お通夜の場所はどうやって調べる?喪主に確認しておくべき情報も紹介

お通夜の場所はどうやって調べる?喪主に確認しておくべき情報も紹介

人づてで誰かの訃報を知ったときなどに、お通夜の場所かわからないことがあります。そんな時にどうやって調べればよいのでしょうか。ここではお通夜の場所を調べる方法と、一緒に喪主に確認しておいた方がよい事や調べる時の注意点についても紹介しています。

最終更新日: 2020年12月18日

お通夜の場所を調べる方法について

葬儀

ご縁のあった方やお世話になった方の訃報を知ったら、葬儀にかけつけたいと思うものです。
近頃では故人との関係によっては、お通夜にのみ参列する方が多くなっていますが、お通夜の場所はどのように知るのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、お通夜の場所を調べる方法について、確認しておいた方がよい事や調べる際の注意点、お通夜を行う斎場の調べ方も紹介しています。

  • お通夜に参列する場所の調べ方について

  • お通夜の場所を調べる時に気をつけるべきことは?

  • お通夜を行う斎場はどうやって探す?

以上の項目に沿って解説していきます。

突然の訃報を受けたら、何かと慌ててしまうものです。
ぜひ最後までお読みいただき、大切な方のお通夜には余裕を持ってお悔やみの気持ちを伝えられるようになさってください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

お通夜に参列する場所の調べ方

葬儀

本来お通夜とは、近親者が夜を通して故人を見守るもので、一般の会葬者は葬儀・告別式に参列することが普通でした。
時代の流れと共に葬儀の形式が変わり、かつてのような近親者のみで過ごすお通夜は仮通夜とされ、現在のお通夜は故人と最後のお別れをする告別式のような役割を持ち、本通夜として近親者以外の方も多く参列するようになりました。

都合のつけやすい時間帯に行われることもあり、通夜および葬儀・告別式に参列する親族や親しい人以外の一般会葬者は、むしろお通夜にのみ参列することが多くなっています。
そのため、お通夜が行われる場所はしっかり押さえておきたいところです。

では、お通夜の場所はどのようにして調べるのでしょうか。

訃報とともにお通夜の詳細を知ることが多い

一般的に訃報は、電話や訪問によって、またファックスや町内会の回覧などの紙面によって伝えられることが多く、通常誰が・いつ・どこで亡くなったか・喪主は誰かなどが伝えられます。

それと共に、お通夜や告別式の場所や日時などの情報が述べられたり、紙面に記載されていることがほとんどです。
お通夜や告別式の情報が伝えられた場合は、参列願であると考えられます。

自ら確認する場合は喪主に直接尋ねる

近年では、一般会葬者を招かずに家族葬を行う家庭も多く、訃報連絡でお通夜や告別式の情報がない場合もあります。
遺族の参列辞退の意向がはっきりしていれば参列は控えますが、そうでなければ参列を遠慮した方がいいのか迷うこともあります。

また、直接遺族や関係者からではなく人づてに訃報を知り、お通夜の詳細がわからないこともあります。

いずれの場合も、お通夜の場所は参列してよいかどうかを含めて、喪主に直接確認します。
忙しい中に連絡するのは気が引けるように思えますが、当人を呼び出さずに関係者の方に聞くこともできますし、手短にお悔やみの言葉を述べるなどの配慮をすれば失礼にはあたりません。

場所以外の確認しておくべき情報

家族を亡くした直後の遺族は、大きな失意と共にすべきことに追われています。
そのような中で連絡してきてくれた方には、負担をかけないよう必要最低限のことのみ聞くようにします。

訃報連絡する側も必要事項はメモを見て伝えてくれてはいるでしょうが、冷静でいられないこともありますので、連絡を受けた側がしかっりと確認するようにしましょう。

お通夜の場所以外には以下のことを確認しておくとよいですが、長電話にならないよう気をつけましょう。

お通夜の日時

先方から案内があれば、お通夜の場所と日時は伝えられるはずです。
電話連絡の場合は、聞き間違いがないよう復唱するとよいでしょう。

お通夜の形式

お通夜と葬儀の形式も確認しておくとよいでしょう。
近年のお通夜は、僧侶を呼んで読経してもらい1~2時間程度で終わる半通夜が主流です。
通常、お通夜の案内があればこの形式であり、一般会葬者も参列できます。

一方、かつてのように近親者のみでお通夜を行う場合には、その旨遺族から伝えられるでしょう。
ただし、お通夜は家族だけで行いたい意向があっても、告別式の日時のみが伝えられるようであれば、告別式に参列するようにします。

