてまとめました。

2019-10-27

葬儀のお車代について

葬儀

葬儀を行うためには、たくさん準備しなければいけないことが多いと思います。
葬儀までに慌ただしく準備をしている中で、葬儀のお車代について決めなけらばならないときがありますよね。

そんなときに、葬儀のお車代についての情報を知っていないと混乱してしまうかもしれません。
そのため、あらかじめ葬儀のお車代についての知識を理解しておくことが大切です。

そこで、今回終活ねっとでは葬儀のお車代について、以下の項目を中心に解説していきます。

  • 葬儀のお車代とは?

  • 葬儀のお車代いくら包めばいいの?

  • どんな袋に包んだらいいのか

  • 葬儀のお車代を渡すタイミング

  • 葬儀参列者にお車代は必要なのか

葬儀のお車代はいくらなのかの他に、どんな袋に包んだらいいか、またお車代を渡すタイミングについても紹介しております。
葬儀のお車代についてお困りの方には有益な情報を多数紹介しておりますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀の時に僧侶に渡すお車代って?

葬儀

そもそも、お車代とは何でしょうか?

お車代は、葬儀や法要を葬儀式場で行う際に、お坊さんに来てもらうための交通費のことをいいます。
元々はお寺への送り迎えができない時に渡されていました。

お車代は葬儀の時に必ず用意しなければならないかというと、そうではありません。
親族間で送迎を行ったり、お寺で葬儀や法要をするのであれば不要ですし、信仰している宗教によってはお車代を受け取らないケースもあるようです。

準備に悩むのであれば、同じお寺様と付き合いのある親戚や、町内の詳しい人物に相談することをおすすめします。
葬儀会社の担当者にたずねてみるのも良いでしょう。

迷う時は必ず周囲の人に声をかけ、ひとりで決めないよう注意しましょう。

終活ねっとでは様々な葬儀プランをご用意しております。
お気軽にご相談ください。





葬儀で渡すお車代の金額相場は?

葬儀

お車代の金額は、地域によって異なります
3000円〜5000円という話もあれば、都心などでは1万〜2万用意する場合があるようです。
付き合いのあるお寺が県外にいるなど、遠方であるほど金額は高くなります。

判断できなければお坊さんに直接聞いてみましょう
失礼にはあたりませんので、安心して相談してください。
お車代をお坊さんにたずねて「お気持ちの金額で大丈夫ですよ」と言われて悩んだり、事情がありお坊さんに質問が難しい人もいると思います。

その場合は、同じお寺様の世話になっている親戚や近所の人、葬儀の担当者に打ち明けてみましょう。
分からないことはまず聞いてみる姿勢が大切です。

お車代の袋の表書きの書き方やマナー

葬儀

お車代の金額が決まったら、まずは袋を用意しましょう。

市販されている水引や、奉書白封筒という、真っ白な封筒が適しています。
水引は双銀、黒白どちらでも大丈夫です。
関西方面の葬儀ではお車代に黄白の水引が使用されることもあるため、葬儀屋さんに相談してみましょう。

袋を決めたら、名前の記入が必要です。
葬儀で文字を書く時には薄墨が良いとされますが、お車代は普通の墨で問題ありません。

水引の場合

水引の場合、表書き、中袋は以下のように書きます。

  • 表書き…「御車料 ◯◯家」「御車料 名前(姓名で記入)」

  • 中袋…住所・名前・金額を明記

中袋の封を糊付けするのなら、〆を忘れずにしましょう。
お札は顔がある面を上にし、表に向けて入れます。
水引はそのままに包の下部を引き出し、中袋を入れると綺麗に収まります。

白封筒の場合

白封筒の場合、以下のように書きます。

  • 表書き…「御車料 ◯◯家」「御車料 名前(姓名で記入)」

  • 中包がある場合…住所・名前・金額を記入

表書きを◯◯家にした場合、裏面に住所・名前・氏名が必要です。

お車代を入れる際には、お札の顔が上で表面がくるように用意してください。
封筒の口を糊付けするため、お寺様に渡す前に〆と書いておきましょう。

新札は使っていいの?

