喪服用のバックはどんなもの?喪服をはじめ持ち物のマナーを解説

葬儀や告別式で着用する喪服。喪服は知っているけれど喪服用のバックや小物についてもマナーがあるということを知っている人は少ないのではないでしょうか?今回は喪服はもちろん、喪服用バックについても詳しく説明していきます。

目次

  1. 喪服、喪服用のバックについて
  2. 喪服用のバックの前に喪服について知ろう
  3. 喪服・喪服用の持ち物で気をつけること
  4. 喪服用バックのマナー
  5. 喪服・喪服用バックまとめ

喪服、喪服用のバックについて

葬儀

葬儀に参列することが決まった際、どのような服装や持ち物を準備していけば良いのか、不安に思う人も多いのではないでしょうか?
喪服に関しては知識がある方でも、葬儀の際に持って行くバックについては自信がないという人は少なくないはずです。

そこで今回終活ねっとでは、喪服と喪服用のバックについて解説していきます。

  • 喪服の種類について
  • 女性の喪服について
  • 子どもの喪服について
  • 喪服や持ち物で気をつけるべきこと
  • 喪服用のバックについて

葬儀に参列する際、身だしなみのマナーはしっかり確認しておけるといいですね。
黒ければいいのでは?というように考えている方もいるかもしれませんが、実はもっと気を付けるポイントがあります。
ぜひ最後までお読みいただけますと幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

喪服用のバックの前に喪服について知ろう

葬儀

この記事では喪服用のバックについて説明していきますが、その前に喪服についてもしっかりと確認しておきましょう。

喪服の種類について

喪服とは、葬儀や告別式のときに着用する礼服のことを言います。
また喪服とは、ご遺族が喪に服しているという意味をもちます。
喪服といっても、着物やスーツ、また正式と略式があり、格式によって着用する喪服が異なってきます。

そこでまず最初に、喪服の種類についてみていきましょう。

正喪服

喪服の正装服とは、葬儀や告別式で喪主や遺族など葬儀を主催する側が着用する礼服です。
男性は和装やモーニングコート、女性は和装やブラックフォーマル(ワンピースやアンサンブル)が基本です。

準喪服

準喪服とは、お通夜や一回忌、三回忌などで喪主や遺族など参列者が着用する礼服です。
男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマル(ワンピース、アンサンブル、スーツ)が基本です。
女性はスーツといってもパンツスーツはNGとなっています。

略喪服

略喪服とは、お通夜など取り急ぎ駆け付けた時、また三回忌以降の法事で着用する礼服です。
男性はダークスーツ、女性は地味目のワンピース、アンサンブル、スーツが基本です。

女性のブラックフォーマルについて

ここで、女性のブラックフォーマルの服装をいくつかご紹介いたします。

marguerite m426 ブラックフォーマル
marguerite m426 ブラックフォーマル

商品価格9,900円(2019年6月現在)

この商品を購入

着丈の短いボレロ風のブラックフォーマルは、20代~30代の方におすすめの喪服です。

MONOIR 喪服 レディース
MONOIR 喪服 レディース

商品価格16,200円(2019年6月現在)

この商品を購入

テーラードジャケットタイプは40代以上の方におすすめのブラックフォーマルです。

女性の服装に関してより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧になってください。

こちらも読まれています

葬儀に参列する女性の服装は?喪服の種類やバッグ・靴の選び方を解説

葬儀にふさわしい服装やバッグ、靴などの小物類を持っていますか? 女性にとって身だしなみは、故人への気持ちを示す方法としても大切です。 いざ葬儀に参列するときは、服装に限らず様々な準備が必要になり余裕がなくなります。 普段から、女性のマナーを知っておきましょう。

子どもの喪服って?

続いて、子どもの服装に関して説明していきます。
大人のようにはっきりと「喪服」というものがないぶん、どのような服装をするべきかしっかりと確認しておきましょう。

制服があれば制服で

中学、高校生であれば学校指定の制服が良いでしょう。
小学生も学校によっては制服のところもあると思います。
制服のある子は制服での参列が基本です。
もし、制服がない場合は黒や白、グレーなどの地味めな普段着で良いとされています。
わざわざ喪服を購入する必要はありません。

赤ちゃんの場合

葬儀に赤ちゃんを連れてくる場合は黒、白、グレーなどの地味めな色の洋服を着せるようにしましょう。
また、赤ちゃんや小さな子供を連れて出席される場合、泣き出した時にすぐ外に出れるよう出入り口の近くに座るようにしましょう。

喪服・喪服用の持ち物で気をつけること

葬儀

続いて喪服の着用方法、また喪服で会場を訪れる際の持ち物で気をつけるべきことに関して解説していきます。

葬儀では肌を極力見せない

葬儀に出席する時は露出が多い服はふさわしくありません。
女性は胸元が大きく空いたものは避けましょう。

スカートの丈は短くても膝が隠れるくらいまでの長さのものを着用するのが基本です。

喪服着用時のアクセサリー

喪服着用時には基本的にアクセサリーはNGです。
しかし結婚指輪、涙の象徴とされるパールのネックレスなどは着用しても問題ありません。

葬儀に身につけるアクセサリーに関してより詳しく以下の記事で説明しておりますので、関心のある方はぜひご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀に適したアクセサリーって?避けるべき素材や服装マナーもご紹介

