葬儀の相談をするタイミングとは?事前相談の内容やメリットも解説

葬儀の相談をするタイミングとは?事前相談の内容やメリットも解説

最近は終活の一環として、自分の葬儀の事前相談をする方も増えてきました。ですが葬儀の事前相談は比較的新しい考え方のため、相談の内容や、タイミングなど分からないこともあると思います。今回はそんな疑問について、相談をする場所やメリットなどと共に解説していきます。

最終更新日: 2020年12月01日

葬儀の相談をするタイミングについて

葬儀

自分の葬儀をどのようにしたいか、何か希望はありますか?
自分が亡くなった後なので、葬儀については決められないんじゃないの?と思われる方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、生前に葬儀に関する相談をしておくことで、自分の葬儀の希望をある程度示しておくことはできます。

そのように考えると、葬儀に関する相談というのは中々大切なことですよね。

そこで今回の「終活ねっと」では、葬儀の相談について下記の内容で解説していきます。

  • 葬儀の相談をするタイミングはいつがある?

  • 葬儀の事前相談の内容とそのメリット

  • 葬儀の相談はどこで行えばいいのか?

いざというときに家族が困らないよう、また葬儀に関する不安を解消するためにも葬儀の事前相談を活用しましょう。
ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀の相談をするタイミングとは?

困った人々

葬儀は人生における大切なセレモニーであり、その金額も決して安くありません。

しかしながら、まだまだ元気だからや、亡くなった後のことを考えるのは縁起でもないという理由から、葬儀について詳しく考える人は多くはないでしょう。

実際に葬儀の相談をするタイミングとしては、元気なうちに自分で葬儀社と行う事前相談と、亡くなった後にする相談があります。

それぞれの、葬儀の相談のタイミングについて詳しく見ていきましょう。

葬儀の事前相談

最近では終活の一環として、自分の葬儀の事前相談を行う方が増えてきました。
確かに葬儀に関して、予算や内容をこうしてほしいなどという希望がある方には良い方法です。

また残された家族にとっても、悲しみの中で様々な決断をしなければいけないというのは大きな負担にもなります。
遺族の負担を減らすためにも、葬儀の事前相談をする方が多くなったという事実はうなずけます。

市販されているエンディングノートでも、自分の葬儀や埋葬について記入する項目があります。
これも終活の一つの方法として、遺産や形見分けなどの希望と一緒に書くようにしましょう。

亡くなった後の葬儀に関する相談

一方亡くなった後の葬儀相談については、経験がある方もいるかもしれません。

つまり家族や親族が亡くなった後で、その遺族が葬儀社を決めたり葬儀内容を考える方法です。

こちらの場合は葬儀までに時間がないため、余裕をもって相談することができません
葬儀が終わってから、あれはこうしておけばよかったなどという後悔も出てくるでしょう。

また遺影などは、相談時に一度決めたらずっとそのままになることも多くあります。
後になってもう少し前から準備しておけばよかったということにもなりかねません。

このようなことから分かるように、葬儀の相談は事前にしておくことをおすすめします。

葬儀の事前相談について

葬儀

葬儀をする上では、事前相談をするのが良いということが分かりました。
それでは葬儀の事前相談とはどんなことを相談するのでしょうか?

あわせて葬儀の事前相談をするメリットも見ていきましょう。

どんなことを相談するの?

それでは葬儀の事前相談ではどのようなことを相談するのでしょうか?

喪主などで葬儀を経験した方以外は、どのようなことを葬儀で決めなければいけないのかを知らない方も多いと思います。

葬儀ではまず葬儀社を決めるところから始めなければいけません。

病院などでおすすめされた葬儀社が、決して安く充実した葬儀をしてくれる訳ではありません。
葬儀の相談を行う前段階の葬儀社でさえ、あらかじめ決めておけばよかったと思うことがあります。

万が一葬儀社が決められないのであれば、何か所かの葬儀社に事前相談に行くことをおすすめします。
それらの葬儀内容や見積もり金額を見て、葬儀社を決ても良いのではないでしょうか?

葬儀に関する疑問を聞く

事前相談ではどんなことでも良いので、自分の葬儀への疑問を尋ねることが大切です。

具体的に何が分からないかも分からない、という方もいるかもしれません。

とはいえ、事前相談で葬儀の流れやプランなどを説明されれば、自ずと何らかの疑問は出てくるものです。
葬儀のプロである葬儀社はこれまでも様々なケースに対応してきているので安心できます。

また葬儀の流れは大体で分かっていても、どのようなことを決めるのかは多くの方が知らないでしょう。

よくわからないまま葬儀の相談を進めていても、本当にこれでいいのか心配になってしまうかもしれません。

葬儀の事前相談をするということは、実際の葬儀の際にどんな準備が必要になるかを理解するきっかけにもなるのです。

以下の記事では、葬儀の日程や流れについても解説しているため、合わせてご覧ください。

自分の希望する葬儀の形を決める

また、事前に希望する葬儀形式を選ぶことも大切です。

葬儀には一般葬のほかにも、家族葬や一日葬などさまざまな形式があります。
自分の最後の儀式として、どのような葬儀にしたいかもこの事前相談によって決めます。

それぞれの葬儀形式のメリットやデメリットをよく理解できると、対策をとったりすることもできます。
そのため、あらかじめ葬儀の形式を決められることはとても重要です。

また、葬儀形式によって費用も大きく異なるため、その点も考えることができます。
残された家族にあまり負担をかけたくないのであれば、費用を抑えた葬儀形式を選択できます。

