危篤で小康状態を保つとはどういうこと?|重篤・連絡・お見舞い

危篤で小康状態を保つとはどういうこと?|重篤・連絡・お見舞い

危篤という言葉をテレビなどで聞いたことがある方もいらっしゃると思います。危篤で小康状態を保つという言葉もあるのですが、これはどういった状態になるのでしょうか。今回の記事では、危篤で小康状態を保つとはどういうことなのかご紹介をしていきます。

最終更新日: 2020年03月10日

危篤で小康状態を保つとはどういうこと?

困った人々

テレビなどで危篤という言葉を聞いたことがあるという方もいらっしゃると思います。
危篤の際に小康状態を保つという言葉もあるのですが、これはどういった状態なのでしょうか。

今回「終活ねっと」では、危篤で小康状態を保つとはどういうことなのかということについて、以下の内容を中心にご紹介をします。

  • 危篤状態って何なの?

  • 危篤で小康状態を保つとはどういう状態なの?

  • もし危篤の連絡を受けたら何をするの?

  • 万が一小康状態から急変してしまったらどうするの?

危篤の連絡を病院などから受けることは多くはありません。
もし危篤の連絡を受けた場合や、小康状態になった場合に正しい対応できるように今回の記事を最後まで読んで参考にしてください。

また、お急ぎの方は今すぐお電話ください。終活ねっとの相談窓口スタッフが、迅速に対応いたします。

危篤状態とは?

困った人々

そもそも危篤状態とは、どういった状態を表しているのでしょうか。
まず始めに危篤状態についてご紹介をしていきます。

危篤とは事故や病気などあらゆる原因によって、患者の方が命を落としかけている状態を表します。
病気で治療している最中に危篤状態になることもあれば、交通事故などにより突然危篤状態になることもあります。

危篤状態になったからといって必ず亡くなってしまう訳ではありません。
ただ危篤を告げられてから、意識を取り戻す可能性は少ないため家族は心の準備をしなければいけません。
危篤状態になってから最後を迎えるまでの時間はそれぞれで、数日間危篤状態となることもあります。

危篤に似た言葉で重篤という言葉がありますが、重篤は病気の状態が重いことを表します。
重篤は危篤と違い、病気の状態などによって必ず命の危険があるという訳ではありません。

危篤と重篤の違いについて詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください。

危篤で小康状態を保つこと

葬儀

ここまでは、危篤状態がどういったものなのかご紹介をしました。
危篤状態となった際に、小康状態を保つということもあります。

小康状態を保つとはどういった状態なのでしょうか。
ここでは危篤で小康状態を保つことについてご紹介をしますので、しっかりと確認してください。

小康状態を保つとはどういうこと?

危篤で小康状態を保つとはどういうことなのでしょうか。
小康状態は、悪い状況から脱して安定している状態のことを指しています。
医療関係の言葉ではなく一般的な言葉のなので、危篤以外の時にも使用される言葉です。
危篤を告げられてから小康状態となった場合も、とりあえずは落ち着いているということを表しています。

意識はあるの?

小康状態は悪い状況を脱して、ひとまず落ち着いている状態であるとご紹介しました。
では危篤から小康状態になった場合、意識はあるのでしょうか。

ある程度安定しているとみなされると小康状態となるので、意識がない場合もあります。
逆に酸素マスクなどを装着してかろうじて意識がある状態でも小康状態とされます。

状況によって異なるので、一概に小康状態だからといって意識があるとは言い切れません。

そのまま回復することはあるの?

