斎場に宿泊できるの?宿泊する理由やその際に必要な持ち物をご紹介!

斎場に宿泊できるの?宿泊する理由やその際に必要な持ち物をご紹介!

近年、お通夜を自宅ではなく斎場で行うことが多くなってきました。その際、お通夜のあとに故人に寄り添って夜通し付き添うことができるか気になりますよね。斎場に宿泊できるのかどうか、宿泊できる理由や必要な持ち物など気になることについて、お通夜の起源とともに紹介します。

2020-02-09

斎場に宿泊できるの?

葬儀

お通夜のあと、弔問客とともに故人の思い出話を語り合う通夜ぶるまい(食事)が行われますが、遺族は弔問客が帰ったあと故人に付き添って一夜を明かします。

最近はお通夜や告別式を自宅ではなく斎場で行うことが多くなってきました。
通夜ぶるまいができるようになっている斎場が多いので喪家の負担は自宅で行うよりも軽いといえるでしょう。

その際にお通夜のあと、故人と最後の夜を過ごせるか気になるのではないでしょうか。
付き添っていいのかどうか、斎場に宿泊できるのはどんなときか気になりますよね。

今回「終活ねっと」では、斎場での宿泊について以下の項目を中心に解説します。

  • 斎場に宿泊できる理由とは?

  • 斎場に宿泊する際の用意について

  • 宿泊可能な斎場について

  • 斎場にお風呂はあるのかについて

遠方から来られる故人と親しい関係の方で、お通夜と告別式に参加される場合は斎場で宿泊できるかどうかも参考にしてみてください。

お通夜の際に宿泊する風習についても解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

斎場に宿泊?その理由とは

葬儀

お通夜や告別式を斎場で行うケースが多くなってきています。
昔は自宅で行うのが一般的で、本来お通夜とは夜通し身内や親しい関係者が故人に付き添うことでした。
今は身内の方以外は夕方からの数時間を故人と共にする半通夜の形態に変わってきており、故人に夜通し付き添うのは限られた身内だけになっています。

斎場で行うお通夜であっても宿泊できるのか、その場合の理由について調べました。

理由はお通夜の起源に関係する

斎場に宿泊する理由には、お通夜の起源が関係していると言われています。
お通夜の起源には諸説ありますが、近親者が夜通し故人に付き添うことが共通しています。

ここでは、お通夜の起源について解説していきます。

お通夜の後の寝ずの番とは?

お通夜の起源の一つに釈迦と弟子たちの話があります。
釈迦が亡くなったあと、弟子たちは夜通し釈迦の説法をお互いに聞き合ったと言われています。
そこから亡くなった者を囲んで親しい人たちが夜通し思い出話を語り合うという形に変わっていった、という説があります。

また、昔は野犬などの野生の獣から遺体を守るために寝ずの番が必要でした。
秋田県では、人が亡くなったときはその匂いで狼が来るかもしれないので火を絶やさないように、という昔話(「雪の夜泊まり」)があります。
お線香は匂いを消し、獣よけの意味もあったようです。
この夜通し見張りをしていた名残がお通夜の形として現在も残っているとされています。

また日本の古代において再生の願いや別れを惜しむため、もしくは死の確認のために古事記や万葉集などでも見られる殯(もがり)という儀式がありました。
お通夜はそれを短縮したものだと見なす説もあります。

ロウソクやお線香の火を絶やさないことにも意味があり、亡くなった方があの世へ行くときの道しるべになるので迷わないように、と言われています。

他にもお通夜の起源がいろいろとありますが、故人と親しい者たちが夜通し付き添い最後の別れの時間を過ごす、というところは同じだと言えます。

現在でも寝ずの番を行うこともある

現在でも遺族が最後のお別れができるように夜通し故人に付き添うことがあります。
お通夜ではロウソクや線香の火を絶やさないように身内が交代で寝ずの番をします。
斎場によってはこの寝ずの番ができるように宿泊ができるところもあります。

寝ずの番をする場合は長時間燃え続けるお線香やロウソクが用意されていることもあるので、線香の火が消えていないか、火事の心配がないか見張る意味もあります。
火災の心配がないように防火材で囲われたものや電気ロウソクや電気線香のところもあります。

お通夜の寝ずの番については以下の記事に詳細がありますのでご覧ください。

全ての斎場で宿泊できる訳ではない

斎場によってはお通夜のあとに付き添いができない場合があります。
また、宿泊できる場合も人数が限られていますので、確認が必要となります。

斎場での宿泊はあくまで故人と親しい方々の最後のお別れの時間で、お通夜をすることを目的としています。
交代で寝ずの番をするという仮眠のためですので、それ以外の理由での宿泊はできません。

上記以外で遠方で宿泊が必要な場合は、斎場付近の宿泊場所を確保する必要があります。

斎場に宿泊する際の持ち物について

葬儀

斎場に宿泊することになった場合には、どういった持ち物が必要なのか気になりますよね。
宿泊グッズを全て用意するとなったらけっこうな荷物になります。
斎場に用意されているものは何か、持っていかなければならないものは何か確認が必要ですので事前に聞いておきましょう。

