遺品整理の時に買取に出せる?|高価買取・買取不可・業者

遺品整理の時に買取に出せる?|高価買取・買取不可・業者

遺品整理の買取をしてもらいたい人は少しでも高額に売りたいと思うものです。しかし初めて遺品整理をする人には買取り出来る物と買取り出来ない物が分からないと思います。そこで今回は遺品整理で買取りをしてもらえる物や、高額で買い取ってもらえるコツなどを解説していきます。

最終更新日: 2020年02月21日

遺品整理で買取をしてもらえる物とは?

遺品整理

遺品整理をしていると多くの遺品が出てくると思います。

遺品整理は必要なものを形見分けとして親族で分ける作業もありますが、不要な物を処分したり買取したりする作業も大変なことです。

多くの遺品を売ろうと考えている方も少なくないとは思いますが、どの遺品を売ることができてどの遺品を売ることができないのか詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では、遺品整理の買取について、以下の項目を解説していきます。

  • 遺品整理とは何なのか?

  • 遺品整理で買取してもらえる物とは?

  • 遺品整理で買取不可な物とは?

  • 遺品を買取してもらう時に高額で売る方法

最後までお読みいただけると幸いです。

遺品整理とは?

遺品整理

遺品整理とは、故人の所有物である遺品を必要な物と必要のない物に分ける作業のことを言います。
遺品整理を行う時期は、葬儀などが一段落した四十九日以降に行う人が多いですが、故人が賃貸物件や施設に入居している場合、早めに行う事があります。

遺品整理の際に、「必要な物」として分類されたものは親族で話し合い形見分けとして誰が受け取るか決めますが、「必要でない物」に関しては処分をするか買取りをしなければいけません。

遺品整理で買取をしてもらえる物とは?

遺品整理

ここでは、遺品整理で買取をしてもらえるものについて解説していきます。

買取可能な遺品とは?

ここでは遺品で買取可能な物について解説していきます。
故人の所有物であったもので、意外と価値のある物が見つかることも多く、ブランド物や時計などは一般的な人でも価値が分かりやすいものがあります。

しかし、目利きの出来る専門業者でないと分からない価値のある物もありますので、しっかりとそれぞれの品の専門業者に査定を依頼するようにしましょう。

ブランド物

買取可能で高額になる可能性があるのが「ブランド物」などです。
購入してから日が浅く、使用感がまだそれほど無ければ高く売れる可能性がありますが、デザイン自体が古い物で市場の価値が無いと判断されてしまった場合は、買取価格が低くなることもあります。

ブランドによっては昔からデザインが変わらない物などもあり、そういった物であれば買取の際に高額な査定がされる可能性もあります

ブランドによっては今は手に入らない年代物などもあり、専門業者などで査定をしてもらうと高額な金額で売れる時もあります。

貴金属類・アクセサリー

貴金属やアクセサリーも買取可能な場所が多く、高額で買取される可能性の高い物です。
貴金属やアクササリーに装飾されている金や銀などは素材そのものに価値がつき、年代が経っていても高額で買取りされる事が多いです。

アクセサリーなどに装飾されている宝石などでも、価格が上昇しているルビーやエメラルドなどが付いていれば高額で売れることがあります。

また時計などであれば、ハイブランドな品は昔から価値が変わらず今でも市場の価値が高いので高額で売れる事が多いです。

使用頻度によって買取価格が変わりますが、専門の鑑定士が見ると価値があると判断される場合もありますので、まずは査定してもらうことをおすすめします。

骨董品・美術品

骨董品や美術品は目利きの出来ない人にとっては価値を判断することが難しく、リサイクルショップなどで売ってしまうと安い金額で買取りされてしまう可能性のある物です。

骨董品や美術品の専門店で鑑定をしてもらうと思わぬ価値が付いている場合もありますので、必ず専門の目利きが出来る人に依頼をするといいでしょう。

美術品の遺品整理についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクも合わせてご覧ください。

古書

古書などは今では手に入りにくい絶版本や専門書などがある可能性もあります。
古書は家電やブランド品などと違い、古ければ古いほど価値が上昇する物もあり、リサイクルショップや古本屋などで安易に売ってしまうと安い金額で買取りをされてしまう可能性があります。

古書としての価値が知りたい場合は、古書専門の鑑定士に査定を依頼することや、ネットオークションなどで古書のタイトルなどを検索してみると市場の相場などが分かるので、安易にリサイクルショップなどに売ることは止めて専門業者に査定を依頼しましょう。