小康状態からそのまま回復することはあるのでしょうか。
こちらも状況によって異なり、危篤状態から小康状態になりそのまま回復される方もいらっしゃいます。

しかし小康状態からまた危篤状態に陥り、命を落とされてしまう方もいらっしゃいます。
小康状態は危篤状態を脱した状況であり、快方に向かっている訳ではありません。
万が一のこともあるので、ご家族の方は心の準備をする必要があります。

小康状態でも油断はできない

先程もご説明した通り、小康状態は命を落とす可能性が高い危篤状態を脱した状況です。
そのため急変してしまい、そのまま亡くなってしまう可能性もあります。
決して症状が改善している状態ではないので、注意が必要です。

危篤の際に家族ができること

介護

ここまでは、危篤状態で小康状態を保つというのはどういった状態なのかご紹介をしてきました。
もし医師などから危篤の連絡を受けた場合、家族の方はどういったことができるのでしょうか。

ここでは危篤の際に家族ができることをご紹介します。
万が一危篤の連絡を受けた際に、正しい対応ができるようにしっかりと内容を確認してください。

連絡をする

自分の家族などが万が一危篤状態になった場合、連絡をしなければいけません。
誰に連絡をして、どういったことを伝えればいいのでしょうか。
以下に連絡をする相手や伝える内容をご紹介します。

会社や親族への連絡

危篤の場合には、親族や会社に連絡をする必要があります。
親族に関しては、危篤状態になっている方の3親等までの親族に連絡をするのが一般的です。
危篤状態の時に親族に連絡をしてあげないと、死に目に会わせてあげることができないことになります。

からなず漏れのないように、親族の方に連絡をするようにして下さい。
3親等以外の親族の方に連絡をしてはいけない訳ではないので、普段から親交がある方には連絡をしましょう。

危篤状態になった家族に付き添うため、会社を早退もしくは休むこともあります。
こういったことがあるので、必ず会社にも連絡をする必要があります。
会社の直属の上司へすぐに連絡をするようにしましょう。
危篤状態になっている方が会社に勤めているのであれば、勤め先にも連絡をしなければいけません。

どんなことを伝えればいいの?

身内が危篤状態になり連絡をする場合、どういったことを伝えるといいのでしょうか。
連絡では誰が危篤状態になっているのか、今どこにいるのか、自分の連絡先を伝える必要があります。

危篤状態になっているの方の会社や知人に連絡をする場合には、自分が誰なのかということも伝える必要があります。
続柄や名前を忘れずに伝えるようにしましょう。

また前置きとしてお詫びを伝えることがマナーとされています。
たとえば夜遅くに連絡することになったのであれば、「夜分遅くにすみません」といったお詫びから話すといいでしょう。

以下の記事では危篤の時の連絡方法についてご紹介をしています。
電話だけでなく、電報やメールなどで連絡をする際の方法も解説しています。
文例も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

危篤状態の家族に声をかける

家族の方が危篤状態になった場合、声をかけてあげることも重要です。
危篤状態の家族には、どういった言葉をかけるといいのでしょうか。
以下に危篤状態の家族にどういった言葉をかけるのか、ご紹介をします。

意識がなくても聞こえてるかも

もし家族が危篤状態となり意識もない場合、声をかけて聞こえているのでしょうか。
意識がない状態でも声は聞こえていることはあります。
また呼びかけても反応がなく目が開いていなくても、意識はあって声は聞こえていることもあります。

そのため、意識がないから声をかけても無駄ということはありません。
危篤状態の家族の方にしっかりと声をかけてあげるようにしましょう。

どんなことを言えばいい?

危篤状態の家族には、どういった音葉をかけてあげるといいのでしょうか。
危篤状態から回復することも考えられますので、励ますような言葉をかけてあげるといいでしょう。
家族の方が気力を戻せるような言葉をかけてあげましょう。

危篤状態のため、最後の別れが近づいてきている可能性もあります。
そのため家族の方との思い出のお話や家族の方に対する感謝の言葉をかけるといいでしょう。
万が一最後の別れとなった場合に後悔をしないように、伝えたいことは全て話すようにしましょう。

以下の記事では危篤状態の本人にかける言葉を解説しています。
どういった言葉をかけるのか例文をご紹介しています。
注意点などについても書かれているので、ぜひ参考にしてください。

小康状態から容体が急変したら?

