夏の喪服マナーは?|冬用との違い・選び方・注意点・購入場所

夏の時期の葬儀では服装選びに困ってしまう方も多いでしょう。夏の暑い時期の喪服はどのように選ぶと良いのか選ぶポイントを押さえておくことは大事です。今回終活ねっとでは、夏の喪服はどう選ぶのか、ジャケットやワンピース、半袖について解説していきます。

目次

  1. 夏の喪服はどう選ぶ?
  2. 冬と夏で喪服に違いはあるの?
  3. 夏の喪服の選び方
  4. 夏の喪服の注意点
  5. 夏の喪服はどこで買える?
  6. 夏の喪服についてまとめ

夏の喪服はどう選ぶ?

葬儀

夏の時期でも喪服はしっかりとジャケットを着用しなければなりません。
気温の高い時期に生地のしっかりした喪服では、汗をかくだけでなく体調不良の原因にもなりかねません。

夏用の喪服を用意すべきですが、夏用の喪服としてどのような点に着目して選ぶべきか困ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方のために今回終活ねっとでは、夏の喪服について以下のようなポイントを中心にまとめてみました。

  • 喪服は冬と夏でどのような違いがあるのか
  • 夏の喪服を選ぶ際のポイント
  • 夏の喪服を選ぶ際の注意点
  • 夏の喪服を購入できるお店にはどのようなお店があるか

喪服を購入する機会はあまり多くはありませんので、購入するなら失敗はしたくないものです。
今回の記事を参考に、夏の喪服を購入するポイントを確認してみてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

終活ねっとのお葬式ではご希望・状況にあわせて、低価格葬儀から豪華葬儀までわかりやすいセットプランをご用意しております。追加費用がかかる場合は、丁寧に詳細を説明させていただきます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

冬と夏で喪服に違いはあるの?

困った人々

冬用の喪服と夏用の喪服にはどのような違いがあるのでしょうか。
普段はあまり気にすることがありませんので、ポイントを押さえてみてください。

冬用の喪服と夏用の喪服では、生地や裏地に違いがあります
冬用の喪服であれば生地は厚手で裏地もしっかりとついているタイプになりますので、寒くないような作りになっています。

これに対して夏用の喪服は、薄手の記事でできており裏地もついていない風通しの良いタイプとなります。
触り心地もサラサラと手触りが良いのも夏の喪服の特徴です。

以下の記事では冬の喪服について解説をしておりますのでこちらも合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

冬の喪服はどうすればいいの?男女別に選び方について解説!

真冬の時季のお通夜や葬儀では寒さへの対策が必要となります。今回は冬に喪服を着る場合について、選び方や防寒対策について詳しく解説いたします。男女別のコートの選び方やインナーの着方など、いざという場面で役立つ冬の喪服の情報です。

夏の喪服の選び方

葬儀

では、夏の喪服はどのように選ぶと良いでしょうか
夏の暑い季節の葬儀などに参加する場合に着ていく喪服ですので、喪服も暑さ対策がしっかりなされたものが良いです。

最近では喪服の種類も非常に豊富で、季節に応じた喪服を販売していたり複数シーズンに対応した喪服を販売していたりします。

以下では夏の喪服の選び方について、男性の場合と女性の場合、さらに子供の場合に分けて解説していきます。
ご参照いただいて、夏の喪服を選ぶポイントを整理してみてください。

男性の場合

男性の場合、夏場であっても上下黒のダークスーツに白いワイシャツ、黒いネクタイに黒い靴というスタイルは変わりません
そのため、葬儀などではかなり暑くなる場合が多くなります。
夏の喪服を選ぶ場合には、十分に暑さ対策をする必要があります。

具体的には、裏地のついていないタイプの喪服を選び通気性を確保するようにします。
また、裏地だけでなくジャケットの生地も夏の喪服を選ぶ際の重要なポイントになります。

夏の喪服を選ぶ際には薄く風通しの良い生地のものを選んでおくことで、夏場の葬儀などでも快適に過ごすことができます。
最近では、そのまま洗えるウォッシャブルタイプもあるのでクリーニングに出す手間も省くことができるでしょう。

女性の場合

女性の場合は男性と異なり、ブラックフォーマルでもアンサンブルやワンピースと選択肢があります。
ただし、ジャケットを着用したり肌の露出が少ないワンピースを着用する必要がありますので、男性と同様に暑さ対策が必要です。

