喪服を結婚式に着ていくことはできるの?喪服のアレンジも紹介!

喪服を結婚式に着ていくことはできるの?喪服のアレンジも紹介!

大人になれば、誰でも冠婚葬祭用に黒の礼服を一着は持つようになるでしょう。喪服にもなり、結婚式のようなお祝いの席にも着ていけるので、便利ですよね。今回は、喪服を結婚式でも着ていくことができるのか、その際に何らかのアレンジは必要なのか、などついて解説します。

最終更新日: 2020年12月21日

喪服を結婚式に着ていくことはできる?

葬儀

葬儀の時は誰もが黒の喪服を着て参列しますが、結婚式にお呼ばれされた時に、どんな服を着ていったらよいか、悩まれる方は多いと思います。

男性なら、さほど悩むことなく、黒の礼服である喪服を着ていけば事足ります。
では、女性の場合はどうでしょうか。
女性用の黒の礼服の喪服を結婚式に着ていってもよいのでしょうか。

そこで今回の「終活ねっと」では、喪服を結婚式に着ていくことはできるのか、できる場合の注意点などについて、詳しく紹介します。

  • 喪服を結婚式で着ることについて

  • 女性が喪服と礼服で兼用するには?

  • 喪服を結婚式で着る場合のアレンジ

この3つの項目を軸に解説していきます。

果たして、喪服を結婚式に着ていってもよいものなのか、お悩みの方はぜひ最後までお読みいただき、参考にしてください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

喪服を結婚式で着ることについて

葬儀

一般的な結婚式での光景を見ると、男性のゲストは年代にかかわらずほとんど黒ずくめといってもよいくらいです。

では、女性のゲストはどうでしょうか?
皆、色鮮やかで華やかなドレスを身にまとっていますよね。
媒酌人夫人や比較的年配の方など留め袖の和服を除けば、黒い洋装を見かけることは、まずありません。

夜のパーティーなどでは、夜会服として格調高い黒色のドレスを結構見かけるのに、昼間の結婚式のようなおめでたい席では、女性が黒色の服を着ていくのは一般的にタブーとされるからでしょうか?

喪服を結婚式に着ていくことはできるのか?

では、実際に喪服を結婚式に着ていくことはできるのでしょうか?
現実に、男女によって事情が異なるようですので、それぞれ別個に検証してみましょう。

男性の場合

男性の場合は、大半の人が結婚式でも葬儀でも同じ黒の礼服を着ていくのが一般的になっています。

政治家や企業経営者、芸能・スポーツ関係者などの有名人ともなると、同じ日に結婚式と葬儀を掛け持ちすることも珍しくありません。
同じ黒の礼服を着用すれば、ネクタイやポケットチーフを白色にして結婚式に、黒色にして葬儀に、と多目的に利用できるので手間がかかりません。

男性の礼服としての黒のスーツは俗にブラックスーツと呼ばれます。
慶事・弔事・記念式典・公式行事とあらゆる冠婚葬祭に対応できる万能で便利な礼服として定着し、多くの場面で着用されています。

このように、男性用の黒色の礼服の場合、慶事用のタキシードや燕尾服を別にすれば、スタンダードな黒のスーツに喪服と慶事用の違いは実質的にないといえるのです。
ですから、喪服を結婚式に着ていっても、特に問題はありません。

女性の場合

女性の場合は、男性の場合と少し事情は異なります。

女性用の黒色の礼服は、スーツでも和服でも、喪服と慶事用では異なっているからです。
例えば、和服の場合は、一般的に喪服は五つ紋付き黒無地着物になり、慶事用礼服は五つ紋付き黒留袖になります。

洋服の場合でも、結婚式にお呼ばれされた女性が全身白色や黒色の服を着るのはマナー違反とされています。
また、喪服としての礼服は生地に光沢や艶がなく、華やかさに欠けるので、お祝いの席にはふさわしくないからです。

ただ、黒色のスーツでも、オシャレで華やかさがあれば、結婚式の披露宴2次会やパーティーなどには十分通用します。
ひと昔前にココ・シャネルがデザインした「リトルブラックドレス」という黒いドレスが、欧米を中心にお祝いのパーティーでも対応できるドレスとして普及していきました。
それは、同じ黒色でも、喪服とは明らかに色や素材、デザイン・シルエットなどが違っていたのです。

そこで、近年では女性向けにも「ブラックフォーマル」という慶弔両用の礼服が登場してきました。
文字通り、黒色の礼服という位置づけで、お通夜・法事といった喪のときにも、入学式や卒業式などのおめでたい慶事のときにも着られるというものです。

