葬儀で花や果物を贈る際のマナーとは?買える場所や費用相場を解説

葬儀で花や果物を贈る際のマナーとは?買える場所や費用相場を解説

身近な方などが亡くなった場合、葬儀にお花や果物を贈ることがあります。葬儀には様々なマナーがありますが、お花や果物を贈る際も例外ではありません。今回は、葬儀でお花や果物を贈る際のマナーについて、手配方法や選び方、費用相場も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

最終更新日: 2020年06月27日

葬儀で花や果物を贈る際のマナーについて

葬儀

親族の方など身近な方が亡くなった場合、葬儀にお花や果物を贈ることがあります。
葬儀には様々なマナーが存在しますが、お花や果物を贈る際にも気を付けるべきマナーがあるのをご存知でしょうか。

何も留意せずにお花や果物を贈ると、知らず知らずのうちに失礼な行為をしてしまう恐れがあるので、マナーはしっかり把握しておきたいですよね。

今回「終活ねっと」では葬儀でお花や果物を贈る際のマナーについて、以下の内容を中心にご紹介していきます。

  • 葬儀で送るお花や果物とは何なの?

  • 葬儀でお花を贈る際のマナーは?

  • 葬儀で果物を贈る際のマナーは?

  • お花や果物を贈る際、香典はどうするの?

  • 葬儀で送るお花や果物の相場は?

葬儀自体が多く行われるものではないので、お花や果物を葬儀で贈ったことがない方は少なくありません。

いざという時に正しくお花や果物を贈ることができるように、今回の記事を最後まで読んで参考にしてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀の花や果物とは?

葬儀

そもそも葬儀で贈るお花や果物とは、どういったものになるのでしょうか。
葬儀の際に贈るお花を供花、果物のことを供物といいます。

供花や供物を贈ることには、故人の霊を慰める意味や弔意をお伝えする意味、仏様へのお供え物といった意味があるといわれています。

葬儀の際には、盛篭と呼ばれるものを贈り祭壇の近くにお供えすることもあります。
盛篭とは籠に果物やお線香などを並べて、その周りを造花などで飾ったものになります。

盛篭も供花や供物同様に、故人の霊を慰める意味や弔意をお伝えする意味があります。

葬儀で花を贈る際のマナー

葬儀

もし葬儀の際にお花を贈るのであれば、どういったマナーに気をつけるべきなのでしょうか?

ここでは葬儀でお花を贈る際のマナーをご紹介しますので、しっかりと内容を確認してください。

花を贈る際の手配方法

葬儀でお花を贈る場合、お花の手配をしなければいけません。
葬儀で贈るお花は、どのように手配をするのでしょうか。

以下にお花を贈る際の手配方法をご説明しますので、参考にしてください。

葬儀場や葬儀社に問い合わせる

葬儀でお花を贈る場合、まずは葬儀場や葬儀社に問い合わせをする必要があります。

葬儀場や葬儀社によっては、自社以外で用意したお花は飾らないというルールが設けられていることがあるからです。

また葬儀場や葬儀社に問い合わせた際に、ご遺族の方がお花の受け取りを辞退しているのであればその旨を伝えてもらえます。

確認をせずにお花を贈るとトラブルの原因になるので、必ず手配を始める前に葬儀場や葬儀社に問い合わせをしてください。

通夜当日の午前中までには届くようにする

葬儀場や葬儀社に問い合わせをして、お花を贈ることができる場合にはお花を会場に届ける必要があります。

葬儀でお花を贈る場合、会場の準備の関係もあるのでお通夜当日の午前中までには届くように手配しなければいけません。

お通夜に間に合わない場合には、告別式当日に届けることも可能です。
式が始まる直前に届けてしまうと葬儀社のスタッフや喪主に迷惑がかかるので、早めに届くように手配をしてください。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
葬儀に花を贈る方法についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

