告別式にも香典を持っていくの?|書き方・金額相場・マナー

葬儀の中で最も主だった儀式である告別式に参列する場合、香典は欠かせない持ち物に数えられます。告別式に持参する香典は具体的にどのようなものなのでしょうか。告別式に持参する香典について書き方や金額相場などから見ていきます。

目次

  1. 告別式に持参する香典の相場や書き方は?
  2. 告別式に持参する香典の書き方
  3. 告別式に持参する香典の金額はいくらか
  4. 香典に関するその他マナー
  5. 告別式に持参する香典についてまとめ

告別式に持参する香典の相場や書き方は?

葬儀

告別式は葬儀の中で最も主な儀式です。
告別式に参列する場合、ご遺族が滞りなく葬儀を行えるように助ける意味で香典を持参するのがしきたりとされています。

香典を持参する際には、香典袋の書き方や香典をいくら包めば良いのかなど、悩んだり疑問に感じたりすることは多いです。
しかし香典袋の書き方も香典の金額相場も事前に知っておけば、告別式に香典を持参する際に慌てることなく準備できるでしょう。

そこで今回終活ねっとでは、告別式に持参する香典について詳しく見ていきます。

  • 告別式に持参する香典の書き方とは?
  • 告別式に持参する香典の金額相場はいくらなのか?
  • 香典に関するその他のマナーとは?

告別式に参列する場合や、告別式で香典をどのように準備すれば良いか疑問に感じる場合に役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

告別式に持参する香典の書き方

葬儀

告別式で香典を持参するには、まず香典袋の準備をすることになります。
香典袋の準備で特に重要なのが、表書きや名前などの書き方です。
ここでは香典袋の書き方を、表書きと名前、中袋などから見ていきましょう。

表書きの書き方

香典袋の中で最も重要で目立ちやすいのが表書きの部分です。
香典袋の表面上半分という最も人目につきやすい部分に書くことになる分、宗教や宗派に応じた書き方をすることが重要になります。
告別式に香典袋を持参する場合、宗教や宗派に応じた適切な表書きは以下の通りです。

  • 仏教(浄土真宗以外):御霊前、御供物料、御香典、御香料など
  • 浄土真宗:御仏前、御供物料、御香典、御香料など
  • 神道:御霊前、御榊料、御神饌料、御玉串料など
  • キリスト教カトリック:御花料、御花代、御霊前、御ミサ料
  • キリスト教プロテスタント:御花料、御花代、弔慰金

表書きの中でも特に御霊前が最も広く使われていますので、もし適切な表書きがわからない場合は御霊前を使用すると良いでしょう。
ちなみに無宗教の自由葬でも「御霊前」が使えます。
ただし、「御霊前」は浄土真宗とプロテスタントではマナー違反とされてしまうため注意しましょう。
また、「御香典」は仏教各宗派で、「御花料」と「御花代」はキリスト教のどの宗派でも使えます。

名前の書き方

香典袋の書き方で表書きとともに重要なのが名前の書き方です。
名前は表書きのすぐ下に書きますが、実際に香典を包んだ人数によって書き方が異なる点は注意が必要になってきます。

個人で出す場合

香典袋を包むときに多いのが、個人で包むケースです。
個人で包む場合は、包んだ方の個人名を水引の下の真ん中にフルネームで書きましょう。

連名で出す場合

香典袋を持参する際は、2人以上の連名で包む場合も多いです。
連名で包む場合は包んだ人数によって、名前の書き方が異なってきます。

3名以内

まず連名で包んだ人数が3名までの場合は、個人で書く場合と同じように表書きの下部分に書きます。
目上の人物から順に右側からフルネームで書くのが作法です。

例えば職場仲間の方で部長と課長、係長が一緒に包む場合は、右側から部長・課長・係長の順にフルネームで名前を書きます。

4名以上

職場の部署仲間や趣味のサークル仲間などが連名で包む場合は、4人以上になることも多いです。
このような場合はどのような書き方をすれば良いのでしょうか。

4枚以上が連名で包む場合は、まず香典袋の表面に部署名やサークル名、あるいは「有志一同」というように書きます。
そして詳しい名前と金額の内訳を記した別紙を香典袋の中に同封しましょう。
なお別紙の書き方については、目上の順に右側から縦書きで名前と金額を記します。