この「ブラックフォーマル」登場の背景には、日本独特の事情もありました。
戦後の日本にとって、フォーマル服は高価で庶民にとってはなかなか購入しにくいものの一つでした。

また、当時「新生活運動」といって、敗戦後の経済再建のために、出費を節約しようと冠婚葬祭の簡素化や衣食住の合理化に取り組んだ動きが全国的に盛んになりました。

その中で、一着で慶事にも弔事にも対応できる礼服があれば便利だと編み出されたのが、男性のブラックスーツと女性のブラックフォーマルなのです。
  
しかしながら、実際に女性のブラックフォーマルが「冠婚葬祭オールマイティに対応できる便利な礼服」として浸透しているのかというと、必ずしもそうとはいいきれないのが現状です。

実際のブラックフォーマル(ブラックスーツも同様です)は、弔事に対応できるよう光沢や艶が出ない生地で、シンプルなデザインになっています。
そのため、見る人が見れば、ひと目で喪服だとわかってしまいます。

こうしたことから、ブラックフォーマルは慶弔で着回せるように思われがちですが、この場合の慶事として当てはまるのは、せいぜい入学式や卒業式ぐらいまでと思った方がよいでしょう。
このように、ブラックフォーマルは実質的に喪服用と考えておいた方が無難です。

したがって、女性が喪服をそのまま結婚式に来ていくことは極力避けた方がよいでしょう。

喪服と礼服の違いとは?

礼服とは、冠婚葬祭などのときに着る正装のことで、別名はフォーマルウェアです。
結婚式、入学式・卒業式、式典などのおめでたいお祝いの席や、葬儀や法事などお悔やみの席など普段と異なる特別な日に着用するのにふさわしいかしこまった服装のことをいいます。

礼服には、男性の場合ならモーニングコート・燕尾服・タキシード・ブラックスーツなどと正礼服準礼服略礼服といった格式に分かれおり、それぞれ素材やデザインなどに細かな決まりがあります。
また季節や昼夜の時間帯などによっても、どの礼服を着用するのがふさわしいか、といったマナーや約束事があるので、せっかくの席で恥をかかないよう注意が必要です。

喪服は、冠婚葬祭の内の葬の時に着用する弔事用の礼服です。
礼服と同様に、喪服にも正喪服準喪服略喪服などの格式に分かれています。

ここで最も汎用性が高いのが先ほど紹介した、男性用のブラックスーツ、女性用のブラックフォーマルとなるのです。
男性の場合は、喪服用のブラックスーツで結婚式に出席しても特に問題はありませんが、女性の場合は喪服用のブラックフォーマルで結婚式に出席するのはあまりおすすめできません。

女性が喪服と礼服で兼用するには?

葬儀

和服は喪服と礼服では明確に違いがあるので、兼用はできません。

女性の礼服で洋装の喪服として兼用するなら、ブラックフォーマルになります。
しかし上で説明した通り、ブラックフォーマルは慶事に着用するにしては地味なため、ブラックフォーマルを結婚式に兼用しようと思えば、小物を華やかなものにするなどの工夫が必要になります。

ただ基本的には、ブラックフォーマルで結婚式に出席することに対して、心情的に好ましく思わない人が多いことを予め承知しておきましょう。

ワンピースの形について

ブラックフォーマルにもツーピース、ワンピースといろいろタイプがありますが、オーソドックスなワンピースについて解説します。
ブラックフォーマルのワンピースは、喪服として着る時にマナー違反にならないように、華美な飾りは避け、肌の露出を控えめにした形になっているのが一般的です。

華やか過ぎない形

慶弔兼用の場合は、基本的に喪服として通用するような仕様になっています。
したがって、慶事用のデザインやシルエットのような、あまりおしゃれ過ぎて華やかなものは選ばないように注意しなければなりません。

シンプルなデザインで、体のラインはあまりタイトでなくゆったり目のAラインのシルエットが無難です。

丈はひざ下でゆとりのあるものを

喪服と慶事用の礼服の大きな違いのひとつは、丈の長さです。
慶事用の礼服は大体ひざ上ですが、これでは、喪服としてはNGです。

慶弔兼用するなら、丈はひざ下でなけれなりません。
女性の喪服のマナーの一つとして、スカートやワンピースの丈が長くなればなるほど格式が高くなるということがあります。
一般の参列者の場合なら、膝下5cm丈ぐらいがおすすめです。

素材について

慶弔兼用の場合は、無地で光沢や艶のない素材が基本になります。
慶事用を考えれば、無地に近いジャガードや紋織りなどの高級感のある素材も許容範囲内ですが、極力装飾性を減らすよう注意します。

光沢、透け感はNG!

