斎場とセレモニーホールの違いは?両者のメリットや注意点を解説!

斎場とセレモニーホールの違いは?両者のメリットや注意点を解説!

最近の葬儀は葬儀場で取り行われるのが一般的です。この葬儀場には〇〇斎場や〇〇セレモニーホールと呼ばれるものがありますが、両者の違いは何なのでしょうか?今回は斎場とセレモニーホールの違いについて、両者のメリットや注意点を解説します。

2020-02-09

斎場とセレモニーホールの違いは?

葬儀

お通夜や葬儀に参列すると、〇〇斎場や〇〇セレモニーホールといった葬儀場で執り行われていることが多いと思います。
この斎場やセレモニーホールには違いがあるのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、斎場とセレモニーホールの違いについて下記の点を中心に解説します。

  • 斎場とセレモニーホールの違いや設備について

  • セレモニーホールに関する注意点にはどんなものがあるの?

  • 公営斎場のメリット・デメリットについて

この記事では斎場とセレモニーホールの違いに着目しながら、斎場の種類(公営斎場・民営斎場)についても解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

斎場とセレモニーホールについて

葬儀

皆さんが参列したお通夜や葬儀はどのような場所で行われましたか?
多くの方が〇〇斎場や〇〇セレモニーホールという名称の場所で行われたのではないでしょうか。
それではこの斎場やセレモニーホールの違いは何なのでしょうか?

ここでは斎場とセレモニーホールの違いと、セレモニーホールの設備についてご紹介します。

斎場とセレモニーホールが指すものは同じ

斎場とセレモニーホールに大きな違いなく、斎場とセレモニーホールはほぼ同じものを指しています。
あえていえば、公営の葬儀場には〇〇斎場という名称がつけられることが多く、民営の葬儀場には〇〇セレモニーホールという名称がつけられることが多いようです。

民営の葬儀場でも〇〇斎場という名称の施設はありますので、斎場だから公営と勘違いしないように気を付けてください。

セレモニーホールの設備について

民営の葬儀場にはセレモニーホールという名称がつけられることが多いというお話をしましたが、セレモニーホールの設備にはどんなものがあるのでしょうか?

ここではセレモニーホールの設備として、食事・宿泊・待合室についてご紹介していますが、セレモニーホールによって設備の充実度は異なりますので、参考程度に考えてください。
ご不明な点はセレモニーホールや葬儀社に確認するようにしましょう。

公営の斎場については後述していますので、そちらをご覧ください。

食事をいただける施設

一部のセレモニーホールでは食事をいただける施設もあります。
お通夜後の通夜振る舞いや、葬儀後の精進落としなどのお食事をセレモニーホールの会食室でいただくことができます。

また、四十九日法要などの法要の会食にも利用できるので、会食場所を別の場所に手配する手間が省けます。
食事が可能な人数や料理の種類などは施設によって様々ですので、事前に確認しましょう。

宿泊可能な場合も

一部のセレモニーホールでは宿泊可能な場合もあります。
宿泊可能なセレモニーホールであれば、お通夜後にご遺族が宿泊したり、遠方からのご親族が宿泊することが可能です。

お通夜の翌日に葬儀を同じセレモニーホールで行う場合は、施設に宿泊していると移動や時間的負担が軽減されます。

待合室が充実している

セレモニーホールは待合室が充実していることが多いようです。
大小様々なサイズの待合室があると、葬儀の規模によって適切なサイズを選ぶ事ができますので、費用の軽減にもつながります。

斎場と葬儀場について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

セレモニーホールに関する注意点

葬儀

葬儀場の名称が〇〇セレモニーホールの場合は、民間企業が運営していることが多く公営の斎場に比べると設備が充実しています。
設備面だけを比べるとセレモニーホールの方が公営の斎場よりもメリットがあるように感じますが、セレモニーホールに関する注意点はあるのでしょうか?

