香典の御仏前と御霊前の違いは?|渡し方・置き方・マナー

香典の御仏前と御霊前の違いは?|渡し方・置き方・マナー

葬儀に参列する際は香典を持っていきますが、御香典、御霊前、御仏前と書かれた不祝儀袋があります。どれが適切なのかご存じですか。どれでもいいという訳ではありません。今回は香典の御仏前と御霊前の違いや仏前への香典や供物の置き方について解説いたします。

最終更新日: 2020年12月17日

香典の御仏前と御霊前どう違うの?

葬儀

通夜・葬儀・法要に参加しなければならないケースが訪れるかと思います。
その際は不祝儀袋にお金を入れて持って行きますよね。
表書きの「御霊前」と「御仏前」の違いを理解していますか?

使い分けを正しく理解し、法要に参列するときに恥をかかないようにしたいものです。

今回「終活ねっと」では、香典の「御霊前」と「御仏前」の違いと仏前への香典や供物の置き方について、以下の項目で解説します。

  • 香典の御仏前と御霊前の違い

  • 香典の渡し方

  • 仏前への香典や供物の置き方マナー

最後までご覧になり今後の参考にしてください。

以下の記事で香典とはどのようなものなのか詳しく解説をしていますので興味のある方はぜひご覧ください。

香典の御仏前と御霊前の違い

葬儀

突然、通夜や葬儀に参加しなければならず、不祝儀袋を買いにいった際「御香典」「御霊前」「御仏前」などが並んでいて、どれを買ったらいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。
どれでもいいと思っている方もいるのではないでようか。

意味があって香典の表書きを分けています。
よって、使い分けることがマナーであり、どちらでもいいということはないのです。
知らずに違う表書きで通夜や葬儀に参列すれば、自分が恥をかくだけではありません。
マナー違反ですので故人や親族に対して失礼になってしまいます。

御仏前と御霊前の違いについて、以下で詳しく解説いたします。

御仏前と御霊前はなにが違うの?

御仏前と御霊前にある「仏」と「霊」の違いはなんなのでしょうか。
仏教においては、故人がお亡くなりになられてから四十九日までを「霊」四十九日を過ぎて忌明けとなると「仏」になるとされています。

「御霊前」と「御仏前」の違いはここにあります。
以下で更に詳しく解説いたします。

御仏前とは?

故人が成仏した仏様の前ということを意味しています
仏教では、四十九日法要を終えると、成仏して極楽浄土に行くという考え方があります。
「御仏前」は仏様に供える金品や供物の表書きとして用いられます。

御霊前とは?

故人の御霊の前ということを意味しています
仏教では、人が亡くなると霊になるという考え方があります。
「御霊前」は御霊に供える金品や香典の表書きとして用いられます。

御霊前と御仏前の違いについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

どちらが書いてある香典を使うの?

「霊」と「仏」で使い分けますので、四十九日法要を基準とすれば分かりやすいです。
亡くなってから四十九日法要を堺目にして「御霊前」と「御仏前」を使い分ける形となります

宗派によっては、四十九日法要前でも「御霊前」を用いない場合がありますので注意が必要です。

御仏前が書いてある香典を使う場合

「仏」になってから用いる表記ですので、四十九日法要が終わってからの法要の際は「御仏前」を用いてください
新盆法要や一周忌法要などの香典袋や不祝儀袋の表書きは「御仏前」になります。

御霊前が書いてある香典を使う場合

亡くなってから四十九日法要までの「霊」の期間に用いる表記ですので、四十九日法要までは「御霊前」を用いてください
通夜や葬儀、四十九日法要などの香典袋や不祝儀袋の表書きは「御霊前」になります。

宗派による違いについて

「御霊前」と「御仏前」を分けるのは仏教の考え方から来ています。
仏教といっても宗派がたくさんあります。
宗派によっては「御霊前」を使いません

例えば、同じ仏教の浄土真宗では、亡くなるとすぐに「仏」になるという考えです。
そのため「霊」の期間がありません。
浄土真宗では、四十九日法要前でも「御仏前」を使います

神道の場合は「御霊前」は使いますが「御仏前」は使わず「御玉串料」「御神前」「御榊料」などを使います。
神道では仏になるという考えが無いからです。

キリスト教では「御霊前」の代わりに「御花料」を使うのが一般的です。
ただし、「御霊前」を使っても問題はありません。
亡くなったら霊魂となり、神に召されると考えられているからです。