夫婦

連名で書く場合については、他にも夫婦で一緒に包む場合もあります。
夫婦連名の場合は、まず夫がフルネームを縦書きで書きましょう。
そして夫の名前の左下に妻の下の名前を書きます。

中袋(内袋)の書き方

香典袋がコンビニやスーパーで扱われるのが一般的になってきていますが、コンビニなどで販売されているものは基本的に中袋が付いています。
せっかく一緒に付いている中袋ですが、うまく使いこなせれば便利です。
ここでは中袋の書き方について見ていきましょう。

住所氏名

中袋に書く項目でまず挙げられるのが包んだ方の住所氏名で、中袋の裏面左下に書きます。
住所氏名の書き方は縦書きでも横書きでも良いですが、縦書きで書く場合は住所やマンションなどの号室に書く数字は漢数字を使いましょう。

なお余裕があればご遺族が万一の時に連絡できるように、電話番号も一緒に書いておくと良いです。
電話番号を書く時も、漢数字と縦ハイフンを使って書きます。

金額

中袋に書く項目で、特に書き方を覚えておきたいのが金額の部分です。
金額は中袋の表面に「金○○圓」という形で記し、縦書きでも横書きでも問題ありません。
なお「圓」に続けて「也」と記す場合もありますが、これは過不足なく入っていることを意味する漢字です。

数字の部分は縦書きの場合は漢数字の旧字体を、横書きの場合は算用数字を使います。
漢数字の旧字体を使う場合は、例えば1万円包んだ場合であれば「金壱萬圓」という書き方です。

中袋なしの封筒タイプの香典袋の書き方

販売されている香典袋によっては、不幸の重なりを連想させるのを避けるために中袋が付いていないものもあります。
もし香典袋に中袋がない場合は、どのような書き方をすれば良いのでしょうか。

香典袋に中袋が付いていない場合、包んだ金額も住所氏名も香典袋の裏面に書きます。
具体的には金額は裏面の右側に、住所氏名は左下に書くのが一般的です。
中袋がない場合の香典袋の書き方やお金の入れ方については、以下の記事でより詳しく説明されていますので、ぜひともご活用ください。

こちらも読まれています

中袋なしの香典袋の書き方・お金の入れ方は?注意点やマナーもご紹介

香典袋には通常中袋がついていますが、中袋なしの香典袋を見かけることがあります。地域によっては中袋なしの香典袋が主流の所もあります。今回は中袋なしの香典袋の書き方やお金の入れ方を解説します。香典を準備するときの注意点やマナーもご紹介しますのでぜひご覧ください。

薄墨で書く

告別式に香典を持参する際は、香典袋に表書きなどを書くときに薄墨を使うのが一般的です。
涙が混じったように見える薄墨を使うことで、故人のご不幸に対する悲しみの気持ちを示す意味があります。
なお筆記用具は毛筆のほか、薄墨専用の筆ペンを使うのが作法です。

ただし中袋に金額などを書く場合は、ボールペンを使っても良いとされています。
これはご遺族や受付係などが金額を確認できるようにわかりやすく書くためです。

告別式に持参する香典の金額はいくらか

お金

告別式に香典を持参する際に、どうしても悩みやすいのが香典として包む金額です。
香典の金額相場は学校などで教えてくれないため、いくら包めば良いのかわからないですよね。
実は告別式で持参する香典の金額は、故人との関係性によって決まってきます。

親族の場合

故人が親族の場合は、基本的に親族以外の方が故人の場合に比べると多めに包みます。
加えて包んだ本人と故人との関係が近いほど金額相場も高めです。

両親

故人が両親の場合は、人生で最もお世話になり、なおかつ包んだ本人にとっても一番近い存在であるため金額相場が最も高いです。
一般的には3万円から10万円、またはそれ以上の金額を包みます。

義父母

ご自身の配偶者の父母である義父母が故人の場合は、ご自身にとっても父母と同じような存在であるため、香典の金額相場も同額です。
つまり3万円から10万円、もしくはそれ以上の金額を包みます。

祖父母

故人が祖父母の場合は、両親が故人の場合に比べると若干低めの相場です。
これは両親に比べると血縁で離れていることが理由にあります。
祖父母が故人の場合に包む香典の金額相場は、1万円から5万円が一般的です。

