通夜見舞いの書き方とは?のし袋に関するマナーや金額相場も解説!

通夜見舞いの書き方とは?のし袋に関するマナーや金額相場も解説!

通夜見舞いの書き方はご存知ですか?香典等とは違い書く機会は限られるので、よくわからない方も多いのではないでしょうか。この記事では通夜見舞いの書き方について解説していきます。金額の相場や渡し方のマナーもご紹介いたしますので通夜見舞いでお悩みの方はぜひご覧下さい。

最終更新日: 2020年03月10日

通夜見舞いの書き方について

葬儀

通夜見舞いという言葉をご存知でしょうか?
葬儀に関連する言葉であることは察せられますが、お住まいの地域や習慣によっては聞きなじみのない言葉でしょう。
しかし、先方の喪家にこの習慣が根付いている場合は、自分に縁遠かったからといっておざなりにするわけにはいきません。
不義理と思われないためにも、しっかりとした知識を身につけておきたいですね。

そこで、今回「終活ねっと」では通夜見舞いの書き方について詳しく解説いたします。

  • 通夜見舞いってなに?

  • 通夜見舞いの書き方は?

  • 通夜見舞いに関するその他のマナーについて

以上の3項目を中心に解説していきます。
通夜見舞いについて詳しく知っておきたい方やこれから通夜見舞いを用意する方はもちろん、どなたにも役立つ内容となっております。
ぜひ、最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

通夜見舞いとは?

困った人々

通夜見舞いは、大別して2つの習慣を指します。
まずひとつ目は、お通夜にあたってご遺族をいたわる習慣です。
お通夜の際に故人に付き添うご遺族への差し入れという意味合いがあり、付き添いながらでもつまみやすいお菓子やサンドイッチなどを届ける習慣となっています。
近年では物品ではなく金銭を包んでお渡しするのが主流です。

ふたつ目は、入院見舞いという習慣と深く関連しています。
入院見舞いとは、字の通り、入院中にお渡しするお見舞いを言いますが、予定が合わなかったり入院してすぐに亡くなられてしまった場合は入院見舞いに行けないケースも出てきます。
このように入院見舞いに行けなかった時の代わりとして、お通夜の際にお見舞いを渡すという意味合いもあります。

現在通夜見舞いは、東京・埼玉などの関東東部や新潟・福岡などの一部地域で行われている習慣のようです。
上述の通り金銭を包む場合が多いですが、今も食べ物を差し入れするところもあり、各地域によって違った風習があります。
伺う先方がどのような風習に則っているかは、地域のお年寄りや葬儀社のスタッフに効いて確認するのが良いでしょう。

また、通夜見舞いの注意点として、香典とは全く別物であるということが挙げられます。
通夜見舞いを渡したからといって香典を渡さなくてもよいということにはなりません。
通夜見舞いと香典の両方を渡すことはあっても、香典を渡さずに通夜見舞いだけを渡すという地域は見られませんのでご留意ください。

通夜見舞いの書き方

葬儀

こちらでは、現金で通夜見舞いを渡す際の書き方について解説いたします。
香典とは違ったマナーが求められますので、こちらでしっかりと把握して下さい。

表書きは「御霊前」ではダメなの?

表書きは御霊前とは書きません。
御霊前は亡くなられた故人へのお供え物という意味ですが、通夜見舞いはご遺族へ渡すものだからです。

通夜見舞いの表書きは、そのまま通夜見舞いもしくは御見舞と記します。
御淋見舞などとする地域も見られます。
通夜見舞いが行われている地域では、これらが印刷された不祝儀袋を販売しているところもありますので探してみるのも良いでしょう。

外袋の書き方

外袋は、上段中央通夜見舞いと表書きを記します。
水引を挟んだ表書きの真下に自分の名前をフルネームで入れます。
誰から渡されたものなのかがすぐに判別できるように書くことを心がけましょう。

また、通夜見舞いの不祝儀袋ではサインペンやボールペンを用いずに、薄墨で書くのが一般的です。
墨を充分に磨る時間も惜しんで来ました、という姿勢を示す意味があり、香典などにも薄墨を用います。

中袋の書き方

のし袋は外袋に直接金銭を入れるのではなく、中にもう一通封筒が入っているものが主流です。
このような中に入っている封筒を中袋といいます。
こちらでは、中袋の書き方を解説いたします。

住所・氏名・金額を書く

中袋には差出人の住所・氏名・包んだ金額を記入します。
中袋の表側の中央に金額を、裏側の右下に住所と氏名を記入するのが一般的です。

外袋に記入したからと言って、中袋に名前を書くことを怠ってはいけません。
中袋に名前を書かななければ、外袋から出した途端に誰から受け取ったものなのかが判別がつかなくなってしまうからです。
受け取った側が管理をしやすいように気配りをすることが重要です。

金額の書き方について

中袋に書く金額は、表記の方法が二通りあります。
縦書きと横書きのそれぞれの書き方をご紹介いたします。

縦書き

縦書きで金額を記す場合の注意点は、旧字体を用いるということです。
漢数字は「壱」などの旧漢数字で書き、円は「圓」と記します。

これは常用の漢数字(一や二など)を用いると、一を十、二を三といったように簡単に金額の表記を改竄できてしまうというのが理由です。
こういった事態を防ぐために造りが複雑な旧字体で記すのがマナーとなっています。
以下が包んだ金額と旧字体の漢数字の対応表です。

金額 旧漢数字
3,000円 参仟圓・参阡圓
5,000円 伍仟圓・伍阡圓
一万円 壱萬圓
三万円 参萬圓
五万円 伍萬圓
七万円 七萬圓
十万円 拾萬圓・什萬圓

これらの金額を当てはめて、金 壱萬圓といったように書きます。

横書き

横書きで書く場合は、一般的なアラビア数字を用いて問題ありません。
一万円を包んだ場合は金 10,000円と記入します。

通夜見舞いに関するその他のマナー

葬儀

通夜見舞いには独特のマナーが求められます。
のしの選び方や渡し方はどのようにすればよいのでしょうか?

