喪服の適切なスカート丈は?|種類・長さ・年代別・服装マナー

喪服の適切なスカート丈は?|種類・長さ・年代別・服装マナー

喪服のときはスカート丈が短いのはマナー違反です。膝が隠れる長さのスカートを着用するのがマナーですが、長すぎの丈は大丈夫なのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は喪服の適切なスカート丈や女性の年齢別の喪服、喪服の際のマナーについて解説します。

最終更新日: 2020年12月18日

喪服のスカート丈の適切な長さは?

困った人々

喪服を着用するときはスカート丈が短くならないように気を付けます。
膝が隠れる長さが基本ですが、長すぎるスカートは大丈夫なのかご存知ない方も多いのではないでしょうか?

今回「終活ねっと」では、女性の喪服の種類について解説した上で、喪服のスカート丈の長さや喪服の服装のマナーについても解説します。

  • 女性の喪服の種類は?

  • 喪服のスカート丈についてのマナー

  • 女性の年代別の喪服の着こなし

  • 喪服の服装のマナー

以上の項目を軸に解説を進めます。

ぜひ最後までご覧いただき、喪服を着るときの参考にしてみてください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

女性の喪服の種類

葬儀

喪服のスカート丈についてご紹介する前に、まずは喪服の基礎知識を解説します。
女性の喪服は以下の3種類に分けられています。

ご自身の立場や出席される弔事によって着用する喪服が変わります。
まずはご自身がどの種類を着用すべきなのか確認してみましょう。

正喪服

最も格式高いのが正喪服です。
通夜・告別式・一周忌の法要で主に喪主やご遺族など、葬儀を主催する側が着用します。
和装でも洋装でも構いませんが、全身を必ず黒で統一します。

洋装ならワンピースかツーピースでジャケットを羽織り、襟はなるべく詰まったものを選びます。
ブラックフォーマルドレスという名称で販売されていることもあります。

準喪服

一般参列者として出席するなら準喪服がいいでしょう。
場合によっては喪主やご遺族が着用することもあります。

黒色無地で光沢感がないものを選びます。
正喪服と違い、準喪服は洋装のみとなります。
ワンピース・ツーピース・アンサンブル・パンツスーツとなり、スーツの場合、インナーも黒でまとめます。
「ブラックフォーマルスーツ」と呼ばれることもあります。

略喪服

急な弔問3回忌以降の法要で着用する、準喪服に準じた服装です。
「ダークアフタヌーンウェア」という名称で販売されていることもあります。

色は黒に限らず、ダークグレーや紺でも構いません。
無地に近い織り柄や地味であればチェック柄や水玉柄が入っていても良いとされています。

どんな服装を選ぶかは比較的自由に決められますが、弔辞の場にふさわしい素材・デザインを選ぶ必要があります。

喪服のスカート丈について

葬儀

喪服でスカートやワンピースを着用することになったら、必ずスカート丈を確認しましょう。
どの種類の喪服でも露出はなるべく控え、肌を見せないようにするのがマナーです。

ストッキングを着用するため素肌が露出することはないにしても、短いスカートは弔事には適していません。
ここでは、喪服のスカート丈について解説します。

膝が完全に隠れる長さが理想

まず、丈は膝が完全に隠れる長さです。
まっすぐ立った時に膝が隠れているのはもちろん、正座したとき、椅子に掛けたときに膝が見えない丈にしましょう。

また、ワンピースであれば腕を動かした時に膝が見えない長さかも確認しておきましょう。
上下に分かれたツーピースなら体の動きに合わせてスカートが上がってくる心配はあまりありませんが、ワンピースは腕を上げると思ったよりスカート部分が上がって短く見えやすいです。

スカート丈は膝からこぶし1つ分ぐらいの長さがあると安心でしょう。
具体的な長さで言うと、膝下5cm程度が目安です。

「スカート丈がふくらはぎまで」は長すぎ?

スカート丈が短いのはマナー違反ですが、反対に「長すぎるのは大丈夫なのか」と気になる方もいらっしゃると思います。

長い分にはマナーとしては問題ありません
しかし、傾向として長めのスカート丈は年配の方によく見られます。

実はスカート丈は長くなればなるほど格式高くなります。
一般参列者は喪主やご遺族の方よりもスカート丈が長くならないようにするのが礼儀です。
そのため一般的に販売されている喪服はスカート丈が膝下5cm程度のものが多くなっています。

肌の露出を隠すため、一般参列者なのにスカート丈がふくらはぎまであるものを着用するとご遺族の方に失礼ですので控えた方が無難でしょう。

女性の年代別の喪服

人々

日常的に着る洋服と違い、喪服にはマナーがありますので素材、デザインがある程度決まった形式で販売されています。

しかし、その中でもリボンの有無やスカートの形、スカート丈の長さなどそれぞれ違いがあり、ご自身の年齢に合ったものを選ぶ必要があります。

ここでは女性の喪服の選び方を年代別にご紹介します。

20~30代

スカート丈は膝が完全に隠れる程度であまり長すぎないものを選ぶと若々しく見えます。
リボンがついているデザインや、ウエストを少し細めに絞ったタイトなデザインが人気です。