義祖父・義祖母

配偶者の祖父母である義祖父母の場合も、ご自身にとっての祖父母と同じように扱われます。
このため義祖父母が故人の場合も祖父母と同じくらいの金額を包みましょう。
具体的には1万円から5万円ほど包みます。

親戚の場合

故人が叔父や叔母など親戚である場合は、血縁関係の近さに応じて包むべき金額の相場も変わってきます。
叔父や叔母が故人の場合は1万円から3万円ほど、いとこについては3千円から3万円が一般的です。
ただし親戚が故人の場合については、付き合いの深さに応じて金額が変わってきます。

知人・友人

故人が知人や友人の場合は、5千円から1万円が金額相場です。
知人や友人が故人の場合も付き合いの深さに応じて金額が変わってきます。
特に親しい知人や友人の場合であれば、1万円以上の金額を包んでも大丈夫です。

会社関係

会社関係の人物が故人の場合は、どのような関係にあったとしても5千円から1万円が金額相場です。
故人が上司であっても部下であってもその金額はほぼ変わることはありませんが、親しい付き合いをしていた場合は相場よりも多い金額を包んでも良いでしょう。

連名の時の1人当たりの金額

もし勤務先などで連名で香典を包むことになった場合、1人当たりいくらほど包めば良いのでしょうか。
連名で香典を包む場合は、最低でも1人当たり千円は包んだ方が良いでしょう。
これはご遺族が香典返しの準備をする際に余計な負担を掛けないようにするためです。

なお一般的には千円から3千円の範囲で包むケースが多く見られます。
3千円を超えると、こちらもやはりご遺族が香典返しを準備する際に高価な品物を用意する必要が出てきて大きな負担となるためです。

香典の金額相場については、以下の記事でも詳しく説明されていますので、ぜひともご活用ください。

こちらも読まれています

香典の金額相場を関係別・法要別に紹介!書き方や入れ方マナーも解説

香典はいくら包めばいいのでしょうか?お葬式や法要に参列する際に必要になる香典ですが、故人との関係性や法要によって金額の相場が変わり、いくら包めばよいのか悩んでいる人も多いと思います。今回は香典の金額相場を香典の書き方・入れ方等のマナーも併せて解説いたします。

香典に関するその他マナー

葬儀

告別式で香典を持参する際には、他にもいくつかマナーがあるために知っておく必要があります。
最後にここでは、香典にまつわるその他のマナーについて見ておきましょう。

お通夜と告別式のどちらで持参すべきか

葬儀で香典を持参する際に悩むのが、お渡しのタイミングがお通夜なのか告別式なのかという点です。
実はお通夜でお渡ししても、また告別式でお渡ししても特に問題はありません

ただし注意すべきなのが、お通夜と告別式の両方でお渡ししてはいけない点です。
両方で香典をお渡しすることは、不幸が繰り返されることにもつながり縁起が悪いとみなされます。
このため香典は、お通夜か告別式のどちらかでまとめてお渡しするよう心がけましょう。

香典を辞退された場合の対応について

最近ではご遺族の側が香典返しの負担を避けるために、香典を前もって辞退するケースも増えてきています。
もし香典を辞退された場合、どのように対応すれば良いのでしょうか。

このような場合は、無理に香典をお渡ししないようにしましょう。
無理にお渡しすることは誠実さに欠ける行為であるとともに、ご遺族に余計な精神的負担を掛けることにもつながるためです。

香典を辞退された場合の適切な対応については、以下の記事でより詳しく説明されていますので、ぜひともご参照ください。

こちらも読まれています

香典を辞退するには?されたら?立場別の対応や例文の書き方を解説!