宗教による花の違い

葬儀にお花を贈る場合、宗教ごとに使用するお花が違うので注意しなければいけません。
仏教の場合は白色を基調とし、菊やカーネーション、ユリといったお花を使用します。
棘のあるお花や派手な色のお花を贈るとマナー違反となります。

神道の場合も白色を基調としており、菊やユリといったお花を使用します。

キリスト教は造花を使用しないというルールがあるので、基本的に生花を贈ります。
キリスト教は白色以外の色花も使用するという特徴があり、カーネーションやユリなどを使用します。

仏教や神道で使用する菊はキリスト教では使用しないので注意が必要です。
このように宗教ごとに使用するお花が違うので、事前に確認しておきましょう。

花は誰が贈るの?

葬儀の際にお花は、誰が贈るものなのでしょうか。

葬儀の際にお花を贈るのは、一般的に故人と親しくしていた親族や兄弟、会社の方などとなります。
会社関係の方がお花を贈る場合、部署の方などと連名で贈ることが多いです。

兄弟などで贈る場合も、連名で贈ることが可能です。

葬儀でのお花は誰が贈っても問題はないので故人を弔いたいと思われた方は、お花の手配をしてみるといいでしょう。

名前の書き方

葬儀で贈るお花には、誰が贈ったお花なのか分かるように名札を取り付けます。
名札への名前の書き方に関してもマナーがあるので、注意が必要です。

以下に名前の書き方をご紹介しますので、こちらも覚えておきましょう。

個人名を書く場合

個人でお花を贈る場合、名札には個人名を書くことになります。
個人名を書くのであれば、名札の真中へフルネームで名前を書きましょう。

会社関係の方に個人でお花を贈るのであれば、自分の会社名や役職名を右側に書くといいでしょう。

会社名や役職名などを書く場合は、必ず正式名称で書くようにしてください。

連名で出す場合

連名で書く場合は、人数により書き方が変わるので注意しましょう。

3名までの連名であれば、全員分の名前を名札に書くことができます。
この場合は、目上の方が右側に来るように名前を書かなければいけません。

グループの中で一番目上の方が右端に名前を書き、後の人は左へ順番に名前を書きましょう。

3名を越える人数でお花を贈るのであれば、一同などを使ってグループ名を名札に書きましょう。

ご遺族の方が、誰からもらったお花なのか分かりやすいグループ名を書くようにしてください。

夫婦連名でお花を贈る場合は、基本的には夫の名前だけを書きます。
夫婦二人の名前を書くと別居や離婚状態を表してしまうので、注意してください。

花の選び方

葬儀で贈るお花は、どのように選ぶといいのでしょうか。
基本的には、白色を基調としたユリやカーネーションといったお花が選ばれます。

ただ先程もご紹介した通り、葬儀で使用するお花は宗教によって違いがあります。

そのため、お花を選ぶ際には故人の方が信仰されていた宗教に合わせて選ばなければいけません。
また地域によってお花のサイズなどが決まっている場合もあります。

間違った種類のお花を贈ると、会場の雰囲気を乱してしまう恐れがあるので注意が必要です。

葬儀社や葬儀場にお花を注文すると、葬儀会場に合ったお花を用意してくれます。
お花選びに自信がない場合には、葬儀社や葬儀場に依頼するといいでしょう。

「終活ねっと」では葬儀に関する様々な記事を紹介しています。
葬儀へ贈るお花の種類や選び方についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

葬儀で果物を贈る際のマナー

仏壇

ここまでは、葬儀でお花を贈る際のマナーをご紹介してきました。
お花同様に果物を贈る際にもマナーは存在しています。

葬儀で贈る果物はどこで買えるの?

