通夜振る舞いにはどんな意味がある?|料理・マナー・挨拶

通夜振る舞いにはどんな意味がある?|料理・マナー・挨拶

お通夜はお葬式と同じくらい人生で何度か経験することといえます。そして親しい人のお通夜に参列した場合、通夜振る舞いに出席したりあるいは準備したりすることもあるでしょう。この場合通夜振る舞いとはどのようなものなのかを知っておくことが大切です。

最終更新日: 2019年10月27日

通夜振る舞いってどんな意味があるの?

葬儀

私たちは長い人生の中で、さまざまな方たちとの別れを経験します。
もちろん親しい方との別れを経験することもあり、その際はより葬儀の中で行われるさまざまなことに参加するケースが多いです。

葬儀にはお通夜とお葬式がありますが、このうちお通夜の方は故人と親しければ翌日のお葬式とともに参列する場合もあるでしょう。

そしてお通夜に参列した場合、通夜振る舞いと呼ばれる会食に参加することもあります。
通夜振る舞いとはいったいどのようなもので、準備する場合は何をする必要があるのでしょうか。
そこで今回「終活ねっと」では、お通夜の儀式後に行われる通夜振る舞いについていろいろと見ていきます。

  • 通夜振る舞いとは?

  • 通夜振る舞いの料理や参加できる人物、参加できない場合の対応とは?

  • 通夜振る舞いに参加する場合に守るべきマナーとは?

  • 通夜振る舞いで喪主が行う挨拶とは?

通夜振る舞いについて知っておきたい方や準備の仕方がよくわからない方などにとって、事前に読んでおくと役立つ内容になっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

通夜振る舞いとは?

困った人々

そもそも通夜振る舞いとはいったいどのようなものなのでしょうか
まずは通夜振る舞いについて解説するとともに、似たようなものである精進落としとの違いにも触れていきましょう。

通夜振る舞いとは何か

通夜振る舞いとはお通夜の儀式が終わった後に催される会食のことです。
具体的には通夜の儀式が終わった後、喪主がご親族やお世話になった方たち、地域によっては参列者も招いて葬儀会場の別室で行われます。

会食とはいっても通夜振る舞いは楽しく騒いで食事をする場ではなく、あくまでも故人をしのび供養する場である点がポイントです。
このため食事をしながら故人の思い出を語り合う場と考えてよいでしょう。

精進落としとの違い

なお通夜振る舞いと似たものに精進落としがあります。
精進落としもまた通夜振る舞いと同じように、葬儀の中で喪主がご親族などをお招きして、労をねぎらったり感謝の気持ちを伝えたりする場です。

ただし通夜振る舞いとの違いとして行うタイミングや参加する顔ぶれの異なる点が挙げられます。
通夜振る舞いの場合はお通夜の後ですが、精進落としの場合は故人の火葬が終わった後というのが一般的です。
顔ぶれも火葬まで立ち会ったご親族や葬儀社スタッフ、故人の親しい友人などが参加します。

通夜振る舞いについて

葬儀

通夜振る舞いではどのような料理が出たり、またどのような方たちが参加できたりするのでしょうか。
ここでは通夜振る舞いの内容について、より詳しく見ていきます。

通夜振る舞いではどんな料理を出すの?

通夜振る舞いでどのような料理が出るのかについては、主に準備をするご遺族にとって気がかりな点でしょう。
通夜振る舞いで出される料理の内容について知っておけば、ご自身が葬儀を主催する立場になっても心配することなく準備できます。

通夜振る舞いの一般的なメニューについて

通夜振る舞いで出される料理の一般的なメニューは、参加者が全員でお箸をつけて取り合えるものがメインです。
通夜振る舞いで料理を準備するものの、開始の時点で具体的にどのくらいの人数が集まるのかは予想がつきません。

なお昔であれば仏教の教えに基づいて、肉や魚を省いた精進料理が出されていましたが、現在では肉や魚の料理も出されるようになっています。

お寿司

お寿司は通夜振る舞いで定番の料理とされています。
参加者が故人のことを語りつつ、ご自身の小皿にとって食べやすいためです。
また地域によっては、参列者にも通夜振る舞いの料理をふるまう際に、巻き寿司といなり寿司のセットをお渡しして持ち帰っていただくケースもあります。

オードブルなど

お寿司と並んで通夜振る舞いの料理でよく登場するのがオードブルです。
オードブルについては大皿に盛った形で出され、具体的なメニューもサンドイッチやおかず類であるケースが多く見られます。
お寿司とともに一緒に食べることが多いです。