香典とはお香の代わりに供える金品のことです。以前までは、親戚から近所の人など多くの人から香典をいただき、葬儀費用を賄うというのが一般的でしたが、近年は香典を辞退する家庭も増えているそうです。今回はそんな香典を辞退する方法や、された場合の対応方法を解説します。

告別式に持参する香典についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、告別式に持参する香典についていろいろと見てきました。
今回の記事で触れた内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 表書きは相手方の宗教や宗派に合わせて適切なものを書く。
    もし適切な表書きがわからない場合は「御霊前」と書くのが良い。
    名前の書き方は人数に応じてさまざまな書き方がある。
    特に4名以上の場合は部署名などを書いたうえで、詳しい内訳を記した別紙を同封する。

    中袋には住所氏名と金額を書くが、このうち金額は「金〇〇圓」と書き、縦書きの場合は漢数字の旧字体を使う。
    告別式に持参する香典袋は、故人への弔意を示すために薄墨を使って書く。
  • 告別式に持参する香典の金額相場は、故人との関係性で変わってくる。
    特に親族の場合は、包んだ本人と血縁関係が近い間柄ほど金額も高い。
    例えば親が故人の場合で5万円から10万円あるいはそれ以上で、祖父母の場合は1万円から5万円である。

    親戚が故人の場合は、血縁関係の近さに加えて付き合いの深さで金額が変わってくる。
    知人や友人、会社関係の人が故人の場合は5千円から1万円が相場である。
    連名で香典を包む際の1人当たりの金額は、ご遺族に余計な負担を掛けないようにすることを考えると千円から3千円程度が適切である。
  • 香典はお通夜と告別式のどちらでお渡ししても問題はない。
    ただしお通夜と告別式の両方でお渡しするのは、縁起が悪いこととされているため作法に反する。
    もしご遺族から香典を辞退された場合は、無理にお渡ししないようにする。

告別式で持参する香典は、葬儀での香典のマナーをそのまま守っていれば大丈夫です。
つまり表書きや名前の書き方に、包むべき香典の金額相場などはいずれも葬儀で一般的とされている基準であるため、告別式でもそのまま活用できます。

加えて表書きや名前などは薄墨で書くことや、香典をお渡しするタイミングはお通夜か告別式のどちらかにすることも重要なマナーです。
これらのマナーも事前にしっかり理解しておけば、告別式に香典を持参する際に恥ずかしい思いをせずに済むでしょう。

もし告別式に参列することになった場合は、今回の記事で触れたことをあらためて思い返したうえで参列するとより役立ちます。
今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

以下の記事では通夜・告別式の服装について詳しく解説しています。
ぜひ合わせてお読みください。

こちらも読まれています

お通夜・告別式に参列する際の服装は?男性・女性・子供別に解説!

お通夜や告別式は突然やってきます。慌てて準備をする中で、服装で悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。今回、お通夜や告別式に参列する場合の服装について、男性・女性・子供の場合について説明するとともに、持ち物についても詳しく解説をします。

シェアする

「告別式・香典」に関連する記事

  • 告別式とは?その流れや通夜との違い、火葬と香典についても解説のサムネイル画像

    告別式とは?その流れや通夜との違い、火葬と香典についても解説

    告別式という言葉はよく聞きますね。故人とお別れをする告別式ですが、告別式とはどのようなものでしょうか。また、葬儀・葬式とはどこが違うのでしょう。今回は、それぞれの違いについて流れを含めて解説し、香典・御霊前・弔電などその他告別式に関する言葉について説明します。

  • 香典袋にのしは掛ける?|書き方・表書き・中袋・種類・香典返しのサムネイル画像

    香典袋にのしは掛ける?|書き方・表書き・中袋・種類・香典返し

    弔事の際にやり取りされる贈答品の包装にはのし紙をつけますが、香典を包む香典袋にもつけた方がよいのでしょうか?今回は、香典袋にのしをつけた方がよいのかどうか、また香典袋の書き方や選び方について詳しく解説します。

  • お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方のサムネイル画像

    お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

    お通夜には香典を持参するのがマナーです。香典を包む場合、金額はいくらにするか、どのように包めば良いか、どうやって渡すかなど悩みはつきません。今回、お通夜の香典の金額相場だけでなく、包み方や渡し方のマナーなどについて詳しく解説をしていきます。

  • お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!のサムネイル画像

    お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!

    お葬式に参列する際、お香典は欠かせません。そんなお香典のルールについて、急なお葬式の際にも対応できるよう、ある程度知っておきたいですよね。今回終活ねっとでは、お葬式のお香典について、金額の相場からお香典袋の選び方・書き方・渡し方まで、解説していきます!