宗教・宗派

用意する香典袋や表書きの書き方が違ってきますので、できれば葬儀の宗教や宗派を確認しておくとよいでしょう。

香典袋は無地のものを用いて表書きを御霊前とすれば、どの宗教でも使えるとされていますが、仏式でも浄土真宗では往生即成仏の考えから、御霊前ではなく御仏前とします。
そのため、できれば事前に宗派を確認しておくことが望ましいです。

お通夜に参列する場所を調べる際の注意点

葬儀

これまで見てきたように、お通夜に関する情報は訃報と共に伝えらることが多く、自ら確認するには喪主に直接尋ねるのが確かです。

訃報と共にお通夜の詳細が知らされれば、遺族が参列を希望していると考えられますが、何等かの事情があって詳細が伝えられないこともあります。
これをふまえて、お通夜の場所を調べる際には、次のような注意が必要です。

お通夜の詳細を伝えられないこともある

葬儀の簡略化が進んだ昨今では、家族葬のような小規模な葬儀や一日葬を選択する家庭が増えています。
告別式から火葬までを一日で済ます一日葬では、お通夜は執り行いません。

家族葬は、文字通り家族だけで故人を見送るか、ごく親しい方も含めた少人数で行いますので、あえてお通夜の詳細は伝えないことがあります。

その場合は無理に押しかけて迷惑がかからないよう、遺族の意向に配慮して参列を控えるようにしましょう。
お悔やみの気持ちを伝えたければ、お悔やみ状を送ったり、先方の都合を聞いて後日弔問に伺うようにします。

遺族に死因などは尋ねない

葬儀

身近な人を亡くした遺族の悲しみは、察するに余りあります。
訃報連絡を受けたら、心をこめてお悔やみの言葉を述べ質問は最小限にとどめるよう、最大限の配慮を心掛けましょう。

その際に、死因などは尋ねないようにします。
辛い気持ちでいる遺族の悲しみを増し、場合によっては遺族を傷つけることにもなりかねません。
これは通夜や葬儀の場でも同様で、どうしても気になるようであれば、目立たないところで知り合いなどに聞くようにします。

お通夜の情報を勝手に他人に伝えない

親戚・会社関係・友人などのグループの代表として、情報が伝えられることもあります。
遺族がお通夜に参列してほしい人に幅広く声をかけたい意向であれば、他の人への連絡をお願いされることもあるでしょう。

そうでなければ、勝手にお通夜の情報を他人に伝えるべきではありません。
遺族の事情がありますから、伝えたい人がいるなら遺族に確認を取ってからにしましょう。

お通夜を行う際の斎場の調べ方

葬儀

以前の葬儀は、親戚や近隣の方に協力してもらいながら、自宅や菩提寺で執り行うことがほとんどでした。
近年では、親族や地域でのお付き合いの仕方や住宅事情の変化により、斎場などの会場葬にすることが多くなりました。

お通夜を斎場で行う際に、使用する斎場を調べるにはどんな方法があるのでしょうか。

葬儀関係の専門家に尋ねる

斎場には、市町村や複数の自治体が組織する組合などで運営する公営斎場と、葬儀社や寺院などが運営する民営斎場があります。

自宅から会場に葬儀の場が移ってきたことに伴い、大多数の家庭で葬儀の運営も葬祭業者に任せるようになりました。
葬儀社では自社斎場を持っているか、自社で保有していなくても提携している会館があるはずです。

火葬場の予約なども含めて葬儀のスケジュールを立てていく上でも、葬儀の専門家である葬儀社と相談しながら斎場を決めていけば、手配がしやすいでしょう。

インターネットで調べる

インターネットでは様々な情報を得ることができ、それぞれの斎場の詳細を容易に知ることができます。
葬祭業者が運営しているサイトをはじめ、葬儀の情報を提供しているサイトや斎場の比較・検索サイトなどがあります。

自分で調べて利用したい斎場がはっきり決まっている場合には、その斎場が利用できる葬儀社に依頼するようにします。
また、斎場に連絡を取って提携している葬儀社を紹介してもらう方法もあります。