なお時代の流れからか、最近では和風や洋風のオードブルだけではなく、中華風のものまで選ばれるようになってきています。

通夜振る舞いで出される飲み物

通夜振る舞いでは飲み物も一緒に出されます。
主なものとしてビールや日本酒がテーブル上に並びますが、子供同伴やお酒が飲めない方のことも考えてジュースも並べられることが多いです。

お酒にはお清めの意味もある

通夜振る舞いでのお酒類は、神道の影響もあって故人のご不幸による穢れを清める意味もあります。
ただいくらお清めの意味があっても、通夜振る舞いの場で酔っ払わないように飲みすぎに注意しましょう。
ちなみに用意するお酒の量は、参加者に一通りいきわたる程度がちょうどよいです。

通夜振る舞いには参加するべき?

通夜振る舞いに参加すべきかどうかや、通夜振る舞いの顔ぶれがどうなるのかについて気になる方も多いでしょう。
また場合によっては参加できないこともあります。
ここでは通夜振る舞いへの参加について見ていきましょう。

地域による違い

最初に通夜振る舞いにお招きする顔ぶれですが、実は地域によって違いがあります

遺族・親族のみの場合

ほとんどの地域では通夜振る舞いに参加できるのは、故人のご遺族やご親族、親しい知人・友人だけです
つまり一般参列者に声がかかる場合はほとんどありません。

これも故人と親しかった方たちでしめやかに食事をしながら、故人をしのび供養する意味があるためです。

参列者全員の場合

ただし関東地方の場合は、故人ご遺族やご親族など親しかっただけではなく、一般の参列者も含めて全員が参加するのが一般的です
この場合は他の地域に比べると参加者も多くなりがちであるため、人数を把握することが難しくなります。

だからこそオードブル形式の料理がよりメインのメニューとなってくるでしょう。
また会場も大人数が入るところを選ぶ必要があります。

案内されたら遠慮せず参加する

もし通夜振る舞いに案内されたら、なるべく遠慮せずに参加することが大切です。
通夜振る舞いは故人をしのんだり供養したりする意味が強いため、故人やご遺族に対して誠意を尽くす意味でも特別な理由がない限りは参加するようにしましょう。

どうしても通夜振る舞いに行かない場合

翌日早い時間に仕事があるなど、どうしても通夜振る舞いに参加できない場合は無理に参加する必要はありません。
このような場合は喪主やご遺族にきちんと挨拶して、お誘いいただいたことへの感謝と参加できないことへのお詫びをしてから帰るとよいでしょう。

通夜振る舞いなしでもいいの?

最近では通夜振る舞い自体を省略する場合もありますが、果たしてこれはよいことなのでしょうか。
実は通夜振る舞いは必ずやらなければいけないわけではなく、むしろ地域によっては通夜振る舞いの風習さえないところもあります

また葬儀の簡略化が進んできているためにご遺族の負担を軽くする意味で通夜振る舞いを行わないケースも増えてきているため、通夜振る舞いを省略しても問題はありません。
場合によってはご親族だけが参加するケースもあります。

通夜振る舞いの持ち帰りとは?

地域によっては通夜振る舞いを行わない代わりに、お菓子やお茶をお渡しするケースもあります。
お渡しされるものがお酒やお弁当などの場合や、最近ではビール券などの場合も多いです。

通夜振る舞いに参加する際のマナー

null

通夜振る舞いに参加する場合、ある程度のマナーを守ることも大切です。
ここでは通夜振る舞いの場で守るべきマナーについてご紹介します。

少しだけでも箸をつける

通夜振る舞いに参加したときに必ずやるべきことが、少しだけでもいいので料理にお箸をつけることです。
一口だけでも料理を食べることで、故人に対する供養につながります。
このため故人をしのぶのであれば、一口だけでもよいので食べるようにすることが大切です。

通夜振る舞いでは遺族に配慮を

通夜振る舞いで大切なマナーの1つが、ご遺族に配慮することです。
ご遺族に配慮するためにも以下のようなことに注意しましょう。

故人の死因を尋ねる

通夜振る舞いは通夜の儀式に比べると和やかな雰囲気で、その分気持ちが緩みがちです。
このような場でやってしまいがちなのが、故人の死因をご遺族に尋ねることですが、故人の死因に触れることはご遺族の悲しい気持ちをかき立ててしまいます。
このため通夜振る舞いの場では故人の死因を尋ねないようにしましょう