買取不可能な場合もある遺品

遺品整理の際に出てきた不要な物で、全て買取をしてもらいたい所ですが、物や使用状態によっては買取不可になる場合があります。

家具や家電などは、どうしても日常的に使用するもので傷や汚れなどが付いてしまい価値が下がってしまう可能性の高い物です。

ここでは、買取不能の場合がある遺品について、解説していきます。

家具

家具は日常的に使う物で、どうしても傷や汚れなどが付いてしまう物です。
そのため買取不可とされる場合が多く、粗大ごみとして処分するしかなく処分料に費用がかかってしまう物です。

リサイクルショップなどであれば傷や汚れが付いていても、買取をしてもらえる事もあるのでそちらで査定をしてもらうことをおすすめします。

テレビなどの家電

テレビなどの家電も買取不可になる可能性があります。
家電は安全基準などが定められており、昔に購入した商品であれば今と安全基準などが違っており買取対象外とされることが多いのが理由です。

家電で売れるのは「発売年月日から5年以内」の商品なら買取をしてもらえる可能性があります。

本・DVD・ビデオ

本やDVDやビデオなども買取不可になるか、少額になる可能性のある物です。

しかし中には希少な本やDVDなどがある事もあるので、専門業者などでは買取出来なくてもネットオークションやフリーマーケットなどであれば価値があると判断されて高額で売れる時もあります。

買取不可能な遺品

遺品の整理に不要とされた物で買取をしてもらいたい物もありますが、中には専門業者でも買取が出来ない物がいくつかありますので、ここで紹介をします。

  • 汚れや使用感が激しいもの

  • 再利用価値のないもの

  • 証券や株券

  • 発売年月日から5年以上が経過している家電

  • 仏壇

買取不可能な遺品の中に仏壇があります。
仏壇には「魂」が宿っているとされており、お坊さんに頼んで「魂抜き」をされたとしても中古の仏壇を欲しがる人は中々おりません。

仏壇は仮に売れたとしても、そこまで高額に売れることは少なく、買取の金額自体も安くなる物です。

仏壇の買取についてさらに詳しく知りたいという方は、以下のリンクも合わせてご覧ください。

少しでも高く買取をしてもらうには?

困った人々

では、遺品を少しでも高く買取してもらうためには、どうしたらよいのでしょうか。

買取業者はたくさんいますが、中には買取を希望している人が知識がないのを逆手に取り、価値があると知りつつも安い査定で買取をする悪徳業者などもいますので注意が必要です。

金・ダイヤモンドは専門業者へ

金やダイヤモンドは市場の価値が高く高額で買取をしてもらえる可能性が高い物です。

そのためアクセサリーや貴金属類などに宝石などが付いている場合は、安易に遺品整理専門業者やリサイクルショップなどに売ることはせず、金や宝石の専門業者に査定を依頼することをおすすめします。

箱など付属品

家具や家電やアクセサリーなどは購入した際に、箱や保証書や説明書などの付属品が付いている事が多いです。
家電屋アクセサリー以外でも箱や説明書がついているものは、捨てずに取っておくようにしましょう。

買取の際にそういった付属品などが付いていると買取額の査定がアップして高額で売れる可能性が高まります。

オークションなどを活用

遺品整理の専門業者やリサイクルショップなどで買取をする方法もありますが、ヤフオクやメルカリなどのネットオークションを利用すると高額で売れる場合もあります。

家電や古い本などは買取が不可な事も多く、仮に買取をされたとしても少額になる場合が多いですが、ネットオークションなどであれば需要が多く高額で売れる場合があるのでおすすめです。

古書などの中には絶版本や今では手に入りにくい専門書などがある場合があり、ネットオークションを利用している人たちからは高額でも買い取りたいという人たちもいるので、ネットオークションなどで買い取りをして欲しい物を検索すると金額の相場が判明しますので利用しましょう。

遺品整理業者の買取には頼らない方がいい

遺品整理業者の中には、遺品整理と共に遺品の査定と買取を行ってくれる業者も多いですが、もし遺品を少しでも高額で買い取ってほしい場合には頼らないほうがいいです。

遺品の品の中には、それぞれの専門業者などでしか分からない価値のある物もあるため、遺品整理業者の査定だと安い買取りをされてしまうこともあります。

特に貴金属などは日々、買取価格の相場が変動しているので貴金属の専門業者で無ければ適正な値段を査定することが難しいので、必ず専門業者に査定を依頼しましょう。

価値があると知りながら、売る人に知識が無いと知ると安い金額で買取をしようとする専門業者も居ますので、買取をしてもらう際に手間はかかりますが少しでも高額で売りたい場合は必ずそれぞれの品の専門業者に査定を依頼することをおすすめします。