女性が夏の喪服を選ぶ場合、裏地なしのジャケットや背中の裏地がついていない背抜きのジャケットが良いでしょう。

喪服用のワンピースでも問題はありませんが、ノースリーブなど肌の露出が多いタイプはなるべく控えると無難です。
女性の場合でもウォッシャブルタイプの夏用の喪服もありますので、自宅で洗えるようなタイプを選んだ方が清潔さを保てるでしょう。

子どもの場合

子供を葬儀に参列させる場合、制服を着用させて参加させることが一般的です。
そのため、夏の葬儀などでは夏用の制服で参列すれば問題はありません

制服がない学校の場合であれば、薄手の黒やグレーのスラックス、ワンピースなど、派手な色合いではなく通気性の良い服装を心がけましょう。

夏の喪服の注意点

人々

夏の喪服を選ぶポイントについてご紹介してきました。
では、夏の喪服を着用する際にはどのような点に注意する必要があるのでしょうか。

夏の暑い時期だからこそマナーを守って暑さ対策を心がける必要があります。
暑いからといってマナーに反するような服装で葬儀などに臨むことは避けるべきでしょう。

以下では夏の喪服を着用する際に注意してほしいポイントを解説していきます。

ストッキングは必ず履く

女性の方は特に注意したいポイントがストッキングです。
ストッキングは暑くて着用したくないと考える女性もたくさんいらっしゃるでしょう。
しかし、葬儀などの改まった場所でストッキングを着用せずに参列することはあまり好ましくありません。

なるべく薄手のタイプで、黒のストッキングを着用して葬儀に臨むようにしましょう

黒以外のストッキングはなるべく避けた方が無難ですが、お通夜などの場合、突然のことで事前に用意できなかったという意味で黒以外のストッキングを着用する場合もあります。

上着のジャケットは脱がない

夏の暑い季節であれば、スーツなどの上着を脱ぎたくなる方がほとんどではないでしょうか。

特に男性の場合、喪服として着用するダークスーツは上着を着用する必要があります。
葬儀などにおいては、夏の暑い時期であっても上着は脱がないようにすることがマナーとなります

葬儀などの会場への移動時において上着を脱ぐことは問題ありませんが、会場に到着したら上着は着用するようにしましょう。
上着を着て葬儀などに参列することとなりますので、上記で解説したように夏用の通気性の良い喪服を選び、暑い時期でも上着を着用して参列できるように対策するように心がけましょう。

半袖は原則マナー違反

スーツなどの上着は会場では着用することがマナーとお伝えしました。
では、暑さ対策としてジャケットの下に着用するシャツは半袖でも問題ないのかと疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。

シャツについては、基本的には長袖を着用し半袖のシャツはなるべく避けることが無難です。
葬儀などのフォーマルな場での服装としては、スーツのジャケットの袖からカッターシャツの袖が見えることがマナーとされています。

そのため、半袖のシャツはフォーマルな場には相応しくありません。
ただし、夏の暑さを考慮して、上着を脱がないことを条件に半袖のシャツでも問題はないでしょう。

夏の喪服はどこで買える?

困った人々

ここまで夏の喪服を選ぶ際のポイントや注意点について解説してきました。

では、夏の喪服は具体的にどこで購入できるのでしょうか。
最近ではインターネットの普及により、実際の店舗に足を運ばなくてもインターネットを使った通販で購入することもできます。
以下では、夏の喪服がどこで購入できるかについて解説していきます。

しまむら

お手頃に購入されたい場合におすすめなお店がファッションセンターしまむらです。
様々なアパレル洋品やインテリア用品をお手頃な値段で販売しているショップです。

喪服の値段は決して安くありません。
着用する機会も少ないので、費用対効果は高い方が良いと考える方が多いでしょう。
しまむらは費用対効果の非常に高い商品がたくさんあるショップです。

AOKI

スーツやフォーマルを扱うショップとして思い浮かべる方も多いのが紳士服のAOKIではないでしょうか。

しっかりとした喪服を購入したい方や一生物として喪服の購入を検討されている方には非常におすすめです。

値段だけ見るとお手頃とは言えないかもしれませんが、生地や品質については信頼できる商品を扱っています。
商品のクオリティと値段を比較した場合、相応の値段設定となっていのではないでしょうか。

きちんとした喪服を購入するのであれば、紳士服のAOKIはおすすめです。

以下の記事でAOKIの喪服の特徴を紹介していますので合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

アオキの喪服ってどんなの?アオキの喪服の特徴や人気の商品をご紹介

初めて喪服を購入する場合は、どのような場所で購入すればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。日頃よく見かけるアオキでは、豊富な種類の喪服を購入することができます。今回終活ねっとでは、アオキでの喪服の購入について詳しく解説いたします。