通夜見舞いの金額相場について

通夜見舞いの金額相場は、1000~3000円前後となっています。
金額が少なく感じられる方もいらっしゃるかと思いますが、通夜見舞いはあくまで差し入れの範疇ですので、高額は必要ありません。
一般的に香典では3,000円以下をお包みすることはありませんので、ここでも差異が見られます。

現金ではなくお菓子などの食べ物で渡す場合、同程度の額のものを選べば問題ありません。
ですが、通夜見舞いには供花はふさわしくありませんのでご注意ください。
あくまでご遺族を労うために用意するものですので、祭壇に飾り故人に手向ける供花は別口で渡してください。

のし袋の選び方

通夜見舞いを香典と合わせて包むのはマナー上薦められません。
通夜見舞いは香典とは別ののし袋を用意してください。

通夜見舞い用ののし袋は、白地に黒白の水引がついているものを選びます。
紅白の水引は祝儀用ですので、通夜見舞いにはふさわしくありません。

お札の入れ方・包み方

お札の入れ方や包み方にも作法があります。
社会人として恥ずかしい振る舞いをすることがないように、しっかりとご確認ください。

お札は新札じゃダメなの?

通夜見舞いに包むお札は、新札は避けた方が無難です。
新しくきれいなお札を入れると、故人がなくなることを予見してあらかじめ紙幣を用意していた、と取られる可能性があるからです。
そういった事態を避けるために新札ではなく古札の方が良いとされています。

とはいえ、あまりに古ぼけたしわだらけのお札を入れることも好ましくありませんので使わないようにしましょう。
新札であっても、自分でいったんお札を半分に折って、折り目をつけてしまえば使用して問題ありません
手元に新札しかなくても慌てずに対処しましょう。

お札の入れ方

お札を中袋に入れる際は、肖像画の描かれている面を封をする面に持ってくることに注意しましょう。

香典袋へのお札の入れ方について詳しく知りたい方は、ぜひこちらもご覧ください。

通夜見舞いの渡し方

最後に通夜見舞いの渡し方をご紹介いたします。
現金を持っていく場合とお菓子などを持っていく場合をそれぞれ見ていきましょう。

現金を持っていく場合

お通夜見舞いを現金で渡すときは、のし袋を袱紗に包んで持ち歩くのがマナーです。
のし袋のまま裸で持ち歩くことがないようにご注意ください。

また、慶事と弔事では袱紗の包み方は異なります。
台の赤い台つき袱紗は慶事用なのでご注意ください。
袱紗の色は濃い緑や紫などの地味な寒色のものを選ぶのが無難です。

通夜見舞いを渡すタイミングは、香典と同じく記帳の際に受付に渡して問題ありません。
ですが、お通夜では通夜見舞いを渡し、お葬式で香典を渡すという地域もあります。
事前に該当地域の風習を確認しておくのが重要です。

以下の記事では袱紗についてさらに詳しく説明しています。
ぜひご覧ください。

お菓子などを持っていく場合

お菓子などの食べ物を渡す場合も現金と同様ですが、持参品が通夜見舞いであることを明確に述べましょう
お供え物と混同されて、御霊前に飾られることを防ぐために必要なことです。
また、食べ物類であっても、のし書きは必要ですので忘れないようにしましょう。

通夜見舞いの書き方についてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、通夜見舞いの書き方について詳しく解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
記事の内容を以下にまとめます。

  • 通夜見舞いとは、お通夜の際に故人に付き添うご遺族への差し入れという意味と、生前に入院見舞いに行くことができなかった場合の代わりとして渡すという意味合いを持つ習慣である。
    通夜見舞いは現在関東の一部や新潟・福岡などの一部地域で行われている。

  • 通夜見舞いの書き方は、表書きは通夜見舞い、もしくは御見舞と記すのが一般的で、御霊前では故人へのお供え物となるのでNG。
    のし袋の外袋には薄墨で表書きと差出人の氏名を薄墨で書く。

  • 中袋には差出人の住所・氏名・金額を書くが、金額を書く際は旧字体を用いるのがマナーとなっている。
    金額を横書きする場合はアラビア数字で可。

  • 通夜見舞いの金額相場は、1000~3000円前後で、のし袋は白地に黒白の水引がついている物を選ぶ。
    お札の入れる際は、中袋の入り口からお札を取り出したときに、人物画がすぐに目に入るように入れる。

  • 通夜見舞いの渡し方のマナーとして、現金で渡す場合は袱紗に入れて持ち運び、受付でわたす。
    お菓子などを持っていく場合は、渡す際に持参品が通夜見舞いであることを明確に述べるようにする。

通夜見舞いの風習がある地域は、葬儀や法要の風習を特に重視する傾向にある場合が多いようです。
のしの書き方や中袋の書き方についてもその地域の風習に則った作法が求められます。

今回ご紹介したのは広くみられる一般的なマナーとなりますので、参考までにご覧ください。
実際に通夜見舞いを用意する際には、この記事で得られた知識をベースに、その地域の習慣に詳しい方にお尋ねして確認するのが最も確実です。

「終活ねっと」では、ほかにも葬儀に関する記事を多数記載しています。
こちらもあわせてご覧ください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事