ここでは、斎場に宿泊する際の持ち物についてご紹介します。

宿泊のアメニティーは持参する必要がある

歯ブラシやヘアブラシなど、通常のホテルに置いてあるようなアメニティーは斎場によっては用意されていないことがあります。
事前に確認をして必要なものは持参するようにしましょう。
他にも洗顔石鹸やタオル、場合によってはドライヤーの有無も確認しておきましょう。

有料で販売や貸し出しを行っている斎場もあります。

葬儀・告別式の用意を持っていく

斎場に宿泊する際は葬儀・告別式の用意も持って行きます。
用意するものは以下の通りです。

  • 礼服(喪服)

    遺族や世話役以外で葬儀・告別式に出席する場合は正式礼装でなくてもかまいませんが、黒や紺などの準礼装(略礼服)を用意します。ネクタイやストッキング、鞄や靴も光沢のない黒色で統一します。

  • 化粧品や弔事用のアクセサリー

    化粧品で口紅を持って行くときは薄い色のものにします。アイメイクは避けます。
    アクセサリーは基本的には婚約指輪と結婚指輪以外はつけませんが、洋装の場合は一連パールのネックレスまたは一粒パールのイヤリングなら大丈夫です。髪飾りは光沢のない地味なものにします。

  • 香典

    袱紗に包んだ香典(不祝儀袋に入った現金)を持参します。

  • 数珠

    仏式の葬儀のときに持参します。

  • 着替え

    宿泊する場合は着替えが必要です。
    下着やリラックスできる室内着も用意しておきます。

棺の置いてある部屋ですと、冷房がずっとついているので寒くて仮眠できないこともあります。
冷えが気になる方はカーディガンや長ズボンも用意しておくとよいでしょう。

宿泊可能な斎場について

葬儀

宿泊できる斎場にはどんなものがあるのか、どのような特徴があるのか、いくつかご紹介したいと思います。

町屋斎場

東京都荒川区にある宿泊できる斎場です。
住所は東京都荒川区町屋1-23-4になります。
施設内に火葬炉も備えており、斎場で葬儀のすべてが行えます。

3階建ての斎場内には休憩室や控室も10部屋以上用意されており、2階の控室では仮眠(宿泊)ができます。
アメニティーは用意されていますが、入浴設備はありません。
布団は事前申し込みで貸布団になります。
斎場での宿泊は5名までの人数制限がありますが、周辺の宿泊施設の情報提供も行っています。

防災上、ロウソクやお線香の火は21時までに消すことになっています。
売店があるので、飲食物の持ち込みは不可です。

会食も行うことができます。

臨海斎場

東京都大田区にある宿泊できる斎場です。
住所は東京都大田区東海一丁目3番1号になります。
公営の斎場になります。
火葬炉ホールの他に葬儀施設も併設されています。

2階にある遺族控室は和室になっており、5名程度であれば仮眠ができます。
風呂・シャワーの設備があります。
アメニティーは用意されていませんので持参の必要がありますが、忘れても売店で買うことができます。

布団は喪家が用意することになっていますが、寝具も有料で貸し出しができますので事前連絡が必要です。

防災上、ロウソクやお線香の火は21時までに消すことになっています。
飲食物は用意されていませんが、2階に売店があります。
飲食物の持ち込みは可ですがゴミは持ち帰りとなり、決められた場所以外での飲食は禁止となっています。
式場と控室はつなげて広く使うことができます。

斎場にお風呂はあるの?

困った人々

斎場に宿泊する際に気になるのはお風呂ではないでしょうか。
しかし斎場での宿泊は、ご遺体に付き添って故人との別れを惜しみ一緒に過ごすことが目的です。
仮眠はできるけれどお風呂やシャワーといった入浴設備は完備されていない斎場もあります。

有料でシャワーが借りられる場合もありますので、気になる場合は事前に確認してみてください。

斎場に宿泊することについてのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回「終活ねっと」では、斎場での宿泊について以下のことを解説してきました。

  • お通夜の起源により寝ずの番を行う目的で宿泊できる斎場もあるが、遺族や近親者など人数が限られる。

  • 斎場に宿泊するときは葬儀・告別式の用意を持って行き、必要があればアメニティー類も持参する。

  • 宿泊可能な斎場には町屋斎場や臨海斎場などがある。

  • 宿泊はできるが入浴設備がない斎場もあるので確認が必要である。

宿泊ができる斎場もありますが、あくまでも遺族が最後の別れをするためのものであり、交代で寝ずの番をするのが目的なのですね。
宿泊できる人数も限られていますし、遠方だからという理由のみでは泊まれないのですね。

また宿泊する際は布団やお風呂の有無や貸してもらえるかなど、気になることは事前に確認しておきたいですね。

「終活ねっと」では、他にも法事・法要に関する記事を多数掲載していますので、ぜひそちらもご覧ください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「斎場・宿泊」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料