仕事の話はしない

通夜振る舞いの場では仕事の話もついしてしまいがちです。
しかし通夜振る舞いはあくまでも故人の思い出を食事しつつ語り合う場という意味合いがあります。
このため故人と全く関係のない仕事の話をすることもタブーとされることです。

はしゃがない

通夜振る舞いは食事をしながら語り合う場であるだけに、つい盛り上がることもよくあります。
加えてお酒が入ると気持ちが緩んではしゃぐこともあるでしょう。

しかし通夜振る舞いでは語り合うといっても、あくまでも静けさを保ちながら話すのがよいとされています。
このためはしゃぐことだけではなく、大声で話したり笑ったりすることも避けましょう

すぐに退席する

通夜振る舞いに参加しているとはいっても、故人やご遺族と親しくない場合はなるべく早めに退席すべきとされています。
具体的には長くても30分程度で退席するのがおすすめです。

なお退席の際には喪主やご遺族、さらに両隣の席に座っている方たちに挨拶するのが作法とされています。

通夜振る舞いの喪主挨拶について

葬儀

通夜振る舞いでは喪主が開始時と終了時に挨拶するのが一般的です。
最後にここでは、通夜振る舞いでの喪主挨拶について見ておきましょう。

どんなことを言えばいいの?

通夜振る舞いで挨拶するときはどのようなことを伝えればよいのでしょうか。
盛り込みたい内容として挙げられるのが、お通夜の儀式に参列したことへの感謝とお葬式の開始時間、そして別室で通夜振る舞いが用意されていることです。
なお挨拶自体はそこまで長くなくても大丈夫です。

通夜振る舞いの喪主挨拶の例

通夜振る舞いで行う挨拶の文例は以下のようなものが一般的です。
まず開始前の挨拶から見ていきましょう。

本日はご多忙の中、お悔やみいただきましてありがとうございます。
父○○存命中も格別なるご厚情をいただきましたことにつきましても、心から感謝申し上げます。
亡き父も皆様に参列いただいて喜んでいるものと思います。
葬儀・告別式は明日午前10時から開式の予定ですので、なにとぞよろしくお願いいたします。

ささやかですが別室にて粗茶などの用意がございます。
どうぞ召し上がりつつ、故人の思い出などを聞かせていただければと思います。
本日は誠にありがとうございました。

次に終了時の挨拶も見ておきます。

本日はお忙しい中、お越しいただき誠にありがとうございました。
皆様のおかげをもちまして、通夜を無事滞りなく終えることができました。
夜も更けて参りましてあまり長くお引止めするのも申し訳ないことです。
あとは家族で見守りますので、どうぞご自由にお引き取りくださいませ。

本日は誠にありがとうございました。

なおお通夜で交わされる言葉や挨拶については、以下の記事も合わせてご参考にしてください。

通夜振る舞いについてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、お通夜の儀式後に行われる通夜振る舞いについてと見てきました。
内容をまとめますと、以下の通りです。

  • 通夜振る舞いとはお通夜の儀式後に行われる会食のことで、食事をしながら故人の思い出を語り合ってしのぶのが主な目的である。

  • 通夜振る舞いではお寿司やオードブルのように参加者が全員で取り分けられる料理が出される。
    飲み物も日本酒やビール、ジュースが出され、特にお酒類にはお清めの意味もある。

    通夜振る舞いに参加する顔ぶれは地域によって異なり、故人と親しかった方だけの場合もあれば参列者全員の場合もある。
    地域によっては通夜振る舞いの風習がないケースがあるほか、最近では省略するケースも増えている。

    通夜振る舞いには特別な事情がない限り極力参加するべきとされているが、どうしても参加できない場合はご遺族に挨拶して退出する。
    なお地域によっては、通夜振る舞いの代わりにお菓子などを持ち帰ることもある。

  • 通夜振る舞いに参加するときは、故人をしのぶ意味を込めて少しでもいいので箸をつける。
    通夜振る舞いではご遺族に配慮する意味で、故人の死因を尋ねたり仕事の話をしたり、
    はしゃいだりすることは避ける。

    なお故人やご遺族とあまり親しくない場合は、30分程度で退席する。

  • 通夜振る舞いでも主として挨拶するときは、お通夜に参列したことへの感謝やお葬式の開始時刻、別室で通夜振る舞いの用意があることを盛り込むとよい。

通夜振る舞いはお通夜の儀式が終わった後で、食事をしながら故人をしのぶためのものです。
料理も参加者で取り分けやすいお寿司やオードブルが用意されるほか、飲み物もお酒類やジュースが出されます。

基本的に案内を受けたらなるべく参加するのが作法ですが、どうしても難しい場合はご遺族に挨拶して退出してもよいです。
なお通夜振る舞いに参加するときは一定のマナーを守りましょう。

通夜振る舞いはお通夜の一部ですが、以下の記事ではお通夜の一般的な流れについてまとめていますので、ぜひともご活用ください。
今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 通夜振る舞いの茶菓子はどう選ぶ?おすすめの商品やマナーも解説!のサムネイル画像
    通夜振る舞いの茶菓子はどう選ぶ?おすすめの商品やマナーも解説!