喪服に慣れていない方はスカートの形はフレアタイプを選ぶと扱いやすいでしょう。
丈の短いボレロジャケットや襟に丸みをもたせた可愛らしいデザインは女性らしさを引き立ててくれます。

はじめて喪服を購入することが多い20代の方は、いくらぐらいの喪服を買えばいいか迷うこともあると思います。
ある程度の価格であれば見劣りすることはありませんので、そこまで高価な喪服でなくても構わないでしょう。
最近では喪服のレンタルサービスもあり、人気が高まっています。

喪服は同じ黒色でも微妙に色味が違います。
できるだけ濃い黒色を選ぶのがおすすめです。

40代以上

40代以上は体型の変化を考えて、袖周りやウエスト周りに少しゆとりを持たせたデザインが人気です。
スカート丈は膝下5cm程度かそれ以上長めを選ぶ方がいいでしょう。
袖の部分に透け感があると1枚では着づらくなるので、透け感がないものを選ぶのがおすすめです。

デザインはリボンなどの装飾がない極力シンプルなものを選ぶと良いでしょう。
肩パッドが入っていたり華美なデザインは実年齢よりも上に見られる可能性があります。

ジャケットの襟はテーラードを選ぶと落ち着いた印象になります。

40代以上は親族側として葬儀に出席する機会も増える世代です。
20代~30代の時よりも素材や縫製にこだわった上質な喪服を選ぶようにしましょう。

喪服の際のマナー

葬儀

喪服を着るときにはスカート丈以外にも気を付けるべき点があります。
ストッキングやアクセサリーなど、身だしなみで失礼な印象を与えないよう気をつけたいものです。

ここでは、喪服の際のマナーをご紹介します。

基本的に露出の少ない服装を

喪服では首元だけでなく、腕もなるべく露出しないようにします。
首元は鎖骨が見えないような襟の詰まったデザインを選びましょう。

ノースリーブや半袖はマナー違反です。
袖の長さは長袖か7分袖で、もし5分袖を着るなら肘が見える可能性があるのでジャケットを羽織ります。

ストッキングは黒が基本

喪服には、必ず黒のストッキングを着用します。
タイツはカジュアルな印象を与えるため基本的にはNGです。
しかし真冬の寒い時期や持っていなくてどうしても準備が間に合わない場合は、肌が少し透ける60デニール程度であれば着用しても構わないとされています。

アクセサリーについて

基本的に喪服の時はアクセサリーを身に着けません
結婚指輪以外は外すようにしましょう。

ただ、女性の場合は洋装なら真珠のネックレスをつけることがマナーとされることもあります。
地域ごとの風習によって意見が分かれており、「アクセサリーを着けない」ことも「真珠のネックレスを着ける」こともどちらが正しいとは言えません。

もし身に着ける場合は2重のネックレスは避け、1連のネックレスにしましょう。

下の記事では葬儀の際のアクセサリーのマナーについてさらに詳しく解説しています。
よろしければぜひそちらもご覧ください。

喪服のスカート丈についてのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では、喪服のスカート丈について解説を進めてまいりました。

全員が喪服を着ている状況であるからこそ、少し違う着こなしをしていると目立ってしまいます。
マナーを守り、その場にふさわしい装いを心がけましょう。

以下に今回の内容をまとめます。

  • 女性の喪服の種類は正喪服・準喪服・略喪服の3種類に分けられる。

  • 正喪服は一番格式高く、通夜・告別式・一周忌の法要で主に喪主やご遺族など、葬儀を主催する側が着用する。
    準喪服は主に一般参列者として出席する場合に着用する。
    略喪服は急な弔問や3回忌以降の法要で着用する、準喪服に準じた服装である。

  • 喪服のスカート丈は「膝が完全に隠れる長さ」が理想。まっすぐ立った時に膝が隠れる長さで、椅子に掛けた時に膝が見えない丈にする。具体的には膝下5cm程度が目安である。

  • スカート丈がふくらはぎまであっても問題はないが、丈の長いスカートは年配の方がよく着用する。一般参列者は喪主やご遺族の方よりもスカート丈が長くならないようにするのが礼儀であるため、長すぎるスカート丈は注意が必要である。

  • 20代~30代の喪服はスカート丈は膝が完全に隠れる長さで長すぎない方が若々しく見える。リボンがついているかわいらしいデザインやフレアスカートがおすすめ。あまり高価なものでなくても構わないが、なるべく濃い黒色の喪服を選ぶと良い。

  • 40代以上は体型の変化を考えて、袖周りやウエスト周りに少しゆとりを持たせたデザインが人気である。スカート丈は少し長めを選ぶと良い。リボンなどの装飾がない極力シンプルなデザインで、素材や縫製にこだわった上質な喪服を選ぶようにする。