逆に盛大な葬儀をしてほしいのであれば、あらかじめわかっている金額を準備しておくことも可能になります。

費用とプランを決める

葬儀社では葬儀の形や規模によって様々なプランを設定していることがあります。
もちろん費用は異なりますが、プランを決めておくことで、費用を準備しておくこともできます。

逆に葬儀にかけられる予算が決まっているのであれば、この予算内でお願いしたいということも可能です。
あらかじめ葬儀社に金額を知らせておけば、その予算に合わせたプランを提示してくれるでしょう。

また葬儀費用は内訳がよく分からないうえ、予想外に高額な請求がくることを不安視する方もいます。
そのような不安にはあらかじめ葬儀費用の見積もりを取ることをおすすめします。

葬儀費用の見積もりをみれば、無駄な部分はカットできますし、葬儀後に思いもよらない金額となることも避けられます。

葬儀費用に関しては以下の記事で詳しく解説しているため、合わせてご覧ください。

また、終活ねっとが提案する一般葬のプランは、565,000円(税抜)よりご用意しており、終活ねっとの登録割で最大71,000円の割引もご利用いただけます。

葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



葬儀の事前相談のメリットとは

ここまで葬儀の事前相談でどんなことを決めるかについてみてきました。

それでは葬儀の事前相談のメリットは具体的にどんな点でしょうか。

葬儀に対する不安を解消できる

上でも触れましたが、葬儀の事前相談で葬儀社に疑問点をぶつけることで、葬儀への不安を解消できます。

何も分からないという状態から、葬儀の流れや費用について知ることで葬儀に対する疑問もなくなります。

またあらかじめ葬儀の形や規模などを決めておけば費用の目安も決まります。

家族の負担を軽減できる

何よりも大きいのは事前に葬儀の相談をしておくことで、家族の負担を減らせるということです。

いざというときに葬儀社を決めることからしなくても済み、葬儀の内容も自分の希望に沿った形で行えます。

さらに遺影の写真や、訃報連絡をする方の連絡先などをあらかじめ決めておけば家族も安心です。

諸準備や費用の面だけでなく、悲しみの中で様々な決断をしなければいけない家族の心の負担も軽減できることがメリットです。

葬儀の相談はどこで行えるの?

葬儀

葬儀の事前相談は、葬儀に関する不安を解消したり、家族の負担を減らすうえで大切だと分かりました。

それでは実際に葬儀の事前相談をしたいという場合、葬儀の相談はどこで行うかを解説していきます。

葬儀社で受け付けている

葬儀の相談は葬儀社でするのがよい方法だといえるでしょう。

地元であれば実際に葬儀会場などを見学することが可能です。
また担当と顔を合わせて相談ができるので、安心感も増すのではないでしょうか。

インターネットで見つけた葬儀社であれば、見積もりなどを簡単に取れます。
さらに費用に関しても内訳が分かりやすくなっているので、比べるときにも便利です。

いずれの場合も葬儀社は積極的に事前相談を受付しているといえそうです。

もちろん事前に相談できなかった場合でも、亡くなった後の相談にも対応しています。
葬儀を行いたい時や葬儀に関する疑問がある場合は、葬儀社に相談するようにしましょう。

役所の窓口で相談はできるの?

市役所などの役場では事前相談できないですが、葬儀費用の給付金に関する相談をすることはできます。

国民健康保険に加入している方であれば、葬祭費が給付されます。
これは亡くなった後に葬儀を行った方のご遺族に給付されるものです。

具体的には国民健康保険の方は5万円~7万円、後期高齢者の方は3万円~7万円です。

手続きは役場の保険年金課で可能で、国保の加入者であれば誰でも受給ができます。

とはいえ、2年間の申請期限を忘れないようにしてください。

葬儀の相談をするタイミングまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回の「終活ねっと」では、葬儀の事前相談について下記の内容で解説してきました。

  • 葬儀の相談をするタイミングは、亡くなった後と事前に行う二種類がある。
    最近では終活の一環として葬儀の事前相談をする方が増えてきた。

  • 葬儀の事前相談では、葬儀に関する疑問を聞いたり、希望する葬儀の形や葬儀プランを決められる。

    事前相談を行うことのメリットは、葬儀での疑問を解消して不安を減らしていくことや、家族の負担を減らせることなどである。

  • 葬儀の相談は亡くなった後・亡くなる前にかかわらず葬儀社で受け付けている。
    役場は葬儀の相談を行うには向いていないが、保険加入者を対象にした葬祭費の給付相談ができる。

短い時間で様々な決断をしなければいけない葬儀では、事前の相談が重要になります。

残された家族に負担がかからないよう、自分の希望する葬儀ができるように積極的に事前相談を活用してはいかがですか?

終活ねっとでは、今回の記事以外にも多数の記事を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • 葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説のサムネイル画像
    葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説

    葬儀に参列するとき、女性は喪服に真珠のネックレスをつけている印象がありませんか?一口に真珠のネックレスと言っても、色や長さなどいろいろな種類があります。今回は、葬儀にふさわしいネックレスがどんなものなのか、ご説明したいと思います。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事