お通夜や葬儀に参列する場合は、事前に宗派を確認しておくことをお奨めします。

香典の渡し方

葬儀

香典はいつ渡せばいいのか、どうやって渡せばいいのか。
分からない方がいるかと思います。

香典を渡すタイミングや渡し方にもマナーがあります。
常識として身に付け、自分が恥をかいたり、相手に失礼がないようにしたいものです。

香典の渡し方や持っていく際の注意点について以下で解説いたします。

香典は袱紗に入れて持っていく

香典は袱紗(ふくさ)に包んで持参するのがマナーです。
不祝儀袋を上着のポケットや鞄などに、そのまま入れて持参するのだけは避けてください。
渡す直前に香典を取り出し、取り出したら手早く袱紗を折りたたんでください。
また、間違っても受付に行く前や、並んでいる途中で袱紗から出すことはしないでください。

袱紗の色は男性なら青色、女性ならえんじ色が一般的です。
紫色なら男女兼用で使える色のため、持っておくと便利かもしれません。
袱紗の包み方にもマナーがありますので、知らない方は事前に確認しておいてください。

御霊前の香典の渡し方について

通夜・葬儀に参列する場合、受付の方に香典を渡すことになります。
渡し方にもマナーがあるため注意が必要です。

手順としては、受付に着いたら一礼します。
次にお悔やみの言葉を述べ、袱紗から香典を取り出します
袱紗のまま渡すことはマナー違反ですので注意してください。

袱紗から取出した香典は自分の正面向きになるよう袱紗の上に置き、それを180度右に回転させ、相手から見て、正面向きになるようにして手渡します。

お悔やみの言葉について、下記に例文を記載しますので参考にしてください。

  • この度は、ご愁傷様でございました。

  • この度は、お気の毒でございました。

  • 謹んでお悔み申し上げます。

  • ご冥福をお祈り申し上げます。

御仏前の香典の渡し方について

御霊前の香典と同様に袱紗に包んで持参するのがマナーです。
自宅で法要を行う場合は、拝む際に仏壇にお供えしてください。
自宅以外の場合は、「心ばかりですがお供えください」と言葉を添えて施主の方に渡します。

以下の記事では、香典を渡すタイミングや渡し方の注意点について、さらに詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

仏前への香典や供物の置き方マナー

仏壇

法要は自宅で行うケースが多いです。
この場合、持参した香典や供物は拝む際に仏壇にお供えします。
どの様に置いたらいいのかご存じですか?

置き方にもマナーがあります。
葬儀やお通夜で香典を渡す向きと仏前で置く向きに違いがありますので注意が必要です。

仏前に香典を供える時の向きとは?

お通夜や葬儀で受付へ香典を渡す時は、正面が受付側になるようにして渡します
それに対し、仏前に香典を供える時は、正面を自分に向けて置きます

仏様に正面を向けてお供えすることで、仏様が慈悲を感じ、香典をあなたの方へ向けようとしますが、仏様は向きを変えられないため最初から自分の方へ向けるのだと言われています。

香典を置く向きにも意味があるため、間違わないよう、しっかり覚えておいてください。

仏前に供物を置く向きとは?

香典と一緒に故人の好きだった食べ物や御花を持参する方もいるかと思います。
香典と同様に、必ず、供える時は自分の方へ正面を向けるようにして置いてください

香典の御仏前と御霊前の違いまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、香典の御仏前と御霊前の違いと、仏前への香典や供物の置き方について、以下のことを解説してきました。

  • 御仏前と御霊前は「仏」と「霊」の違いで分けている。

  • 通夜や葬儀、四十九日法要などの香典袋や不祝儀袋の表書きは「御霊前」になる。

  • 新盆法要や一周忌法要などの香典袋や不祝儀袋の表書きは「御仏前」になる。

  • 仏教でも宗派によっては「御霊前」を使わない。

  • 神道の場合は「御霊前」は使うが「御仏前」は使わず「御玉串料」「御神前」「御榊料」などを使う。

  • キリスト教では「御霊前」の代わりに「御花料」を使うのが一般的。ただし、御霊前を使っても問題はない。

  • 香典は袱紗に包んで持参するのがマナーである。

  • 斎場の受付に着いたら一礼し、お悔やみの言葉を述べ、袱紗から香典を取り出す。

  • お通夜や葬儀の受付へ香典を渡す時は、正面が受付側になるようにして渡す。

  • 仏前の香典は霊前の香典と同様に袱紗に包んで持参するのがマナー。

  • 仏前に香典を供える時は、霊前とは逆に正面を自分に向けて置く。

  • 仏前への供物は香典同様に、自分の方へ正面を向けるようにして置く。

今後、お通夜や葬儀、法要などに香典や供物を供える場合はマナー違反にならないよう、今回の記事をぜひ参考にしてください。

「終活ねっと」では、他にも法事・法要に関する記事も多数掲載しております。
以下では、香典袋の正しい書き方について詳しく解説していますので、ぜひそちらもご覧になってください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事