    通夜振る舞いの茶菓子はどんなものが良いのでしょうか。茶菓子を選ぶときに気をつけるべきこと、おすすめの茶菓子はどのようなものか、など悩むことも多いと思います。そこで、今回終活ねっとでは、通夜振る舞いの茶菓子について、選び方やおすすめの商品なども含めて解説します。

  • 通夜振る舞いをしないことってあるの?参加しない場合についても解説のサムネイル画像
    通夜振る舞いをしないことってあるの?参加しない場合についても解説

    通夜振る舞いとはお通夜の儀式が終わった後に行われる会食のことです。しかし場合によっては通夜振る舞いをしないこともあります。今回は通夜振る舞いが行われないケースを、通夜振る舞いに参加しない場合と一緒に見ていきましょう。

  • 通夜振る舞いの挨拶の内容は?挨拶の例文や献杯についても解説!のサムネイル画像
    通夜振る舞いの挨拶の内容は?挨拶の例文や献杯についても解説!

    お通夜に続いて行われるのが食事やお茶などを参列者に振る舞う通夜振る舞いです。通夜振る舞いでは喪主がご遺族を代表して挨拶します。今回は通夜振る舞いでの喪主の挨拶について解説いたします。そのまま使える喪主の挨拶の例文や献杯の意味についてもご説明していきます。

  • 通夜振る舞いに関するマナー|喪主側・参列者側・挨拶・参加のサムネイル画像
    通夜振る舞いに関するマナー|喪主側・参列者側・挨拶・参加

    通夜の後には通夜振る舞いをします。喪主側は挨拶の内容や準備する料理、参列側は通夜振る舞い中の会話のマナーや退席のタイミングなど、それぞれ気を付けるべき点があることをご存知でしょうか?今回は、喪主側と参列側の通夜振る舞いのマナーについてご紹介します。

  • 通夜振る舞いが持ち帰りのことはあるの?マナーについても解説!のサムネイル画像
    通夜振る舞いが持ち帰りのことはあるの?マナーについても解説!

    お通夜の儀式が終わった後は、ご親族や参列者などが通夜振る舞いに招かれるのが一般的です。通夜振る舞いは基本的に会食という形で行われますが、地域などによっては会食ではなく持ち帰りになることもあります。通夜振る舞いが持ち帰りの場合について詳しく見ていきましょう。

  • 通夜振る舞いでお酌はするの?タイミングや一言、挨拶についても解説のサムネイル画像
    通夜振る舞いでお酌はするの?タイミングや一言、挨拶についても解説

    通夜振る舞いとはお通夜後の簡単な食事会のことですが、お酌をする地域もあることや、お酌の仕方一つにも決められたルールがあることをご存知ですか?今回は通夜振る舞いでは誰がお酌をするのか、そのタイミングなど遺族側のマナーに焦点を当てて解説をしていきます。

  • 通夜振る舞いの遺族側の作法とは?マナーや御膳料についても解説!のサムネイル画像
    通夜振る舞いの遺族側の作法とは?マナーや御膳料についても解説!

    お通夜が終わった後に行われる通夜振る舞いに出席したことはありますか?一度出席したことのある方でも、遺族がどのようなもてなしをしていたかを覚えている方は少ないでしょう。そこで、今回は遺族になったときに気を配りたい通夜振る舞いの作法を徹底的に解説します。

  • 通夜振る舞いで喪主はどう動く?喪主の行動や挨拶について解説!のサムネイル画像
    通夜振る舞いで喪主はどう動く?喪主の行動や挨拶について解説!

    ご家族に不幸があり、急に喪主を務めなくてはいけなくなったとき、あなたはどんなことをしたら良いのかご存知ですか?葬儀の準備を進める中で通夜振る舞いのことまで考えられないという方も多いでしょう。そこで、今回は通夜振る舞いで喪主がすべきことを徹底的に解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事