慶事用の礼服とは逆に、喪服では光沢のある素材はNGとされています。
まして、透け感のあるものはマナー違反となります。

光沢の有無などは見分けがつきにくいのではないかと思われがちですが、見る人が見ればわかりますし、陽の光や照明によっても違いがはっきりとわかりますので、気を付けましょう。

控えめな装飾やレース

ただ、慶事用の礼服として兼用することを考えれば、控えめであれば多少の装飾やレース使いがあっても、許されるでしょう。

喪服を結婚式で着る場合のアレンジ

葬儀

喪服を結婚式で着る場合は、喪服を喪服と感じさせないよう、できるだけ華やかさを醸し出すようなアレンジが必要になります。

男性の場合

男性の場合は、黒い服に白いワイシャツ、黒の革靴というのは慶弔共通ですから、残るアレンジのしどころは首まわりや胸元ぐらいになります。

ネクタイについて

基本的には、白色明るいシルバーカラーが一般的ですが、おめでたい席の場合は、パステルカラーなどの華やかな色彩のものを選んでもよいでしょう。

スカーフについて

比較的若い世代なら、ネクタイの代わりにスカーフアスコットタイを締めてもオシャレでよいでしょう。
または、胸元にスカーフやポケットチーフをあしらうのも基本マナーの一つです。
色は、ネクタイ同様に白色か明るいシルバー、あるいはピンクなどのパステルカラーで、ネクタイに合わせて同じ色か同系色のものにします。

女性の場合

女性の場合は、黒い服を格調が高く見た目にドレッシーな装いとするような工夫が望まれます。

バッグを華やかなものに

服の色が黒なら、せめてバッグは華やかなものにしてアクセントをつけたいものです。
シルバーやゴールド系のシックで上品な色ならば、黒の服にお似合いです。
また、鮮やかな赤色やピンクやブルーなどのパステルカラーのバッグでもよいでしょう。

夜の結婚式ならば、パールがあしらわれたものや、スパンコールやラメが付いたバッグもおすすめです。

とにかく、黒色の服が地味すぎないように指し色を使って、華やかさを演出するのがポイントです。

アクセサリー

礼服でのアクセサリーとして定番ともいえるのが、パールです。
ただ、喪服にパールというとやはり葬儀でのイメージが定着してしまっているので、結婚式にはひと工夫必要です。
ネックレスの場合は、大きめの粒のパールを用いて2連・3連にするぐらいの長めのものがちょうどよいでしょう。

パール以外のネックレスやイヤリング、ブレスレットなどでも、ブラックフォーマルに合うコーディネートを考えて、シルバーやクリスタルだけでなく鮮やかな色合いのものを中心に選びましょう。

下記の記事では、葬儀にふさわしいネックレスや、なぜ葬儀用のネックレスは真珠でないといけないのかを紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

ブローチなど

結婚式というフォーマルな場で、ゲストとしての立場にふさわしいデザインや色彩のものを選ぶようにしましょう。

明るめのシルバーやゴールドの他に、ピンクや赤などカラフルな色合いのブローチで華やかさを強調するのがポイントです。

また、より華やかさを醸し出すために、胸元に造花のコサージュなどを飾ってもよいでしょう。

喪服を結婚式に着ていくことまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回の「終活ねっと」では、喪服を結婚式に着ていくことができるか、また喪服のアレンジについて解説してきました。

以下、簡単に今回のまとめを紹介します。

  • 喪服とは、冠婚葬祭用の礼服のうち、「葬」のときに着る礼服のことである。

  • 男性の場合は、喪服が冠婚葬祭用の黒の礼服(ブラックスーツ)として慶事にも兼用できる慣例が定着しているので、結婚式にも問題なく着ていける。

  • 女性の場合、黒の礼服は、厳密にいうと慶事用と弔事用(喪服)とでは、素材やデザインなどが違うので、そのままでは兼用はできない。

  • 近年では、女性用の「ブラックフォーマル」という慶弔兼用できる礼服が登場しているが、本来は喪服用に仕立てられているので、慶事についてはせいぜい入学式や卒業式向けで、結婚式に着ていくには無理がある。

  • 女性が喪服をアレンジして結婚式に着ていくことは不可能ではないが、けっして好ましいとはいえない。

結婚式場で、女性がブラックフォーマルを着ていると、服の素材が喪服仕様なので、どうしても浮いた存在になって違和感を与えてしまいがちです。

どんなにアクセサリーや装飾で華やかにしていても、周りで見ている人たちは、「おめでたい席なのに、喪服を着て来るなんて・・・」と感じる方が多いでしょう。

また、ブラックフォーマルにアレンジする華やかなバッグやアクセサリー、ブローチなどを揃えようとすると、結構な出費になったりします。
結果的に、慶事用の礼服を別途購入するのとあまり変わらなくなる、ということにもなりかねません。

そのため、喪服を結婚式に着ていくにはやはり無理があります。
結婚式のようなお祝い事には、喪服ではなく、慶事にふさわしい礼服を用意して着ていくことをおすすめします。

「終活ねっと」では、他にもお通夜や葬儀に関する記事を始め様々な記事を多数掲載しておりますので、参考にしていただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?のサムネイル画像
    喪服といえば黒?昔の日本は白い喪服での葬列だった?