お花と同じく、葬儀に果物を贈るのであれば果物を注文しなければいけません。
葬儀で贈る果物は、どこで注文することができるのでしょうか。

以下に葬儀で贈る果物の注文方法をご紹介しますので、覚えておきましょう。

葬儀社・斎場に注文する

葬儀で贈る果物は、葬儀社や斎場にて注文をすることができます。
葬儀社や斎場に注文をすることで、葬儀の内容に適している果物を用意してくれます。

果物に関しても、物によっては葬儀会場の雰囲気を乱す恐れがあります。
葬儀や斎場に注文をすれば、こういったトラブルも回避することができます

葬儀社・斎場に注文しない場合の注意点

葬儀社や斎場だけでなく、インターネット通販などを利用して果物を注文することもできます。
しかし葬儀社や斎場に果物を注文しない場合には、注意が必要になります。

先程もご紹介した通り、果物も葬儀会場の雰囲気を乱す恐れがあります。
また地域によっては使用する果物が違うこともあるので、理解せずに注文をするとトラブルにつながるので注意が必要です。

また盛篭ではなく、箱に入っている果物を注文した場合には掛け紙をかける必要もあります
インターネット通販などで注文した場合には、掛け紙の依頼もしなければいけません。

葬儀で贈る果物には、熨斗が付いていない掛け紙で水引きは白黒や黄黒の結び切りのものとなります。
葬儀社や斎場以外に注文する場合には、こういった準備も必要になるので注意しましょう。

よく贈られる果物とは?

葬儀でよく贈られる果物には、どういったものがあるのでしょうか。
以下に葬儀でよく贈られる果物の一部をご紹介します。

  • りんご

  • メロン

  • 季節の果物

果物を贈る場合、日持ちがするものを選ぶ必要があります。
日持ちがしない果物を贈ると、ご遺族の方の負担になるので注意しましょう。

果物は誰が贈るの?

葬儀の際に果物は、誰が贈るものなのでしょうか。
基本的に葬儀の際に果物は、故人と親しくされていた方が贈るといわれています。

故人の親族の方や御友人の方、会社関係の方などが贈ることが多いです。

ただ上記の方以外が果物を贈ったとしてもマナー違反となる訳ではありません。
果物を贈って故人を弔いたい場合には、どなたでも贈ることは可能です

葬儀で花や供物を贈る際の香典について

葬儀

ここまでは、葬儀でお花や果物を贈ることについてご紹介をしてきました。
葬儀に参列する場合、故人へのお供え物として香典を用意します。

葬儀でお花や供物を贈る場合、香典はどうするといいのでしょうか。

香典も別で用意することが多い

最近の傾向としては、お花や供物を贈った場合に香典を別に用意する方は増えてきています。
もしお花や供物と香典の両方を贈る場合には、金額が高額にならないように注意しましょう。

ご遺族の方はお花や供物、香典をいただいた場合、後日お返しをすることになります。
お花や供物と合わせて香典を渡して高額になってしまうと、ご遺族の方の負担が大きくなります。

ご遺族の方の負担を軽減するために金額を調整するか、お返しを辞退するようにしましょう。

香典を渡す場合でも供花・供物は必要?

香典を渡す場合には、基本的に供花や供物を贈る必要はありません

香典と供花や供物は弔意を伝えるという同じ意味を持っているので、香典だけを贈ったからといって不十分という訳ではないからです。

しかし、会社関係の方などが大人数の連名で贈り物をする場合、お返しがご遺族の負担になることもあります。
上記のように大人数で供花や供物を用意する場合には、個人で別に香典を用意した方がいいでしょう。

葬儀で贈る花や果物の相場

お金

葬儀でお花や果物を贈る場合、金額で困る方は多くいらっしゃいます。
葬儀で贈るお花や果物の金額相場は、いくらなのでしょうか。

以下に葬儀で贈るお花と果物の相場をご紹介しますので、注文する際の参考にしてください。

花の費用相場

葬儀で贈るお花の費用相場は、一般的には5,000~1万5,000円程度といわれています。
花輪などスタンドタイプのお花になると、8,000~2万5,000円程度といわれています。

この金額は1基の場合の相場であり、1対(2基)で送るのであれば金額は2倍となります。
お花は1対で贈ることが一般的でしたが、最近では1基のみ贈るケースも増えてきています。