買取もしてくれる遺品整理業者

お金

遺品整理業者は全国に数多くあり、東京や神奈川や千葉などの関東近辺、大阪や京都などの関西周辺でも多くあります。

遺品整理をする際には不要な物を処分すると意外にお金が掛かってしまいます。
しかし遺品整理専門業者に依頼することで「遺品整理」「遺品の持ち運び」「遺品の査定」「遺品の買取」などを一括でしてもらえるので、手間が省けて遺品整理が非常に楽になります。

また遺品整理にかかる費用を、遺品の買取金額と相殺することで費用が安く済んだり、遺品の中に高額な品があれば、お金を得ることが出来て遺品も整理できるというメリットもあります。

また遺品整理の専門業者を選ぶ際には、遺品整理士が在籍しているかも重要なポイントです。
「遺品整理士」とは一般社団法人遺品整理士認定協会が認定する資格の事で、国からのテストの結果、質の高い遺品整理が出来ると認められた人たちのことです。

ここでは遺品整理業者をいくつか紹介して、各社ごとの特徴を紹介していきます。

東京・神奈川県・千葉の遺品整理業者

東京や神奈川や千葉で遺品整理を行っている専門業者を2社紹介します。

プログレス

プログレスは全国に32箇所の拠点で対応しており、年間実績が5000件以上ある大手の遺品整理業者で、遺品整理士も在籍しております。
プログレスでは、「遺品買取」「遺品供養」「特殊清掃」「生前整理」「ハウスクリーニング」などのサービスを実施しています。

見積もり後の追加料金などもなく、年中無休で営業時間は午前8時から午後8時の間で対応しています。

遺品整理.com

遺品整理.comは東京都・神奈川県(横浜)・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県など関東一円で対応している遺品整理業者で、遺品整理士も在籍しております。

遺品整理の主な内容は「仕分け」「梱包」「搬出」「お捜し物の捜索」「不用品処分」「簡易清掃」などで、遺品の供養や仏壇の処分なども行ってくれます。

見積もりは無料で、相見積もりも歓迎しており、査定は最短1日で可能です。

大阪・京都などの遺品整理業者

遺品整理の専門業者は大阪や京都など関西地方でも数多くあります。

今回は関西で遺品整理を対応してくれる専門業者を2社ご紹介します。

アステル

アステルは関西を中心に依頼を請けている、遺品整理士も在籍している遺品整理業者です。
遺品整理の際に貴重品と処分品の仕分け作業等も行ってくれ、強引な営業活動は一切しないと掲げている会社です。

見積もり後の追加請求などもなく、生前整理なども行ってくれます。

えんでんと

えんでんとは「京都・大阪・兵庫・滋賀・奈良・和歌山・三重」などの関西エリアと、「東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城」の関東エリアで依頼を請け負っている遺品整理業者です。

こちらの会社も遺品整理士が在籍しており、見積もりが無料です。
えんでんとは年間400件の実績があり、遺品整理の際に専門の査定業者が買取も同時に行っており、海外に輸出して売却するルートも持っておりますので高額の買取が出来ます。

遺品整理の買取のコツまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。

今回「終活ねっと」では、遺品整理の買取について、以下の項目を解説してきました。

  • 遺品整理とは故人の所有物を、必要な物と必要でない物に分けることである。

  • 遺品整理で買取をしてもらえるものは、ブランド物・骨董品・貴金属などである。場合によっては高価買取になることも少なくない。

  • 家具・家電・本・DVD・ビデオなどは買取が難しい場合がある。買取されたとしても少額であることが多い。

  • 汚れや使用感の激しいもの・際利用価値のないもの・証券や株券・発売から5年以上経過した家電・仏壇は買取不可能である。

  • 少しでも遺品を高く買い取ってもらう方法として、買取専門業者に依頼する・箱などの付属品があるかの確認・ネットオークションの利用などが挙げられる。

  • プログレス・遺品整理.comは関東で遺品整理を行なっている会社である。遺品整理士も在籍しており多くのサービスがある。

  • アステル・えんでんとは関西で遺品整理を行なっている会社である。遺品整理士も在籍しており多くのサービスがある。

遺品整理で買取をしてもらおうと考えている中には高額で売れるブランド物など、一般の人でも価値が分かりやすい物がありますが、専門の目利きが出来る方で無いと分からない価値のある物もあるので、専門業者に査定をしてもらい正しい価値で買取してもらうことが大切です。

また遺品整理とは、仕分けや処分や買取なども大変な作業ですので、そういった手間を少しでも省きたい人にとっては遺品整理の専門業者に頼ることで「遺品の仕分け」「遺品の処分」「査定や買取」「重い荷物の持ち運び」なども一括して請け負ってくれますのでおすすめです。