  • 告別式の持ち物リスト|香典・数珠・ハンカチ・マナーのサムネイル画像

    告別式の持ち物リスト|香典・数珠・ハンカチ・マナー

    告別式はなんの前触れもなく急に訪れます。そのために、必要な持ち物を日頃から知っておくことは、いざという時にとても役に立ちます。今回の終活ねっとでは、告別式に必要な持ち物リストを紹介していきます。あわせて、持ち物のマナーも紹介しているのでぜひご覧ください。

  • お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!のサムネイル画像

    お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!

    香典は、葬式でのマナーの一つとして重要な習慣です。しかし、香典の金額相場が分からず、いくら包めばよいのか困ってしまう方も多いのではないでしょうか。今回、終活ねっとでは、葬式における香典の金額相場や香典を包む際の注意点、香典袋の書き方まで解説します!

  • 密葬にも香典は必要?気になる密葬の香典について解説!のサムネイル画像

    密葬にも香典は必要?気になる密葬の香典について解説!

    知り合いや親族の不幸を聞いた時には香典を持って参列に行かないといけません。しかし密葬の場合、香典は必要なのでしょうか?今回終活ねっとでは、密葬における香典のマナーについて詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 直葬でも香典は必要?気になる直葬の香典について解説します!のサムネイル画像

    直葬でも香典は必要?気になる直葬の香典について解説します!

    直葬とは、ごく一部の親しい人だけで火葬のみを行うお葬式のことを言います。 最近では直葬を選ぶ人の割合が増えているため、直葬での香典マナーはぜひ知っておきたい知識です。 今回は、香典の必要性や相場をご紹介していきますのでぜひ最後まで読んでご参考にしてください。

  • 仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

    仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

    人生の中で、葬儀に参列するということは誰でも何度かはあります。多くの場合葬儀といえば仏式のものが多いのですが、そうなるとその際に手渡す香典の正しいマナーも覚えておくと便利といえます。そこで今回は、仏式葬儀における香典にまつわるマナーについて見ていきましょう。

  • 告別式でのお焼香マナー|種類・作法・手順・順番・回数・宗派のサムネイル画像

    告別式でのお焼香マナー|種類・作法・手順・順番・回数・宗派

    亡くなった親しい方をお見送りする告別式で、故人の冥福を祈るためのひと時がお焼香の時間です。お香を燃やして手を合わせ故人とのお別れを済ませる重要な段階であるだけに、告別式でのお焼香の作法やマナーをあらかじめ理解しておくことは大切といえます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「告別式・香典」についてさらに知りたい方へ

告別式とは?その流れや通夜との違い、火葬と香典についても解説のサムネイル画像

告別式とは?その流れや通夜との違い、火葬と香典についても解説

香典袋にのしは掛ける?|書き方・表書き・中袋・種類・香典返しのサムネイル画像

香典袋にのしは掛ける?|書き方・表書き・中袋・種類・香典返し

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方のサムネイル画像

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!のサムネイル画像

お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!

告別式の持ち物リスト|香典・数珠・ハンカチ・マナーのサムネイル画像

告別式の持ち物リスト|香典・数珠・ハンカチ・マナー

お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!のサムネイル画像

お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!

密葬にも香典は必要?気になる密葬の香典について解説!のサムネイル画像

密葬にも香典は必要?気になる密葬の香典について解説!

直葬でも香典は必要?気になる直葬の香典について解説します!のサムネイル画像

直葬でも香典は必要?気になる直葬の香典について解説します!

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

告別式でのお焼香マナー|種類・作法・手順・順番・回数・宗派のサムネイル画像

告別式でのお焼香マナー|種類・作法・手順・順番・回数・宗派

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「告別式・香典」についてさらに知りたい方へ

告別式とは?その流れや通夜との違い、火葬と香典についても解説のサムネイル画像

告別式とは?その流れや通夜との違い、火葬と香典についても解説

香典袋にのしは掛ける?|書き方・表書き・中袋・種類・香典返しのサムネイル画像

香典袋にのしは掛ける?|書き方・表書き・中袋・種類・香典返し

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方のサムネイル画像

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!のサムネイル画像

お葬式の香典はどうすればいいの?金額・書き方・渡し方を解説!

告別式の持ち物リスト|香典・数珠・ハンカチ・マナーのサムネイル画像

告別式の持ち物リスト|香典・数珠・ハンカチ・マナー

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-403-556
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料
事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引