神式葬儀に数珠は必要?神式葬儀の流れや香典・言葉遣いも解説

神式葬儀に数珠は必要?神式葬儀の流れや香典・言葉遣いも解説

神道を信仰している方が亡くなった場合は神式による葬儀を行います。実際に神式の葬儀に参列した際には、数珠は持って行った方が良いのでしょうか?今回は神式葬儀に数珠が必要かを解説していきます。また神式葬儀の流れやマナーについても見ていきましょう。

最終更新日: 2020年06月27日

神式葬儀での数珠について

神棚

神式葬儀に参列する際、数珠を持っていくのが正しいマナーなのでしょうか?
「葬儀には必ず数珠が必要なのではないか」と考える方も多いと思います。

今回の「終活ねっと」では神式葬儀に数珠は必要か、また神式葬儀の流れやマナーについて下記の内容で解説していきます。

  • 数珠とはなにか?また神式葬儀に数珠は必要か?

  • 神式葬儀の流れとは?

  • 神式葬儀に参列する際のマナーは?

今まで仏式の葬儀にしか参列したことがない方も、今後神式の葬儀に参列するかもしれません。

いざという時に慌てないように、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

数珠とは

葬儀

お持ちの方も多いと思いますが、そもそも数珠とは小さな玉に糸を通して輪にしたものです。
仏事で主に使われ、法具(ほうぐ)の一つとして宗教者以外にも一般的に使われています。

また念仏を唱える際に用いられる珠(たま)という意味から、念珠(ねんじゅ)とも呼ばれることもあります。

玉の数は煩悩の数と同じ108が正式ですが、一般の方が使う数珠は略式数珠として18~54玉がほとんどです。

数珠の起源は古代インドのバラモン教にまでさかのぼります。

経典を何度唱えたのか数えるのに使われたとの記録が残っています。
インドから中国に広まったのち、日本にも仏教と共に伝わってきました。

今では私たち個人が持つことのできるただ一つの法具として、葬儀や法事などの仏事に必要なものといえます。

神式葬儀に数珠は必要なのか

仏壇

それでは神道による形式の葬儀に数珠は必要なのでしょうか。

神道とは日本古来の宗教で、経典などの具体的な教えは無く宗祖や教祖などもいない民族宗教です。
八百万(やおよろず)の神という自然や先祖すべてを神様として尊ぶ宗教として知られています。

神社はその神道の祭祀を行う場所ですが、偉大な功績を遺した人物を神として祀ることもあります。
神道では葬儀は神聖な場所である神社では行わず、自宅や葬祭場で執り行われます。

神道の葬儀には仏式の葬儀ではない独特の儀式があり、それらは○○祭などと呼ばれます。

神式葬儀に数珠は不要

結論から申し上げますと、神道の葬儀には数珠は使いません

仏教で亡くなった方は仏様になりますが、神道では守護神や氏神などの神様になります。
また数珠は仏の世界と自分との懸け橋として、故人の成仏を祈って葬儀などで使われます。

そのため亡くなったのちに神様となる神道では、数珠のような道具は必要ないといえます。

数珠は仏教の法具

前項でも申し上げましたが、数珠というのは仏教の法具の一つです。
元々は真言宗の僧侶などの宗教者が念仏を唱える際に、数を数えるのに使われていました。

浄土真宗などでは念仏を唱えた回数を問題としないため、数珠で数を数えることがありません。
しかし仏様に崇敬の念を示すために数珠が使われています。

そして宗教者以外の私たちも、仏様の崇拝の念を表すために数珠を持つようになりました。
今では葬儀や法事などの仏式の儀式の際は、持参するのがマナーとなっています。

神式葬儀の流れ

神棚

次に神式葬儀の流れについて臨終の場面から順に見ていきましょう。

神道独自の言葉や儀式があるため、今まで神式の葬儀に参列したことの無い方にはなじみがないかもしれません。

ただしいつ神式葬儀に参列することになるか分からないため、今のうちに流れをしっかり覚えておきましょう。

臨終~通夜前

神道でも人が亡くなると、夕方から夜にかけて通夜が行われます。
その間にも下のような様々な儀式があります。

  • 帰幽報告(きゆうほうこく)

    自宅の神棚や祖霊舎(それいしゃ=仏壇のようなもの)に亡くなったことの報告をします。
    その後、穢れ(けがれ)に触れないように扉を閉めて前面に白い紙で覆います