「終活ねっと」では遺品整理の費用の相場が知りたい方にとって、詳しい解説をしている記事もありますので、よろしければそちらの記事もお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうござました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 遺品整理での片付けの仕方|コツ・賃貸・処分方法・遺産・業者のサムネイル画像
    遺品整理での片付けの仕方|コツ・賃貸・処分方法・遺産・業者

    遺品整理を行おうと思っているけれど、どこから手を付ければいいのか、どのようにして片付ければいいのかわからないという方も多いと思います。そこで今回は遺品整理を行う際のコツや注意点、簡単片付け方法などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 遺品整理の見積もりの相場|間取り・項目・注意点・時間・業者のサムネイル画像
    遺品整理の見積もりの相場|間取り・項目・注意点・時間・業者

    大切な方がお亡くなりになり、葬儀や納骨が滞りなく終了したら次は故人の遺品整理を行います。この遺品整理は、専門業者から見積もりを取りその中から選択することが可能です。この記事では遺品整理の見積もりの相場や、遺品整理業者を選ぶ際の注意点について説明していきます。

  • 遺品整理のお焚き上げとは?|場所・相場・供養・時期・注意点のサムネイル画像
    遺品整理のお焚き上げとは?|場所・相場・供養・時期・注意点

    遺品整理の方法としてお焚き上げがあります。お焚き上げという言葉は聞いたことがあっても、どのようにすれば分からない人も多いのではないでしょうか?今回は遺品整理のお焚き上げができる場所や料金相場と共に、お焚き上げをする際の注意点について紹介します。

  • 遺品整理で個人情報の処理はどうする?|遺品業者・メリットのサムネイル画像
    遺品整理で個人情報の処理はどうする?|遺品業者・メリット

    近しい方が亡くなった際に行なうことの一つに遺品整理があります。しかし、遺品整理をする際に個人情報の処理をどのようにすればよいかについては分からないことも多いですよね。今回は、遺品整理での個人情報の処理の方法や注意点について解説します。

  • 遺品整理と生前整理の違いってなに?|遺品整理・生前整理・違いのサムネイル画像
    遺品整理と生前整理の違いってなに?|遺品整理・生前整理・違い

    生前整理や遺品整理という言葉を一度は聞いたことがあると思います。ではこの二つの違いは何なでしょうか。そこで今回は遺品整理と生前整理の違い、及びやり方などについて詳しく解説します。業者に依頼する時の注意点ついても解説しますのでぜひ参考にしてみてください。

  • 遺品整理でやること|資格・相場・買取・求人・バイト・プログレスのサムネイル画像
    遺品整理でやること|資格・相場・買取・求人・バイト・プログレス

    遺品整理とは、具体的に何をするのかご存知ですか?遺品とはまさに故人の生きた証であり、身の回りの生活用品から家具、家などその種類は多岐にわたります。そんな遺品整理について、どのように進めていけばいいのか、個人でする場合や業者に頼む場合などについてご紹介します。

  • 遺品整理後にお祓いはするべき?|供養・神社・寺・遺品整理業者のサムネイル画像
    遺品整理後にお祓いはするべき?|供養・神社・寺・遺品整理業者

    身近な人が亡くなった後、やらなければならないことの1つとして遺品整理が挙げられます。その遺品整理が終わった後、お祓いはやった方が良いのでしょうか。この記事では遺品整理後にお祓いをするべきかどうかについて解説します。

  • 遺品整理の際の本の処分方法とは?|遺品整理・本・買取・リサイクルのサムネイル画像
    遺品整理の際の本の処分方法とは?|遺品整理・本・買取・リサイクル

    本好きの方の遺品整理を行うと、思ったより大量の本が出てくる場合があります。本は重く場所を取るため保存するのも難しいですよね。本を処分する方法もわからない方もいるかもしれません。そこで遺品整理の際の本の処分方法について解説します。

  • 遺品整理を自分でやるコツはある?|手順・メリット・注意点のサムネイル画像
    遺品整理を自分でやるコツはある?|手順・メリット・注意点

    自分の身内の方が亡くなった場合には、遺品整理をすることがあります。遺品整理を業者に依頼せず、自分でやろうと思う方もいらっしゃると思います。今回は遺品整理を自分でやるコツをご紹介していきます。片付けの手順などを解説しますので参考にしてください。

  • 遺品整理で服などの衣類はどうするか|分類・処分・業者のサムネイル画像
    遺品整理で服などの衣類はどうするか|分類・処分・業者

    遺品整理では捨ててもよいのか、残しておくべきものか判断に迷うものが多くあると思います。その中でも生前に故人が着用していた衣類は判断に迷うということがあるかもしれません。今回は、遺品整理で服などの衣類はどうしたらよいのか、分類方法や処分方法も合わせて解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事