天台宗の葬儀のマナーとは?天台宗の葬儀の特徴・焼香もあわせて解説

天台宗の葬儀のマナーとは?天台宗の葬儀の特徴・焼香もあわせて解説

仏教には様々な宗派があり、それぞれに葬儀の仕方なども異なります。その中でも今回は天台宗にスポットを当てて葬儀の特徴やマナーなどを解説していきます。自分の家が天台宗だが葬儀の進め方が分からないという方や、天台宗の葬儀マナーについて知りたい方はお読みください。

最終更新日: 2020年10月02日

天台宗の葬儀のマナーに関して

葬儀

天台宗には他の宗派と違う葬儀のマナーがあることをご存知ですか?
日本の仏教の葬儀は大体どの宗派でも同じなのではないかという方も多いのではないでしょうか。

今回の「終活ねっと」では、天台宗の葬儀について下記の内容で解説していきます。

  • 天台宗はどんな宗派?また天台宗の葬儀の特徴とは?

  • 天台宗の葬儀の流れやマナーとは?

  • 天台宗以外の宗派の方が天台宗の葬儀に参列するには?

ご自身が天台宗だったり、天台宗の葬儀に参列したことのある方以外は知らないことも多いのではないでしょうか。
天台宗ならではの教えに基づいた葬儀の特徴やマナーなどについて、しっかりと覚えておきましょう。

今後天台宗の葬儀に参列した際に困らないよう、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

天台宗ってどういう宗教?

仏壇

天台宗とはもともと中国で生まれた大乗仏教の宗派でした。
日本には平安時代に最澄が伝え、比叡山延暦寺を総本山としています。

天台宗の教えでは人々はすべて仏性(ぶっせい)を持っており、亡くなると必ず仏になれると説いています。
また妙法蓮華経を経典として、仏の教えを顕教(けんぎょう)と密教(みっきょう)に分けています。

  • 顕教

    仏の教えを人々が分かりやすいように文字や言葉で表したものを指します。

  • 密教

    仏と自分が一体となり、仏の教えの真理そのものを表す秘密の教えのことです。

天台宗の葬儀でもこれら二つの教えがもとになって儀式が行われます。

天台宗の葬儀

葬儀

それでは天台宗の葬儀の特徴や葬儀の流れを見ていきましょう。
ご自分が天台宗ではない方は、ご自分の宗派の葬儀との違いを考えながら読んでください。

葬儀の特徴

真言宗の葬儀では、法華懺法(ほっけせんぽう)・例時作法(れいじさほう)・光明供(こうみょうく)という三つの儀式が行われます。

  • 法華懺法

    天台宗の経典である法華経を唱えることで、自分の犯した罪を懺悔する儀式です。
    ただしここでいう罪とは法律上や理念上のものではありません。
    人はみなその内面に仏心を宿しており平等であるという天台宗の教えに背いて行われた言動を指します。

  • 例時作法

    南無阿弥陀仏を唱えることで極楽浄土へ往生することを祈願する儀礼です。
    またこのお経を唱えることで、今生きている現世も素晴らしいものにするのだという願いも込められています。

  • 光明供

    定められた印を梵字で作り、真言を唱えて故人を供養する儀式です。
    亡くなった方が極楽浄土へ行けるように願う意味があります。

葬儀の流れ

それでは実際に天台宗の儀式の流れを順番通りに解説していきます。
一般の葬儀では行わない天台宗ならではの儀式もあります。

  • 剃度式(ていどしき)

    葬儀に先立って亡くなった方の体を水やお香を使って清めます。
    また仏門に入るということを表すために、髪の毛に剃刀を当てる儀式をします。
    ただしこれは実際に髪の毛を剃るわけではありません。

  • 列讃(れっさん)

    穏やかな曲が流され、故人の臨終を如来の四智を梵語でたたえます。

  • 光明供修法(こうみょうくしゅほう)

    導師により阿弥陀如来に迎えられて故人が仏になることを祈ります。
    唱え終わると打楽器を打ち鳴らします

  • 九条錫杖(くじょうしゃくじょう)

    法具である杖の徳を述べていきます。
    参列者は導師に続いて句を斉唱します。

  • 随法回向(ずいこうえこう)

    故人の成仏のための声明を唱えます。

  • 鎖龕(さがん)と起龕(きがん)

    棺の蓋を閉ざす儀式と起こす儀式を行います。

  • 奠湯(てんとう)と奠茶(てんちゃ)

    茶湯器を供える儀式です。

  • 引導(いんどう)下炬(あこ)文

    導師が松明や線香を持ち、宙に梵字を描きます。
    その後、故人の徳の高さをたたえる下炬文を唱えます

  • 法施(ほうし)

    導師が再び読経し、念仏を唱えます。

  • 総回向(そうえこう)

    回向文を唱えて、葬儀の終了を告げます。

このように天台宗の葬儀では、教えに基づいた様々な儀式が行われます。

他の宗派の葬儀とは大きく違うため、初めて参列した方は驚かれるかもしれません。

一般葬のプランは、565,000円(税抜)よりご用意しており、終活ねっとの早割で最大71,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