  • 枕直しの儀

    ご遺体を清めたあと、白い小袖を着せて北枕に安置します。
    その前には祭壇を設置して水や酒、故人の好きだったものをお供えします。

  • 納棺・柩前日供(きゅうぜんにっく)の儀

    ご遺体を棺に入れ、しめ縄と紙垂(しで)で周りを装飾します。
    出棺までの間は毎日お供え物を交換する、柩前日供の儀を行います。

通夜祭・遷霊祭

いよいよ仏教では通夜にあたる通夜祭を行います。
神式の葬儀は神葬祭(しんそうさい)とも呼ばれ、神葬祭の一日目はこれで終了します。

  • 通夜祭

    神職による祭詞(さいし)の奏上(そうじょう)の後、全員で玉串(たまぐし)を奉奠(ほうてん)します。

  • 遷霊祭(せんれいさい)

    御霊移し(みたまうつし)の儀とも呼ばれ、故人の魂をご遺体から霊璽(れいじ)に移します。
    この時暗くした部屋で、神職と遺族のみが参加します。

遷霊祭で使われる霊璽とは、仏教でいう位牌(いはい)のようなものになります。
霊璽は祖霊舎に安置され、礼拝の対象となります。

葬場祭~埋葬祭

神葬祭二日目には、神式の葬儀で葬儀や告別式に当たる葬場祭(そうじょうさい)が行われます。

こちらは神葬祭のメインとなる儀式で、一般の参列者も多く参列します。

  • 葬場祭

    神職による祭詞奏上や参列者など全員による玉串奉奠があります。
    さらに弔事の奉呈(ほうてい)や弔電の奉読(ほうどく)なども行われます。

  • 火葬祭

    火葬場にて火葬の前に行われる儀式として、祭詞奏上や玉串奉奠などを行います。

  • 帰家祭(きかさい)

    一連の儀式が終わり自宅に戻ってきた時に行うものです。
    水や塩で体を清めた後、神棚などに手を合わせ神前に報告します。

  • 埋葬祭

    火葬した遺骨を墓地に埋葬する際に行われる儀式です。
    墓にお骨を納めたら銘旗(めいき)や花を供えます。

かつては神葬祭の二日目に火葬を行ったお骨はその日のうちに埋葬されていました。

しかし仏式に習い、忌明けの五十日祭以降に埋葬することが多くなってきました。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
神式葬儀の流れについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

一般葬のプランは、565,000円(税抜)よりご用意しており、終活ねっとの早割で最大71,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



神式葬儀でのマナー

葬儀

それでは神式の葬儀に参列する際のマナーについてご紹介します。

仏式とは異なる様々なルールがあるので、失礼にならないよう気を付けましょう。

香典は神式にふさわしいものに

神式葬儀に参列する際も香典は忘れずに持って行きましょう。
その時にふさわしいのし袋や水引を用いてください。

神式の葬儀にはのし袋の表書きは「御霊前(ごれいぜん)」か「御玉串料」とします。
のし袋に蓮の花がプリントされたものは仏式になるため、無地ののし袋を使ってください。

水引は仏式と同じように黒白や黄白などを用います。
また神式ならではの双白や双銀の水引なども使うことがあります。

水引の結び方は結び切りかあわじ結びを選ぶようにしましょう。

どちらも一度結んだらほどけないことから、一度きりがふさわしい弔事や慶事などに使われます。

神式の葬儀の服装や香典については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

仏教用語は使わない

また神式の葬儀では仏教用語は使わないように注意しましょう。
仏教用語といっても難しい経典に出てくる言葉などではありません。

私たちが何気なく使っている「成仏」や「供養」、「冥福をお祈りします」なども仏教用語なのです。
これらの言葉は神式の葬儀ではふさわしくないため、口にしないように気を付けてください。

神式葬儀での数珠についてのまとめ

神棚

いかがだったでしょうか?
今回の「終活ねっと」では神式葬儀で数珠は必要かということや、神式葬儀の流れなどについて以下のように解説してきました。

  • 数珠とは仏事に用いられる法具として、念仏の回数を数えるためや崇敬の念を示すために使われている。

  • 神道では故人は神様となることから、葬儀では数珠は使わない。

  • 神式葬儀では、一日目に帰幽報告や枕直しの儀、納棺の儀を行った後に通夜祭や遷霊祭を行う。

  • 二日目にはメインの葬場祭のあとに、火葬祭や帰家祭をする。

  • 忌明けの五十日祭が済んだら埋葬祭を行い墓地に埋葬する。

  • 神式葬儀には白黒や双白、双銀の結び切りの水引を使い「御霊前」や「御玉串料」と表書きをする。

  • 供養や成仏などの仏教用語は使わないようにするのがマナーである。

神式葬儀には法具である数珠は持って行かないのがマナーだったのですね。
また神式葬儀ならではの儀式や流れなどがあることも分かりました。

故人を弔うためにはその方が信仰していた宗教に沿った葬儀で見送ることが大切です。
神式の葬儀に参列した際には、ふさわしいマナーで故人を弔いましょう。

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

下の記事では神式葬儀のマナーについて紹介していますので、よろしければこちらもお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事