公営斎場を利用する場合も、指定業者がありますからそちらに依頼することになります。

お通夜の場所を調べる方法についてまとめ

葬儀

「終活ねっと」では、ここまでお通夜の場所を調べる方法について、以下のことを解説してきました。

  • お通夜の詳細は訃報と共に伝えられることが多いが、わからない時は喪主に直接尋ねるようにし、その際にはお通夜の日時・形式・宗教・宗派も確認しておくとよい。

  • お通夜の場所を調べる際には、遺族の事情で詳細を伝えられないこともあるので、遺族に最大限の配慮をして、死因を聞いたりお通夜の情報を勝手に人に伝えないようにする。

  • お通夜を行う斎場を調べるには、専門家である葬儀社に尋ねるのが利便性が高いが、広く情報が得られるインターネットを利用して調べるのも有効である。

お通夜の情報は訃報と一緒にもたらされることが大半ですが、喪主に尋ねるなどして自分で調べる場合には、遺族の事情や心情に配慮することが大切です。

訃報が届いてお通夜に参列したいときには、適切に対応してお悔やみの気持ちを伝えるようにしましょう。

最期までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶のサムネイル画像
    お通夜の食事は参加すべき?|通夜振る舞い・マナー・料理・挨拶

    通夜振る舞いと呼ばれるお通夜の食事は、お声がけを頂いた後にどうすれば良いのか悩むことも少なくありません。お通夜の食事ではどのような点に注意すれば良いのか、守るべきマナーやふさわしい対応などについて、詳しく解説していきます。

  • お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性のサムネイル画像
    お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性

    お通夜は告別式と並び、葬儀の中で故人の冥福を祈りお見送りするための場です。このためお通夜の場にはふさわしい服装で臨む必要があります。そして立場によってお通夜に適しているとされる服装はさまざまです。今回はお通夜にふさわしい服装について見ていきましょう。

  • お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!のサムネイル画像
    お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!

    大切な方が亡くなった際に行われる葬儀にはお通夜と告別式があります。このうちお通夜には告別式に参列できない場合などに出向くことも多いでしょう。このためお通夜の全体的な流れやマナーを知っておくと、いざというときに便利です。お通夜について、流れを中心に見ていきます。

  • お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像
    お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

    訃報を受けてお通夜に駆けつける時、どのような格好で参列したら良いか迷うことがありますよね。また冬の寒い時期のお通夜の格好がわからないという人も多いのではないでしょうか。間違えた身だしなみで参列して非常識だと思われないためにも、正しい服装を理解しましょう。

  • お通夜での挨拶は?弔問客と喪主の立場別の例文を紹介のサムネイル画像
    お通夜での挨拶は?弔問客と喪主の立場別の例文を紹介

    お通夜の際、どのように挨拶してよいのか困った経験はありませんか?お通夜での挨拶には様々なマナーやルールがあります。そこで、今回はお通夜での挨拶を参列者と喪主の立場別にご紹介します。また、マナーや例文についても解説します。

  • お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装のサムネイル画像
    お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装

    お通夜に持参することが多いハンカチですが、ハンカチにもマナーがあるのはご存知でしょうか?実は色や模様にも細かい慣習があるのです。今回「終活ねっと」ではお通夜でのハンカチやその他の持ち物について詳しく解説いたします。ぜひ最後までお読みください。

  • 突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像
    突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

    突如入ってくるお通夜の知らせには、いろいろと準備も必要で慌ててしまいがちですが、いざ参列となると「お通夜ってどうすればいいんだっけ?」や「参列した時のマナーって?」と不安になるものです。そんな時に慌てないよう、今回はお通夜に参列する時のマナーをご紹介します。

  • お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所のサムネイル画像
    お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所

    お通夜や告別式といった法事には、香典や服装など多くのマナーが存在します。では、ネクタイはどんなマナーがあるのでしょうか。黒以外にも着用してよいのでしょうか。今回「終活ねっと」では、お通夜でのネクタイに関して詳しく解説いたします。ぜひお読みください。

  • お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方のサムネイル画像
    お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

    お通夜には香典を持参するのがマナーです。香典を包む場合、金額はいくらにするか、どのように包めば良いか、どうやって渡すかなど悩みはつきません。今回、お通夜の香典の金額相場だけでなく、包み方や渡し方のマナーなどについて詳しく解説をしていきます。

  • お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!のサムネイル画像
    お通夜に着てもいいコートとは?選び方や冬の服装についても解説!

    冬の寒い日にお通夜に参列するとき、コートを着ていく方も多いでしょう。お通夜の会場ではコートを脱ぐからといって、どんなものを着用しても良いというものではないのです。そこで、今回はお通夜にふさわしいコートや冬の服装について、徹底的に解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place DMMのお葬式で斎場を探す
DMMのお葬式で斎場を探す