ここではセレモニーホールに関する注意点として2点ご紹介します。

葬儀社所有のセレモニーホール

セレモニーホールは民間企業が運営していることが多く、葬儀社所有のセレモニーホールの場合は葬儀社を利用しないとその施設を利用できないことがほとんどです。
利用したいセレモニーホールが決まっている場合は、それを所有している葬儀社に相談するようにしましょう。

葬儀社によって葬儀プランは様々で、希望する葬儀の形式(一般葬・家族葬・一日葬など)を執り行えるかもわかりませんので、事前に確認しておきましょう。

セレモニーホールと火葬場は別である

葬儀を執り行う葬儀場を決める際に、火葬場が併設された施設を希望される方も多いと思います。
しかし、民営のセレモニーホールは火葬場が併設されている施設はほとんどありません。

セレモニーホールと火葬場が離れている場合は、霊柩車の移動距離が長くなり、火葬場に移動する人のためのマイクロバスの手配なども必要になります。
これらの事情もふまえて決めるようにしましょう。

公営斎場について

困った人々

ここまでセレモニーホールと斎場はほとんど同じ意味であり、セレモニーホールは民間企業が運営していることが多いというお話をしてきました。

それでは公営斎場とはどういった施設なのでしょうか?
公営斎場はその地域の市や区などの自治体が運営していて、民営斎場は葬儀社や寺院などが運営しています。

ここでは公営斎場のメリット・デメリットについてご紹介します。

公営斎場のメリット

公営斎場のメリットには、使用料金が安い・火葬場が一緒になっていることが多いなどが挙げられます。
これらのメリットについて詳しく見ていきましょう。

使用料金が安い

公営斎場は自治体が運営しているため、民営斎場よりも使用料金が安い施設が多いです。
ただし、公営斎場を利用するためには条件を満たす必要があります。
公営斎場が定める条件は、故人または喪主がその自治体の居住者であるという条件がほとんどです。

施設によっては居住者でなくても利用できる場合もありますが、在住の方が利用するよもり料金が高くなります。

火葬場が一緒になっていることが多い

公営斎場は火葬場が一緒になっているところが多いようです。
斎場に火葬場が併設してある場合は、霊柩車や火葬場まで移動するマイクロバスの費用削減移動時間が軽減されるといったメリットがあります。

公営斎場のデメリット

公営斎場のデメリットには、予約が取りにくい・設備が充実していないこともあるなどが挙げられます。
これらのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

予約が取りにくい

公営斎場は民営斎場よりも使用料金が安く、火葬場が併設されている施設も多いので人気があります。
そのため民営の斎場に比べて予約が取りにくいことが多いようです。

混雑している場合は、申し込みから1週間~以上待つこともあり得ます。
その場合はご遺体の安置期間が長期化するため、費用がかさむので注意が必要です。
公営斎場で葬儀を希望される方は、すぐにでも申し込みができるように葬儀会社や葬儀プランなど事前に決められることは決めておきましょう。

設備が充実していないことも

公営斎場は民営斎場に比べると、機能性が悪く設備が充実していないこともあります。
例えば最寄り駅から遠かったり、バリアフリーに非対応な施設も多くあります。
また、ご遺体の安置ができなかったり、宿泊施設がない施設も多いです。

しかし、公営斎場も利用しやすいように設備の見直しをしている斎場もありますので、お住まいの地域の公営斎場を調べておくことをおすすめします。

斎場とセレモニーホールの違いについて

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回「終活ねっと」では、斎場とセレモニーホールの違いについて解説してきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 斎場とセレモニーホールには、大きな違いなく斎場とセレモニーホールはほぼ同じものを指しています。
    ただし、セレモニーホールの名称は民営の斎場につけられることが多いようです。

  • セレモニーホールは設備が充実している施設が多く、食事をいただける施設・宿泊可能・待合室が充実している設備が多くあります。
    食事を頂ける施設や宿泊可能な施設の場合は喪主の準備する手間の負担が軽減されます。
    規模にあった待合室を選び事で費用の軽減にもつながります。

  • セレモニーホールに関する注意点については、葬儀社所有のセレモニーホールの場合は、その葬儀社を利用する必要があるという点があります。
    また、セレモニーホールは火葬場を併設していない施設が多いということも注意したいところです。

  • 公営斎場については、使用料金が安い・火葬場が一緒になっていることが多いなどのメリットがあります。
    また、デメリットとしては予約が取りにくい・設備が充実していないこともあるなどがあります。

この記事で斎場とセレモニーホールの違いについてご理解いただけたのではないでしょうか。

葬儀の形式(一般葬・家族葬・一日葬など)や規模の大小によっては、対応できない斎場やセレモニーホールもあります。
また、施設によってはバリアフリー非対応であったり、宿泊施設がない施設も多いので、ご自分の条件にあった施設を選ぶのはとても大切だと思います。

この記事が皆様が悔いのない葬儀を執り行う助けになれば幸いです。

この他にも「終活ねっと」では葬儀に関する記事を多数掲載しています。
下記の記事では、葬儀費用の相場について、内訳や料金を安くする方法や注意点まで解説しています。
ぜひ、あわせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「斎場・セレモニーホール」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料