果物の費用相場

葬儀で贈る果物の費用相場はいくらなのでしょうか。

葬儀で贈る果物の一般的な費用相場1万~1万5,000円といわれています。
選ぶ果物の種類やグレード、地域によって金額に差が出てくるので注意が必要です。

「終活ねっと」では一般的な葬儀を低価格で行えるプランを用意しております。

一般葬のプランは、565,000円(税抜)よりご用意しており、「終活ねっと」の早割で最大75,000円の割引もご利用いただけます。

葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



葬儀で花や果物を贈る際のマナーまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、葬儀でお花や果物を贈る際のマナーについてご紹介をしてきました。
以下に今回の記事の内容をまとめていきます。

  • 葬儀で贈る花を供花、果物を供物といい、故人の霊を慰める意味や弔意をお伝えする意味がある。
    果物や線香などを籠に盛り、周囲を造花で飾ったものは盛篭と呼ばれている。

  • 葬儀で花を贈る場合、まず葬儀社や斎場に確認をする
    花を贈ることができる場合には、通夜当日の午前中までに届くように手配をする。

  • 果物を贈る場合、葬儀社や斎場で注文をすることができる。
    葬儀社などに注文をすることで、会場や祭壇の雰囲気に合わせた果物を用意してもらえる。

    葬儀社など以外に注文をする場合は、自分で掛け紙の手配などをすることになるので注意する。

  • 近年では、花や果物とは別に香典を用意することが増えてきている。
    ただ香典と葬儀で贈る花や果物は同じ意味が込められているので、香典だけや花だけ贈ったとしても問題はない。

  • 葬儀で贈る花の相場は1基5,000~1万5,000円程度といわれている。
    果物の場合は、1万~1万5,000円程度といわれているが地域などによって差があるので注意する。

葬儀でお花や果物を贈る場合のマナーについてお分かりいただけましたでしょうか。

お花や果物を贈ることで、弔意をしっかりとお伝えすることができます。
しかし細かいマナーがあり、マナー違反をすると失礼な行為となるので注意が必要です。

葬儀の際にお花や果物を贈りたい場合には、今回の記事の内容を思い出しマナーを守って正しく手配するようにしましょう。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

供花の名札の書き方についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像
    葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

    家族葬や直葬など様々な種類の葬儀を聞いたことはありませんか?自分たちはどの葬儀をすればいいのかわからないですよね?この記事で全ての種類の葬儀の特徴や違いを説明いたします。ご自身がどの葬儀を選択すればいいのか必ずわかるはずです!

  • 葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説のサムネイル画像
    葬儀の際のネクタイのマナーとは?色や柄から結び方まで解説

    この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説のサムネイル画像
    ご臨終から葬儀までの手順とは?ご遺体搬送や枕経、葬儀の準備も解説

    大切な方とのお別れはいつ訪れるか分かりません。いざ最期のお別れを迎えた時に、落ち着いて葬儀の準備をすることはとても大変です。今回終活ねっとではご臨終から葬儀までの手順について解説していきます。いざという時のために葬儀までの手順を把握しておきましょう。

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • 葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像
    葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

    お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像
    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • 葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説しますのサムネイル画像
    葬儀にふさわしいバックはどれ?色や素材などの選び方を解説します

    葬儀に行くときに身に着けるものって迷いますよね。葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

  • 葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像
    葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

    近親者が亡くなった場合、社会人の常識として自分や故人が所属する会社へ連絡を行います。連絡を受けた会社側は、葬儀への参列などについて社内規則に沿って対応を行います。これら葬儀に関する一連の流れの中で、双方が注意すべき点をまとめました。

  • 葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説のサムネイル画像
    葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説

    葬儀に参列するとき、女性は喪服に真珠のネックレスをつけている印象がありませんか?一口に真珠のネックレスと言っても、色や長さなどいろいろな種類があります。今回は、葬儀にふさわしいネックレスがどんなものなのか、ご説明したいと思います。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事