Amazonでも買える

インターネット通販の最大手であるAmazonでも喪服を購入することができます

Amazonであれば自宅にいながら24時間、喪服を購入することができますので急ぎで用意する必要がある場合などに利用すると最適です。

Amazonの場合、大幅に割引されている商品などもありますのでインターネットを使って掘り出し物の喪服を探すことも可能です。

自宅でゆっくりと色々な商品を比較しながら探したい方には非常におすすめな購入方法です。

[ルナー ベリー] ワンピース
[ルナー ベリー] ワンピース

商品価格2390円

値段も非常にお手頃なワンピースです。
半袖だけでなく長袖も選択することができ、複数シーズンに対応しています。

この商品を購入

夏の喪服についてまとめ

お墓

今回、終活ねっとでは、夏の喪服についてまとめてきました。
喪服はあまり着用する機会がありませんので、選ぶ場合は購入する際のポイントなどを押さえておくと良いでしょう。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

  • 夏と冬の喪服では、生地や裏地などに違いがある。
    夏の喪服はサラサラした肌触りの良い生地で作られているのが特徴。
  • 夏の喪服を選ぶ場合、男性であれば裏地のないジャケットで通気性の良いものを選ぶと良い。
    女性の場合は、裏地がないタイプか背抜きのタイプを選ぶ。
    ワンピースの場合にはノースリーブなど肌の露出が多いものは避ける方が無難。
    子供の場合、基本的には制服を着用するが、制服がない場合などは通気性の良い薄手のスラックスやワンピースなどで、黒やグレーの地味な色合いの服装を心がける。
  • 夏の喪服の注意点として、女性の場合は黒のストッキングを着用する。
    ジャケットは脱がないようにし、シャツは半袖をなるべく避け長袖を着用することが基本的なマナーである。
    ただし、夏の暑い時期でジャケットを脱がないのであれば半袖のシャツでも問題はない。
  • 夏の喪服を購入できる場所としては以下のような店舗がある。
    ・しまむら:お手頃な値段で購入できる
    ・AOKI:品質の良いものが購入できる
    ・Amazon:自宅でお手頃に購入できる
    それぞれに長所、短所があるので検討してみると良い。

葬儀はフォーマルな場です。
フォーマルな場でのマナー違反は良い印象を持たれません。
夏の喪服を用意できていない方は、今回の記事を参照いただいて購入する際のポイントや注意点を確認してみてください。

終活ねっとでは以下の記事もよく読まれています。

こちらも読まれています

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとは

喪服を着る時に付けるアクセサリーについてご紹介します。マナー違反にならないように、喪服ではどんなものを付けると良いのか、髪が長いとヘアアクセサリーは必要なのか、色んな疑問にお答えします。

シェアする

「喪服・夏」に関連する記事

  • 女性の喪服のマナーは?|パンツスーツ・ワンピース・身だしなみのサムネイル画像

    女性の喪服のマナーは?|パンツスーツ・ワンピース・身だしなみ

    女性の喪服選びは種類がたくさんあって難しいものです。スーツがいいかワンピースがいいか、また、パンツルックは許されるかなど、喪服選びの悩みは多いのではないでしょうか。ここでは、女性の喪服の選び方はもちろん、葬儀での靴やバッグについてのマナーも紹介します。

  • 着物の喪服を詳しく解説!|着方・マナー・小物・髪型・相場のサムネイル画像

    着物の喪服を詳しく解説!|着方・マナー・小物・髪型・相場

    皆さんは着物の喪服を着たことがありますか?洋装が主流となった現代では、着物の喪服について知らない方が多いと思います。そもそも、どんな着物が喪服となり、着用する際はどんなことに気を付ければいいのでしょうか。着物の喪服についてマナーや髪形、お値段まで紹介します。

  • 喪服時のアクセサリーの選び方|ネックレス・リング・ピアスのサムネイル画像

    喪服時のアクセサリーの選び方|ネックレス・リング・ピアス

    葬儀は喪服を着て参列するものですが、それに合わせるアクセサリーはどのようなものを身に付ければよいか知っていますか。知らない方が多いのが事実です。そこで今回は、喪服に合わせるアクセサリーごとのマナーや適したもの、バッグについても解説します。

  • 喪服に合わせるブラウス選び方|種類・色・注意点・防寒対策のサムネイル画像

    喪服に合わせるブラウス選び方|種類・色・注意点・防寒対策

    女性の喪服はブラウスが付属しないスーツタイプのものが多いです。そのような喪服の場合、ブラウスを別に用意しないといけません。たくさん種類のある中から葬儀に適切なブラウスを選ぶのはなかなか難しいですよね。今回は、そんなブラウスについての悩みを解決します。

  • 喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?のサムネイル画像

    喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?