  • 喪服の際のマナーは基本的に露出の少ない服装にする。首元だけでなく、腕も露出しないよう袖の長さは長袖か7分袖が良い。もし5分袖を着るならジャケットを着用する。

  • ストッキングは季節を問わず黒。真冬の寒い時期や持っていなくてどうしても準備が間に合わない場合は、肌が少し透ける60デニール程度であれば着用しても構わないとされている。

  • 基本的に喪服の時はアクセサリーは身に着けず、結婚指輪のみにする。真珠のネックレスは賛否があり、地域ごとの風習によって考え方が異なる。もし身に着ける場合は2重のネックレスは避け、1連のネックレスにする。

このようなことがわかりました。

「終活ねっと」では、他にも葬儀での服装のマナーについての記事を多数掲載しておりますので、よろしければぜひご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や子供の服装について解説のサムネイル画像
    葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や子供の服装について解説

    葬儀では喪服を着ますよね。様々な種類がある喪服ですが、喪服とはどんな服なのか、男性・女性の違い、子供には何を着せたら良いのかなど、喪服についての疑問は多いでしょう。今回は、葬儀での喪服のマナーについて、喪服がない場合や夏の喪服などについてもあわせて解説します。

  • 完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像
    完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

    急な連絡でお通夜や葬儀に参列する時、大人として知っておきたい喪服のマナーについてご紹介します。ざっくりとは知っているけれど、詳しい事はよくわからない喪服のマナー。この機会に喪服の正しいマナーを身につけましょう。

  • 喪服時のアクセサリーの選び方|ネックレス・リング・ピアスのサムネイル画像
    喪服時のアクセサリーの選び方|ネックレス・リング・ピアス

    葬儀は喪服を着て参列するものですが、それに合わせるアクセサリーはどのようなものを身に付ければよいか知っていますか。知らない方が多いのが事実です。そこで今回は、喪服に合わせるアクセサリーごとのマナーや適したもの、バッグについても解説します。

  • 礼服と喪服の違いは?種類や男性と女性の違いを解説のサムネイル画像
    礼服と喪服の違いは?種類や男性と女性の違いを解説

    礼服と喪服の違いをご存じですか?礼服と喪服を兼用してもいいものなのでしょうか?主催者やご家族、周りの方に失礼のないように違いをきちんと違いを把握しておくことは、大人としてのマナーです。そこで今回は礼服と喪服の違いを詳しく解説致します。

  • 着物の喪服を詳しく解説!|着方・マナー・小物・髪型・相場のサムネイル画像
    着物の喪服を詳しく解説!|着方・マナー・小物・髪型・相場

    皆さんは着物の喪服を着たことがありますか?洋装が主流となった現代では、着物の喪服について知らない方が多いと思います。そもそも、どんな着物が喪服となり、着用する際はどんなことに気を付ければいいのでしょうか。着物の喪服についてマナーや髪形、お値段まで紹介します。

  • 喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?のサムネイル画像
    喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?

    現代の日本のお葬式には皆黒い服を着て参列することが常識となっています。しかし、かつて日本は白い喪服を着て死者を弔っていたのです。白喪服にはどんな意味があったのか、そしてどうして喪服は黒に変わっていったのか、その変遷を紐解きます。

  • お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像
    お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

    喪服といっても格の違いや和装・洋装の違いなどがあります。今回この終活ねっとの記事では、お通夜に喪服を着ても大丈夫なのか、そもそも喪服とはいったいどのようなものを指すのかなど、お通夜と喪服に関する様々な事柄についてご紹介します。

  • 喪服に合わせるブラウスの選び方は?種類・色・注意点をご紹介のサムネイル画像
    喪服に合わせるブラウスの選び方は?種類・色・注意点をご紹介

    女性の喪服はブラウスが付属しないスーツタイプのものが多いです。そのような喪服の場合、ブラウスを別に用意しないといけません。たくさん種類のある中から葬儀に適切なブラウスを選ぶのはなかなか難しいですよね。今回は、そんなブラウスについての悩みを解決します。

  • 夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介のサムネイル画像
    夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介

    夏に突然の訃報を受けた際、急なお知らせに冬用の喪服でお通夜やお葬式に参列した経験はありませんか?暑い時期のお通夜やお葬式にも対応できる、夏用のふさわしい服装を知っておきたいですよね。 今回は、夏用の喪服の選び方や持ち物についてご紹介します。ぜひご覧ください。

  • 女性の喪服のマナーは?|パンツスーツ・ワンピース・身だしなみのサムネイル画像
    女性の喪服のマナーは?|パンツスーツ・ワンピース・身だしなみ

    女性の喪服選びは種類がたくさんあって難しいものです。スーツがいいかワンピースがいいか、また、パンツルックは許されるかなど、喪服選びの悩みは多いのではないでしょうか。ここでは、女性の喪服の選び方はもちろん、葬儀での靴やバッグについてのマナーも紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事