斎場の読み方と意味とは?公営・民営の違いや費用について解説!

斎場の読み方と意味とは?公営・民営の違いや費用について解説!

葬儀を執り行う際の会場のことを斎場と呼びますが、そもそもその読み方や意味は何なのでしょうか。ここでは、斎場の読み方やどんなことをするところなのか、また公営と民営の違いやそれぞれの費用についても解説しています。

2020-02-09

斎場の読み方・意味とは?

葬儀

かつては自宅で行うことが当たり前だった葬儀が、今では会場を利用することが主流となりました。
葬儀の案内でもよく見る「斎場」という言葉は、どのような読み方であり、また何をするところなのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、斎場の読み方と意味、斎場の種類や費用についても紹介しています。

  • 斎場の読み方と意味、種類はどんなものがあるの?火葬場との違いは?

  • 斎場を利用する際の費用や注意点は?

  • 斎場では実際に何をするの?

以上の項目について解説していきます。

斎場の読み方や意味が実はよくわからなかったり、また利用する機会が訪れないとも限りません。
ぜひ最後までお読みいただき、斎場の読み方や斎場について知っておいて下さい。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

斎場の読み方と意味について

葬儀

ここでは斎場の読み方や意味を見ていきましょう。
火葬場との関係についても解説します。

斎場は「さいじょう」と読む

斎場の読み方はさいじょうといって、本来は神道の祭祀や儀式をする場所のことをいいます。
そこから転じて、現在では葬儀を行う場所・施設のことを指すようになりました。

かつての葬儀といえば自宅葬がほとんどでしたが、時代の流れと共に会場葬が主流となり、それに伴って葬儀を専門に扱う施設が多く造られていきました。

「葬儀式場・葬儀会場・セレモニーホール・〇〇会館」などとさまざまな呼び方があり、「○○市営斎場」といった名称も見受けられます。
また、式場に火葬場が併設されているところと式場のみところがありますが、一般的にはこれらを広く斎場と呼んでいます。

斎場の種類について

斎場には大きく分けて、公営斎場民営斎場の2種類があります。
運営母体の違いから、それぞれにメリット・デメリットがあり、特徴は次の通りです。

公営斎場

公営斎場は市区町村や事務組合が運営する公的な施設です。
(事務組合とは、隣接する小規模な市町村が共同で行政サービスの一部を行うために設立されるものです。

基本的には自治体の住民に提供されているサービスですから、それ以外の住民の利用はできないか、可能な場合は予約の優先度や利用料金に差があることがほとんどです。

火葬場が併設されていることが多いため移動の負担がない反面、火葬場の性質上アクセスが不便な場所にあることもあります。

また、利用料金は割安ですが、民間に比べて施設の数が少ないため、地域や時期によっては予約が取りづらいことがあります。

営利目的ではなく公費で運営していますから、用意されている葬儀プランは基本的なもののみで、施設やスタッフの対応などのサービス内容は、民間に比べて劣る面があることは理解しておく必要があります。

民営斎場

民営斎場は葬儀社や寺院などの民間企業が運営する施設です。
葬儀社が保有する斎場を利用する場合は、葬儀の依頼もその葬儀社にすることになります。
葬儀社以外の企業が運営している貸斎場では、依頼する葬儀社の選択が可能です。

火葬場が併設されている施設はまれですので、火葬は別の場所にある公営の火葬場を利用することにになりますが、その分ほとんどがアクセスの良い場所にあります。
公営斎場に比べて数が多いため、予約は取りやすくなっています。

ただ、営利を目的にしていますから、利用料は公営に比べて割高に設定されています。
そのため、利用者のニーズに沿ったさまざまなプランが用意され、ご遺体の安置や家族の宿泊に対応するなどの施設は充実しており、利用者へのサービスが重視されています。

斎場と火葬場は別々なの?