一般的に葬儀のお車代には新札を使ったほうがいいと言われています。
これはお坊さんに対する感謝の気持ちを示すためであるからです。
しかし、突然のことで新札が用意できないという場合には、旧札でもいいとされています。

対して、新札を使ってはいけないと言う考え方もあります。
法事や法要などは事前にわかっているため、新札を使ってもいいとされています。
しかし、葬儀などでは新札を使ってしまうと、あらかじめ準備していましたという意味になってしまい、あまりおすすめできないという考え方です。

お車代を葬儀で渡すタイミング

葬儀

お寺様へ渡すタイミングは、葬儀や法要が終わった後、お布施と一緒に出すのが一般的です。

不安であればお坊さんに質問すると、いつ渡せば良いのか教えてくれるはずです。
葬儀担当者が、お布施やお車代を渡すタイミングをお坊さんにたずねている時もあるので、その場合は相談してみましょう。
式が始まる前に式場の方にいつ渡せば良いのか確認を取っておけば、より安心です。

葬儀式場で渡す際は、寺院控室へ出向くのが普通です。
部屋にたずねて良いか迷うなら、係員に声をかけ確認を取ります。

また、そのまま手渡しするのは失礼にあたるので、必ずふくさや切手盆にのせて準備しましょう。
切手盆とは黒い長方形のお盆で、葬儀式場では受付で香典を受ける際に用いられることが多いです。
係の方にお願いすれば借りることができるので、使用するなら声をかけてみましょう。

封筒を並べる順番としては、一番上がお布施、次にお車代となります。
お礼の言葉と共に、失礼のないよう渡しましょう。

また終活ねっとでは、お布施についても詳しく解説しております。
ぜひ下記を参考にしてご確認ください。

葬儀の際の友人や親戚の交通費は渡す?

葬儀

葬儀の際は故人と縁のある人が、各方面から参列に来ます。
中には遠方から駆けつけてきたり、海外にいる親戚が葬儀のために帰国するなど、時間を作り訪れる人もいるでしょう。
そんな時に気になるのが交通費です。
あまりにも遠い場所から来た人には、お車代としてお金を包むべきなのでしょうか?

結論から言うと、お車代は基本的に必要ないと考えられています。

葬儀は結婚式と違い、招待状をあらかじめ準備し出席確認を行ったりはしません。
亡くなったという一報を受けた人が判断し、参列をするかどうか決めています。
そのため、交通費は各自が負担することがほとんどです。

ただし、こちらからお願いをし、足を運んでもらったのならそれなりの負担は必要でしょう。
また、遠方から個人の判断で来てくれた親戚の希望があれば、宿泊先の手配を行うと丁寧です。
最近の式場では大人数が寝泊まりできるよう設備が充実してきています。
式場の控室に余裕があれば、親戚を泊めても問題はありません。

葬儀のお車代のまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは葬儀のお車代について解説してきました。

  • お車代とは、葬儀や法要を葬儀会場で行うときに、お坊さんに来てもらうための交通費のことである。また、お車代の準備に悩んだら葬儀会社の担当者などに相談するべきである。

  • お車代の相場は地域によって異なるため、お坊さんに直接聞いてみるのが良い。

  • お車代を入れる袋には真っ白な封筒が適している。また、名前などの書き方は水引や白封筒のそれぞれの場合があるので事前に確認が必要である。

  • お車代を葬儀で渡すタイミングは、葬儀や法要が終わった後にお布施と一緒に出すのが一般的である。不安があれば事前にお坊さんなどにいつ渡せばいいのか確認すると安心である。

  • 葬儀参列者に対するお車代は基本的には必要ない。しかし、直接参列のお願いをして足を運んでもらっている場合は、それなりの負担をするべきときがある。

お車代は住んでいる地域や、付き合いのあるお寺様によって変わる可能性があるため、状況に合わせて臨機応変に対応していきましょう。

終活ねっとでは、他にも葬儀やお墓に関する記事を多数掲載しております。
以下では、葬儀の費用相場について詳しく解説しているので、ぜひこちらもご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・お車代」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料