    現代の日本のお葬式には皆黒い服を着て参列することが常識となっています。しかし、かつて日本は白い喪服を着て死者を弔っていたのです。白喪服にはどんな意味があったのか、そしてどうして喪服は黒に変わっていったのか、その変遷を紐解きます。

  • 女性の喪服のマナーは?|パンツスーツ・ワンピース・身だしなみのサムネイル画像
    女性の喪服のマナーは?|パンツスーツ・ワンピース・身だしなみ

    女性の喪服選びは種類がたくさんあって難しいものです。スーツがいいかワンピースがいいか、また、パンツルックは許されるかなど、喪服選びの悩みは多いのではないでしょうか。ここでは、女性の喪服の選び方はもちろん、葬儀での靴やバッグについてのマナーも紹介します。

  • 葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や子供の服装について解説のサムネイル画像
    葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や子供の服装について解説

    葬儀では喪服を着ますよね。様々な種類がある喪服ですが、喪服とはどんな服なのか、男性・女性の違い、子供には何を着せたら良いのかなど、喪服についての疑問は多いでしょう。今回は、葬儀での喪服のマナーについて、喪服がない場合や夏の喪服などについてもあわせて解説します。

  • 礼服と喪服の違いは?種類や男性と女性の違いを解説のサムネイル画像
    礼服と喪服の違いは?種類や男性と女性の違いを解説

    礼服と喪服の違いをご存じですか?礼服と喪服を兼用してもいいものなのでしょうか?主催者やご家族、周りの方に失礼のないように違いをきちんと違いを把握しておくことは、大人としてのマナーです。そこで今回は礼服と喪服の違いを詳しく解説致します。

  • 完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事のサムネイル画像
    完全保存版 喪服着用時に恥をかかないマナーの事

    急な連絡でお通夜や葬儀に参列する時、大人として知っておきたい喪服のマナーについてご紹介します。ざっくりとは知っているけれど、詳しい事はよくわからない喪服のマナー。この機会に喪服の正しいマナーを身につけましょう。

  • 喪服時のアクセサリーの選び方|ネックレス・リング・ピアスのサムネイル画像
    喪服時のアクセサリーの選び方|ネックレス・リング・ピアス

    葬儀は喪服を着て参列するものですが、それに合わせるアクセサリーはどのようなものを身に付ければよいか知っていますか。知らない方が多いのが事実です。そこで今回は、喪服に合わせるアクセサリーごとのマナーや適したもの、バッグについても解説します。

  • 夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介のサムネイル画像
    夏用の喪服って何を着ればいいの?選び方や持ち物についても紹介

    夏に突然の訃報を受けた際、急なお知らせに冬用の喪服でお通夜やお葬式に参列した経験はありませんか?暑い時期のお通夜やお葬式にも対応できる、夏用のふさわしい服装を知っておきたいですよね。 今回は、夏用の喪服の選び方や持ち物についてご紹介します。ぜひご覧ください。

  • 着物の喪服を詳しく解説!|着方・マナー・小物・髪型・相場のサムネイル画像
    着物の喪服を詳しく解説!|着方・マナー・小物・髪型・相場

    皆さんは着物の喪服を着たことがありますか?洋装が主流となった現代では、着物の喪服について知らない方が多いと思います。そもそも、どんな着物が喪服となり、着用する際はどんなことに気を付ければいいのでしょうか。着物の喪服についてマナーや髪形、お値段まで紹介します。

  • 喪服に合わせるブラウスの選び方は?種類・色・注意点をご紹介のサムネイル画像
    喪服に合わせるブラウスの選び方は?種類・色・注意点をご紹介

    女性の喪服はブラウスが付属しないスーツタイプのものが多いです。そのような喪服の場合、ブラウスを別に用意しないといけません。たくさん種類のある中から葬儀に適切なブラウスを選ぶのはなかなか難しいですよね。今回は、そんなブラウスについての悩みを解決します。

  • お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像
    お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

    喪服といっても格の違いや和装・洋装の違いなどがあります。今回この終活ねっとの記事では、お通夜に喪服を着ても大丈夫なのか、そもそも喪服とはいったいどのようなものを指すのかなど、お通夜と喪服に関する様々な事柄についてご紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事