    現代の日本のお葬式には皆黒い服を着て参列することが常識となっています。しかし、かつて日本は白い喪服を着て死者を弔っていたのです。白にはどんな意味があったのか、そしてどうして喪服は黒に変わっていったのか、その変遷を紐解きます。

  • 夏のお葬式の服装はどうすべき?男性・女性別に服装マナーを紹介のサムネイル画像

    夏のお葬式の服装はどうすべき?男性・女性別に服装マナーを紹介

    お葬式の服装は、マナーが多くどうしたらいいのか悩みます。特に夏場のお葬式に半袖の服装はいいのか、どんな服装でいけばいいのか迷う方も多いと思います。ここでは、夏のお葬式の服装マナーについて男女別に紹介し、さらに注意点や持ち物まで紹介しております。

  • 完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像

    完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

    急な連絡でお通夜や葬儀に参列する時、大人として知っておきたい喪服のマナーについてご紹介します。ざっくりとは知っているけれど、詳しい事はよくわからない喪服のマナー。この機会に喪服の正しいマナーを身につけましょう。

  • お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

    お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

    喪服といっても格の違いや和装・洋装の違いなどがあります。お通夜に喪服を着ても大丈夫なのか、そもそも喪服とはいったいどのような物を指すのかなど、お通夜と喪服に関する様々な事柄についてご紹介します。

  • 礼服と喪服の違いは?|種類・スーツ・男性・女性・相場のサムネイル画像

    礼服と喪服の違いは?|種類・スーツ・男性・女性・相場

    礼服と喪服の違いをご存じですか?礼服と喪服を兼用してもいいものなのでしょうか? 主催者やご家族、周りの方に失礼のないように違いをきちんと違いを把握しておくことは、大人としてのマナーです。礼服と喪服の違いを詳しく解説致します。

  • 夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介のサムネイル画像

    夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介

    夏に突然の訃報を受けた際、急なお知らせに冬用の喪服でお通夜やお葬式に参列した経験はありませんか?暑い時期のお通夜やお葬式にも対応できる、夏用のふさわしい服装を知っておきたいですよね。 今回は、夏用の喪服の選び方や持ち物についてご紹介します。ぜひご覧ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「喪服・夏」についてさらに知りたい方へ

女性の喪服のマナーは?|パンツスーツ・ワンピース・身だしなみのサムネイル画像

女性の喪服のマナーは?|パンツスーツ・ワンピース・身だしなみ

着物の喪服を詳しく解説!|着方・マナー・小物・髪型・相場のサムネイル画像

着物の喪服を詳しく解説!|着方・マナー・小物・髪型・相場

喪服時のアクセサリーの選び方|ネックレス・リング・ピアスのサムネイル画像

喪服時のアクセサリーの選び方|ネックレス・リング・ピアス

喪服に合わせるブラウス選び方|種類・色・注意点・防寒対策のサムネイル画像

喪服に合わせるブラウス選び方|種類・色・注意点・防寒対策

喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?のサムネイル画像

喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?

夏のお葬式の服装はどうすべき?男性・女性別に服装マナーを紹介のサムネイル画像

夏のお葬式の服装はどうすべき?男性・女性別に服装マナーを紹介

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像

完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

礼服と喪服の違いは?|種類・スーツ・男性・女性・相場のサムネイル画像

礼服と喪服の違いは?|種類・スーツ・男性・女性・相場

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介のサムネイル画像

夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「喪服・夏」についてさらに知りたい方へ

女性の喪服のマナーは?|パンツスーツ・ワンピース・身だしなみのサムネイル画像

女性の喪服のマナーは?|パンツスーツ・ワンピース・身だしなみ

着物の喪服を詳しく解説!|着方・マナー・小物・髪型・相場のサムネイル画像

着物の喪服を詳しく解説!|着方・マナー・小物・髪型・相場

喪服時のアクセサリーの選び方|ネックレス・リング・ピアスのサムネイル画像

喪服時のアクセサリーの選び方|ネックレス・リング・ピアス

喪服に合わせるブラウス選び方|種類・色・注意点・防寒対策のサムネイル画像

喪服に合わせるブラウス選び方|種類・色・注意点・防寒対策

喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?のサムネイル画像

喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-403-556
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料
事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引