天台宗の葬儀のマナー

葬儀

では天台宗ならではの作法に基づくマナーを学んでいきましょう。
実際に自分が焼香する番になって慌てないよう、しっかりと覚えておきましょう。

焼香

焼香とは仏式の葬儀ではほとんど行われ、故人を悼み拝むための儀式になります。

天台宗でも焼香は行われますが、焼香の基本は三回とされます。
ただし必ず三回焼香をしなければいけないという訳ではないので、一回でも問題ありません。

天台宗では焼香は、一般的な抹香の他に線香でも行うことがあります。
それぞれの焼香の仕方をその手順と共に見ていきます。

線香の焼香

天台宗では線香を使って焼香をすることもあります。
その場合は三本の線香を使うのですが、その順序やマナーに関する注意点はこちらになります。

  • 焼香台の前に立ち合掌礼拝したのち、線香を三本手に取ります。

  • ロウソクの火を線香に付け、手であおいで火を消します。

  • 一本の線香を香炉の中心に立て、残りの二本はその奥に立てます。

  • 最後に再び合掌礼拝して焼香を終えます。

抹香の焼香

線香ではなく粒状の抹香を使う焼香は、このような手順やマナーで行います。

  • 焼香台の前に進み、合掌礼拝します。

  • 右手の親指、人差し指、中指の三本を使い香をつまみます。

  • この時左手を右手に添えて額の位置まで手を上げ、香炉の中に落とします。

  • この動作を1~3回行い、最後にもう一度合掌礼拝します。

数珠

天台宗で使われる数珠は、一般的な数珠とは少し形が違います

楕円形の形をした主玉は、正式には煩悩の数と同じ108個、4個の天玉と1個の親玉から作られています。
親玉からは紐が伸びており、弟子玉という玉がもう一つ付いているのが特徴です。

合掌の際には親指と人差し指の間に掛けるようにして持ち、弟子玉が付いた部分が下にくるようにします。

ただしこれは天台宗を信仰している方の数珠の形です。
他の宗派の方が天台宗の葬儀に参列した際には、自分の持っている数珠を持って行っても構いません。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
葬儀の数珠のマナーについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

香典

葬儀に参列する際に必ず持って行くのが香典です。
香典にもふさわしいマナーがあるため、失礼にならないよう注意しましょう。

主に香典に関しては表書きがポイントになります。
表書きとは香典袋の上部中央に記入する「御香典」などの文言です。

表書きは四十九日を境にして異なるということをご存知ですか?
天台宗に限らず仏教では、故人は亡くなった命日から七日ごとに閻魔大王による審判を受けるとされています。

そしてその審判を七回受けた後、極楽浄土で仏になると教えられています。

そのため四十九日前には表書きを「御霊前」とし、四十九日後に「御仏前」と書くのがマナーです。

もし四十九日前か後かが不明な際には「御香典」とすると間違いありません。

葬儀でのマナーについては、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

天台宗以外の宗派の方が参加するときは?

葬儀

今まで天台宗の葬儀に関するマナーについて解説してきました。
しかし天台宗の葬儀に参列するのは、全員天台宗を宗派としている方ばかりではありません。

天台宗以外の宗派の方はご自分の宗派に基づいた数珠や焼香の仕方でも構いません。

焼香の回数に関しては司会者の方から案内があれば、その回数で行うのがマナーです。
ただし回数の案内がなければ、宗派に合わせたスタイルで焼香をしても問題ありません。

天台宗の葬儀のマナーまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか?
今回の「終活ねっと」では天台宗の葬儀について以下の内容で解説してきました。

  • 天台宗とは最澄が日本に伝えた大乗仏教で、南無阿弥陀仏を唱えることで極楽浄土に往生できるとされている。

  • 天台宗の葬儀では教えに基づいた三つの儀式が重要となり、執り行われる。

  • 天台宗では独自の儀式があり、故人の体を清める剃度式や梵字で讃える列讃、茶湯器を供える奠湯と奠茶の儀式などがある。

  • 天台宗の葬儀では抹香での焼香の他に線香を使う場合がある。

  • 天台宗の数珠は楕円形をした主玉などからなる、独特の形状をしている。

  • 天台宗の葬儀には他の宗派の方も参列することがあるため、それぞれの宗派に基づいた数珠を持って行ったり焼香方法をとってもマナー違反にはならない。

天台宗には独自の教えに基づく葬儀の儀式や焼香の方法などがありました。

天台宗では念仏を唱えると極楽浄土に行けるとされています。
故人の冥福を祈るためにも、天台宗の葬儀に出たらその形式にのっとってお見送りするのがマナーなのではないでしょうか。

最後までお読みいただいて、ありがとうございます。

下の記事では曹洞宗の葬儀マナーについて紹介していますので、よろしければこちらもお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事