葬儀には、どのようなアクセサリーがふさわしいのでしょうか?葬儀の場のアクセサリーには適したものとそうでないものがあります。マナー違反とならないためにも、正しい知識を身につけておくと安心です。この記事では、葬儀に適したアクセサリーについて解説していきます。

派手な化粧や香水はNG

女性は喪服着用時は、濃いアイラインやカラコン、つけまつげなどの派手な化粧はNGです。

香水など匂いの強いものもNGです。
最近では香りの強い柔軟剤もありますので、香りに注意するようにしましょう。

毛皮はNG

葬儀では毛皮はNGです。
その理由は、殺生をイメージさせるようなものは避けなければいけないからです。
本物の毛皮ではないにしてもNGですので気を付けましょう。

また皮も殺生をイメージさせるため葬儀ではNGとなっています。
とくに、コート着用時に気を付けましょう。

たかがハンカチ、でも気を抜かない

葬儀に出席する時はハンカチは必需品です。
涙を拭いたり、夏場は汗を拭いたりするでしょう。

ハンカチは、フォーマル用のものを用意しておくと安心です。
基本は白、黒、ベージュなどのシンプルなものとなっています。

派手な傘はもたない

喪服着用時に派手な傘はNGです。
赤などの華美な色の傘や動物柄など派手な傘は極力利用を控えましょう。

今はビニール傘などどこでも安価で手に入るため、できるだけ目立たない傘を使うようにしましょう。

基本は外の傘立てにかけておきますが、傘の色、柄にも注意が必要です。

喪服用バックのマナー

葬儀

お葬式に持参するバックですが、実は気にしなくてはいけないポイントがいくつかあります。
服装は問題なくても持っているバックがマナーに反するようでは元も子もないですよね。

ここからは喪服用のバックについて解説していきます。

喪服用バックは布製がマナー

喪服用のバックは布製のものを選ぶようにしましょう。
皮の素材のものはNGです。

理由は服と同様、殺生をイメージされるものは葬儀ではNGとされているからです。
また、金具がついたバックも葬儀ではNGとなっています。

ショルダーバックはNG

喪服着用時にショルダーバックはNGです。

もしお通夜など急に葬儀に参列となった場合でショルダーバックを持っている時は、肩ひもを短くもち、失礼のないようにしましょう。

おすすめ喪服用バック

Amel 「永くつかえる定番セット」
Amel 「永くつかえる定番セット」

商品価格4,896円(2019年6月現在)

この商品を購入

喪服用バックは、このようにサブバックも同時に用意されることをおすすめします。
喪服用のバックは小さいものが基本となっています。
そのため荷物があまり入りません。

大きなバックを持つと品がないため、サブバックとして持つことをおすすめします。

喪服・喪服用バックまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、喪服や喪服用バックなど細かい喪服についてのマナーを紹介させていただきました。

  • 喪服はより正式なものから正喪服、準喪服、略喪服となる
  • 子どもの場合葬儀の参列は学生で制服があれば制服を着用し、赤ちゃんであれば地味な服装をする。
  • 葬儀の際には地肌を見せず、また派手な化粧やアクセサリーは避けるように注意する。
  • 喪服用のバックは革製ではなく布製を用いる。
  • バックはショルダーバックは利用しないようにする。

喪服にはさまざまなマナーがあります。
礼服はもちろん、バックやアクセサリーにも決まりがあるんです。

喪服についてのマナーは、大人なら知っておかなければならないことばかりです。
この記事を読み、喪服や葬儀に適した持ち物について知っていただけたらと思います。

また、終活ねっとでは葬儀に関する役立つ情報を多数掲載しております。
関心のある方はぜひご覧ください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

終活ねっとでは他にも葬儀に関する様々な情報を紹介しております。
葬儀費用については、以下の記事で詳しく紹介しておりますのでぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「喪服用・バック」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「喪服用・バック」についてさらに知りたい方へ

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?のサムネイル画像

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~のサムネイル画像

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説します

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

礼服と喪服ってなに?間違えやすい葬儀の服装について解説します!のサムネイル画像

礼服と喪服ってなに?間違えやすい葬儀の服装について解説します!

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説しますのサムネイル画像

3回忌法要の服装はどうする?男性と女性の服装について解説します

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!のサムネイル画像

法事で着る女性の服装をご紹介!平服・喪服について解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「喪服用・バック」についてさらに知りたい方へ

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?のサムネイル画像

これから買い替えるなら、おしゃれな喪服にしませんか?

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?のサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方は?

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~のサムネイル画像

着物の喪服について~葬儀に着る黒紋付きの詳細~

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと