香典袋は封をしてもいいの?中袋の書き方についても解説!

葬儀などで香典を持参する際は、必ずお金を入れます。場合によっては高い金額の香典を包むこともあるでしょう。ここで気になることのが香典袋に封をするべきかどうかという点です。今回は香典袋に封をしてもよいのかどうかについて見ていきます。

目次

  1. 香典袋は封をするの?
  2. 香典の中袋に封をすることについて
  3. 香典の中袋の書き方
  4. 香典に関するマナー
  5. 香典に封はするのかまとめ

香典袋は封をするの?

葬儀

香典といえば、葬儀や法事などで故人にお供えするために持参する金品のことです。
場合によっては、比較的高い金額の香典を包む場合もあるでしょう。

ここで気になってくるのが香典袋に封をすべきかどうかという点です。
たしかに香典を持参している途中でお金を落としたりなくしたりすると、会場で慌てふためくなどする羽目になります。
包んだお金をきちんと持参するためにも、封をすべきかどうかは気になりますよね。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀などで香典を持参する際に封をすべきかどうかについて見ていきます。

  • 香典の中袋に封をする必要はあるのか?
  • 香典の中袋を書く時の方法やマナーとは?
  • 香典にまつわるマナーとは?

香典袋に包んだお金のことがいつも気になる方や、香典に関するマナーを知りたいという方必見の内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

香典の中袋に封をすることについて

葬儀

最近ではかつて以上に香典やお供えなどにお金を包むケースが多くなってきました。
基本的に香典などのお金は中袋と香典袋を使って二重に包む場合が多いため、よほどのことがない限りは封をしなくても大丈夫です。

それでもなお、万一に備えて封をしておきたいと考える方もいるでしょう。
ここでは香典袋の中袋に香典を包む際、封をすべきかどうかについて見ていきます。

中袋(内袋)のある場合

最近ではコンビニやスーパーなどで売られている市販の香典袋に、中袋(内袋、中包み)がついているケースが当たり前になってきました。
ここで気になるのが、中袋がある場合は封をする必要があるのかどうかという点です。

のりで封はしない

香典袋についている中袋にはのりで封をする必要はありません
これは香典を受け取った受付係や会計係が、お金の確認作業をしやすいようにするためです。
つまりのりで封がしてあるとはさみで開けるなど余計な手間がかかるため、その手間を省いて作業しやすいようにのりでの封を避けます。

封・〆などのシールがついてる場合

場合によっては封や〆などのシールがついていることがあります。
「せっかくついているのだから」とシールを使いたくもなりますが、シールを使って封をすることはあまりよいことではありません。

シールを使うことものり付けすることと同じように、受付係などに手間をかけさせることになるためです。
このためシールについてもやはり使うべきではないでしょう。

封・〆と書く必要はあるの?

のりもシールも使わない方がよいとなれば、どのような方法で封をすればよいのでしょうか。
一般的には封はしない代わりに、口を閉じた状態で裏に「封」や「〆」などと記載すればよいだけです。
これだけで受付係なども安心します。

中袋なしの不祝儀袋について

香典袋の封筒によっては中袋がついていない場合もあります。
このような場合はどのようにすればよいのでしょうか。

封はするの?

中袋のない香典袋にお金を包む場合ものりなどで封をする必要はありません
やはりこちらについても受付係に余計な手間をかけさせないという理由で、封をしないのがマナーです。

地域による慣習の違い

ただし地域の慣習によっては、中袋に包む場合香典袋にそのまま包む場合があることもあります。
また封に使う文字で「〇」を使う場合もあるため、詳しいことはご親族やご近所の方などに確認するとよいでしょう。

香典に手紙を同封する場合は封をするの?

葬儀などに事情があって参列できない場合、香典にお悔やみの手紙を現金書留用封筒に同封します。
この時封は必要なのでしょうか。

手紙を同封する場合はのり付けしたうえで、「〆」などの字を入れるのがマナーとされています。
基本的に「〆」などは手紙や書類を送るときに使われるためです。

香典の中袋の書き方

葬儀

香典袋に中袋がついているケースが多くなってきている以上、中袋の書き方やマナーについては知っておくと便利です。
ここでは中袋の書き方やそのマナーについてご紹介します。

何を書けばいいの?

中袋の書き方となると、まずは何を書けばよいのかで迷う方もいるでしょう。
中袋に書く項目で主なものに、金額と住所・氏名があります。

金額

金額は中袋の表面に書くのが一般的です。
基本的に「金○○圓」と記し、書く方向は縦・横のどちらでもよいですが、方向によって数字の書き方が異なります。

縦書きの場合

縦書きで書く場合は数字の部分を漢数字の旧字体を使う点がポイントです。
例えば1万円の場合は「壱萬圓」、5千円の場合は「伍仟園」と記しましょう。

横書きの場合

横書きの場合、数字の部分はアラビア数字を使って書きます
なお横書きの場合は、住所や氏名についても横書きで書くようにしましょう。

住所・氏名

金額とともに中袋に書くべき項目が住所・氏名です。
住所も氏名も包んだ方のものを書きますが、住所の丁目や番地に使う数字については普通の漢数字を記します。

どこに書けばいいの?

中袋に書く項目は、書く場所も決まっています。
金額は表面の真ん中に、住所・氏名は裏面の左下に書くのが作法です。

連名の場合はどうすればいいの?

もし複数人の連名で香典を包む場合、中袋にはどのように名前を書けばよいのでしょうか。
連名の場合は3人までであれば立場順に右からフルネームで記します
4人以上の場合はグループ名や部署名を書いたうえで、詳しい内訳を記した目録を中に同封するのが作法です。

連名で香典袋を包む際の書き方についてより詳しいことは、以下の記事で説明されていますので、ぜひともご活用ください。

こちらも読まれています

香典袋の連名での書き方とは?職場・友人・家族などケース別に解説!

通夜または葬儀に参列する際お持ちする香典ですが、連名で出したいと思うことはありませんか?今回終活ねっとでは、香典袋を連名で出して大丈夫なのかをはじめ、連名にする場合の香典袋の書き方を会社や友人一同、夫婦や親子、兄弟などケース別に詳しく紹介していきます。

香典に関するマナー

葬儀

香典袋には封や書き方以外にもさまざまなマナーが存在します。
最後にここでは、香典袋にまつわるその他のマナーについても簡単に見ておきましょう。

香典袋の選び方について

香典袋を用意する際は、まず選び方が重要です。
選ぶ際のポイントは、表書きの種類と水引の色・結び方があります
表書きは相手方の宗教や宗派に適したものを選びますが、どうしてもわからない場合は「御霊前」がおすすめです。

水引の色については弔事用で一般的な黒白を選びますが、関西や北陸では黄白を選びましょう。
結び方については結び切りや淡路結びのものを選びます。
香典袋の選び方については、以下の記事でより詳しく説明されていますので、ぜひともご活用ください。

こちらも読まれています

香典袋の選び方って?宗教・金額・法事の種類ごとに分けて解説!

香典を持参する際には必ず香典袋に入れることになりますが、その種類はいろいろあるように見えるため選び方で悩む方も多いでしょう。今回は香典を包むために使う香典袋の選び方を、宗教・金額・法事の種類ごとに見ていきます。

香典のお札の入れ方とは?

香典として包むお札の入れ方も知っておくべき作法の1つです。
香典を包む場合、お札の肖像が印字されていない裏面を上に向け、さらに肖像が袋の底側に来るように入れます。
なお2枚以上のお札を包む場合は、同じ向きにそろえましょう

香典で包むお札の入れ方については、以下の記事でより詳しく触れています。

こちらも読まれています

香典袋へのお札の入れ方とは?お札の向きや枚数のマナーについて解説

香典へのお札の入れ方とは?葬儀や通夜に参列する際に持っていく香典ですが、訃報を聞いていざお金を用意しても、お札の包み方がわからないなんてことになってしまっては大変です。今回はお札の入れ方やマナー、香典の金額や書き方などその他のマナーについても解説します。

香典はお通夜と告別式どちらに持っていく?

香典でよくある疑問の1つが、お通夜と告別式のどちらに持っていくべきなのかというものです。
実は香典はお通夜と告別式のどちらに持っていっても大丈夫です。

ただしお通夜と告別式のどちらかで、まとめてお渡しするようにするのがポイントになってきます。
お通夜と告別式で分けてお渡しすることは、不幸の連続を連想させる縁起の悪いこととみなされるためです。

香典をお渡しするタイミングについては、以下の記事でさらに詳しく説明されていますので、ぜひともご活用ください。

こちらも読まれています

香典を渡すタイミングはいつ?渡し方や注意点も含め解説します!