斎場は葬儀をする場所であり、火葬場は文字どおり火葬を行う場所のことです。

上にもあるように、火葬場のほとんどは自治体が運営しています。
そのため公営の葬儀式場は火葬場と併設されている場合も多くなっています。
民間で火葬場が併設されている葬儀式場は、都市部のごく限られたところのみです。

葬儀式場と火葬場は別々の施設ですが、葬儀式場のみでなく葬儀式場と火葬場が併設されている場合も含めて、一般に斎場と呼んでいます。

斎場を使用する費用について

お金

公費で運営されている公営斎場と、営利企業が運営する民営斎場では、当然利用料は違ってきます。
それぞれの使用にあたっての費用については、次のような違いがあります。

公営斎場の金額相場

公営の斎場は故人や葬儀を執り行う人が自治体の住民であれば、安く利用することができます。
それ以外の人の場合は、利用できても住民の利用料よりも高いか、利用できないこともあります。

祭壇や棺なども含めた葬儀一式の金額は、規模や形態によって違いが大きく単純に比較することはできませんが、基本的でシンプルなプランのみを扱うことが多く金額は低めに設定されています。

会場のみの利用料を見ると、自治体や会場の大きさによって差はありますが、小さな会場では3万円前後のところもあり概ね5万円から10万円程度が多いようです。

民営斎場の金額相場

民営斎場では、提供される葬儀プランはバラエティーに富んでおり、利用者へのサービスが重視されているため、葬儀一式の料金は高く設定されています。

会場のみの料金は、葬儀社の自社斎場の場合は10万円前後が多く、葬儀社の保有ではない貸斎場を利用する場合は、20万円から40万円程度と金額の高さが目立ちます。
ただし、自社斎場では運営元の葬儀社に葬儀を依頼することになるため、見積もりの仕方によっても違いがでます。

葬儀全体にかかる費用との兼ね合いがあるため、会場費のみの金額だけで単純に比較はできせんが、いずれにしても公営に比べると料金は高くなります。

葬儀社を通す際の注意点

斎場を保有している葬儀社に葬儀を依頼する場合、自社の斎場を使用することが条件となっていることが多いので注意が必要です。

もちろん、自社斎場を持つ葬儀社でも、場合によっては貸斎場を利用したり、公営斎場を利用するプランが用意されている葬儀社もあります。
ただ利用したい斎場が決まっている場合には、そこが葬儀社保有の施設なら、葬儀はその葬儀社に依頼することになります。

斎場ではどんなことをするの?

葬儀

はじめにご紹介したように、斎場の読み方は「さいじょう」であり、葬儀を行う場所です。
そこで、斎場ではどんなことを行うのかについて説明します。

お通夜と通夜振る舞い

斎場では一般的に、一連のお葬式の流れとしてまずはお通夜が営まれます。
現在のお葬式ではお通夜にのみ参列する方も多く、参列者には通夜振る舞いをするのが一般的です。

お通夜に参列する際の服装に迷ったら、斎場の読み方の他に以下の記事もご覧になってください。

葬儀・告別式・精進落とし

通夜の翌日には、葬儀および告別式が営まれます。
火葬場から戻って、または火葬中に、精進落としとして参列者への酒食の席が設けられます。

葬儀と告別式などの儀式については、以下の記事で詳しく解説していますので、こちらをご覧ください。

火葬場があればそのまま火葬する

火葬場が併設されている斎場では、出棺からそのまま火葬炉に移動して火葬をします。
火葬場と別々の斎場では、火葬場に移動して収骨の後、斎場に戻って会食となります。

斎場の読み方と意味についてのまとめ

葬儀

「終活ねっと」では斎場の読み方と意味について、以下のことを解説してきました。

  • 斎場の読み方は「さいじょう」であり、葬儀を行う場所のことで公営と民営の2種類がある。火葬場が併設されているところと式場のみのところがあり、ともに斎場と呼んでいる。

  • 公営斎場は自治体住民のために公費で運営されており割安で利用でき、民営斎場は営利を目的として利用者サービスを重視しているため利用料は高く設定されている。

  • 斎場では通夜と通夜振る舞いから葬儀・告別式と精進落としまで一連の弔いの儀式を行い、火葬場がある斎場ではそのまま火葬まで行う。

斎場の読み方は「さいじょう」で、公営斎場と民営市場があり料金にも違いがあるのですね。
利用する際には、希望に沿った選び方ができるよう斎場について知っておいてください。

以下の記事では斎場での通夜の流れについて詳しく解説しています。
ぜひこちらもお読みください。

最期まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「斎場・読み方」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料