葬儀

小康状態を保っていても様態が急変して、臨終を迎えることもあります。
もし臨終を迎えたら、どういったことをする必要があるのでしょうか。
以下に、小康状態から様態が急変し臨終した場合にすることをご紹介します。

菩提寺への連絡

小康状態から臨終を迎えると、ご家族の方は故人となります。
故人の方を弔うために葬儀を行うのですが、葬儀には僧侶に参列してもらう必要があります。

そのため、御世話になっているお寺である菩提寺に連絡をする必要があります。
菩提寺の都合を確認して葬儀を行う日を決めましょう。

様々な手続きの準備

ご家族の方が亡くなると様々な手続きを始めなければいけません。
葬儀社への依頼の手続きや、役所への死亡届の提出、火葬許可証の申請など多くの手続きがあります。

手続きは全てを一気に終わらせることは難しいです。
自分達でどこまでの手続きを行う必要があるのか把握をして、準備を始めていきましょう。

キリスト教信者の場合

キリスト教の宗派の一つであるカトリックでは、信者の方が危篤状態となった段階で教会に連絡をして神父の方を呼ぶ必要があります。
信者の方の意識があるうちに「病者の塗油の秘跡」という儀式を行うためです。

もし病者の塗油の秘跡のち臨終を迎えた場合、臨終の祈りを唱えてもらいます。
病者の塗油の秘跡に関しては危篤状態の時だけでなく、大病を患った時などにも行います。

危篤で小康状態を保つことまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、危篤状態で小康状態を保つことについてご紹介をしてきました。
以下に今回の記事の内容をまとめていきます。

  • 危篤状態とは、病気や事故などにより患者が亡くなるかもしれない状態を表す。
    危篤状態は治療中になることもあれば、交通事故などによって突然危篤状態になることもある。
    危篤状態になりすぐに亡くなってしまうこともあれば、数日間危篤状態となることもある。

  • 小康状態とは悪い状況を脱して、ひとまず落ち着いている状態である。
    危篤状態から小康状態を保つ場合も、状況は変わらないがひとまず安定した状態を保っているということになる。
    小康状態から回復することもあれば、回復をせず危篤状態に再びなることもある。
    小康状態では意識があることもあれば、意識が戻らないこともある。

  • 家族が危篤になった場合、親族や会社に連絡をする必要がある。
    親族に関しては危篤になっている方の3親等以内の方に連絡をすることが一般的である。
    最後の別れとなることもあるので、連絡漏れのないようにしっかりと連絡をする。
    危篤状態の家族に付き添うので早退や休まなければいけないこともあるので、会社にそういった旨を伝える。
    危篤状態の家族には言葉をかけてあげるようにする。
    励ます言葉や思い出話、感謝の言葉などを伝えて最後の別れとなった場合に後悔しないようにしておく。

  • 小康状態から急変し臨終を迎えた場合、菩提寺に連絡をする。
    葬儀の日程などを決めなければいけないので、菩提寺の予定を確認する。
    臨終後には死亡届の提出など手続きが多いので、そちらの準備も始める。
    漏れのないようにどういった手続きが必要なのか、まずは把握しておく。
    カトリックの場合、危篤状態になった時に神父を呼び病者の塗油の秘跡という儀式を行う必要がある。
    危篤状態になったらすぐに教会に連絡を行う。

危篤で小康状態を保つということがどういった状態なのか、お分かり頂けましたでしょうか。
自分のご家族の方が危篤状態から小康状態となることもあります。
小康状態になったからといって油断はできないので、家族全員で心の準備はするようにしておきましょう。

また万が一危篤状態になった場合、最後の別れとなることもあります。
後悔のないようにしっかりと声をかけてあげるようにしましょう。

「終活ねっと」では、この他にも危篤について記事を多数掲載しております。
以下の記事では危篤になった時に家族はどういった準備をすればいいのかご紹介してます。
連絡についてやお金、臨終後や葬儀などについても解説しているのでぜひ参考にしてください。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事