香典を渡す機会というものはそうそう頻繁にあるものではありません。しかし、香典を渡すタイミングや渡し方などについては、常識として身につけておきたいマナーがあります。そこで今回は、香典を渡すタイミングについて、渡し方や注意点も含めて詳しく解説いたします。

香典に封はするのかまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、葬儀などで持参する香典袋に封をすべきかどうかについて見てきました。
あわせて香典袋にまつわるマナーについてもいろいろと触れてきました。
今回の記事でご紹介した内容をまとめますと、以下に挙げる各ポイントの通りです。

  • 香典の中袋には基本として封をする必要はない。
    特にのりや専用シールを使うと、受付係などが香典のお金を確認する際に手間がかかるため避けるようにする。
    封筒を閉じた状態で「封」などと記すのがよい。

    一方香典袋についても封をしなくてよい。
    ただし地域によっては封をする慣習もあるため、事前に確認しておくと無難である。
    なお香典をお悔やみの手紙とともに郵送する場合は封をする。
  • 香典の中袋には包んだ金額と住所・氏名を記す。
    金額は「金○○圓」と記し、数字を書く時は縦書きの場合で漢数字の旧字体を、横書きの場合でアラビア数字を使う。
    住所・氏名を書く時は、住所の数字で普通の漢数字を使う。

    金額は表面の真ん中に、住所・氏名は裏面の左下に書く。
    連名の場合は人数に応じた書き方をする。
  • 香典袋を選ぶときは宗教・宗派ごとの適切な表書きと、作法に基づいた色・結び方の水引で選ぶのがポイントである。
    お札を入れるときは肖像の印字されていない裏面を上にしたうえで、肖像が袋の底側に来るように入れる。

    香典はお通夜か告別式のどちらかにまとめて持参するとよい。
    ただしお通夜と香典袋で分けてお渡しするのはタブーである。

香典を包む際は香典袋にも中袋にも封をしなくて大丈夫です。
もし心配であれば、のり付けなどはしないで「封」などと記せばよいでしょう。

香典袋のマナーがいろいろある点は今回触れたとおりですが、以下の記事では香典袋の正しい書き方について詳しく説明しています。
もし書き方のマナーで不安がある場合は、ぜひともご活用ください。
今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

香典袋の正しい書き方とは?表書きや名前、中袋の書き方をご紹介!

香典袋の正しい書き方をご存知ですか?葬儀の際に必ず持っていく香典ですが、様々なマナーがあり、疑問や不安を抱いている方も多いと思います。今回は香典袋の書き方について、表書きや名前、中袋に書く金額や住所氏名などの書き方を中心に解説していきます。

シェアする

「香典・封」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典・封」についてさらに知りたい方へ

香典袋にのしはつけるの?書き方や香典返しののしについても解説!のサムネイル画像

香典袋にのしはつけるの?書き方や香典返しののしについても解説!

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話のサムネイル画像

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話

お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!のサムネイル画像

お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!

納骨式とはなにか?~納骨式での香典の基本〜のサムネイル画像

納骨式とはなにか?~納骨式での香典の基本〜

納骨式で失礼のないようにしたい!香典に関するマナーのサムネイル画像

納骨式で失礼のないようにしたい!香典に関するマナー

密葬にも香典は必要?気になる密葬の香典について解説!のサムネイル画像

密葬にも香典は必要?気になる密葬の香典について解説!

直葬でも香典は必要?気になる直葬の香典について解説します!のサムネイル画像

直葬でも香典は必要?気になる直葬の香典について解説します!

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

香典を渡すタイミングとは?参列できなかった場合についても解説!のサムネイル画像

香典を渡すタイミングとは?参列できなかった場合についても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「香典・封」についてさらに知りたい方へ

香典袋にのしはつけるの?書き方や香典返しののしについても解説!のサムネイル画像

香典袋にのしはつけるの?書き方や香典返しののしについても解説!

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!のサムネイル画像

お通夜に持参する香典とは?金額相場や書き方、渡し方について解説!

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話のサムネイル画像

いざという時に慌てない為に。お葬式の香典の話

お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!のサムネイル画像

お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!

納骨式とはなにか?~納骨式での香典の基本〜のサムネイル画像

納骨式とはなにか?~納骨式での香典の基本〜

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと